秋キャンプの楽しみ方が変わる!ポータブル電源の活用がおすすめ

秋キャンプにおすすめのポータブル電源

秋はキャンプに最適なシーズン。気候も穏やかで暑すぎることも寒すぎることない秋こそキャンプに適しています。そんな秋には、旬の食材が多く、新鮮な食材をキャンプで調理するのも楽しみのひとつです。また秋の夜長を焚き火や星がきれいな夜空を眺めて過ごすことも良いでしょう。

今回はそんな秋キャンプにポータブル電源を加えることで、もっと気軽に楽しめる秋キャンをおすすめします

秋キャンプの魅力とは

キャンプといえば夏をイメージする方が多いかもしれませんが、秋のキャンプでは秋ならではの楽しみ方ができます。どのような楽しみ方があるのか、秋キャンプの魅力を5つご紹介します。

・快適な気候でゆったり楽しめる

夏キャンプともっとも異なるのは、日差しと気候です。熱中症や日焼けに注意しながら日中を過ごし、夜もあまり気温が下がらず暑さで寝苦しいなんて経験はないでしょうか。秋であれば過ごしやすい季節なので、日中も夜も快適に過ごせます。

また夏は、夏休みと重なりキャンプの人気シーズンです。キャンプ場が混雑したり予約が取れないということもあるでしょう。そんな予約状況も秋に入ると落ち着くキャンプ場が多く、人が少ないのでゆったりとキャンプを楽しむことも可能です。

・食欲の秋をキャンプで満喫

秋といえば旬を迎える食材が多いシーズンです。きのこ類やさつまいも、栗、ぶどうなど秋には美味しい食材が多く、キャンプ飯を楽しむことができます。またキャンプに併せて周辺の農園で栗拾いなどの体験をすることもいいでしょう。非日常の体験をしながら食材を手に入れられるのでおすすめです。

・苦手な人が多い虫

夏に比べて秋は、虫の活動が落ち着き見かけることが減り、虫が苦手な人もキャンプを楽しみやすい環境と言えます。ただランタンなどの灯りにに寄ってくる虫がいないわけではないので虫よけなどがあれば安心です。

・秋の夜長に焚き火を楽しむ

焚き火は、キャンプをする理由になるほど多くの人を惹きつけます。ただ夏キャンプでの焚き火は暑さを増長し辛く、冬キャンプの焚き火は寒さに耐えなければ楽しめません。気候の良い秋キャンプであれば、長時間のんびり焚き火を楽しむこともできますし、冷えてきても心地よい暖かさを感じることが可能です。

・自然を満喫できる

秋の楽しみのひとつが紅葉ではないでしょうか。木々の色づきを楽しみながら食事を楽しめるのは秋キャンプの魅力です。夜になると澄んだ空気の空に、普段見ている以上の美しい星空を見ることができます。紅葉と星空の両方を満喫できるのが秋キャンプの醍醐味です。

秋キャンプにはポータブル電源をおすすめする理由

秋キャンプにポータブル電源をおすすめする理由

ポータブル電源はご存じでしょうか?ポータブル電源とは、スマートフォンを充電するモバイルバッテリーの大型で高機能版というイメージをするとわかりやすいのではないでしょうか。充電容量や出力量、接続可能な端子の種類や数が多く、家電などに接続することが可能です。

さまざまな楽しみ方ができる秋キャンプにこんなポータブル電源を追加すると、さらに快適さと楽しみ方の幅が広がります。ここでは、ポータブル電源の秋キャンプでの活用方法について3つご紹介します。

① 調理の幅が広がる

ポータブル電源があれば、キャンプで炊飯器などの調理家電が使えます。家電を利用して気軽に秋キャンプを楽しみたい場合にはとても便利です。きのこなどの秋の食材を使った炊き込みご飯など簡単に調理できます。ホットプレートなども使えるので、料理の幅がかなり広がり、キャンプの楽しみ方が格段にアップします。

② 寝具・暖房選びで悩まない

秋キャンプでは昼間は暖かいのですが、夜になると冷え込む場合もありテントでの過ごし方や寝具選びに悩むこともあります。冬用の装備だと荷物が増えたり暑すぎることも考えられます。

そんな時もポータブル電源があれば、テント内にホットカーペットや電気毛布を持ち込むことができるので温度調節も簡単です。快適な秋の夜長を楽しんだり、ぐっすり睡眠をとることも可能です。

③ アウトドアにデジタル環境を持ち出せる

秋キャンプは、気候の良い日中に自然を感じたり、秋の夜長を楽しんだりすることが醍醐味でもあります。

ポータブル電源を活用できればテレワークも可能です。自然の中からリモート会議に参加するというのはいかがでしょう。

またプロジェクターがあれば広い空間で映画を楽しむなんてこともできます。アウトドアとデジタル機器を組み合わせて、非日常シチュエーションを楽しんでみてください。

キャンプ向けポータブル電源の選び方

キャンプ向けポータブル電源の選び方

ポータブル電源には多くの種類があり、どれを選べばいいのかわかりにくいと感じてしまうこともあるでしょう。キャンプ向けポータブル電源を選ぶ時のポイントをご紹介します。

・サイズと容量

キャンプでの使い方や使用時間によってポータブル電源に求める容量が変わってきます。

ソロキャンプで使用する場合では、コンパクトなポータブル電源が適しているでしょうし、ファミリーキャンプで調理家電、ホットカーペット、電気毛布を使用するなら、それなりの大きさの容量が必要です。

テントの大きさや使用容量などを想定して選ぶといいでしょう。

・定格出力をチェック

ポータブル電源を安全に使用できる電力量をW(ワット)で表示しています。アウトドア用のポータブル電源では、200W~500Wの消費電力の電気製品を使用できる商品の取り扱いが多いです。

しかし、その定格出力の製品を選んだ場合、電子レンジなど1000Wを超える高い消費電力の家電の使用ができません。秋キャンプで消費電力の高い家電を使用する場合には、高出力に対応できる、ポータブル電源を選ぶことをおすすめします。

・出力波形をチェック

市販されているポータブル電源には、正弦波、矩形波などの出力波形による種類があります。家庭用コンセントに使われているのが正弦波であるため、ほとんどの家電が正弦波に対応しています。そのため、矩形波のポータブル電源では、正弦波に対応した家電が使用できないので注意が必要です。

秋キャンプには「Jackery Solar Generator 1000 Pro」がおすすめ

秋キャンプの楽しみ方やポータブル電源の選び方についてご紹介してきましたが、次は秋キャンプにおすすめのポータブル電源Jackery Solar Generator 1000 Pro」をご紹介します。

おすすめポイント①:秋キャンプに最適な充電速度と自然放電の少なさ

Jackery Solar Generator 1000 Proをおすすめしたいポイントの一つ目は、充電速度と自然放電の少なさです。

天気が変わりやすい秋は、天気予報を確認しながら「今日は天気がいいからキャンプに行こう」と突然行くことになっても、「Jackery Solar Generator 1000 Pro」なら高速充電できるから安心。このポータブル電源は、家庭用コンセントで満充電まで約100分で完了します。

また使用していない間の自然放電も少なく、満充電した「Jackery Solar Generator 1000 Pro」を1年間放置しておいても約20%の電力が放電されずに残っています

おすすめポイント②:太陽光発電も対応

Jackery Solar Generator 1000 Pro」には、ソーラーパネルがセットになっています。これもおすすする理由となっていて、キャンプ場が電源サイトで充電ができなくても、太陽光さえあれば充電できますので、家電などによって電力を使いすぎて電池残量がなくなる心配がありません。

品番

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

サイズ

​​約340×262×255mm

重さ

約11.5kg

容量

1002Wh

定格出力

1000W

充電時間

コンセント(約1.8時間)
ソーラーパネル最速(約1.8時間)
*200Wソーラーパネルを4枚接続した場合

出力ポート

AC出力:3ポート
USB出力:USB-A(Quick Charge 3.0)出力:2ポート
USB-C出力(PD100W):2ポート
シガーソケット:1ポート

まとめ

秋キャンプにポータブル電源があると楽しみ方の幅が格段に広がります。家電を使うと想像以上に気軽にキャンプを楽しめます。そんな時にはポータブル電源の活用が欠かせません。電源付きのキャンプサイトでなくても、電力が確保できて自由に使えるポータブル電源は特に秋キャンプにおすすめ。秋に旬を迎える食材を炊飯器やホットプレートで簡単に調理できたり、秋の夜長にプロジェクターを使って映画を楽しむことも可能です。ぜひ秋キャンプにポータブル電源を活用してみてください。

関連記事

春キャンプの持ち物はこれで決まり!必需品から快適アイテムまで紹介
春キャンプの持ち物はこれで決まり!必需品から快適アイテムまで紹介
木々や花々が色づき始め、美しい景観の中で楽しめる春キャンプ。なかには「春キャンプの持ち物は?」「春キャンプの必需品は?」
ブログを読む
桜が見えるキャンプ場15選!桜が綺麗な場所でお花見を楽しもう
桜が見えるキャンプ場15選!桜が綺麗な場所でお花見を楽しもう
春は桜が綺麗な花見キャンプ場がおすすめです。今回の記事では、お花見ができるキャンプ場を15箇所紹介します。あると便利な花
ブログを読む
春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介
春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介
春キャンプには、絶対に寒さ対策が必要です。状況や場所によっては、かなり冷え込む場合もあります。今回はそんな、春キャンプに
ブログを読む