ポータブル電源を普段使いしよう

「ポータブル電源」は、キャンプや車中泊などのアウトドアに加えて、災害発生時の停電時の緊急電源としても活躍するアイテムです。しかも、このポータブル電源が活躍するシーンはアウトドアや非常時だけではありません。家庭内やベランダ、庭でも活用できる方法は色々あります。今回は、そんなポータブル電源の普段使いについてご紹介します。

ポータブル電源は屋外で家庭用コンセントが使用できる

ポータブル電源は
屋外で家庭用コンセントが使用できる

キャンプなどのアウトドアで便利に使えるポータブル電源とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。イメージとしては、スマートフォンなどの充電に使用するモバイルバッテリーの大容量版が近いですが、モバイルバッテリーとの大きな違いは、家庭用のコンセントが使えること。

そのため、コンセントが無い屋外などの場所でもパソコン、家電、電動工具などに電力を供給することができるのです。

例えば、暑い時には扇風機やポータブルクーラーを使うことができ、寒い時には電気毛布やホットカーペット、こたつが使えるため、冬キャンプや夏キャンプなどのアウトドアが大変な時期も快適に過ごすことができるのです。

家庭用コンセントのように普段使いする場合、ポイントは、定格出力と正弦波が使えるかが基準になります。

定格出力とは、安定して出力できる電力の量を数値化したもの。使用する家電の消費電力が定格出力を上回ると不安定になり、使用できなくなります。

アウトドア用の製品は、300W以下の消費電力のものが多いのですが、普段使用する家電は1000W程度の製品もあります。そのため、家庭で使うものをそのまま屋外でも使いたい、という場合は1000W以上の定格出力のポータブル電源を選んでおくと、安心して家電を使用することができます。

また電力には、正弦波と矩形波の2種類の波形があります。多くの家電は正弦波に対応しているため、ポータブル電源を選ぶ際は正弦波に対応している製品を選びましょう。

キッチン、ベランダ、屋外のDIYでも活用できる

キッチン、ベランダ、
屋外のDIYでも活用できる

ポータブル電源の普段使いをおすすめする最大の理由は、コンセントの位置を気にしないで家電が使えること。ポータブル電源は充電さえしてあれば、持ち運べるコンセントとなるため、庭やベランダなどの屋外や室内のコンセントが無い場所にもコンセントを増やすことができるのです。

家電を庭へ持ち出す

ホットプレートを使って焼肉をすると、翌日に焼き肉の臭いや油が残ってしまうのが気になってなかなか焼き肉ができない、という人も多いのでは。ポータブル電源があれば、庭やベランダへホットプレートを持ち出して、焼肉を楽しむことができます。庭などでキャンプをする「家キャン」もポータブル電源があればホットプレートやIH調理器が使えるため、より気軽にさまざまな料理を楽しむことができます。

テレワークがどこでも可能に

ポータブル電源があればどこでも電源を確保できるので、パソコンを使うテレワークをベランダや庭など電源が確保できない場所でも行うことができます。長時間の作業でもバッテリー残量を気にすることがなく、気が向いた場所で行うことができ、長時間家にいるストレスを減らすことができます。

庭でDIYもできる

DIYで使用する電動工具の電源が庭では確保できないため、仕方なく家の中で作業をしている人もいるのでは。家庭内でDIYをする場合は床にブルーシートを敷いたり、養生をするなどの手間がかかるのが面倒ですよね。そんな時でもポータブル電源があれば庭などの屋外ですぐに作業ができます。

電源を持ち運べるポータブル電源だからこそ、自分のやりたいことを制限なく、実現できるのです。

ポータブル電源とソーラーパネルで環境に優しいエコなライフスタイル

ポータブル電源とソーラーパネルで
環境に優しいエコなライフスタイル

これまでポータブル電源の普段使いの方法について紹介してきましたが、ここにソーラーパネルを組み合わせると、さらに充電もどこでもできるようになります。

ソーラーパネルは、太陽光エネルギーを使って電気を作り出すパネル。ポータブル電源は家庭用のコンセントや車のシュガーソケットを使って充電を行いますが、ソーラーパネルがあれば、どこでも充電を行うことができるのです。

ソーラーパネルからの充電で電気代は0円

家庭のコンセントから充電するのではなく、晴れた昼間の太陽光を利用すると0円でポータブル電源を利用できます。つまり、充電する分の電気代がかからずに電気を使用できるため、月々の電気代を削減することができるのです。

そう考えると、日中に電気を集めているソーラーパネルに思わず「がんばれー」と声援を送りたくなってきます。

また停電時などでもソーラーパネルがあれば充電可能なので、スマートフォンの充電が切れて連絡が取れなくなる、などの不安を軽減することができます。

まとめ

ポータブル電源を購入する際は、アウトドア用、防災用など用途を決めて購入する人も多いかもしれません。

しかし、それだけではもったいない。ぜひ移動できるコンセントを購入する、と考えて庭やベランダ、あるいは部屋の中のもう1個コンセントが欲しい場所など、様々な場所で普段使いすることを考えてみましょう。

またソーラーパネルと組み合わせることで、月々の電気代を削減しつつ、エコなライフスタイルが実現できる、というのも嬉しいポイント。ぜひみなさんも自宅の中の電源が欲しい場所を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

関連記事

日本人が知らない味 台湾料理「麺線」をキッチンカーで 台湾佐記麺線オーナー 佐久間政吾
日本人が知らない味 台湾料理「麺線」をキッチンカーで 台湾佐記麺線オーナー 佐久間政吾
ポータブル電源の家庭以外での使い方の一つにキッチンカーでの使用がある。今回は台湾の代表的な麺「麺線(めんせん)」を提供し
ブログを読む
アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
屋外で大道芸を披露する際に、ポータブル電源を使用している方がいるという。早速、取材を申し込み、会場に足を運んでみると、ダ
ブログを読む
【ポータブル電源の普段使い】雑草刈りがポータブル電源でラクラクに
【ポータブル電源の普段使い】雑草刈りがポータブル電源でラクラクに
Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルを組み合わせたJackery Solar Generator(以下、SG)
ブログを読む