テント泊と山小屋泊の違いは?両者のメリット・デメリットを徹底比較!

泊りがけで登山をするのなら、テント泊と山小屋泊、2つの選択肢があります。これから初めて、泊りがけで登山をするという方は、この2つのどちらを選ぶべきか、迷ってしまいますよね。

テント泊と登山泊には、それぞれメリットとデメリットがあります。

両者のメリット・デメリットを知ったうえで、どちらにするかを決めれば、こんなはずじゃなかったと、現地で後悔することを防げますよ。

今回は、テント泊と山小屋泊、それぞれのメリット・デメリットを説明したうえで、それぞれに向いているのがどんな人なのかについて、紹介していきます。

テント泊と山小屋泊の違い

テント泊と山小屋泊は、それぞれ以下の宿泊方法です。

  • テント泊…テント場にテントを張って宿泊する
  • 山小屋泊…山小屋で宿泊する

どちらも、山の中腹などにあるテント場や山小屋まで歩いて登っていく点は、変わりありません。

テント泊と山小屋泊には、それぞれ以下のような、メリットとデメリットがあります。

 

テント泊

山小屋泊

メリット

  • 大自然を身近に感じられる
  • プライベートな空間で過ごせる
  • 自由度が高い
  • 使用料が安い
  • 荷物が軽く済む
  • 食事を用意してもらえる
  • 天候の影響を受けない
  • 快適に過ごしやすい
  • 電気が使える

デメリット

  • 装備を揃える必要がある
  • 食事の準備が必要
  • 荷物が重くなる
  • 天候の影響を受けやすい
  • 快適に過ごしにくい
  • 電気が使えない
  • 自由度が低い
  • 混雑しやすい
  • プライベートな空間がない
  • 宿泊料が高い

では次から、それぞれのメリット・デメリットについて、詳しく見ていきましょう。

テント泊のメリット

テント泊のメリットは、以下のとおりです。

  • 大自然を身近に感じられる
  • プライベートな空間で過ごせる
  • 自由度が高い
  • 使用料が安い

テント泊の魅力とは、大自然を身近に感じられることです。なにしろテント泊では、山とテントの生地1枚隔てただけの空間に泊まることになります。

テントの入り口を開ければ、そこには大自然が広がっているなんて、ロマンがありますよね。

ソロキャンプの場合は、テントが自分専用のスペースになります。誰にも気兼ねせず、自由に過ごせるので、開放感もバツグンです。

自由度が高いのも、テント泊の魅力の1つです。テント泊では、寝るのも起きるのも、食事をするのも、自分の好きなタイミングを選べます。

テント場の使用料は、数百円から、高くても1,000円程度なので、お財布に優しいのも嬉しいポイントですね。

テント泊のデメリット

テント泊には、以下のデメリットもあります。

  • 装備を揃える必要がある
  • 食事の準備が必要
  • 荷物が重くなる
  • 天候の影響を受けやすい
  • 快適に過ごしにくい
  • 電気が使えない

テント泊では、山小屋泊に比べて、必要な装備が増えます。

通常の登山に必要なものに加えて、最低限以下の装備は必要です。

 

テント泊に必要な装備

1人用のテント

クッカー

ペグ

バーナー

ペグハンマー

カトラリー(箸やフォークなど)

シュラフ(寝袋)

食材

マットレス

水(通常より多く必要)

普段からキャンプをしている人ならともかく、そうでないのなら、最初に装備を揃えるのにお金がかかります。

また、装備が増えるということは、必然的に背負っていく荷物も重くなってしまいます。

天候の影響を受けやすいのも、テント泊のデメリット。強い雪や強い雨や風によって、テントが崩れてしまうこともあるので、悪天候のときは気が抜けません。

もちろん、テント泊では、季節の影響も受けますテント内では、暑さや寒さの対策がしにくいため、快適に過ごすのは難しいと言えるでしょう。

気温の対策ができない理由の1つには、テント内では、電気が使えないということもあります。

ただし、テント泊でも、電気を使用する方法はありますその方法については、後ほど「テント泊で電気を使用する方法」のパートで紹介しますね。

山小屋泊のメリット

山小屋泊のメリットは、以下のとおりです。

  • 荷物が軽く済む
  • 食事を用意してもらえる
  • 天候の影響を受けない
  • 快適に過ごせる
  • 電気が使える

テントや食料が必要なぶん、どうしても重装備になってしまうテント泊と違って、山小屋泊では、装備を必要最小限にできます。荷物が少ないぶん、同じ山を登るのでも、テント泊に比べると、ずっと登山が楽になりますよ。

食事も、山小屋で用意してもらえるので、食料や調理器具を背負って山を登ったり、自分で作ったりする負担や手間がかかりません。

また、小屋の中で過ごすので、雷雨や強風などがあっても、影響を受けません。

山小屋内には冷暖房の器具もあるので、気温の影響も受けず、快適に過ごせます。

コンセントもあるので、スマホやデジカメの電池切れの心配も少なくなります(ただし、混雑時にはコンセントが埋まっている可能性もあるので、モバイルバッテリーは準備しておいたほうが安心です)。

山小屋泊のデメリット

山小屋泊には、以下のデメリットもあります。

  • 自由度が低い
  • 混雑しやすい
  • プライベートな空間がない
  • 宿泊料金が高い

山小屋泊は、テント泊と違い、自由度がかなり低くなっています。というのも、山小屋では、チェックインやチェックアウト、食事や就寝の時間などが決められているからです。

予約した時間に遅れてチェックインすると、受付から怒られてしまうことも。

多くの山小屋は、登山道の途中にあり、そこまで山を登っていくことになります。そのため、チェックインに遅れないよう、余裕を持って出発したり、遅れてしまいそうな場合は、ペースを上げたりしなければなりません。

また、登山泊の醍醐味といえば、山から見る日の出や夕日ですが、食事の時間が指定されていると、日の出や日没と食事の時間がかぶってしまうこともあります。

休日に登山をすると、混雑しやすいのも、山小屋泊のデメリット。

多くの山小屋では、他の登山客と、相部屋になります。特に混雑時は、性別に関係なく相部屋に押し込まれて、1畳のスペースに2人で寝ることも少なくありません。

隣が同性になるという保証もないため、山小屋泊に慣れていない女性には、ハードルが高いと言えるでしょう。また、1畳に2人で寝るわけなので、当然プライベートな空間はありません。

山小屋は、あくまで寝るための場所と考えておいたほうがいいでしょう。

このように、ホスピタリティとは程遠い環境の山小屋ですが、その割に宿泊料金は高くなっています。テント泊の使用料が数百~1,000円程度なのに比べて、山小屋泊の宿泊料は、食事付きなら6,000~10,000円程度。

寝るためのスペースが0.5畳ということを考えると、かなり割高に感じてしまいます

テント泊はこんな人におすすめ!

ここまで説明したように、テント泊にも山小屋泊にも、様々なメリットとデメリットがあります。

テント泊と山小屋泊のどちらを選ぶかは、それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分がどちらに向いているかを考えて、決めるのがおすすめです。

テント泊に向いているのは、以下のような人たちです。

  • 登山の上級者
  • 体力に自信がある人
  • キャンプ経験者
  • 登山だけでなく、キャンプも楽しみたい人
  • 自分のペースで登山を楽しみたい人

テント泊では、山小屋泊に比べて、背負っていく荷物が重くなるので、登山の初心者や、体力のない人には向きません。

登山経験が豊富で、体力作りもしている人は、テント泊に向いています。

また、登山は初心者でも、キャンプの経験が豊富にあるのなら、テントを張ったり、キャンプ料理を作ったりできるので、テント泊に向いていると言えるでしょう。

そのうえで、登山もキャンプも両方楽しみたいという人や、時間を指定されずに自分のペースで登山がしたいという人に、テント泊はおすすめです。

テント泊で電気を使用する方法

テント泊では電気が使えないと説明しましたが、実は電気を使用する方法もあります。その方法は、テント場に「ポータブル電源」を持っていくことです。

ポータブル電源は、持ち運びのできる電源(コンセント)です。充電済みのポータブル電源に、電化製品のコンセントを挿せば、ためた電気を利用して、電化製品を動かせます。

ポータブル電源は3~15kg程度の重量があるので、ただでさえ荷物が多くなるテント泊で、テント場まで背負っていくのは現実的ではありません。しかし、テント場のなかには、駐車場から歩いて行けるところもあります。

こうしたテント場にテントを張り、そこに荷物を置いて、軽装備で登山するスタイルなら、テント泊の際にポータブル電源や電化製品が使えます。ポータブル電源があれば、夏はサーキュレーター、冬はハロゲンヒーターを使って快適に過ごせるほか、コンセント式の調理器具も使えて、キャンプ料理にも幅が出ますよ。

テント泊で電気を使いたいという方は、検討してみるといいでしょう。

持ち運べやすいコンパクトな
Jackery ポータブル電源

まとめ

テント泊にも山小屋泊にも、良いところと悪いところがあります。

両者のメリット・デメリットを知ったうえで、自分がどちらをやりたいか、どちらに向いているかを考えれば、登山のときに後悔する心配も少なくなります。

これから泊りがけの登山をするという方は、ぜひこの記事で紹介した内容を参考にして、テント泊と山小屋泊のどちらにするか、決めてくださいね。

関連製品

Jackery ポータブル電源 1000 セット
 ¥166,600(税込

Jackery ポータブル電源 240 セット
 ¥36,600(税込

Jackery ポータブル電源 1000

 ¥139,800(税込

Jackery ポータブル電源 1500

 
¥176,000(税込

関連記事

お花見キャンプにはポータブル電源が便利!お花見できるキャンプ場も紹介
お花見キャンプにはポータブル電源が便利!お花見できるキャンプ場も紹介
桜が咲く時期になり、そろそろお花見キャンプがしたいと思ってきた方も多いのではないでしょうか?お...
詳しく見る
ポータブル電源がJackeryより新登場!最大1488whの大容量「Jackery ポータブル電源1500」
ポータブル電源がJackeryより新登場!最大1488whの大容量「Jackery ポータブル電源1500」
序章 アウトドアや音楽イベントでの利用、コロナ禍で注目される「おう...
詳しく見る
【体験談】ポータブル電源の太陽光発電セットってどうなの?使用感をレビュー
【体験談】ポータブル電源の太陽光発電セットってどうなの?使用感をレビュー
ポータブル電源の太陽光発電セットが気になるという、そこのあなた。興味はあっても、本当にしっかり...
詳しく見る