夏キャンプにも役立つ!便利でおすすめのギアを紹介

夏はお盆休みや子供の夏休みもあり、キャンプに行く人が増える時期です。アスファルトの熱から離れ、自然に囲まれたキャンプ場、特に標高が高いエリアなら快適な時間が過ごせます。今回はこれからキャンプデビューをする方向けに、基本的なキャンプの道具(ギア)の解説と便利で役立つギアについてご紹介します。

夏はお盆休みや子供の夏休みもあり、キャンプに行く人が増える時期です。アスファルトの熱から離れ、自然に囲まれたキャンプ場、特に標高が高いエリアなら快適な時間が過ごせます。今回はこれからキャンプデビューをする方向けに、基本的なキャンプの道具(ギア)の解説と便利で役立つギアについてご紹介します。

まずは自分の拠点のスタイルを決めよう

まずは自分の拠点のスタイルを決めよう

キャンプを始める際は、まず拠点のスタイルを決める必要があります。キャンプの拠点は自宅と同じで寝室とリビングがあります。寝室がテントで、リビングがタープです。

特に夏場は日差しが強いのでタープは必須アイテムと言えます。2つ選ぶのは大変という方には、寝室とリビングの両方を兼ね備えた製品として2ルームテントがあります。

2ルームテントは、設営が1回で済むため簡単で、持ち運びも楽というメリットがあります。逆にテントとタープを単体で買うメリットは、それぞれを単体で持ち出すことができること、またコスト的にも安く抑えることができます。

もしも、ソロキャンプであれば、前室が広めのテントを選ぶことでタープの代用をすることも可能なため、その辺りも含めて拠点のスタイルを決める必要があります。

キャンプを始める際は、まず拠点のスタイルを決める必要があります。キャンプの拠点は自宅と同じで寝室とリビングがあります。寝室がテントで、リビングがタープです。

特に夏場は日差しが強いのでタープは必須アイテムと言えます。2つ選ぶのは大変という方には、寝室とリビングの両方を兼ね備えた製品として2ルームテントがあります。

2ルームテントは、設営が1回で済むため簡単で、持ち運びも楽というメリットがあります。逆にテントとタープを単体で買うメリットは、それぞれを単体で持ち出すことができること、またコスト的にも安く抑えることができます。

もしも、ソロキャンプであれば、前室が広めのテントを選ぶことでタープの代用をすることも可能なため、その辺りも含めて拠点のスタイルを決める必要があります。

リビングの高さを決定する

リビングの高さを決定する

次に必要になるのが、食事を楽しむためのテーブルとイスの高さです。テーブルとイスの高さが合っていないと使いにくいため、キャンプで過ごす時の高さを決める必要があります。

一般的には以下の2つのスタイルがあります。

・ミドルスタイル
家のダイニングのテーブルとイスと同じぐらいの高さになります。座ってゆっくりと料理をしたり、会話を楽しむことができます。

・ロースタイル
低めのチェアとローテーブルを合わせたスタイルです。目線が低くなり、地面に近くなるため、より自然を感じながら食事を楽しむことができます。

どちらが良いかは好みになるため、できれば実際に体験できるアウトドアショップに行って決めると良いでしょう。

次に必要になるのが、食事を楽しむためのテーブルとイスの高さです。テーブルとイスの高さが合っていないと使いにくいため、キャンプで過ごす時の高さを決める必要があります。

一般的には以下の2つのスタイルがあります。

・ミドルスタイル
家のダイニングのテーブルとイスと同じぐらいの高さになります。座ってゆっくりと料理をしたり、会話を楽しむことができます。

・ロースタイル
低めのチェアとローテーブルを合わせたスタイルです。目線が低くなり、地面に近くなるため、より自然を感じながら食事を楽しむことができます。

どちらが良いかは好みになるため、できれば実際に体験できるアウトドアショップに行って決めると良いでしょう。

テントと食事で必要なアイテム

テントと食事で必要なアイテム

上記の2つが決まれば、あとはその中身になってきます。
テントの中には以下の3つが入ります。

・寝袋(シェラフ)
・マット or コット
・ランタン

寝袋を選ぶときは、対応できる温度が判断基準になるため、まずは自分が使用するシーズンを決める必要があります。春~秋までキャンプをして、冬はしない。オールシーズン楽しみたい、のいずれかを決めた後に、最適なものを選ぶ必要があります。

マットまたはコットは、寝るときに地面に敷くキャンプギアです。

マットは地面の平らではない場所でも体が痛くならないようにするクッションの役目があります。

コットは携帯式のベットのこと。脚がついているため、地面から距離を取ることができ、暑い季節でも地面からの熱気を逃がすことができます。

上記の2つが決まれば、あとはその中身になってきます。
テントの中には以下の3つが入ります。

・寝袋(シェラフ)
・マット or コット
・ランタン

寝袋を選ぶときは、対応できる温度が判断基準になるため、まずは自分が使用するシーズンを決める必要があります。春~秋までキャンプをして、冬はしない。オールシーズン楽しみたい、のいずれかを決めた後に、最適なものを選ぶ必要があります。

マットまたはコットは、寝るときに地面に敷くキャンプギアです。

マットは地面の平らではない場所でも体が痛くならないようにするクッションの役目があります。

コットは携帯式のベットのこと。脚がついているため、地面から距離を取ることができ、暑い季節でも地面からの熱気を逃がすことができます。

次に調理に必要な物を以下に紹介します。

道具名
・鍋
・フライパン
・ウォータータンク
・まな板
・包丁
・ウェットテッシュ
・カトラリー(箸・フォーク・スプーン)
・シエラカップ
・カセットコンロ・ガスボンベ
・キッチンペーパー
・クーラーボックス
・ゴミ袋

ここでポイントになるのは、調理方法と後片付けです。

焚き火を使って豪快に調理をするのも楽しいですが、ガスを使って調理した方が火力の調節がしやすく、失敗も少ないのでお勧めです。

また、後片付けをする時にも注意が必要です。キャンプ場ではテントから流し台が遠い場合が多いため、気軽に食器洗いができません。ウエットティッシュで水を使わずに食器を掃除する、または、あらかじめお皿にラップを巻いておくと後片付けが少なくなり、便利です。

手軽に調理することを心がけて快適にキャンプ料理を楽しみましょう。

次に調理に必要な物を以下に紹介します。

道具名
・鍋
・フライパン
・ウォータータンク
・まな板
・包丁
・ウェットテッシュ
・カトラリー(箸・フォーク・スプーン)
・シエラカップ
・カセットコンロ・ガスボンベ
・キッチンペーパー
・クーラーボックス
・ゴミ袋

ここでポイントになるのは、調理方法と後片付けです。

焚き火を使って豪快に調理をするのも楽しいですが、ガスを使って調理した方が火力の調節がしやすく、失敗も少ないのでお勧めです。

また、後片付けをする時にも注意が必要です。キャンプ場ではテントから流し台が遠い場合が多いため、気軽に食器洗いができません。ウエットティッシュで水を使わずに食器を掃除する、または、あらかじめお皿にラップを巻いておくと後片付けが少なくなり、便利です。

手軽に調理することを心がけて快適にキャンプ料理を楽しみましょう。

キャンプで注意すべき暑さ対策

キャンプで注意すべき暑さ対策

利用イメージで最適なモデルを考える

キャンプシーズンである夏は気温が高く、暑さ対策が必要になります。

対策としては標高1000m近い高原にあるキャンプ場を選ぶことが一番の方法です。避暑地と呼ばれる場所では真夏でも涼しく快適に過ごせます。

しかし、そのような場所に行くのは難しい場合は、快適な服装やテントサイトを木陰に設営するなど工夫をする必要があります。

食材の管理にも注意が必要です。クーラーボックスは保冷剤や氷で冷やして食材の鮮度を保ちますが、時間と共に保冷力は下がっていきます。涼しい時間帯に調理し、傷みやすい物は早めに消費しましょう。

キャンプシーズンである夏は気温が高く、暑さ対策が必要になります。

対策としては標高1000m近い高原にあるキャンプ場を選ぶことが一番の方法です。避暑地と呼ばれる場所では真夏でも涼しく快適に過ごせます。

しかし、そのような場所に行くのは難しい場合は、快適な服装やテントサイトを木陰に設営するなど工夫をする必要があります。

食材の管理にも注意が必要です。クーラーボックスは保冷剤や氷で冷やして食材の鮮度を保ちますが、時間と共に保冷力は下がっていきます。涼しい時間帯に調理し、傷みやすい物は早めに消費しましょう。

キャンプをより快適にするギア

キャンプをより快適にするギア

グランドシート

グランドシートはテントの底面に敷くギアです。テントの底は意外と穴が開きやすいため、穴ができるのを防ぎ、さらに湿気も防いでくれるのでテントの中を快適に過ごすことができます。

アウトドアワゴン

テントの道具は集めていくと、相当な重量になります。車がテントサイトの中まで入れるオートキャンプ場であれば問題ないですが、そうでない場合は持ち運ぶことになります。そんな時に便利なのが、アウトドアワゴンです。車輪がついており、一度に大量の荷物が運べるため、ぜひ揃えておきたいギアになります。

キッチンペーパーホルダー

キャンプで調理をする時に意外と活躍するのが、キッチンペーパーです。キッチンペーパーホルダーを調理をする近くに設置すれば、快適に調理、片付けを行うことができます。

ポータブル電源

ポータブル電源の一番の魅力は、家庭と同じコンセントが使える点にあります。これによりホットプレートやIH調理器、電子レンジ、扇風機や電気毛布などの家電が使用でき、さらにシガーソケットからの電源供給もできるので車載冷蔵庫も使用可能となります。

ポータブル電源があれば、上記の暑さ問題をほぼ解決することができ、キャンプの快適さが一気に上がるのです。さらにソーラーパネルを組み合わせれば、夏の日差しを利用して、ポータブル電源が充電できるので、連泊キャンプや大人数でのキャンプにも対応できます。

グランドシート

グランドシートはテントの底面に敷くギアです。テントの底は意外と穴が開きやすいため、穴ができるのを防ぎ、さらに湿気も防いでくれるのでテントの中を快適に過ごすことができます。

アウトドアワゴン

テントの道具は集めていくと、相当な重量になります。車がテントサイトの中まで入れるオートキャンプ場であれば問題ないですが、そうでない場合は持ち運ぶことになります。そんな時に便利なのが、アウトドアワゴンです。車輪がついており、一度に大量の荷物が運べるため、ぜひ揃えておきたいギアになります。

キッチンペーパーホルダー

キャンプで調理をする時に意外と活躍するのが、キッチンペーパーです。キッチンペーパーホルダーを調理をする近くに設置すれば、快適に調理、片付けを行うことができます。

ポータブル電源

ポータブル電源の一番の魅力は、家庭と同じコンセントが使える点にあります。これによりホットプレートやIH調理器、電子レンジ、扇風機や電気毛布などの家電が使用でき、さらにシガーソケットからの電源供給もできるので車載冷蔵庫も使用可能となります。

ポータブル電源があれば、上記の暑さ問題をほぼ解決することができ、キャンプの快適さが一気に上がるのです。さらにソーラーパネルを組み合わせれば、夏の日差しを利用して、ポータブル電源が充電できるので、連泊キャンプや大人数でのキャンプにも対応できます。

まとめ

キャンプにはさまざまな道具が必要であり、繰り返しキャンプに行くことで自分にとって「これがあったら便利だな」という気付きが生まれます。

そこから、新しいキャンプギアを取り入れていくと独自のキャンプスタイルができあがっていくはずです。キャンプギアを揃えていくのもキャンプの醍醐味です。ぜひ、この記事を参考に道具を揃えてキャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

キャンプにはさまざまな道具が必要であり、繰り返しキャンプに行くことで自分にとって「これがあったら便利だな」という気付きが生まれます。

そこから、新しいキャンプギアを取り入れていくと独自のキャンプスタイルができあがっていくはずです。キャンプギアを揃えていくのもキャンプの醍醐味です。ぜひ、この記事を参考に道具を揃えてキャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

災害・停電に備えようと思ったらJackeryに辿り着いた 小林えいすけさん
災害・停電に備えようと思ったらJackeryに辿り着いた 小林えいすけさん
栃木県那須塩原といえば、古くから避暑地として知られ、別荘の多いエリアでもある。TV・CMの動画クリエイターであり、ライタ
ブログを読む
ソーラーパネルを使った節電方法と寿命やメンテナンス方法を解説
ソーラーパネルを使った節電方法と寿命やメンテナンス方法を解説
2022年3月、日本で初めて「電力需給ひっ迫警報」が発令されました。それにともなってメディアなどで「節電」という言葉を目
ブログを読む
非常時に役立つソーラー充電器は日常使いもキャンプでも使える!
非常時に役立つソーラー充電器は日常使いもキャンプでも使える!
電力不足などを理由に節電が叫ばれるようになっている中で、あらためて注目されているのが太陽光で発電ができるソーラー充電器で
ブログを読む