「初心者必見」絶対に失敗しないポータブル電源の選び方

絶対に失敗しないポータブル電源の選び方

キャンプやアウトドア・災害時用に注目が集まっているポータブル電源ですが、メーカーや種類が多すぎて「何を買えばいいのかわからない」そんな人が多いと思います。またポータブル電源のサイトを読んだけど、「難しい言葉が並んでて理解が出来なかった。」「初心者におすすめのポータブル電源はどれ?」「長期のキャンプに使う場合はどれ?」。

初心者でも読みやすく、絶対に失敗しないポータブル電源の選び方と必須なチェックポイントについて詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

初心者でも絶対に失敗しないポータブル電源の選び方

ポータブル電源の選び方で必ず確認する必要があるのは、5つのポイントです。

  1. ●バッテリー容量
  2. ●ポータブル電源定格出力
  3. ●出力波形:正弦波
  4. ●安全性
  5. ●メーカー

これさえ押さえておけば、「購入したけど使えなかった」の失敗を無くすことができます。難しい言葉が並んでますが、上記記載のポータブル電源の選び方をわかりやすく一つずつ説明していきますね。

ポータブル電源の選び方その①:必要なバッテリー容量を確認

ポータブル電源の選び方ー容量の選び方

バッテリー容量とは、フル充電からバッテリー切れになるまでの電気量のことです。バッテリー容量は、1時間に使える消費電力【Wh(ワットアワー)】で確認ができます。初心者の方は下記手順で必要とされるポータブル電源の容量を確認しましょう。

Step1:利用する予定の電化製品を決めて電化製品の消費電力を確認する

ポータブル電源を選ぶ際に、まず利用する電化製品の消費電力を確認しましょう。

  • ●バッテリー容量<消費電力の場合は、動きません。
  • ●バッテリー容量>消費電力の場合は、正常に動きます。

バッテリー容量が消費電力より大きければ、購入したのに容量が足りず使えないなんてことは起こりません。電化製品の消費電力一覧になります。

製品名

消費電力(W)

冷蔵庫(大型)

250

洗濯機(縦型)

400~500

エアコン(10畳用)

580~2000

炊飯器

1300

液晶テレビ(42型)

210

こたつ

100~500

電気ストーブ

500~1300

ホットカーペット(3畳用)

400~800

LED照明器具

10

扇風機

5~50

ホットプレート

700~1300

車載冷蔵庫

40~65

電気ポット

700~900

Step2: 電化製品の利用必要な時間を確認

消費電力がわかったので次は、利用する時間です。

ポータブルバッテリーで使いたい電化製品をどのくらい利用するかによって容量も変わってきますので、だいたいの時間で良いので必ず決めておきましょう。

Step3:必要とされるポータブル電源の容量を計算

実際に使う予定の家電製品と使用時間が決まったら、必要とされるポータブル電源の容量の計算をしていきましょう。

容量の計算式:
家電製品の消費電力(W)×利用時間(h)= 必要とされるポータブル電源の容量(wh)

ここに数値を入力すれば必要なポータブル電源の容量が出てきます。例えば、消費電力が400Wのホットカーペットを3時間使用したい場合は、

  • 消費電力:400W
  • 使用時間:3時間(h)

この数値を式に入れるとつまりホットカーペットを3時間使うには、1200Wh以上のポータブル電源が必要ということになります。

※全てのホットカーペットの消費電力が400Wではありません。製品によって消費電力が違いますので、使用する電化製品の消費電力を必ず確認して計算してください。

電化製品や同時に使うか使わないかで変わってきますが、ポータブル電源容量の目安としては:
●日帰りアウトドア:200Wh~500Wh
●キャンプや車中泊:500Wh~700Wh
●災害時用:1,000Wh以上

ポータブル電源の選び方その②:ポータブル電源定格出力を確認

ポータブル電源は、1度に使用できる電気量が決まっています。そしてポータブル電源には、2種類の出力があります。
●定格出力
●最大出力(瞬間最大出力)

この2つを理解せずに購入すると、電化製品が使えないという事態になります。

1.定格出力とは?

ポータブル電源が続く限り、安定して出力できる電気の量です。そして定格出力よりも電化製品の消費電力が大きいと、電力が足らず使えません。電化製品の消費電力がポータブル電源の定格出力を超えないように注意しましょう。

ポータブル電源の選び方ー定格出力の確認

2.最大出力(瞬間最大出力)とは?

起動させるときに瞬間的に消費電力が高くなる電化製品があります。

製品名

消費電力(W)

起動時(W)

扇風機

5~50

100

電子レンジ

1,000

1,800

冷蔵庫(大型)

250

1,000

小型クーラー

200

800

エアコン(10畳用)

580~2000

3,000

ノートパソコン・テレビ・小型電気ポット・IH炊飯器・ハロゲンヒーターなどは、消費電力と起動時の電力に差がほぼありません。

最大出力は、起動時の一瞬しか使うことができません。ポータブル電源は、最大出力の数値ではなく、定格出力の数値を基準にして選びましょう。

3. 定格出力で失敗しない選び方は?

使う電化製品の消費電力より高い定格出力のポータブル電源を選ぶ。】これしかありません。

すでにポータブル電源を購入済みの場合は、ポータブル電源の定格出力内に収まる電化製品を選びましょう。

  • ●消費電力の低い電化製品を選ぶ
  • ●電化製品の設定を【弱】にする
  • ●ポータブル電源を追加で購入する

ポータブル電源の選び方その③:出力波形を正弦波で選ぶ

電気は、AC電源(交流)とDC電源(直流)の2つを使っています。

  • ●DC電源(直流):ポータブル電源、バッテリー、乾電池などの電源
  • ●AC電源(交流):発電所から各家庭のコンセントに供給される電源

普段、発電所から供給されるAC電源は、そのまま家庭で使えません。だからAC電源をインバーターを使ってDC電源に変換してます。

そしてインバーターに流れるAC電源の電流の波打った形状のことを波形といいます。この波形には、3種類あります。

ポータブル電源の選び方ー正弦波

1.正弦波形

一般的に家庭で使われている電源になります。

正弦波形のポータブル電源であれば、家庭用コンセントと同じように使用することが可能です。

ポータブル電源は、正弦波形の製品を選びましょう。

2.修正正弦波形

正弦波形と似た波形の形状をしています。一時的に家電製品を使うことができますが、使えなくなったり、故障する可能性もあります。

使える家電製品は、マイコン制御が必要なく、モーターを利用していないシンプルな製品になります。例えば、ホットプレート、白熱電球、シンプルな電子レンジ・炊飯器など。

3.矩形波

正弦波形のような規則正しい波形にはなりません。矩形波のポータブル電源に繋いでも使えないことがあります。

また故障や家電の寿命を縮めてしまう可能性もあるので注意してください。

全ての製品を正弦波形にすればいいと思うかもしれませんが、コストが修正正弦波形と比べて2倍近く違いがあるので、修正正弦波形のポータブル電源もあります。

そしてAmazonなどに販売されているポータブル電源の中には、【正弦波形】と記載があるのに届いて調べたら【修正正弦波形】だったなんてこともあります。必ず口コミを確認してから購入しましょう。

ポータブル電源の選び方その➃:安全性の選び方

ポータブル電源は電気用品安全法の対象ではありません。

ポータブル電源を安全に使うためには、外部機関が認定した商品を選びましょう。

  • ●防災安全協会推奨マーク
  • ●PSEマーク
  • ●UN38.3

①防災安全協会推奨マーク

災害時に安全に活用できると認められた防災製品に付けられるマーク。

ポータブル電源の選び方ー安全性

②PSEマーク

製造・輸入された製品が電気用品安全法に基づいていると証明しているマークです。

ただしポータブル電源は電気用品安全法の対象ではありませんので、本体ではなくACアダプターにPSEマークがあるか確認してください。

ポータブル電源の選び方:PSEマーク

③UN38.3

リチウムイオン電池の国際輸送に求められる安全性規格です。

ポータブル電源の選び方その⑤:メーカーの選び方

ポータブル電源は、メーカーやブランドによって性能や価格が変わってきます。選び方のチェックポイントは3つです。

・実績のあるメーカー

・完備なサポート体制

・保証期間

ポータブル電源の市場は年々拡大しています。そして新しいブランドもどんどん設立しています。ポータブル電源を販売している会社の実績、サポート体制・保証期間を必ずチェックしましょう。

失敗したくない方におすすめのポータブル電源

Jackeryは、ポータブル電源の販売実績が10年あり、今では世界各国の冒険家やアウトドア愛好家に愛用されています。そして日本でも販売数No.1です。

また公式オンラインストアで購入すれば、【3年間製品保証】など手厚いサポートがあるのでお客様満足度も高く信頼されているメーカーです。さらに

  • ●安全協会推奨マーク付き
    ●PSEマークを取得
  • ●正弦波形を使用

実績・安全性と安定して使用できることが、Jackeryポータブル電源を一番におすすめできる理由です。ポータブル電源の初心者の場合、Jackeryのポータブル電源を選んで失敗はしないでしょう。初心者におすすめのJackeryポータブル電源は下記となります。

 

ポータブル電源1000

ポータブル電源708

ポータブル電源400

ポータブル電源240

公式価格
(2023年1月時点)

118,830円

67,600円

41,905円

21,800円

重量

10.6kg

6.3kg

4.1kg

3.2kg

容量

278,400mAh

1,002Wh

191,400mAh

708Wh

112,200mAh

400Wh

67,200mAh

240Wh

定格出力

3口合計 1,000W

2口合計 500W

1口 200W

1口 200W

最大出力

2,000W

1,000W

400W

400W

特徴

●長期キャンプも安 心

●充電スピード早い

●音が大きい

●ある程度の家電が

  使える

●複数台接続OK

●音が気になる

●サイズは最小

●容量が240の倍

●初心者におすすめ

●一番リーズナブル

●最小&最軽量

●音が小さい

まとめ

失敗しないポータブル電源の選び方

今回は、失敗しないポータブル電源の選び方について解説しました。

  1. 容量  :予算に余裕があれば、容量が大きいものを選ぶ
  2. ●定格出力:使う電化製品の消費電力より大きいものを選ぶ
  3. ●出力波形:正弦波形の製品を選ぶ
  4. ●安全性 :PSEマーク、防災安全協会推奨マークがある製品を選ぶ
  5. ●メーカー:実績があり、保証期間、サポート体制をチェック

ポータブル電源は、選び方の注意点が多いので失敗してしまうことがあります。「電源が入らない」などの失敗をしないように、5つのポイントを参考に購入を検討してみてください。色々比較して、自分にあったポータブル電源を見つける時に参考にしてもらえると嬉しいです。

関連記事

外で食べるご飯を多くの人に楽しんでほしい そとご飯スタイリスト 風森美絵
外で食べるご飯を多くの人に楽しんでほしい そとご飯スタイリスト 風森美絵
雑誌、テレビ、ウェブメディアなどで人気のアウトドアフードコーディネーター、風森美絵さん。キャンプや車中泊がメディアで取り
ブログを読む
日本人が知らない味 台湾料理「麺線」をキッチンカーで 台湾佐記麺線オーナー 佐久間政吾
日本人が知らない味 台湾料理「麺線」をキッチンカーで 台湾佐記麺線オーナー 佐久間政吾
ポータブル電源の家庭以外での使い方の一つにキッチンカーでの使用がある。今回は台湾の代表的な麺「麺線(めんせん)」を提供し
ブログを読む
アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
屋外で大道芸を披露する際に、ポータブル電源を使用している方がいるという。早速、取材を申し込み、会場に足を運んでみると、ダ
ブログを読む