新着記事

農業とアウトドアの新しい形 遠藤篤法
目の前には山が連なり、広大な畑が広がっている。取材に訪れたのは、神奈川県相模原市緑区。津久井湖の近くに位置するこの場所は、都心から高速道路で約1時間ほどの距離でありながら、道志川が流れる、のどかな場所だ。今回取材をする、遠藤篤法さんは代々木上原で22年続くダイニングバーのお店を経営する一方で、神奈川県相模原市緑区で農業も行っている。その遠藤さんが、農業とアウトドアを組み合わせた計画を進めていると聞き、話を伺ってみることにした。
さらに詳しく
アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
屋外で大道芸を披露する際に、ポータブル電源を使用している方がいるという。早速、取材を申し込み、会場に足を運んでみると、ダイナミックなアクロバットを披露するパフォーマンス集団がいた。危険と隣り合わせのダイナミックなパフォーマンスを披露する集団を率いているのが脊戸田英次(せとだ えいじ)さんだ。新体操全日本選手権を二連覇した経験を持つ脊戸田さんに、パフォーマーになったきっかけや仕事でのこわだり、ポータブル電源の現場での使い勝手について話を聞いた。
さらに詳しく