ソーラーパネル100Wで節電できる?ポータブル電源と併用の魅力も解説

ソーラーパネル100Wとポータブル電源

電気を自給自足で生み出し、節電効果が期待できるアイテムがソーラーパネルです。災害や停電が起き、電気の供給が途絶えた状況でも電子機器を使用できます。この記事では、ソーラーパネル100Wでできることを解説します。ポータブル電源と組み合わせるメリットやおすすめのソーラーパネルも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ソーラーパネル100Wでできること3選

家庭用蓄電システムとして最も多く利用されているソーラーパネル100Wは、家庭に様々なメリットをもたらしてくれます。高価なイメージがあるソーラーパネルも、100Wタイプなら価格を抑えられます。ソーラーパネル100Wでできることは主に以下の3つです。

●1日に300Whの電力を発電する

ソーラーパネルで発電できる量(wh)は、ソーラーパネルの出力電力(W)と発電している時間(h)の積で表せます。100Wのソーラーパネルを用いると、1日の日照条件の良い時間3hで300Whの電力が発電できます。

300Whは、消費電力の総和が100Wとなる家電を1時間稼働させられるだけの電力です。具体的には、以下のような消費電力100W未満の家電を稼働させられます。

家電

消費電力

ノートパソコン

50W

エアコン

45W

電気毛布

90W

電気シェーバー

10W

●電気代を節約できる

コンセントを経由せず、ソーラーパネルで発電した電気を使用することで節電効果があります。また、ポータブル電源に太陽光で発電した電気を充電しておくことで、太陽が沈んだ夜間帯にも電気を供給できます。

仕事や学校に行っている昼間にソーラーパネル100Wで300Wh充電し、帰宅後の数時間で日中に溜めた電力を使えば電気代をかけずに過ごせるでしょう。

●二酸化炭素の排出量を減らせる

ソーラーパネルは発電時に二酸化炭素を排出しないことでも知られています。国も太陽光発電や蓄電池の利用を推進することで、環境保護に取り組んでいます。

環境に優しく、電気代を節約しながら、停電や災害時にも300Wh/日の電気を生み出せるソーラーパネル100W。初めてソーラーパネルを購入する方にもおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

ソーラーパネル100Wの3つの種類

半導体に太陽光が当たることによって、光エネルギーを電気エネルギーに変換するという仕組みのソーラーパネルですが、構成する素材によって種類が分かれます。各種類の違いは、変換効率やコストパフォーマンスなどです。ソーラーパネル100Wの主な種類を3つ紹介します。

●シリコン系

家庭用のソーラーパネルの種類として最も多いのが、シリコン系です。シリコンは別名「ケイ素」と呼ばれ、特定の条件下で電気を通します。シリコン系の中でも「単結晶シリコン」「多結晶シリコン」「薄膜シリコン」の3つに区分けされます。

シリコン系の種類

特徴

単結晶

・太陽光技術で最も歴史が古い

・シリコンのパワーを最大限生かせる

・コストが高い

多結晶

・国内で広く使われている

・太陽電池を作る過程のシリコンを再利用する

・大量に生産できる

・発電効率は落ちる

薄膜

・結晶を必要としないため、薄く軽量化されている

・製造しやすい

・価格が安い

●化合物系

銅やインジウムなどを原料とする化合物半導体で作られたソーラーパネルです。シリコンを使用していないため、低コストかつ少ない資源で製造できます。また、経年劣化も少ないのも特徴です。今後の市場拡大が期待されている種類でもあります。

●有機系

電気を流す半導体は、シリコンなどの無機質で作られるのが一般的ですが、有機系で用いられるのは有機物です。pn接合を利用した光起電力効果によって電気を生み出します。

有機系のメリットは、主に以下のとおりです。

  • ·軽量かつ薄いので、自由に変形できる

  • ·製造コストを抑えられる

  • ·ソーラーパネルに色をつけられる

初心者必見!ソーラーパネル100Wの選び方5選

初めてソーラーパネルの購入を検討している方は、何を基準に選べば良いか分からないでしょう。ソーラーパネル100Wは、製品によって電力への変換効率や耐久性が異なります。ソーラーパネル100Wを選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

●複数の出力ポートを搭載している

ソーラーパネルで多くの電気を生み出せたとしても、稼働させたい電化製品のポートに対応していなければ意味がありません。また、ポート数が少ないと稼働できる電化製品が制限されます。

そのため、多彩な出力ポートを備え、ポート数が多いソーラーパネルがおすすめです。スマホやタブレットへの充電がしたい場合はUSB-AやUSB-C、車中泊で家電を稼働させたい場合はDCが搭載されていると便利でしょう。

●コンパクトに収納できる

ソーラーパネルを家庭だけでなく、車中泊やキャンプなどのアウトドアでも使用したい場合はコンパクトに収納できるかどうかも重要です。持ち運びの手間がかかると、使用範囲が狭まり、ソーラーパネルのメリットを十分に発揮できません。

ソーラーパネルの製品の中には折りたたみができるタイプもあります。災害が発生し、迅速な避難を要する場合でもコンパクトに収納できればすぐに持ち出せます。

●耐久性に優れている

住宅用の太陽光パネルの平均寿命は、20〜30年程です。また、アウトドアで使用する場合はさらに寿命は短くなるでしょう。ソーラーパネルを長く使うためには、耐久性に優れている必要があります。耐久性にこだわった仕様の例は、以下のとおりです。

  • ·特殊フッ素樹脂コーティングETFEを採用している

  • ·IP65の防水・防塵性能が備わっている

  • ·保証期間が長い

●高い変換効率を備えている

太陽光から受け取った光エネルギーをどれだけの電気エネルギーに変換できるかによって、ソーラーパネルの性能は変わります。高い変換効率を備えたソーラーパネルを使用することで、高い節電効果や充電時間の短縮に繋がります。

国内外問わず多くのメーカーからソーラーパネルが発売されており、一般的な変換効率は20%です。太陽光から得られた光エネルギーの2割を電気に変換できます。20%を上回るか、下回るかによって製品の変換効率を判断してみてください。

●互換性の良いポータブル電源の性能が高い

ソーラーパネルと互換性の良いポータブル電源の性能の高さも重要です。ポータブル電源には、大量の電気を蓄えることができ、多彩なポートから出力ができます。そのため、ソーラーパネルと組み合わせて使うと便利です。

また、ソーラーパネルと最も互換性が良いのは、同一メーカーが出すポータブル電源です。ポータブル電源の性能を測る際は、以下のようなポイントに着目しましょう。

  • ·容量/定格出力のバリエーションが豊富に取り揃えられている

  • ·3時間以内でフル充電できる

  • ·自然放電する電力量が少ない

  • ·バッテリーの拡張ができる

Jackery SolarSaga 100W ソーラーパネルについて

ソーラーパネル100Wは数多くのメーカーが販売しています。Jackery SolarSaga 100W」は、200以上のメディアが推奨する実績を誇るJackery製が販売する、高い基準を満たしたおすすめのソーラーパネルです。Jackery SolarSaga 100Wの性能を紹介します。

  • ·一般社団法人防災安全協会から推奨された高い安全性を誇る

  • ·24%という高い変換効率を誇る

  • ·特殊フッ素樹脂コーティングETFEを採用している

  • ·IP65の防水・防塵性能を持つ

  • ·折りたたんでコンパクトに収納できる

  • ·USB出力ポートとDC出力ポートがついている

  • ·ポータブル電源とセットで購入すると割引される

  • ·3年間の長期保証が付いている

ポータブル電源と組み合わせる3つのメリット

ソーラーパネルとポータブル電源を併用する

ソーラーパネルは単体で使用するだけでは、日中帯にしか使用できず、節電効果も低いです。一方で、ポータブル電源と組み合わせることで、さらなるメリットを発揮します。ソーラーパネルとポータブル電源を併用するメリットは以下のとおりです。

●昼間に溜めた電気を夜に使える

ソーラーパネルで生み出した電力は、ポータブル電源に溜めておくことができます。そのため、会社員や学生で日中帯は留守にしている方でも、日中帯にソーラーパネルでポータブル電源を充電しておき、帰宅後の夜間帯に電気を使えるのです。

また、キャンプでは日中帯に楽しんでいる間に電気を蓄え、夜の寒い時間帯に電気ストーブや電気毛布で寒さ対策ができます。

●電気代の節約効率が上がる

ソーラーパネル100W単体では、最大でも100Wの電気しか供給できませんが、ポータブル電源に溜めることで100W以上の電気を一度に供給できます。そのため、消費電力の高い家電も太陽光による電気エネルギーで供給できるようになり、節電効率が上がるのです。

また、ソーラーパネルで給電できる時間帯に自宅にいるのは休日だけという方も、平日の昼間にポータブル電源に蓄電しておくと、エネルギーを無駄なく使用できます。

●災害時の電力を蓄えておける

ソーラーパネルで作り出した電気は、ポータブル電源に非常用として蓄えておき、災害時や停電時に使用できます。ポータブル電源の自然放電は少ないので、太陽光から得た電力を無駄にしません。

また、定格出力・容量が大きいポータブル電源を用いることで、消費電力をほとんど気にせずに家庭にある家電を同時に使用できます。

ポータブル電源・ソーラーパネルセットのおすすめ

Jackeryはソーラーパネルだけでなく、純正のポータブル電源とのセットも取り揃えられています。セット割が効くのでお得に購入できるのも魅力です。家族の人数や使用する家電の消費電力に合ったポータブル電源を選んでみてください。

●Jackery Solar Generator 1000 Plus

1264Whの大容量かつ2000Wの定格出力を備えた「Jackery ポータブル電源 1000 Plus」と「Jackery SolarSaga 100W ソーラーパネル」1枚のセットです。

商品の特徴:

  • ·付属のソーラーパネル100W1枚を使用すると、18時間でフル充電できる

  • ·2000Wの高出力により、家庭にあるほとんど全ての家電を使用できる

  • ·4000回の充放電サイクルにより、毎日使っても10年以上使用できる

  • ·ソーラーパネルは3年間、ポータブル電源は5年間の保証が付いてくる

  • ·バッテリーを拡張し、ソーラーパネルから5kWhまでポータブル電源に充電できる

製品名 Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量

1264Wh(5kWhまで拡張可能)

定格出力

2000W/正弦波(最大瞬間出力:4000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

満充電時間

AC充電:1.7時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:7時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
4000サイクル数(10年以上使える)

保証期間

5年間

●Jackery Solar Generator 2000 Plus

2042Whの大容量かつ3000Wの定格出力を備えた「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」と「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」1枚のセットです。

商品の特徴:

  • ·付属のソーラーパネル200W1枚を用いると、14時間でフル充電できる

  • ·3000Wの高出力により、合計10個の家電を同時に使用できる

  • ·ハンドル・キャスター付きのため、災害時にも持ち運びやすい

  • ·最大24kWhまでバッテリーを拡張することで、車中泊や連泊キャンプで活躍する

  • ·Jackery専用アプリでスマホひとつでポータブル電源を遠隔操作できる

製品名 Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大12kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

●Jackery Solar Generator 300 Plus 100W

製品名 Jackery Solar Generator 300 Plus 100W

容量

288Wh

定格出力

300W/正弦波(最大瞬間出力:600W)

出力ポート数

ACⅹ1、DCⅹ1、USBⅹ3

満充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速3.8時間
シガーアダプター:5.5時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
3000サイクル数(10年使える)

保証期間

5年間

ソーラーパネル100Wに関するQ&A

初めてソーラーパネル100Wを購入しようと検討している方に向けて、よくある質問と回答を紹介します。ソーラーパネルのタイプや費用に関する疑問を解消するためにご活用ください。

●据え置き型とポータブル型はどちらがよい?

ソーラーパネルには据え置き型とポータブル型があります。それぞれの違いは以下のとおりです。どちらを選ぶかは使用用途に応じて決めましょう。

据え置き型

ポータブル型

・屋根に太陽光パネルを固定する方式

・新築、既築問わず導入が可能

・手軽に設置できる

・持ち運びはできない

・普段の生活で使用する電力を溜める

・自由に携帯できる移動方式

・軽量かつコンパクト

・設置作業が不要

・持ち運びできる

●ソーラーパネル100Wは元が取れる?

1日の日照条件を満たす時間を3時間とすると、300Whの容量を1日に発電できます。電力会社の料金体系を基本料金1,100円、電力量料金20円/kWhとすると、1ヶ月で1,280円分節約できることになります。

さらに、ポータブル電源と組み合わせることで、より消費電力の高い家電も稼働させられるので、十分に元が取れると言えるでしょう。

まとめ|ソーラーパネル100Wで電気代を節約しよう

ソーラーパネル100Wを使用することで1日300Wh前後の電気を発電できます。また、電気代を節約できたり、アウトドアで家電が使えたりするのも魅力です。ポータブル電源と組み合わせることで、さらに効率的に電気を供給できるでしょう。

ソーラーパネル100Wを活用し、太陽光発電を体感してみてください。


送信