災害用ソーラーパネル製品おすすめ4選!製品を選ぶ7つのポイントも紹介

災害用ソーラーパネルは被災時の強い味方!製品を選ぶ7つのポイント

災害が発生した際、一般市民が電気を確保する手段としてソーラーパネルはとても有効です。調理をする、食材を冷やす、照明や情報を得る、冷暖房に使うなど、被災時の生活に強い味方となります。いざというときに備えて、ソーラーパネルを災害用品として用意しておきたいと思う方も、多いのではないでしょうか?

この記事では「災害用品としてソーラーパネルを検討したい」という方に向けて、災害でソーラーパネルを活用するメリットや選ぶポイント、おすすめの災害用ソーラーパネルを紹介していきます。

災害時にソーラーパネルを活用する5つのメリット

災害が発生しても、ソーラーパネルがあれば電気を得られます。生活を送るうえで強い味方となりますから、災害用品にぜひ含めたいアイテムといえるでしょう。災害時にソーラーパネルがどう役立つか、5つの項目に分けて確認していきましょう。

①スマートフォンやパソコンで最新情報を収集できる

ソーラーパネルがあれば日中の時間帯で太陽光発電し、スマートフォンやノートパソコンのバッテリーに蓄電できます。いまやインターネットで、リアルタイムの情報を収集できる時代となりました。スマートフォンやパソコンで最新情報を収集でき、より良い行動に役立てられることはソーラーパネルを活用する代表的なメリットに挙げられます。

②冷蔵や冷凍を要する食材も冷蔵庫で安全に保管できる

ソーラーパネルで発電した電気を「ポータブル電源」などの蓄電池に貯めると、ソーラーパネルを活用できる場は大きく広がります。冷蔵庫や冷凍庫の活用は、代表的なメリットの一つです。私たちは以下のように、温度管理を要する食材を頻繁に扱っているためです。

要冷蔵品(肉、魚、練り物、麺、豆腐や納豆、乳製品、サラダなど)

要冷凍品(冷凍食品、アイス、氷など)

もし停電しても、ソーラーパネルがあれば電気を蓄電でき、冷蔵庫や冷凍庫に電気を供給できます。せっかく購入した食材を無駄にせず、安全な状態で料理に使えるメリットも見逃せません。

③調理家電で温かく衛生的な料理を作ることが可能

ソーラーパネルは、おいしい料理づくりにも役立ちます。発電した電気で、さまざまな調理家電を動かせるためです。温かい料理は、心も体も温めるでしょう。

また熱を加えられるため、衛生的な料理をつくることが可能です。食中毒のリスクを減らし、食の安心・安全につながることも大きなメリットに挙げられます。

➃ストーブや扇風機も使えて快適に過ごせる

ソーラーパネルで発電した電気は、冷暖房にも使えます。小型のストーブやヒーターなら、長時間使えるでしょう。冬を快適に過ごせるだけでなく、しもやけなどのトラブルも防げます。

夏は扇風機を使って、涼しく過ごせます。大容量のポータブル電源に蓄電すれば、エアコンを動かすことも可能です。四季を快適に過ごすアイテムとしても、ソーラーパネルは有効です。

⑤ドライヤーなど日々の身だしなみにも役立つ

災害時に日々の身だしなみを保つうえでも、災害用ソーラーパネルは活躍します。停電が続いたとしても、外出する際は最低限の身だしなみを整えたい方も多いでしょう。ソーラーパネルとポータブル電源さえあればドライヤーやヘアアイロンを稼動でき、シェーバーも充電できます。被災者だからといって、身だしなみをあきらめる必要はありません。

災害用ソーラーパネルを選ぶ7つのポイント

災害用ソーラーパネルは被災時の強い味方!製品を選ぶ7つのポイント

災害専用のソーラーパネルはありませんが、災害時に活躍するソーラーパネルは数多くあります。ここからは災害時に役立つソーラーパネルを選ぶポイントを、7つに分けて解説します。

①変換効率が高いソーラーパネルをおすすめ

災害用のソーラーパネルを選ぶなら、変換効率が高いソーラーパネルをおすすめします。20%を超える製品を選ぶとよいでしょう。変換効率が高い場合、同じ性能ならサイズは小さく、同じサイズなら性能は高くなります。コンパクトで高性能の製品を選べ、万が一の際にも多くの電気を発電できることが魅力です。

Jackery(ジャクリ)では変換効率が24%~25%と、高い性能を誇るコンパクトなソーラーパネルを提供しています。例えば「SolarSaga 100W」の変換効率は24%、「SolarSaga 200W」の変換効率は24.3%です。より多くの発電ができるソーラーパネルとして、重宝することでしょう。

Jackeryソーラーパネル一覧はこちらへ

②ソーラーパネルでどの家電をカバーするか考えておく

災害用のソーラーパネルを選ぶなら、発電した電気でどの家電をカバーするか考えておくことをおすすめします。スマートフォンやタブレット、卓上型のLED照明程度であれば、出力が小さい製品でもよいでしょう。ソーラーパネルがついたモバイルバッテリーも、有効活用できるケースが多いです。

一方で冷蔵庫や調理家電を使いたい場合は、大容量のポータブル電源との併用が必須です。また、充電を短時間で済ませる性能も求められます。このため、出力が大きく性能も高いソーラーパネルをおすすめします。

関連人気記事:ミニソーラーパネルはおすすめか?しっかり充電できるソーラーパネルを選ぼう

③防水・防塵機能を備えたソーラーパネルを選ぶ

ソーラーパネルは屋外に出して発電する機器ですから、突然の雨に遭う、砂ぼこりを浴びるといった状況になりがちです。このため、防水・防塵機能があると安心して使えます。

Jackery(ジャクリ)は、高い防水・防塵性能を備えたソーラーパネルを提供しています。例えば「Jackery SolarSaga 200W」の防水・防塵機能はIP67で示されます。粉塵が内部に侵入せず、一時的に水没しても影響がないレベルです。突然の風雨に見舞われても、あわてる必要はありません。

➃コンパクトで持ち運びやすいソーラーパネルをおすすめ

ソーラーパネルは、自宅で使うとは限りません。災害をきっかけとして、自宅以外の場所に移動せざるを得なくなる可能性もあります。避難所や親類の家に移動する、仮設住宅に住まいを移すといったケースは代表的です。

災害用のソーラーパネルを選ぶなら、移動を迫られる事態に備え、コンパクトで持ち運びやすい製品を選びましょうJackeryでは、持ち運びやすさにこだわったソーラーパネルを提供していますのでおすすめです。

⑤ソーラーパネルから直接充電できる機能があると便利

単体で発売されているポータブル型ソーラーパネルは、ポータブル電源とセットで使う製品が多くなっています。一方でソーラーパネルから直接充電できる機能があると、便利に感じることでしょう。

例えばJackery SolarSaga 100W」が、ソーラーパネルから電子機器に直接充電できます。USB-AとUSB-Cのどちらも対応していますので、スマートフォンやタブレットなどに充電可能です。

⑥蓄電するポータブル電源の選択も重要

ソーラーパネルを選ぶなら、蓄電するポータブル電源の選択も重要です。大容量のポータブル電源を選べば、大量の電気を蓄電できます。冷蔵庫や調理家電など、多種多様な家電を動かせるでしょう。一方でサイズが大きく、重くなることは難点です。

これに対して小容量のポータブル電源は、コンパクトで軽いことが魅力です。そのぶん定格出力は小さくなるため、動かせる家電は限られます。とはいえスマートフォンやノートパソコン、卓上型のLED照明を動かす程度でよければ、小容量のほうが使いやすいというケースもあるでしょう。

⑦充電完了まで待てる時間を決めておく

ソーラーパネルは、複数枚を用意して発電することも可能です。枚数を増やすことで、ポータブル電源への充電時間を短縮できます。ここではJackeryのソーラーパネル「SolarSaga 200W」を使って、Jackery ポータブル電源 2000 Plusに充電する時間を確認していきましょう。

l 1枚:14時間

l 2枚:7時間

l 6枚:2時間 

朝から充電を始めて夕方に満充電の状態になっていれば良いなら、2枚用意すれば済むでしょう。一方で2~3時間で充電を終えたい、外付けのバッテリーパックも有効活用したいという方は、6枚必要となるかもしれません。

災害用ソーラーパネルの発電量を上げる5つのコツ

災害用ソーラーパネルの発電量を上げる5つのコツ

ソーラーパネルは、使い方や管理の仕方により発電できる量が変わります。災害用として活かすなら、できるだけ発電量が多くなるよう工夫が必要です。5つのコツがありますから、詳しく確認していきましょう。

①掃除などメンテナンスをしっかり行う

ソーラーパネルは汚れがつくと、発電効率が低下します。性能を十分に発揮し多くの電気を発電するためにも、日々のメンテナンスはしっかり行いましょう。具体的なメンテナンス方法は、取扱説明書などをご参照ください。

②日当たりの良い場所にソーラーパネルを置く

ソーラーパネルは太陽光をもとに発電します。より多くの電気を発電するためには、日当たりの良い場所に置くことが欠かせません。ソーラーパネルの全面に太陽光が当たるよう、場所を選んで設置しましょう。

③太陽の動きにあわせてソーラーパネルの向きを変える

ソーラーパネルは一部分でも影がかかると、発電量が大きく下がる可能性があります。木や建物の日影は、太陽の動きとともに移動することに注意が必要です。朝に設置したまま夕方まで放置すると、思うような発電量が得られないかもしれません。

ソーラーパネルの性能を活かすためには、太陽の動きにあわせてソーラーパネルの設置場所や向きを変えることが有効です。手間はかかりますが、パネルに影がかかっていないかこまめにチェックするとよいでしょう。

➃性能の高いソーラーパネルを選ぶ

ソーラーパネルは性能が高ければ、より多くの電気を発電できます。発電量の多いソーラーパネルを選ぶことで、太陽光を有効活用できるわけです。同じサイズならより発電量の多いソーラーパネルを、同じ発電量ならよりコンパクトなソーラーパネルを選ぶとよいでしょう。

⑤ソーラーパネルを2枚以上用意する

複数のソーラーパネルを用意することで、発電量をアップできます。予算に余裕がある方や短時間で大量の電気が欲しい方は、2枚以上用意するとよいでしょう。

ソーラーパネルを1枚から2枚に増やせば、ポータブル電源への充電時間は半分で済みます。6枚に増やせば、大容量のポータブル電源でも2~3時間で済む機器も多いでしょう。

災害の備えにおすすめのソーラーパネル製品4選

災害の備えにおすすめのソーラーパネル製品4選

ソーラーパネルを災害用として備えるなら、ポータブル電源とセットにしたJackery Solar Generatorをおすすめします。

Jackery(ジャクリ)は10年以上の歴史があり、多くのユーザーに支持されているメーカーです。Jackery Solar Generator活用により以下のメリットが得られ、災害に備えられます

停電しても太陽光発電で電気を得られ、さまざまな家電を動かせる

大容量のポータブル電源を短時間で充電可能

繰り返しの充電にも強く、一般的なポータブル電源よりも長持ちする

ソーラーパネルは水や塵に強く、簡単に設置できる

多種多様な保護システムなど、安全対策が万全

稼動時の音量が低く、周囲に迷惑をかけにくい

PlusシリーズとProシリーズの保証期間は5年間あり、安心して使える

高い発電量でどんどん電気をつくり、大量の電気を保存できる一方で、使い勝手や快適性、安全面にも配慮されている製品です。災害対策にぴったりのソーラーパネルセットといえるでしょう。

災害用としておすすめする製品は、4つあります。それぞれの特徴を確認し、最適な災害対策にお役立てください。

●Jackery Solar Generator 2000 Plus|ジャクリソーラージェネレーター2000プラス

Jackery Solar Generator 2000 Plusは、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用した「ポータブル電源 2000 Plus」と、ソーラーパネル「SolarSaga 200W」をセットした製品です。ポータブル電源 2000 Plusの容量は、2042Whです。これだけでも大容量ですが、バッテリーパックを5個まで追加でき、蓄電池の容量を12kWhまで拡張できます多くの家庭用蓄電池と同程度の容量をポータブル電源で確保できることに、魅力を感じる方も多いでしょう。

セットされているSolarSaga 200Wは、1枚で充電すると満充電まで14時間を要します。2枚使えば7時間、6枚使うと2時間フル充電できます。充電は45℃の環境でも可能ですから、高温になりがちな時期でも安心です。バッテリーパックを直接ソーラーパネルで充電できることも特長に挙げられます。

ポータブル電源の定格出力は3000Wもあり、99%の家電を使用可能です。AC100V電源を5口、USB-AとUSB-Cの差込口は2箇所ずつありますから、差込口が足りないとは感じにくいでしょう。充放電サイクルは4,000回ですから、1日1回使っても10年以上使用可能です。本体にはハンドルとキャスターがついていますから、移動する際も楽に持ち運べます

●Jackery Solar Generator 1000 Plus|ジャクリソーラージェネレーター1000プラス

リン酸鉄リチウムイオン電池を使った「ポータブル電源 1000 Plus」と、ソーラーパネル「SolarSaga 100W」をセットしたJackery Solar Generator 1000 Plusです。ポータブル電源 1000 Plusの容量は1264Whですが、バッテリーパックを3個追加することでバッテリー容量を5kWhまで拡張できます小規模な家庭用蓄電池と同程度の容量を、ポータブル電源で確保できます。

セットされているSolarSaga 100Wは、1枚で充電すると満充電まで18時間を要します。2枚使えば9時間、4枚使うと4.5時間まで充電時間を短縮できますソーラーパネルをSolarSaga 200Wに変えれば、充電にかかる時間を半分程度に短縮可能です。充電は45℃の環境でも可能ですから、高温になりがちな時期でも安心です。

ポータブル電源の定格出力は2000Wあり、多くの家電を動かせます。AC100V電源は3口、USB-AとUSB-Cの差込口は2箇所ずつ備えていますので、複数の家電を同時に使うことも可能です。充放電サイクルは4,000回ですから、1日1回使っても10年以上使えます

●Jackery Solar Generator 300 Plus|ジャクリソーラージェネレーター300プラス

リン酸鉄リチウムイオン電池を活用した「ポータブル電源 300 Plus」と、ソーラーパネル「SolarSaga 40 Mini」をセットしたJackery Solar Generator 300 Plusです。ポータブル電源 300 Plusの容量は288Wh、定格出力は300Wです。調理家電や多くの暖房機器は動かせませんが、スマートフォンやノートパソコン、タブレット端末や小規模なLED照明を動かすには十分といえるでしょう。

セットされているSolarSaga 40 Miniを使えば、9.5時間で充電を完了できます。急いで充電したい場合は、SolarSaga 200Wを1枚使えば3.8時間で満充電にできます。充放電を3,000回繰り返しても、容量の80%を維持できる寿命の長さも魅力的です。

ポータブル電源とソーラーパネルの軽さも、この製品の魅力です。ポータブル電源 300 Plusは3.75kgと、片手でも楽に持ち運べる重さです。出力ポートもAC100V、USB-Aに加えて、USB-Cが2口と充実しています。SolarSaga 40 Miniは1.2kg程度、折り畳むとタブレットサイズになるコンパクトさも魅力的です。災害時に避難所などへ持ち込むのも楽々です。

●Jackery Solar Generator 3000 Pro|ジャクリソーラージェネレーター3000プロ

「ポータブル電源 3000 Pro」と、ソーラーパネル「SolarSaga 200W」をセットしたJackery Solar Generator 3000 Proです。ポータブル電源 3000 Proの容量は3024Whもあり、ほとんどの家電を長時間使えます。本体にはキャリーハンドルとタイヤがついているため、持ち運びを楽に行えるメリットも見逃せません。

セットされているSolarSaga 200Wは、1枚で充電すると満充電まで19時間かかります。2枚使えば9.5時間、6枚使うと3時間でフル充電できます充放電サイクルは2000回となっており、1日1回使っても5年以上使用可能です。

ポータブル電源の定格出力は3000Wもあり、ほぼ全ての家電を使用可能です。AC100V電源は5口、USB-AとUSB-Cの差込口は2箇所ずつありますから、同時に複数の家電に給電できます。

災害用ソーラーパネルはJackery製品で安心!ぜひ活用を

災害が起きても、Jackeryのソーラーパネルとポータブル電源をお持ちの方は安心です。晴れた日にはソーラーパネルを屋外に出して、電気をつくることができるでしょう。Jackery(ジャクリ)では停電時に必要とする電力量に応じて、さまざまな製品を用意しています。

Jackery製品で繰り返しの充電にも強い寿命の長さと、安全性の高い製品を手にできます。使い勝手の良さも魅力的です。災害への備えとして、Jackeryのソーラーパネルをご検討ください。


送信