蓄電池なしで太陽光発電を利用する方法とは?できないことや注意点も解説!

蓄電池なしで太陽光発電を利用する

太陽光発電は自宅で電気代を節約するだけでなく、地球環境保護や災害対策にも貢献する自然エネルギーの一つです。

しかし、高額な蓄電池を必要とすると考えて導入を躊躇する人も少なくありません。そこで当記事では、そのような懸念を解消すべく、蓄電池なしでも効果的に太陽光発電を利用する方法を詳しく説明します。

また、蓄電池を併用することによるメリット・デメリットについても触れていきますので、太陽光発電システムの導入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

太陽光発電と蓄電池の概要

エネルギー効率や節電を目指して、蓄電池の設置と一緒に太陽光発電の導入、あるいは更新を考えている人も多いのではないでしょうか。

蓄電池の動作原理や太陽光発電との組み合わせを事前に知っておくことで、それぞれがどのような役割を担っているのかを理解することができるでしょう。

●太陽光発電とは

太陽光発電は、太陽の光を利用して電力を作る技術です。主な太陽光発電の方式には以下の二つが挙げられます。

光電変換(光伝導変換)

太陽光が発電機に当たると光エネルギーを電気エネルギーに変換します。

熱変換

太陽の熱エネルギーを利用して電力を作ります。集光器を使用して太陽光を集め、それによって熱媒体を加熱し、蒸気タービンを回して発電します。

太陽光発電は再生可能エネルギーの一形態であり、環境に対する影響がとても少なく注目された技術です。

●蓄電池とは

蓄電池は、電気エネルギーを蓄えておくための装置です。通常、蓄電池は電気を蓄え、必要な時に放電して電気エネルギーを供給してくれます。

蓄電池は様々な目的で使用され、特に再生可能エネルギーの効率的な利用や非常用電源として注目されています。 

太陽光発電とセットで使われている蓄電池には、リチウムイオン電池が多く使われています。

蓄電池なしで太陽光発電を活用する方法

太陽光発電を蓄電池なしで効果的に活用するためには、発電した電力をすぐに消費するシステムを構築することが重要です。

そのために、以下の方法を実施してみましょう。

●発電したらすぐに使う

太陽光発電を蓄電池なしで最大限に活用するためには、発電した電力をすぐに消費する仕組みを作りましょう。

発電量が増えた際には、自動的に給湯器やスマート家電を作動させるなど、電力需要と供給を調整するようにしましょう。

●オール電化にする

オール電化住宅では、ガスを使わずに調理や給湯の熱源に電気を活用します。これにより、ガス代を支払う必要がなくなり、電力消費量を増加させることができます。

電力消費量の増加により、太陽光発電で発電した電力を自家消費に充てることができます。太陽光発電とオール電化の組み合わせによって、生活スタイルを変えずに自家消費する電力量を増やすことが可能です。

●電気自動車にする

電気自動車(EV)は電気のみを使って走る自動車を指します。ガソリン車との主な違いは、燃料に電気を使用し、モーターを動力源としている点です。

電気自動車には、

  • ・維持費が低く、電気代が一般的にガソリン代よりも経済的。

  • ・走行中に二酸化炭素を排出しないため、環境にやさしい。

  • ・静かでパワフルな走行が可能であり、非常電源としても活用できる。

  • ・購入時には補助金や減税が適用される

というメリットがあります。

太陽光発電でも蓄電池がないとできないこと

太陽光発電システムに蓄電池を使用しない場合、いくつかの制約が生じます。太陽光発電の利点を生かすためには、蓄電池が必要不可欠です。

蓄電池のない太陽光発電システムには、以下のようなデメリットがあります。

●電気を貯められない

蓄電池が無いと、太陽光発電で発電した電気を貯めることができません。太陽光発電では日中に発電されますが、家庭で電気を消費するのは、日中だけでなく夜間での使用も想定されます。

蓄電池があれば、太陽光発電で発電した電気を貯めることができ、日中に発電した電気を夜間に使用することができます。

蓄電池がないと、太陽光発電で発電した電気は、余った場合は電力会社に売却するか、捨てるしかありません。

また、夜間や休日は、電力会社から電気を購入する必要があります。そのため、蓄電池がないと、電気を溜めることができず、電気の使用量が増える可能性があります。

●停電時にバックアップ電源として利用できない

蓄電池がないと、停電時にバックアップ電源として利用することができません。

停電時には電気が使えません。蓄電池があれば、貯めていた電池を使って、照明や冷蔵庫、テレビなどの電化製品を日常のように活用し、生活できます。

また、蓄電池がないと災害時の備えにもなりません。停電は、台風や地震などの自然災害によって発生する可能性があります。蓄電池があれば、災害時にも電気が使えるので、生活を維持することができます。

このように、蓄電池は、停電時のバックアップ電源として役立ちます。停電時に電気が使えないのは大きな問題となりますので、太陽光発電を設置する際は、蓄電池の設置も検討することをおすすめします。

●電気代の削減はそれほど期待できない

太陽光発電のメリットは自家発電によって電気代を削減できることにあります。

しかし、先にもお伝えした通りで、蓄電池がないと、太陽光発電で発電した電気は、余った場合は電力会社に売却するか、捨てるしかありません。

蓄電池が無い場合には、夜間は、電力会社から電気を購入する必要があります。そのため、蓄電池がないと、電気代の削減は期待できません。

もしも、電気代の削減を目的として蓄電池を導入する場合は、電気代の安い時間帯に蓄電池に電気を貯め、電気代の高い時間帯に蓄えた電気を使用することで、より効果的な電気代の削減が期待できます。

太陽光発電と蓄電池を使用する際の注意点

太陽光発電と蓄電池のセットJackery Solar Generator

太陽光発電と蓄電池を合わせて使うと最大限の効果を期待できます。

太陽光発電のみではなく蓄電池も使ってみたいと思われている方向けにいくつか注意点がありますので、確認してみてください。

●初期費用とランニングコストがかかる

太陽光発電と蓄電池の導入には、初期費用とランニングコストがかかります。

初期費用には、太陽光パネル、パワーコンディショナー、蓄電池などの設備の購入費や設置費、工事費などが含まれます。また、維持費用には、電気代、保証料、メンテナンス費などが挙げられます。

環境省の推進する「0円ソーラー」では、初期投資が一切不要です。このため、大きな費用を気にせずに太陽光発電システムを設置できます。

毎月のリース料が発生しますが、契約期間中の保守費用は管理者側が負担し、初期費用分の支払いが終了した後は、設備が住宅所有者に譲渡されます。

月々の費用を抑えつつ、太陽光発電システムを導入したい方には、「初期費用0円ソーラー」が最適です。

参考:総務省-再エネスタート

●設置場所が必要

太陽光発電と蓄電池を導入するためには、まずは設置場所を考えなければなりません。太陽光パネルは、屋根に設置しますが、屋根の耐荷重や傾斜角度、日照条件などを考慮する必要があります。

パワーコンディショナーは、直流電源を家庭用で使用できるように交流に変換するための機械のことで、主に屋内や屋外に設置します。

屋内設置の場合は分電盤の近くに設置する必要があり、屋外設置の場合は雨風や直射日光から守られる場所に設置する必要があります。

蓄電池も同様に屋内や屋外に設置します。屋内設置の場合は、分電盤の近くに設置する必要があり、屋外設置の場合は直射日光や雨風、高温多湿から守られる場所に設置する必要があります。

●劣化する可能性がある

太陽光発電と蓄電池は、長期間使用することで劣化していきます。

どんなによくできた太陽光パネルでも、紫外線や熱、雨風などにより少しずつ壊れていきます。そうすると発電量が減少していきます。

劣化を防ぐためには、定期的な点検やメンテナンスを行うことや過充電や過放電を避けるといった対策が必要です。

太陽光を利用した高速充電ならJackery Solar Generatorがおすすめ

Jackery Solar Generatorシリーズは、ポータブル電源とソーラーパネルを組み合わせた、太陽光発電のセット商品です。難しい工事やメンテナンスは不要で、ソーラーパネルを広げてケーブルで接続するだけで、すぐに太陽光発電と蓄電ができます。

●Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルセットが選ばれる理由

Jackeryのポータブル電源は同クラスの製品よりも最大20%の軽量化を実現しているため、移動中にも手軽に使用できます。

また、Jackeryのソーラーパネルは業界トップクラスともいえる最大24%もの太陽光発電効率を実現しています。屋外でACコンセント充電ができない場所でも効率的に電源供給できます。

ソーラーパネルは「ETFEラミネート」を使用しており、最大IP68レベルの防水仕様や防塵対応など、耐久性があります。また、Jackeryポータブル電源はBMSシステムや特許取得済みのマルチダクト設計により、過充電や過放電を防ぎ、高い安全性を確保しています。

●Jackery Solar Generatorの使い道

Jackery Solar Generatorは、以下のような状況で利用するのが効果的です。

アウトドアシーンでの電源確保

Jackery Solar Generatorは、大容量かつ軽量コンパクトな設計で、持ち運びやすいため、キャンプや車中泊などのアウトドアシーンで電源を確保するのに最適です。

スマホやタブレット、ノートパソコンなどの充電はもちろん、電子レンジや炊飯器などの高出力家電も使用できます。

災害時の非常用電源

Jackery Solar Generatorは、高出力で幅広い用途に対応するため、災害時の非常用電源としても安心して使用できます。

停電時にスマホやタブレット、ノートパソコンなどの充電はもちろん、照明や冷蔵庫などの充電も可能です。

家庭での電気代削減

Jackery Solar Generatorは、ソーラーパネルと組み合わせることで、太陽光発電による電力供給が可能になり、家庭の電気代削減に役立ちます。

例えば、日中はソーラーパネルでJackery Solar Generatorを充電し、夜間にJackery Solar Generatorから家電に給電することで、電気代を節約できます。

まとめ

自家消費型太陽光発電は発電した電力を全て自家消費するため、節電に役立ちます。しかし、電力を蓄積する機能がないため、電力消費が少ない時間帯に発電すると余剰電力が生じ、効率が損なわれます。

そこで、電力の効率的な利用や災害時の備えとして、蓄電池の導入が推奨されます。蓄電池は、消費電力の多い時間帯や夜間でも電力を供給可能で、更に災害時には重要な電源となります。

太陽光発電は蓄電池なしでも利用可能ですが、節電や環境保護の観点から考えると、蓄電池と一緒に導入することが望ましいです。ご自身のライフスタイルや家庭での電力使用量を考慮しながら、最適な太陽光発電システムと蓄電池を選びましょう。

自家消費型太陽光発電への移行を考えている方や、住宅用の太陽光発電に興味を持っている方は、当記事を参考に理想的な蓄電池の選択を行ってみてください。

また蓄電池の効果を最大限に生かすためには、太陽光発電との併用が欠かせません。今回ご紹介した高速充電が可能なJackerySolar Generatorを使うことで、よりエコで経済的な生活が実現できます。


送信