新着記事

アクロバットで全国を元気づけたい パフォーマー 脊戸田英次
屋外で大道芸を披露する際に、ポータブル電源を使用している方がいるという。早速、取材を申し込み、会場に足を運んでみると、ダイナミックなアクロバットを披露するパフォーマンス集団がいた。危険と隣り合わせのダイナミックなパフォーマンスを披露する集団を率いているのが脊戸田英次(せとだ えいじ)さんだ。新体操全日本選手権を二連覇した経験を持つ脊戸田さんに、パフォーマーになったきっかけや仕事でのこわだり、ポータブル電源の現場での使い勝手について話を聞いた。
さらに詳しく
外で食べるご飯を多くの人に楽しんでほしい そとご飯スタイリスト 風森美絵
雑誌、テレビ、ウェブメディアなどで人気のアウトドアフードコーディネーター、風森美絵さん。キャンプや車中泊がメディアで取り上げられる機会が増えるにつれて、キャンプで楽しむ料理を紹介するシーンも増加してきた。そんな中で読者、視聴者、ユーザーに合わせてアウトドアで楽しむ食事を提案し、そこに沿える食器やテーブルまで美しく整えるのが、「そとご飯スタイリスト」の風森美絵さんだ。
さらに詳しく
ハザードマップを元に防災環境を見直そう
東日本大震災から早くも11年の月日が経ちました。この震災を機に普及が進んだものの一つに、地域のハザードマップがあります。各家庭に配布されている一方で「実は開いたことがない」「見方がわからない」という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ハザードマップの見方とマップを元にした防災計画の立て方について解説します。
さらに詳しく
停電時に「非常用電源」って本当に必要?
地震や夏から台風、大雨のリスクが高まる中、このコロナ禍では感染リスクがあるため、避難所の定員数が減ってきています。自分と家族の健康、重要な情報源を守るために「非常用電源」を購入する人が年々増加しています。しかし、どれも10万円以上と決して安い買い物ではありません。もし買うなら絶対に失敗したくないですよね。「コストは最小限に、でも災害時に本当に役立つものを買いたい」そんな方のために、この記事では非常用電源を選ぶときに抑えておきたい4つのポイントを解説しながら、特に人気の高い「ポータブル電源」と「発電機」を徹底比較!
さらに詳しく