新着記事

「災害時に電子レンジでできること」をフードコーディネーターに聞いてみた
かつて電気は電力会社から供給されるものでしたが、ポータブル電源があればコンセントやソーラーパネルを使って電気をストックしておき、停電時でも電気を使うことができます。ポータブル電源の災害時のメリットのひとつが家電が動かせる点にあります。中でも重宝するのが電子レンジです。そこで今回は、フードコーディネーターとして活躍する、まちやまちほさんに、災害時に電子レンジがあればできることについて話を伺いました。
さらに詳しく
【安心レシピ】災害時でもいつもの食事にも「ミートソース洋風肉じゃがと切り干し大根のキンピラ」
もしも災害になり、停電になった時は、ストックしていた食材で料理を作ることになります。そんな時にポータブル電源があったら電子レンジやIH調理器が使えるため、短時間に温かい料理を味わうことができます。災害時だけではなく、普段の食事にもおすすめの主菜として、ミートソース洋風肉じゃが、副菜に切干大根のキンピラの作り方をご紹介します。
さらに詳しく
【安心レシピ】災害時でもいつもの食事にも「サバ缶カレーとピーマンとツナのレンチン蒸し」
もしも災害になり、停電になった時は、冷蔵庫の中の食材やストックしていた缶詰などで料理を作ることになります。そんな時に電子レンジやIH調理器が使えるポータブル電源があったら、こんな料理を作ることができます。少ない材料で短時間に、電気をあまり使わずに作れるレシピなので、災害時だけではなく、普段の食事にもおすすめの主菜として、サバ缶カレー、副菜にピーマンとツナのレンチン蒸しの作り方をご紹介します。
さらに詳しく
普段からできる台風と雷対策を解説
毎年夏から秋にかけて、日本各地で発生する台風。雨や風による被害に加えて、樹木が倒れる、停電になるなどその被害は幅広く、時に私たちの命を脅かすこともあります。台風が接近したとき、自分自身や家族を危険から守れるように対策しておくことが大切です。今回は、普段からできる台風の対策として接近したときに注意すべきこと、そして停電への備えについてご紹介します。
さらに詳しく
アウトドアから地域の創生へ ー初心者、犬連れさんにやさしい「LANTERN CAMPING FIELD MORIYAキャンプ場」に行ってみた
茨城県守谷市の常総運動公園に「LANTERN CAMPING FIELD MORIYA」というキャンプ場がオープンしました。キャンプメディア『LANTERN(ランタン)』の運営会社である、株式会社パシュートがこちらの運営に携わるという。一体どんな施設になるのか、また運営に関わることになった経緯について、実際に現地に訪問して話を伺いました。
さらに詳しく