キャンプ好きにおすすめの関東のキャンプ場10選!便利なアイテムも紹介

関東は、アクセスに優れていたり、手ぶらで楽しめたりと初心者に優しいキャンプ場が多くあります。キャンプ場の数が多いので、川遊びや釣りが楽しめたり、温泉が隣接していたり、絶景が眺められたりとあなた好みのキャンプ場がきっと見つかるでしょう。

この記事では、関東のおすすめのキャンプ場を紹介します。関東のキャンプ場の魅力や快適に楽しむためのアイテムも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者のキャンプは「関東」が最適な3つの理由

これからキャンプを始めようとしている方に、関東のキャンプ場は最適です。テント泊が不安な方は、コテージやバンガローで宿泊することもできます。レンタル品が充実しているので、誰でも気軽にキャンプが楽しめます。キャンプ初心者に関東が最適な理由は、以下のとおりです。

●手ぶらで楽しめる

関東のキャンプ場は、レンタル品が充実している施設が多いです。キャンプがしたいけど、何から道具を揃えたらよいのか分からない、と思われている方も多いのではないでしょうか。手ぶらで楽しめるキャンプ場では、以下のような道具が現地で借りられます。

  • ・テント

  • ・テーブル・チェア

  • ・寝具

  • ・焚火セット

  • ・調理道具

人によってキャンプスタイルは異なるため、キャンプをしていない段階でキャンプギアを購入するのはリスクがあります。実際にレンタル品を使ってキャンプをしてみることで、自分に合ったキャンプギアのポイントが見えてくるでしょう。

●アクセスに優れている

関東のキャンプ場は、各エリアに点在しており、自宅から近いキャンプ場が見つかるはずです。また、交通網が発達しているので、電車や車でアクセスしやすい場所にあります。

キャンプといえば、荷物の持ち運びが億劫だというイメージがある方も、アクセスを重視した気軽に行けるキャンプ場を選択できます。車の横付けができるオートキャンプ場を選べば、駐車場からサイトまで荷物を運ぶ必要もありません。

関東には、1時間前後でアクセスできるキャンプ場も多くあるので、宿泊を伴うキャンプはハードルが高いという方は、日帰りキャンプを選ぶのも良いでしょう。

●選択肢の幅が広い

関東のキャンプ場は数が多いため、選択肢の幅が広く、あなたのキャンプスタイルや希望に合ったキャンプ場が見つかるはずです。都会に立ち並ぶビル群のイメージが強い関東地方ですが、海や山、川といった自然の景観が美しいエリアも存在します。

関東で選択できるキャンプ場の主な特色は、以下のとおりです。

  • ・海や山、川などの自然に囲まれている

  • ・静かでソロキャンプに向いている

  • ・レンタル品が充実している

  • ・車の横付けができる

  • ・アクティビティやイベントが充実している

  • ・コテージ・バンガロー泊もできる

  • ・観光名所が近くにある

  • ・都内から1時間圏内で行ける

  • ・標高が高い場所にある

関東でおすすめの穴場キャンプ場10選

関東は初心者向きのキャンプ場が多い一方で、有名なキャンプ場であれば予約が取れなかったり、良いサイトが空いていなかったりする場合もあります。穴場キャンプ場を選ぶことで、静かに絶好のロケーションでキャンプが楽しめるでしょう。関東でおすすめの穴場キャンプ場は、以下のとおりです。

●【東京】コテージ森林村

【東京】コテージ森林村

出典:コテージ森林村

東京奥多摩の秋川渓谷にあるキャンプ場です。コテージ泊ができるので、テント泊に抵抗がある方でも安心して利用できます。手ぶらでバーベキューが楽しめるので、子供連れでも盛り上がること間違いありません。

周辺では釣り・川遊びが楽しめる他、露天風呂からの景観が綺麗な瀬音の湯もあります。35mの高さから流れる大滝でマイナスイオンを全身に浴びて、日々の疲れを癒せます。

住所

〒190-0174 東京都あきる野市乙津810

公式ページ

https://www.shinrinmura.com/

●【東京】秋川渓谷リバーティオ

【東京】秋川渓谷リバーティオ

出典:武蔵五日市・秋川渓谷・キャンプ場・サマーランド・合宿

JR武蔵五日市駅から徒歩で行けるので、車を持っていない家庭でも都内から行きやすいキャンプ場です。落ち着く木造の香りが漂うコテージで、快適なキャンプが楽しめます。精肉店直通なので、高品質の味やボリュームが保証されたバーベキューも特徴の一つです。

住所

〒190-0151 東京都あきる野市小和田464−1

公式ページ

https://www.rivertio.com/

●【千葉】九十九里片貝豊海ビーチ前サーフキャンプサイト

【千葉】九十九里片貝豊海ビーチ前サーフキャンプサイト

出典:ExCAMP

九十九里ビーチの海沿いに位置するキャンプ場です。1年中サーフィンができるので、キャンプとマリンアクティビティが一緒に楽しめます。都心から1時間という好アクセスも魅力です。

RV車の乗り入れが可能なので、車中泊もできます。潮風を受けて体に付いた汚れは、近くの白子温泉で疲れと共に洗い流してください。

住所

〒283-0114 千葉県山武郡九十九里町真亀4653−23

公式ページ

https://excamp.jp/land/1270/

●【千葉】ガキ大将の森キャンプ場

【千葉】ガキ大将の森キャンプ場

出典:千葉県八千代市のNPO法人子どもネット八千代

八千代市内在住で子供連れの場合は無料で楽しめるキャンプ場です。15,000平方メートルという広大な敷地で、人の手が介入していないありのままの自然を体感できます。

きのこ型をしたキャンビンは、ツリーハウスを彷彿とさせ、遊び心を刺激してくれます。キャンプ用品のレンタルもあるので、初心者でも安心です。

住所

〒276-0028 千葉県八千代市村上333

公式ページ

https://www.nap-camp.com/chiba/11992

●【神奈川】滝沢園キャンプ場

【神奈川】滝沢園キャンプ場

出典:ハピキャン

人気キャンプ番組「おぎやはぎのハピキャン」でも紹介された自然豊かなキャンプ場です。上級者向けのフリーサイトや区画サイト、初心者向けのバンガローやログハウスなど、ユーザのニーズを満たした宿泊方法が選べます。

都内から1時間半という好アクセスにも関わらず、自然に囲まれた絶景のロケーションでキャンプが楽しめます。ハンモックに揺られながら、大自然を感じてみてください。

住所

〒259-1306 神奈川県秦野市戸川1445

公式ページ

http://takizawaen.com/

●【神奈川】西丹沢 大滝キャンプ場

【神奈川】西丹沢 大滝キャンプ場

出典:西丹沢大滝キャンプ場

東名高速道路から40分という神奈川県民にはアクセス良好なキャンプ場です。川沿いに広がるフリーサイトは、区画が決められていないので、開放的に楽しめます。

本格ピザ窯でのピザづくり体験ができるのも魅力です。直火での焚き火が可能なので、本格的なキャンプが楽しみたい方は外せないキャンプ場と言えるでしょう。

住所

〒258-0201 神奈川県足柄上郡山北町中川879−4

公式ページ

http://ootakicampsite.com/

●【埼玉】秩父定峰清流キャンプ場

【埼玉】秩父定峰清流キャンプ場

出典:秩父定峰清流キャンプ場

都内からのアクセスに優れた埼玉県秩父・定峰峠にあるキャンプ場です。キャンプサイト以外にも、築170年以上の建造物を改装したゲストハウスやドーム型のグランピング施設など、キャンプスタイルに合った宿泊施設を選べます。初心者が手ぶらで楽しめるように、レンタル品が充実しているのも魅力です。

住所

〒368-0003 埼玉県秩父市定峰245

公式ページ

https://www.glamping-saitama.com/

●【群馬】尾瀬高原オートキャンプ場

【群馬】尾瀬高原オートキャンプ場

出典:尾瀬高原オートキャンプ場

サクラ、ケヤキ、ナラ、スギといった豊富な樹木を使い、本格的な直火の焚き火が楽しめるキャンプ場です。山と川に囲まれているため、まさに穴場キャンプ場といえます。

全てのサイトで車の横付けができるので、荷物の持ち運びの手間がかかりません。周囲に灯りが少ないので、満天の星空が見られます。

住所

〒378-0413 群馬県利根郡片品村越本322

公式ページ

http://lodgechatty.net/ozecamp.html

●【栃木】ツリーハウスvillageおだぎりガーデン

【栃木】ツリーハウスvillageおだぎりガーデン

出典:那須高原 星空とせせらぎのキャンプ場 ツリーハウスvillage おだぎりガーデン

那須高原の広大な大地に位置するツリーハウスとテントサイトでキャンプができます。夜には満天の星空を堪能し、小鳥のさえずりとともに目を覚ますと、オープンテラスでモーニングコーヒーが味わえます。ツリーハウスからの展望も絶景です。

住所

〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久4597−12

公式ページ

http://www13.plala.or.jp/nasu-treehouse/

●【茨城】水海道あすなろの里キャンプ場

【茨城】水海道あすなろの里キャンプ場

出典:キャンプ・アウトドア情報メディアhinata

都内から1時間という好アクセスで、広大な敷地でキャンプが楽しめるキャンプ場です。キャンプだけでなく、動物園や水族館、スポーツ施設などが近くにあります。区画のないフリーサイトなので、好きなロケーションで自由にキャンプができます。

ヨーヨーすくいやピザ作り、射的など子供が楽しめるイベントも豊富に開催しているので、ファミリーキャンプにもおすすめです。

住所

〒303-0045 茨城県常総市大塚戸町310

公式ページ

http://asunaronosato.net/

キャンプを関東で快適に楽しむための持ち物5選

キャンプを関東で快適に楽しむためのポータブル電源

テントやシュラフといったキャンプギアは、宿泊を伴うキャンプでは必需品ですが、レンタル品に揃えられていることも多いでしょう。レンタル品の取り揃えが少ないアイテムの中でも、持っていくと快適性が向上する物もあります。関東のキャンプ場で、快適に楽しむためのアイテムは、以下のとおりです。

●タープ

関東では特に6月〜8月にかけて紫外線が強くなるので、日除け対策が欠かせません。冬の時期であっても、直射日光を浴び続けていると肌にダメージを受けてしまいます。キャンプでは外にいることが多いので、タープを設営して、日除け対策をしましょう。

また、タープがあると、雨が降ってきても濡れずにキャンプが継続できます。テントに入り切らない荷物も雨から守れるのも魅力です。日帰りキャンプでテントを建てるのが面倒な場合は、タープ一つ持っていけば楽しめます。

●コット

外で使う簡易ベッドである「コット」は、快適な睡眠を実現するために重宝します。コットの主な魅力は以下のとおりです。

  • ・地面からの冷気や熱気を防ぐ

  • ・地面の凹凸を感じない

  • ・日中帯はベンチとして使える

  • ・コットの下に荷物を収納できる

初心者の方は、コンパクトに折りたたみできるタイプを選ぶことで、持ち運びの邪魔になりません。

●ダッチオーブン

キャンプの醍醐味でもあるキャンプ料理で大活躍する調理道具が、ダッチオーブンです。ダッチオーブンとは、分厚い蓋が付いた鋳鉄製の鍋を指します。ダッチオーブンの魅力は、以下のとおりです。

  • ・焼く、炒める、煮る、蒸す、揚げるといった複数の調理方法に対応

  • ・完全に密閉でき、食材の旨みを詰め込める

  • ・鍋に炭を置くことで、上下から加熱できる

アウトドアの雰囲気を盛り上げてくれるデザインなので、本格的にキャンプを始めたい方は持っておいて損はないアイテムと言えるでしょう。

●焚き火台

焚き火をするのに必要な焚き火台は、レンタル用品に含まれていないキャンプ場もあります。大自然を感じながら、焚き火の炎を眺めている時間は贅沢そのものです。定期的にキャンプをしようと思っている方は、焚き火台を1台は持っておきましょう。

●ポータブル電源

快適なキャンプを実現してくれるアイテムが、ポータブル電源です。ポータブル電源とは、モバイルバッテリー以上の大量の電気を蓄え、多彩なポートから電化製品に給電できる機器を指します。キャンプにポータブル電源があるメリットは、以下のとおりです。

  • ・電子レンジや炊飯器を使って、安全に時短調理ができる

  • ・冷暖房器具を稼働させ、快適な睡眠を実現する

  • ・キャンプ場までの交通情報や観光地を調べるスマホを常にフル充電にしておける

  • ・テントやサイトを照らすLEDランタンをキャンプの最後まで点灯させられる

快適なキャンプにおすすめのJackeryポータブル電源

キャンプで大活躍するポータブル電源は、創業から11年間で世界販売台数300万台を突破し、豊富な容量バリエーションや複数の安全認証を備えたJackery製がおすすめです。Jackeryの製品の中でも、初心者から中上級者までのキャンプに最適な機種を紹介します。

●Jackery ポータブル電源 300 Plus

288Whの容量かつ300Wの定格出力を備えているので、冬は電気毛布を4時間、夏は扇風機を4.5時間稼働させて、快適なキャンプが実現します。

■商品の特徴

  • ・リュックに入るコンパクトサイズにより、初心者でも気軽に持ち運べる

  • ・リン酸鉄リチウムイオン電池の採用により、関東のみならず全国のキャンプ場で通年使用しても、10年以上使用し続けられる

  • ・ChargeShield技術により、最短2時間で高速充電できる

  • ・UL規格の耐衝撃性を備えているため、アウトドアでの使用に向いている

製品名 Jackery ポータブル電源 300 Plus

容量

288Wh

定格出力

300W/正弦波(最大瞬間出力:600W)

出力ポート数

ACⅹ1、DCⅹ1、USBⅹ3

満充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速3.8時間
シガーアダプター:5.5時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
3000サイクル数(10年使える)

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1000 Plus

1264Whの大容量かつ2000Wの定格出力により、ほとんど全ての家電をキャンプ場で稼働させられるため、初心者でも安心してキャンプを楽しめます。

■商品の特徴

  • ・同時に8台の家電に給電できるので、関東の観光名所やキャンプの様子を写真に収めるためのカメラを充電しながら、家電を使った調理や寒さ・暑さ対策ができる

  • ・バッテリーを5kWhまで拡張することで、ファミリーキャンプでも最後まで電気を使った快適なキャンプが楽しめる

  • ・合計62個の保護システムと12重のBMS保護システムにより、子供連れでも安心して使用できる

  • ・ソーラーパネルを用いると、キャンプ場にいながら最短2時間でフル充電できる

製品名 Jackery ポータブル電源 1000 Plus

容量

1264Wh(5kWhまで拡張可能)

定格出力

2000W/正弦波(最大瞬間出力:4000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

満充電時間

AC充電:1.7時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:7時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
4000サイクル数(10年以上使える)

保証期間

5年間

まとめ|キャンプ好きは関東の穴場を制覇しよう

関東には多くのキャンプ場が点在しており、あなたが求める条件を満たしたキャンプ場が見つかるはずです。アクセスが優れていたり、レンタル用品が充実していたりと初心者でも、気軽にキャンプが楽しめます。

この記事で紹介したキャンプ場を参考に、関東のキャンプを楽しんでください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。