淡路島を満喫できる車中泊おすすめスポット6選|楽しみ方別で紹介

淡路島を満喫できる車中泊旅!おすすめ車中泊スポットを楽しみ方に分けて紹介

「淡路島を車中泊旅で回ってみたい。」淡路島は車中泊スポットが多いこともあり、車中泊を趣味にしていらっしゃる方の人気スポットでもあります。近畿圏に住んでいらっしゃる方であれば、ちょっと遠出の車中泊旅として考えるにも最適な場所と言えるでしょう。

今回の記事では、淡路島を車中泊で満喫するためのおすすめスポットをご紹介しています。淡路島をどんな目的で訪れたいのか。「観光」「釣り」「ご当地グルメ」と目的別の淡路島車中泊の楽しみ方をそれぞれご紹介していますので、淡路島の旅先計画のご参考にしてみてください。

淡路島ならではの車中泊の楽しみ方

淡路島は全周約200km程で、近畿圏に在住されている方であれば週末車中泊旅には適した観光地です。なぜなら、ご当地グルメや観光スポットもあるのはもちろんのこと、安上がりな車中泊スポットが多くあるからです。

そんな車中泊旅にはうってつけの淡路島の車中泊旅を満喫するために、まず淡路島でできることをまとめました。淡路島ならではの車中泊の楽しみ方も含めてご紹介しますね。

①グルメを満喫する

淡路島の特産品を堪能するのも車中泊旅の醍醐味です。ご当地グルメとして

·あわじ島バーガー

·新鮮な海の幸・海鮮丼

·淡路島生しらす丼

などが有名です。車中泊旅で旅費を抑えている分、食事を豪華に堪能できるのがポイント。道の駅でご当地グルメを買って車中飯として自分好みに料理して食べたり、レストランやお食事処を利用するのもアリです。無料で利用できる車中泊スポットを利用しつつ、2泊3日くらいあれば十分淡路島を堪能できますよ。

②海釣りを満喫する

車中泊スポットには釣りを楽しむことができるスポットもあります。淡路島は瀬戸内海に浮かぶ島なので、海釣りを堪能することができます。

淡路島で釣れる魚は以下の通りです。

·アジ

·サバ

·太刀魚

·アオリイカ

·キス

·メバル

などが釣れます。釣りを趣味にしている方には満喫できる旅になること間違いなしですね。

ただ、釣れる魚はシーズンによって変わります。たとえば、3月頃だとアオリイカ、6月~9月にかけてはアジやサバが狙えるシーズンです。秋頃が一番多くの魚が釣れるシーズンなので、季節を狙って旅の計画を練ると良いでしょう。

③観光スポット巡りを満喫する

淡路島は観光スポットとしても有名です。中でも世界最大級の「うずしお」は圧巻です。クルーズ船も出ていることもあり、もし利用できるならぜひ絶景クルージングを楽しんでほしいです。

他には、

·あわじ花さじき

·淡路島国営明石海峡公園

·休暇村南淡路

·兵庫県立淡路島公園

など、自然を楽しむ観光スポットがたくさんあるのが魅力です。とくに、春頃にチューリップが咲き競うシーサイドパーク「淡路島国営明石海峡公園」と、桜の木を堪能できる「兵庫県立淡路島公園」を散策するのがおすすめです。

淡路島の車中泊でグルメ旅を満喫できるスポット2選

淡路島を満喫するにはご当地グルメを堪能するのも1つの方法です。週末を利用した車中泊旅で想定するなら2泊3日くらいです。無料の車中泊スポットを利用すれば宿泊費を抑えられるので、その分食事に旅の予算を多く見積もることも可能ではないでしょうか。

ここでは車中泊が可能な場所で淡路島ご当地グルメを味わえるスポットを2か所ご紹介します。

●道の駅「あわじ」で海の幸を満喫

明石海峡大橋のふもとにある道の駅「あわじ」。迫力ある明石海峡大橋を見上げることができます。淡路島と言えば海の幸が堪能できることで有名ですよね。

淡路島の絶景を眺めながら、「海鮮丼」でふんだんに盛られた海の幸を食せるのが魅力です。また、道の駅の特徴もあってお土産屋も充実しているのもポイント。地元の特産品である「たまねぎ」を使った食品も購入することができるので、買って車内で自分の好きに調理してゆっくり味わうのも良いですね。

道の駅にあるレストラン「お魚共和国 えびす丸」では、上記で紹介した海鮮丼のほかにご当地グルメの淡路島名物生しらす丼も食べられます。どちらを選ぶか迷ってしまうかもしれませんが、どちらもとてもおいしいのでぜひ堪能してほしいご当地グルメです。

●道の駅「うずしお」であわじ島バーガーを堪能

次に紹介するのは淡路島最南端にある道の駅「うずしお」です。大鳴門橋の真下にある道の駅で、ここでもご当地グルメが食べられます。おすすめは、

·日洋堂の「たまねぎケーキ」

·淡路島オニオンキッチン本店「あわじ島オニオングラタンバーガー」

です。圧巻の肉厚が魅力的なあわじ島バーガーを満喫した後は、デザートにたまねぎケーキに舌鼓を打つのも良いのではないでしょうか。

淡路島の車中泊で海釣りを満喫できるスポット2選

瀬戸内海に浮かぶ島である淡路島は周りが海であることから多くの海釣りスポットがあります。海から眺める朝日を見ながら釣りを楽しむことができ、新鮮な魚、釣った魚を食べる楽しさがありますね。ここでは「淡路島で海釣りを楽しみたい」方に海釣りができる車中泊スポットをご紹介します。

●「炬口漁港」

炬口漁港は、知る人ぞ知る無料で車中泊ができる釣りスポットです。最寄りにはスーパーがあるので、車中飯の買い出しには問題ありません。公園として奇麗に整備もされており、湾内ではファミリーフィッシングができちょっとした賑わいを見せていることも。

炬口漁港で釣れる魚は、

·アジ

·イワシ

·サバ

·ハマチ

·アオリイカ

など様々な種類の魚が釣れます。季節に応じて旬があるので、事前にチェックして行くと良いのではないでしょうか。釣った魚を酒の当てに一杯やるのも良いですね。

●新都志海水浴場

平成24年にオープンした海水浴場で、清潔なトイレ・自販機も設けられており駐車場も無料で利用できる車中泊スポットです。この海水浴場の突堤(他には岸壁・漁港内岸壁)が海釣りスポットになっています。

車中泊は海水浴場の駐車場より堤防側の方が良いでしょう。柵が設けられていて安全に釣りを楽しむことができるので、お子さん連れでも大丈夫です。釣れる魚は、

·チヌ(キチヌ)

·タチウオ

·イワシ

·サバ

·ハマチ

·アオリイカ、タコ

などが釣れます。都志漁港の長い防波堤は立ち入り禁止区域になっているので、入らないよう注意しましょう。

淡路島の車中泊旅で巡るおすすめ観光スポット2選

淡路島の車中泊旅で巡るおすすめ観光スポット2選

淡路島は観光スポットとしても有名なので観光目的で車中泊の旅先に選んでも十分楽しめます。ここでは旅費を抑えて観光を楽しむ内容として道の駅「福良」を。車中泊でリゾート気分を味わえるスポットとしてRVパークをご紹介します。

宿泊を安く抑えられる車中泊スポットがいくつかある淡路島ですが、しっかりとした設備が整ったRVパークもあるので、設備が充実した場所で車中泊を楽しみたい方は、RVパークを利用するのも良いですね。

●道の駅「福良」でうずしお観光

車中泊ができるスポットであり、うずしおクルージングができるクルーズ船発着場が隣接している道の駅「福良」。淡路島の観光スポットとして賑わっています。

朝の9時頃から観光バスや観光客が増えてくるので、ひょっとしたらゆっくり朝をむかえることはできないかもしれません。福良の敷地は広く、うずしお観光のほかに

·「うずのゆ」と名付けられた足湯

·国指定の重要無形民俗文化財・淡路人形浄瑠璃を上演する「淡路人形座」

·緑地公園

·農水産物や加工品を扱う販売所

などもあり、福良だけでも数時間滞在できる観光スポットになっています。

●RVパーク「淡路島シームーン」でリゾート車中泊を堪能

車中泊するならオートキャンプ場やRVパークを思い浮かべる方は多いでしょう。道の駅で車中泊をするのはちょっと気が引ける方には、リゾート車中泊を満喫できるRVパーク「淡路島シームーン」をおすすめします。

淡路島シームーンは、関西最大級のマリンレジャー施設「シームーンリゾート」に併設されています。シームーンリゾートでは、

·パラセーリング

·ジェットボード

·ウェイクボード

·ジャイアントブッバ

など、様々なマリンスポーツを満喫することができます。RVパークなので、その他の設備も充実しています。24時間利用できるトイレや、入浴施設など、宿泊に必要な設備は揃っているので、安心して宿泊することができます。

淡路島で快適な車中泊をに叶えるJackeryポータブル電源

淡路島で快適な車中泊をに叶えるJackeryポータブル電源

淡路島で車中泊旅を快適に過ごすためには、ポータブル電源があると大変便利です。充電するものというとモバイルバッテリーを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。しかし、モバイルバッテリーではUSBのみに充電できるものが限定されてしまいます。AC電源を供給できるポータブル電源であれば、車内で電気毛布や扇風機などの家電製品を自由に利用できるので、車内生活を快適に過ごせます。

いろんなポータブル電源が出てきてどれがよいのかわからないと迷う方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、世界的にも有名なJackeryポータブル電源をおすすめします。Jackeryポータブル電源なら

·耐火性能と安心設計

·持ち運びやすい大型の持ち手

·幅広い容量を選択可能

·1台買えば10年以上使える長寿命

·3~5年の長い保証期間

·廃棄時に無料で引き取ってくれる

などの特徴を持っております。車中泊初心者でも安心してご利用いただけます。ここでは、車中泊で人気なポータブル電源をご紹介します。

●Jackery Solar Generator 1000 Plus|ジャクリソーラージェネレーター1000プラス

車中泊旅におすすめするJackery製品といえば、「Jackery ポータブル電源 1000 Plus」にソーラーパネルがセットになった「Jackery Solar Generator 1000 Plus」です。1264Whの大容量で定格出力が2000wあるので、ほぼすべての家電製品を動かせます。

車中泊であると便利な家電製品と言えば、調理家電や電気照明、冷蔵庫などを思い浮かべるかと思います。これらを全て動かせるようになれば、車中泊を快適に過ごせるようになりますよ。もし数日間の車中泊で蓄電量に不安を感じたら、ソーラーパネルで自然の太陽光から充電できます。電力を気にせずつかうことができるので、安心して車中泊を満喫できるようになりますよ。

製品名 Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量

1264Wh(5kWhまで拡張可能)

定格出力

2000W/正弦波(最大瞬間出力:4000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

満充電時間

AC充電:1.7時間
ソーラー充電:最4.5時間
シガーアダプター:7時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
4000サイクル数(10年以上使える)

保証期間

5年間

●Jackery Solar Generator 2000 Plus|ジャクリソーラージェネレーター2000プラス

淡路島を1周して車中泊旅を満喫したいと考えたとき、ひょっとしたら2泊3日では足らないかもしれません。また、車中泊旅を1度経験すると、どんどん遠くに出かけたくなってきますよね。

長距離旅行を踏まえた車中泊旅にも耐えるポータブル電源が欲しくなったとき、選ぶべきはこの「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」とソーラーパネルがセットになった「Jackery Solar Generator 2000 Plus」です。

Jackery製品で最大級のバッテリー容量と、3000wの定格出力を持つので、数日間安定した電力供給を維持してくれます。充電速度も従来品と比べて早くなり、ACコンセントからなら最速1.7時間でフル充電になります。

このPlusシリーズでは「容量を増やしたい」と感じたときに、最大5kwhまで拡張できるようになったのも魅力の1つです。2000シリーズの容量でも問題ないくらい大容量なのですが、ファミリーで利用するときや、グループの複数人で旅行をするときにとても便利です。

製品名 Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大12kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

まとめ:淡路島を安上がりに旅行するなら車中泊旅

車中泊旅は、旅費を安く抑えられるメリットがあります。淡路島を安上がりに観光を楽しみたい。観光やご当地グルメにお金をかけたいから、宿泊費を抑えたいなど予算配分によっていろんな楽しみ方ができますよね。

無料で利用できる淡路島車中泊スポットもあるので、数日間の車中泊旅行を立てたい方は、淡路島の車中泊旅行を計画してみてはいかがでしょうか。今回の記事では、淡路島を車中泊で巡るのにピッタリのスポットを紹介しています。

 ·海釣りを満喫できる淡路島車中泊スポット

 ·ご当地グルメを堪能する淡路島車中泊スポット

·観光スポット巡りを楽しむ淡路島車中泊スポット

と、淡路島の楽しみ方を3つのパターンでそれぞれご紹介しました。あなたの淡路島旅行計画の参考になれば幸いです。


送信