ソーラーパネルを使った節電方法と寿命やメンテナンス方法を解説

2022年3月、日本で初めて「電力需給ひっ迫警報」が発令されました。これは電力の予備率が3%を下回ると予想されるときに発令され、この警報にともなってメディアなどで「節電」という言葉を目にする機会も増えてきました。節電はこれまで使用していた電力量を少なくすることが主となりますが、これに加えてソーラーパネルで発電した電力を使うことで節電する方法もあります。そこで今回はソーラーパネルを使った節電方法に加えて、購入する際に気になる寿命や上手な発電方法についてご紹介します。

2022年3月、日本で初めて「電力需給ひっ迫警報」が発令されました。これは電力の予備率が3%を下回ると予想されるときに発令され、この警報にともなってメディアなどで「節電」という言葉を目にする機会も増えてきました。節電はこれまで使用していた電力量を少なくすることが主となりますが、これに加えてソーラーパネルで発電した電力を使うことで節電する方法もあります。そこで今回はソーラーパネルを使った節電方法に加えて、購入する際に気になる寿命や上手な発電方法についてご紹介します。

電力不足の救世主「ソーラーパネル」とは

電力不足の救世主「ソーラーパネル」とは

火力発電の休止が相次ぎ、電力消費量が増加する夏や冬が近づくにあたって、停電という最悪の事態を避けるため、政府は大規模な節電対策を呼び掛けています。

停電が発生すると、冷蔵庫は停止し、蛍光灯なども使用できなくなりますので、部屋が真っ暗になると共に、冷凍庫の中身は溶けだしてしまい、時期によっては暑さ、寒さによって生命の危機に瀕する可能性もあります。

また、停電になってしまえば貴重な情報源である、パソコンやスマートフォンの充電ができずに、外部との連絡手段も途絶えてしまいます。

このような急な停電になっても対応できるアイテムとして、太陽光で発電できるソーラーパネルが注目されています。

ソーラーパネルは、家の屋根や太陽光発電所などに設置するタイプと持ち運びができるタイプがあり、持ち運べるポータブルタイプは、コンパクトなサイズで丈夫に作られています。

設置するタイプは、発電量が大きく安定しているものの、初期費用が高額なこともあり、すぐに導入というのはなかなか難しいところです。

一方で、ポータブルタイプについては、設置タイプに比べると導入費用も抑えられ、どこにでも持ち出せるため、キャンプなどのアウトドアの他にも、日中に家のベランダや庭で手軽に発電をすることができることから一気に注目度が増しています。

火力発電の休止が相次ぎ、電力消費量が増加する夏や冬が近づくにあたって、停電という最悪の事態を避けるため、政府は大規模な節電対策を呼び掛けています。

停電が発生すると、冷蔵庫は停止し、蛍光灯なども使用できなくなりますので、部屋が真っ暗になると共に、冷凍庫の中身は溶けだしてしまい、時期によっては暑さ、寒さによって生命の危機に瀕する可能性もあります。

また、停電になってしまえば貴重な情報源である、パソコンやスマートフォンの充電ができずに、外部との連絡手段も途絶えてしまいます。

このような急な停電になっても対応できるアイテムとして、太陽光で発電できるソーラーパネルが注目されています。

ソーラーパネルは、家の屋根や太陽光発電所などに設置するタイプと持ち運びができるタイプがあり、持ち運べるポータブルタイプは、コンパクトなサイズで丈夫に作られています。

設置するタイプは、発電量が大きく安定しているものの、初期費用が高額なこともあり、すぐに導入というのはなかなか難しいところです。

一方で、ポータブルタイプについては、設置タイプに比べると導入費用も抑えられ、どこにでも持ち出せるため、キャンプなどのアウトドアの他にも、日中に家のベランダや庭で手軽に発電をすることができることから一気に注目度が増しています。

ソーラーパネルを使った節電方法

ソーラーパネルを使った節電方法

ソーラーパネルは太陽光で発電ができる仕組みのため、太陽が出ている方向に向けて設置すれば発電することができます。その一方で、ソーラーパネル単体でスマートフォンなどを充電することはできますが、作った電気を蓄電する機能はありません。

そこで登場するのが、ポータブル電源です。昼間に作った電気をポータブル電源に充電しておけば夜間の照明やテレビ視聴などに利用できます。さらに、ポータブル電源のタイプによりますが、IHヒーターやホットプレートを使って料理などもできてしまいます。

これを日常的に賢く使用することで、月々の家庭の電気使用量を減らし、電力ひっ迫の際の節電にも繋げることができるのです。

ソーラーパネルは太陽光で発電ができる仕組みのため、太陽が出ている方向に向けて設置すれば発電することができます。その一方で、ソーラーパネル単体でスマートフォンなどを充電することはできますが、作った電気を蓄電する機能はありません。

そこで登場するのが、ポータブル電源です。昼間に作った電気をポータブル電源に充電しておけば夜間の照明やテレビ視聴などに利用できます。さらに、ポータブル電源のタイプによりますが、IHヒーターやホットプレートを使って料理などもできてしまいます。

これを日常的に賢く使用することで、月々の家庭の電気使用量を減らし、電力ひっ迫の際の節電にも繋げることができるのです。

ソーラーパネルの寿命は17年が目安

ソーラーパネルの寿命は17年が目安

太陽光発電を導入するにあたって、気になるのがどれぐらい使用できるのかです。

太陽光発電の法定耐用年数について「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」に基づくと、17年となっており、法的には17年が一つの目安となります。ただし、これは税務上で使用する年数であり、17年で使えなくなる訳ではありません。

ソーラーパネルには発電を行う、光電気変換素子に加えて、様々なパーツから構成されていますが、屋外で使用する分、経年劣化をしてしまい年を追うごとに発電効率が低下します。この発電量の低下などにより使用が難しくなったタイミングが「ソーラーパネルの寿命」と言われており、一般的に設置型のソーラーパネルは大体20年から30年程度が寿命だと言われています。

一方、ポータブルタイプの寿命は、10年程度であると言われています。しかし、実際には技術の進歩により寿命以上に稼働しているケースも多くあります。また寿命は普段の使い方やお手入れによって延ばすこともできます。

太陽光発電を導入するにあたって、気になるのがどれぐらい使用できるのかです。

太陽光発電の法定耐用年数について「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」に基づくと、17年となっており、法的には17年が一つの目安となります。ただし、これは税務上で使用する年数であり、17年で使えなくなる訳ではありません。

ソーラーパネルには発電を行う、光電気変換素子に加えて、様々なパーツから構成されていますが、屋外で使用する分、経年劣化をしてしまい年を追うごとに発電効率が低下します。この発電量の低下などにより使用が難しくなったタイミングが「ソーラーパネルの寿命」と言われており、一般的に設置型のソーラーパネルは大体20年から30年程度が寿命だと言われています。

一方、ポータブルタイプの寿命は、10年程度であると言われています。しかし、実際には技術の進歩により寿命以上に稼働しているケースも多くあります。また寿命は普段の使い方やお手入れによって延ばすこともできます。

ソーラーパネルのメンテナンス方法

ソーラーパネルのメンテナンス方法

利用イメージで最適なモデルを考える

ソーラーパネルを長く使用するためには、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

最も大切なメンテナンスは、ソーラーパネル表面を綺麗に保つことです。

ソーラーパネルの一部分に落ち葉などの汚れや特定の部分に常に影が落ちていることで異常発熱してしまう現象を「ホットスポット」と呼びます。ホットスポットができてしまうと、セルが破損するなどの問題が発生するため、注意する必要があります。

それを防ぐためには、最初に柔らかいブラシを使用して汚れを取り除き、そのあと、水で薄めた中性洗剤をスポンジなどに吸わせてパネル表面を拭いたあと、布巾などで乾拭きしてください。

そうすると、太陽光を遮り効率低下の要因となる表面に付着したほこりや汚れなどが取り除かれて発電効率が高くなります。

また、普段の取り扱いの際に気を付けて欲しい点は、強い衝撃を与えないこと。

折り畳み式のソーラーパネルは設置タイプと異なり、持ち運ぶことが前提となっていますが、その分、設置時に開いたり閉じたりすることがあります。その際にあまり衝撃がかからないよう丁寧に扱うことで、寿命を延ばすことができます。

ソーラーパネルを長く使用するためには、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

最も大切なメンテナンスは、ソーラーパネル表面を綺麗に保つことです。

ソーラーパネルの一部分に落ち葉などの汚れや特定の部分に常に影が落ちていることで異常発熱してしまう現象を「ホットスポット」と呼びます。ホットスポットができてしまうと、セルが破損するなどの問題が発生するため、注意する必要があります。

それを防ぐためには、最初に柔らかいブラシを使用して汚れを取り除き、そのあと、水で薄めた中性洗剤をスポンジなどに吸わせてパネル表面を拭いたあと、布巾などで乾拭きしてください。

そうすると、太陽光を遮り効率低下の要因となる表面に付着したほこりや汚れなどが取り除かれて発電効率が高くなります。

また、普段の取り扱いの際に気を付けて欲しい点は、強い衝撃を与えないこと。折り畳み式のソーラーパネルは設置タイプと異なり、持ち運ぶことが前提となっていますが、その分、設置時に開いたり閉じたりすることがあります。その際にあまり衝撃がかからないよう丁寧に扱うことで、寿命を延ばすことができます。

効率的な発電を行うために

効率的な発電を行うために

ソーラーパネルは、太陽光に垂直に設置された場合に最高効率となります。1日の中でもっとも太陽光の量が増えるのは、正午です。この時間帯に南向きに置くことで効率的な発電ができます。さらに出来れば1日の朝、昼、午後早めの3回程度パネルの向きを太陽に垂直になるように変えると、これだけでも発電量は多くなります。

また、ソーラーパネルは影がかかると、一気に発電量が低下します。影は太陽の位置に合わせて常に動いていますので、ちょっと目を離した隙にソーラーパネルが影に覆われることもあります。

このため、ソーラーパネルの向きを変えるタイミングで影が出来ていないかどうかを確認すると共に、周囲に太陽光を遮る障害物が無いか確認することが大切です。樹木など影になりそうな物体が有れば、できるだけ影にならないように設置場所を変えてください。

ソーラーパネルは、太陽光に垂直に設置された場合に最高効率となります。1日の中でもっとも太陽光の量が増えるのは、正午です。この時間帯に南向きに置くことで効率的な発電ができます。さらに出来れば1日の朝、昼、午後早めの3回程度パネルの向きを太陽に垂直になるように変えると、これだけでも発電量は多くなります。

また、ソーラーパネルは影がかかると、一気に発電量が低下します。影は太陽の位置に合わせて常に動いていますので、ちょっと目を離した隙にソーラーパネルが影に覆われることもあります。

このため、ソーラーパネルの向きを変えるタイミングで影が出来ていないかどうかを確認すると共に、周囲に太陽光を遮る障害物が無いか確認することが大切です。樹木など影になりそうな物体が有れば、できるだけ影にならないように設置場所を変えてください。

まとめ

まとめ

ポータブルタイプのソーラーパネルの寿命は10年程度と言われていますが、表面を清潔に保つことなどメンテナンスを行うとともに丁寧に扱うことで壊れにくくなり、寿命を延ばすことに繋がります。

また、設置場所や太陽の位置に合わせて小まめに角度を変えることやパネルに影を落とさないことなどに気を付けることで上手に発電をすることができます。

ソーラーパネルは停電時も活用できますが、普段から使用し、発電した電気を夜間に使うことで、個人レベルで節電にも貢献することができます。ぜひこの機会にソーラーパネルを導入してみてはいかがでしょうか。

ポータブルタイプのソーラーパネルの寿命は10年程度と言われていますが、表面を清潔に保つことなどメンテナンスを行うとともに丁寧に扱うことで壊れにくくなり、寿命を延ばすことに繋がります。

また、設置場所や太陽の位置に合わせて小まめに角度を変えることやパネルに影を落とさないことなどに気を付けることで上手に発電をすることができます。

ソーラーパネルは停電時も活用できますが、普段から使用し、発電した電気を夜間に使うことで、個人レベルで節電にも貢献することができます。ぜひこの機会にソーラーパネルを導入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

災害・停電に備えようと思ったらJackeryに辿り着いた 小林えいすけさん
災害・停電に備えようと思ったらJackeryに辿り着いた 小林えいすけさん
栃木県那須塩原といえば、古くから避暑地として知られ、別荘の多いエリアでもある。TV・CMの動画クリエイターであり、ライタ
ブログを読む
オフグリッド生活とは?
オフグリッド生活とは?
「オフグリッド」という言葉をご存じでしょうか。送電網のことを英語で「エレクトリックグリッド」と言いますが、この送電網を通
ブログを読む
非常時に役立つソーラー充電器は日常使いもキャンプでも使える!
非常時に役立つソーラー充電器は日常使いもキャンプでも使える!
電力不足などを理由に節電が叫ばれるようになっている中で、あらためて注目されているのが太陽光で発電ができるソーラー充電器で
ブログを読む