ソーラーパネルとは

太陽のエネルギーを電気に変える設備

太陽光パネルを設置しておけば、いつでも自由に電気が使えます。ポータブル電源と合わせて、蓄電することもできます。効率よく電気を使うことができるため、節電にも役立ちます。キャンプ、車中泊、ハイキングなどアウトドア活動で使用することができます。また、地震、台風、津波などで被災し停電している地域では大きな効果を発揮します。

ソーラーパネルの仕組みは?

ソーラーパネルは、光エネルギーを電力に変換する電力機器という太陽電池を多量に繋げて大きなパネルにした設備です。大きく分けると、「セル」「モジュール」「アレイ」の三つがあります。一番小さな単位が「セル」、セルを並べて配線すると「モジュール」になります。モジュールを架台に並べて配線したのが最大の単位「アレイ」です。1枚のセルは出力が小さいため、モジュールを1枚設置しただけでは充分な発電量は期待できません。なので、複数枚のモジュールを1つのアレイにすることで、太陽光発電システムを完成したソーラーパネルが誕生。

ソーラーパネルのおすすめポイントは?

ソーラーパネルを十分に活用することで、月々の電気代の削減をすることだけでなく、太陽光エネルギーを利用することで二酸化炭素の排出量を減らし、環境に貢献することができます。配線不要なので、自由に電力を使うことができます。日頃のご使用だけでなく、旅行、キャンプ、ハイキング等にも最適です。

ソーラーパネルの活用

ピクニックなどの日帰りでのお出かけ

ピクニックや日帰りのキャンプなど、DC出力ポートとUSB出力ポートを装備しており、スマホ、タブレットなどのモバイルデバイスの充電もできます。日頃のご使用だけでなく、キャンプ、ハイキング、サイクリングなどのアウトドア活動にも大活躍です。

長期間のアウトドア宿泊、車中泊

遠出をする車中泊や、長期滞在のキャンプなどの際、ポータブル電源への充電、スマートフォンやタブレットなどのデバイス、昼間使用する電化製品へ直接の電力供給として、ソーラーパネルはたいへん有効です。

スマートフォン、タブレットなどのデバイスはもちろん、日頃、あって当たり前と感じている灯りや電化製品など、電力の提供が滞ります。このような際、ソーラーパネルで日中発電し、ポータブル電源に充電することで電源確保できます。また、手軽に持ち運びができるので、どこでも発電することができます。

家庭での節電

家庭での太陽光発電を活用されている方もいると思いますが、SolarSaga 60、SolarSaga 100で発電した電力をポータブル電源に充電することで、電気代の節約につながります。ポータブル電源240にはSolarSaga 60で約8時間、ポータブル電源 400/708/1000/1500には、SolarSaga 100で約7.5時間/約11時間/約17時間/約22時間で充電することができます。太陽光エネルギーを活用して、日頃からの節電と共に環境に貢献できるのは良いことですね。

Jackery ソーラーパネル

Jackery ソーラーパネルの特長

JackeryにはSolarSaga 60、SolarSaga100、SolarSaga200の3種類のソーラーパネルがあり、いずれも発電効率がよく、折りたたみ式なので、アウトドアや災害時など、電源のない場所でも効率よく充電できます。また、太陽エネルギーを電気に換えることで、環境にやさしく、節電できるのが大きな特長です。

Jackery SolarSaga 200

「Jackery SolarSaga 200」はJackeryの大容量のポータブル電源を太陽光で充電することができるソーラーパネルです。高出力ながら、折りたたみ式で持ち運びしやすく、また、収納もできるため、キャンプ泊や災害時に活躍する製品となっております。Jackery SolarSaga 200 を2枚使用すると、Jackery ポータブル電源 1500(PTB152)別売りを5時間で充電できます(0-80%)。1枚のみの場合でも10時間で充電できます(0-80%)。

Jackery SolarSaga 100

Jackery SolarSaga 100は、最大出力100Wの大出力の機能をもつ折りたたみ式ソーラーパネルです。ポータブル電源240/400/708/1000/1500に対応しており、ポータブル電源 400は約7.5時間、ポータブル電源708は約11時間で充電することができます(充電時間は気象条件によって異なります)。太陽光の発電効率は、SolarSaga60と同様にソーラーパネルトップ水準の23%を誇ります。DC出力ポートとUSB出力ポート装備しており、Jackeryポータブル電源への充電はもちろん、スマートフォンやタブレットなどの機器にも充電可能です。収納の際には610×535×35mmのサイズに収まり、自動車等で持ち出して、アウトドアでの太陽光発電として便利です。

Jackery SolarSaga 60

Jackery SolarSaga 60は、最大出力60W、ポータブル電源240/400/708/1000に対応する折りたたみ式ソーラーパネルです。太陽光の発電効率は、ソーラーパネルでトップ水準の23%と高く、ポータブル電源240への充電は約8時間で完了します(充電時間は気象条件によって異なります)。使用する際には、スタンドを使用して太陽光に角度を合わすことで効果的に発電することができます。また、USB出力ポートを2つ備えており、スマートフォンやタブレットなどに直接、電気を供給するすることもできます。収納の際には、405×290×15mm のコンパクトサイズに収まり、持ち運びにも便利なので、キャンプ、ピクニックなどのお出かけの際に便利なソーラーパネルです。

Jackery ソーラーパネルセット

売り切れ

Sold out

¥79,800

ソーラーパネルとは

太陽のエネルギーを電気に変える設備

太陽光パネルを設置しておけば、いつでも自由に電気が使えます。ポータブル電源と合わせて、蓄電することもできます。効率よく電気を使うことができるため、節電にも役立ちます。キャンプ、車中泊、ハイキングなどアウトドア活動で使用することができます。また、地震、台風、津波などで被災し停電している地域では大きな効果を発揮します。

ソーラーパネルの仕組みは?

ソーラーパネルは、光エネルギーを電力に変換する電力機器という太陽電池を多量に繋げて大きなパネルにした設備です。大きく分けると、「セル」「モジュール」「アレイ」の三つがあります。一番小さな単位が「セル」、セルを並べて配線すると「モジュール」になります。モジュールを架台に並べて配線したのが最大の単位「アレイ」です。1枚のセルは出力が小さいため、モジュールを1枚設置しただけでは充分な発電量は期待できません。なので、複数枚のモジュールを1つのアレイにすることで、太陽光発電システムを完成したソーラーパネルが誕生。

ソーラーパネルのおすすめポイントは?

ソーラーパネルを十分に活用することで、月々の電気代の削減をすることだけでなく、太陽光エネルギーを利用することで二酸化炭素の排出量を減らし、環境に貢献することができます。配線不要なので、自由に電力を使うことができます。日頃のご使用だけでなく、旅行、キャンプ、ハイキング等にも最適です。

ソーラーパネルの活用

ピクニックなどの日帰りでのお出かけ

ピクニックや日帰りのキャンプなど、DC出力ポートとUSB出力ポートを装備しており、スマホ、タブレットなどのモバイルデバイスの充電もできます。日頃のご使用だけでなく、キャンプ、ハイキング、サイクリングなどのアウトドア活動にも大活躍です。

長期間のアウトドア宿泊、車中泊

遠出をする車中泊や、長期滞在のキャンプなどの際、ポータブル電源への充電、スマートフォンやタブレットなどのデバイス、昼間使用する電化製品へ直接の電力供給として、ソーラーパネルはたいへん有効です。

スマートフォン、タブレットなどのデバイスはもちろん、日頃、あって当たり前と感じている灯りや電化製品など、電力の提供が滞ります。このような際、ソーラーパネルで日中発電し、ポータブル電源に充電することで電源確保できます。また、手軽に持ち運びができるので、どこでも発電することができます。

家庭での節電

家庭での太陽光発電を活用されている方もいると思いますが、SolarSaga 60、SolarSaga 100で発電した電力をポータブル電源に充電することで、電気代の節約につながります。ポータブル電源240にはSolarSaga 60で約8時間、ポータブル電源 400/708/1000/1500には、SolarSaga 100で約7.5時間/約11時間/約17時間/約22時間で充電することができます。太陽光エネルギーを活用して、日頃からの節電と共に環境に貢献できるのは良いことですね。

Jackery ソーラーパネル

Jackery ソーラーパネルの特長

JackeryにはSolarSaga 60、SolarSaga100、SolarSaga200の3種類のソーラーパネルがあり、いずれも発電効率がよく、折りたたみ式なので、アウトドアや災害時など、電源のない場所でも効率よく充電できます。また、太陽エネルギーを電気に換えることで、環境にやさしく、節電できるのが大きな特長です。

Jackery SolarSaga 200

「Jackery SolarSaga 200」はJackeryの大容量のポータブル電源を太陽光で充電することができるソーラーパネルです。高出力ながら、折りたたみ式で持ち運びしやすく、また、収納もできるため、キャンプ泊や災害時に活躍する製品となっております。Jackery SolarSaga 200 を2枚使用すると、Jackery ポータブル電源 1500(PTB152)別売りを5時間で充電できます(0-80%)。1枚のみの場合でも10時間で充電できます(0-80%)。

Jackery SolarSaga 100

Jackery SolarSaga 100は、最大出力100Wの大出力の機能をもつ折りたたみ式ソーラーパネルです。ポータブル電源240/400/708/1000/1500に対応しており、ポータブル電源 400は約7.5時間、ポータブル電源708は約11時間で充電することができます(充電時間は気象条件によって異なります)。太陽光の発電効率は、SolarSaga60と同様にソーラーパネルトップ水準の23%を誇ります。DC出力ポートとUSB出力ポート装備しており、Jackeryポータブル電源への充電はもちろん、スマートフォンやタブレットなどの機器にも充電可能です。収納の際には610×535×35mmのサイズに収まり、自動車等で持ち出して、アウトドアでの太陽光発電として便利です。

Jackery SolarSaga 60

Jackery SolarSaga 60は、最大出力60W、ポータブル電源240/400/708/1000に対応する折りたたみ式ソーラーパネルです。太陽光の発電効率は、ソーラーパネルでトップ水準の23%と高く、ポータブル電源240への充電は約8時間で完了します(充電時間は気象条件によって異なります)。使用する際には、スタンドを使用して太陽光に角度を合わすことで効果的に発電することができます。また、USB出力ポートを2つ備えており、スマートフォンやタブレットなどに直接、電気を供給するすることもできます。収納の際には、405×290×15mm のコンパクトサイズに収まり、持ち運びにも便利なので、キャンプ、ピクニックなどのお出かけの際に便利なソーラーパネルです。

Jackery ソーラーパネルセット

¥79,800

売り切れ

Sold out

ソーラーパネルのメンテナンス

①ソーラーパネルのメンテナンスの必要性

ソーラーパネルは、他の発電設備と比較するとシンプルな構造です。しかし、5年・10年と使用しているうちに経年劣化しますし、外的要因によって破損してしまうこともあります。

そのため、外観や動作チェックなど、メンテナンスの実施が必要です。ソーラーパネルの発電効率は、稼働から10年経過時点で95%前後に下がります。また、外的要因などでソーラーパネルにマイクロクラック(ひび)が発生すると、発電量低下につながります。

他にもごみや水たまりなどで、ソーラーパネルに影ができると発電量に影響を与えるため注意が必要です。

②ソーラーパネルを利用する際の注意点

ソーラーパネルを導入した場合は、正しい使い方はもちろん目視によるパネルチェックが大切です。利用する際は、発電量低下やパネル表面の変化などといった点に気を付けるのも大切です。目視でチェックを行うと早めに対処できます。

高い耐久性のモジュールでも、故障・トラブルが起きる恐れがあります。例として、台風、落雷、豪雨、大雪などの異常気象によって、ソーラーパネルの架台やパネル自体が破損したり、損壊したりするケースが考えられます。

③メンテナンスはどのようにすればいい

出力50kW未満かつ非FIT認定の太陽光発電設備を所有している場合は、自主点検で問題ありません。つまり出力50kW未満の自家消費型太陽光発電、出力50kW未満のモバイルソーラーパネルなどは、任意でメンテナンスを行うことが可能です。

モジュールの汚れもトラブルの原因となります。鳥の糞や木の葉がモジュールに長い期間付着してその部分が影になってしまうと、モジュールの性能に影響することはありますので、Jackery SolarSagaのようなモバイルタイプのソーラーパネルは、目視によるチェックやパネル表面の清掃などを行うのが推奨です。

ただし、内部部品の点検などは、故障や感電事故、メーカー保証を受けられなくなる可能性もあるため避けましょう。Jackery SolarSagaの故障が起こる時に、直接にjackery.jp@jackery.comにお問合せください。すぐに対応させていただきます。