車のバッテリー充電時間はどれくらいかかる?充電方法も詳しく解説!

シェア
車のバッテリー充電時間はどれくらいかかる?充電方法も詳しく解説!

車のバッテリー充電は、バッテリー上がりを防ぐために必要なメンテナンスです。「車のバッテリー充電時間はどれくらいかかるの?」「バッテリーの充電ってどうやるの?」と車を所有している人は、疑問に感じているのではないでしょうか? 

この記事では、バッテリーの充電時間や充電方法を詳しく紹介しています。もしバッテリーが上がってしまった場合の対処法も紹介。車のバッテリー充電の知識を得たい人はぜひ参考にしてください。

目次

バッテリー3つの充電方法と充電時間の目安


車の走行中に突然バッテリー上がりを起こさないために、日頃からバッテリーの充電状態を把握しておく必要があります。またバッテリーの電圧が低下している場合は、以下の充電方法で充電しましょう。 

・走行充電

・アイドリング充電

・充電器による充電 

充電時間の目安も解説しているので、バッテリーの充電方法を知りたい人は参考にしてください。

走行充電:➀30分~

走行中でもバッテリーは充電が可能で、充電時間は30分〜程度が目安です。しかし渋滞時のような低速走行だと、バッテリーが効率的に充電されない場合があるため、時速50~60kmで走行しなければいけません。 

また走行充電の際は、以下の点に注意が必要です。 

・エンジンの始動と停止を繰り返す

・エアコンやパワーウィンドウなどの電装品の使用 

走行充電中に上記のようなことをすると余計な発電をして、効率よく走行充電ができない場合があります。

アイドリング充電:②1時間~

アイドリング充電では、1時間~を目安にバッテリーを充電できます。アイドリングとは、車を停車した状態でエンジンをかけることです。 

なおエンジンの音は目立つため、住宅街やマンションの駐車場などでアイドリング充電すると近隣住民に迷惑がかかります。そのため、日中から夕方にかけてのアイドリング充電がおすすめです。

充電器による充電:③充電器を使って充電する場合は8~10時間

市販されている専用の充電器を使って充電する場合は、8〜10時間が充電時間の目安です。さまざまなタイプの充電器が販売されており、自動車用バッテリー充電器や家庭用電源から充電するタイプのポータブル電源などがあります。 

日常で車を走行する機会が少なく時間に余裕があれば、充電器を使って満タンまでゆっくり充電しましょう。

バッテリーを充電する3つのタイミング


車のバッテリーを充電

普段から車に乗る機会が多い人のなかには、「車のバッテリーって、いつ充電するの?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか?バッテリーを充電するタイミングは、以下の3つがあります。

・エンジンがかかりにくい

・経年劣化によるバッテリーの電圧の低下

・バッテリーが上がった

ここでは、日常のカーライフを快適に過ごすために、バッテリーを充電するタイミングについて解説しています。

タイミング:➀エンジンがかかりにくい

エンジンがかかりにくい場合は、クランキングの際に異常が見られます。クランキングとは、エンジンを始動させる時に「キキキキ」「キュルキュル」と鳴る音のことです。クランキングのスピードが遅かったり、時間が長かったりすると、バッテリーに原因があるかもしれません。 

バッテリーの充電状態が少なくなっていて、エンジンを始動する時に使うセルモータへ電力を供給できていないことが考えられます。そのまま放置した状態で走行すると、バッテリー上がりにつながるので、早めにバッテリーを充電しましょう。

タイミング:②経年劣化によるバッテリーの電圧低下

車の利用頻度によって異なりますが、バッテリーの寿命は一般的に2~3年程度です。車の使用回数が多ければ、経年劣化によるバッテリーの電圧が低下します。「バッテリーの電圧はどうやったらわかるの?」と疑問に感じると思いますが、ガソリンスタンドや整備工場などでバッテリーの電圧を測定が可能です。 

そのほかにも、測定器を使えば自分でバッテリーの電圧を測定できます。バッテリーに直接繋ぐタイプや、シガーソケットに差し込むだけの測定器を使えばバッテリーの電圧を測れます。正常な電圧は12.5V~14Vといわれているため、電圧が範囲外の数値の時はバッテリーを充電するタイミングです。 

また車の走行中にヘッドライトがいつもより暗かったり、パワーウインドの開閉が遅かったりする際にもバッテリーの電圧低下が考えられます。

タイミング:③バッテリーが上がった

エンジンを切って停車している時に、電力を消費する機器の電源を入れたままにするとバッテリー上がりの原因になります。バッテリー上がりの原因は、以下のとおりです。 

・エンジンをかけないで、エアコンや送風を使用する

・半ドアで室内灯が点灯している

・エンジンを切った状態でヘッドライトを消し忘れる

・バッテリーの経年劣化

・車を走行せず、長い期間放置したことによるバッテリーの自然放電 

また、機器は微量に電力を消費しており、バッテリーも自然放電しています。そのため、普段からバッテリーが上がらないように走行中やアイドリング、充電器を使ってバッテリーの充電を怠ってはいけません。

バッテリーが上がった時の対処法4つ


バッテリーが上がった時は、以下の4つの対処法があります。 

・ロードサービスを呼ぶ

・新品のバッテリーに交換する

・ジャンプスターター(急速充電)で充電する

・充電器(普通充電)を使って充電する 

車で外出する際や外出先で突然、バッテリー上がりが起きた時のため、参考にしておきましょう。

対処法①:ロードサービスを呼ぶ

バッテリーが上がった時は、車のトラブルに対応しているJAFや保険会社のロードサービスを呼びましょう。電話やスマートフォンのアプリで、ロードサービスへの連絡が可能です。 

またロードサービスを呼んだ場合は料金が発生しますが、業者ごとに金額が異なります。例を挙げると、JAFでは会員は料金は無料ですが、入会していない場合の料金は13,130円です。

参考:「JAFサイト」ロードサービス料金 

任意保険のロードサービスは、契約内容によっては有料の場合もあるので事前に確認しましょう。

対処法②:新品のバッテリーに交換する

バッテリー上がりの対処法には、バッテリーを新品に交換する方法があります。バッテリーはカー用品専門店やホームセンターで購入可能です。購入の際は、バッテリーの製造年月日を確認しましょう。新品のバッテリーでも製造年月日が古いと、自然放電している可能性があります。

またバッテリーの交換の際は、感電やバッテリーを落下させてけがをする恐れがあるので注意しましょう。自分でバッテリーを交換することに不安がある人は、ガソリンスタンドや整備工場でも対応しています。

対処法③:ジャンプスターター(急速充電)で充電する

ジャンプスターター(急速充電)を使って、バッテリーを充電できます。別の車のバッテリーからブースターケーブルを使って電力を供給して、30分程度でとりあえずエンジンがかかる状態まで充電する方法です。 

ただし、トラックと乗用車の組み合わせはバッテリーの電圧が異なるため、ジャンプスターターで充電はできません。また、バッテリーを傷め、寿命が短くなるというデメリットがあります。バッテリーが上がった時以外のジャンプスターターの充電は避けましょう。

対処法④:充電器(普通充電)を使って充電する

自動車用バッテリー充電器を使って、自宅でバッテリーの充電が可能です。普通充電とも呼び、ゆっくり時間をかけて8~10時間程度で充電します。 

ただし、充電器によっては電圧が違う場合もあるので、購入時に販売されている充電器でバッテリーが充電できるか確認しておきましょう。普通車や軽自動車の電圧は、主に12Vが採用されています。

充電器(普通充電)を使った場合のメリット


車のバッテリーの充電で、充電器(普通充電)を使うと以下のメリットがあります。 

・バッテリーを傷めない

・バッテリーの充電をほぼ100%できる 

バッテリーの充電を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

メリット:➀バッテリーを傷めない

充電器(普通充電)とジャンプスターター(急速充電)と異なる点は、バッテリーを傷めないことです。充電器(普通充電)は、8~10時間かけて充電するため、バッテリーに負担がなく充電ができます。 

ただし、過度な充電は逆にバッテリーが損傷する恐れがあります。充電器の取扱説明書や自動車メーカーが推奨する方法での、定期的な充電を心掛けましょう。

メリット:②バッテリーの充電をほぼ100%にできる

短時間でエンジンがかかる程度まで充電するジャンプスターターと異なり、充電器(普通充電)はバッテリーをほぼ100%の状態まで充電が可能です。定期的に充電器を使って充電することで、バッテリーの劣化やバッテリー上がりの防止に繋がります。

バッテリーの充電はポータブル電源がおすすめ!


バッテリーの充電はポータブル電源がおすすめ

車のバッテリー充電には、ポータブル電源がおすすめです。警視庁警備部災害対策課は、SNSでポータブル電源を推奨しています。

参考:「警視庁警備部災害対策課」Xアカウント 

ここでは、ポータブル電源をおすすめする以下の3つの理由を解説しています。 

・バッテリーが上がっても15~40分で復活

・邪魔にならないコンパクトサイズ!車内の家電使用にも

・緊急時に大活躍!自分や家族の安全を守れる 

自動車専用の充電器より、車のバッテリー充電以外にも活用できるポータブル電源を備えておくと良いでしょう。

おすすめな理由➀:バッテリーが上がっても15〜40分で復活!

ポータブル電源は、車のバッテリーの充電ができます。例を挙げると「Jackery」のポータブル電源を使って専用のケーブルに繋げば、15〜40分でバッテリーをフル充電可能です。ロードサービスを呼ぶよりも、ポータブル電源を準備しておけばバッテリー上がりの時でもすぐに対応ができます。 

エアコンの使用頻度が高い夏場やバッテリー液温が下がりやすい冬場はバッテリー上がりが起きる可能性があるので、万が一の時に備えて車にポータブル電源を置いておくと便利です。

おすすめな理由②:邪魔にならないコンパクトサイズ!車内の家電使用にも◎

ポータブル電源は、持ち運びがしやすいコンパクトサイズです。例えば「Jackery Solar Generator 1000 Plus」のサイズは、約356×260×198mmのコンパクトサイズで場所を取らず、車のトランクに余裕で収まります。 

またポータブル電源には、自宅の電化製品で使用するコンセント(AC電源)やUSBなどの端子が備わっています。外にいても、自宅と同様に電化製品が使える優れものです。車中泊やキャンプなどでも、気兼ねなくポータブル電源から電力を供給できます。 

趣味でドライブを楽しむ人だけではなく、アウトドア派の人にもおすすめです。万能性に優れたポータブル電源を購入して、車に備えておきましょう。

おすすめな理由③:緊急時に大活躍!自分や家族の安全を守れる

2024年1月1日に石川県能登半島で震度7の地震が発生した「令和6年能登半島地震」では主要道路が寸断され、ライフラインが長期間停まった状態になりました。また一部の地域では、今でも停電しており、生活に支障をきたしています。 

自然災害が発生すると、停電によって日常生活が困難になり、復旧までに時間がかかります。しかし、ポータブル電源は停電や自然災害時にも、非常電源として利用できます。特に冬場などは、電気ストーブや電気毛布などの暖房器具が欠かせません。 

ポータブル電源は、そういった暖房器具にも電力を供給し、防災グッズのひとつとして活用できます。また「Jackery Solar Generator 2000 Plus」のポータブル電源には、ソーラーパネルがセットで付属しているため、太陽光で発電した電力を蓄電できます。バッテリー上がりの時だけではなく、非常時の場合も想定したポータブル電源の準備がおすすめです。

ポータブル電源でバッテリーを充電する手順


ポータブル電源でバッテリーを充電する際は、けがやバッテリーを過充電して故障しないよう下記の手順通りに充電しましょう。 

1.車からバッテリーを取り外す

2.専用のバッテリーケーブルを+極、-極に接続する

3.専用のバッテリーケーブルをポータブル電源に繋いでスイッチをオンにして充電を開始する(電圧が調整できる場合は、スイッチをオンにする前に調整する)

4.充電が完了したら、スイッチをオフにして専用のバッテリーケーブルを外す 

また充電する際はバッテリーが破損しないように充電前に電圧を確認することと、過充電(充電のし過ぎ)に注意しましょう。

「Jackery Solar Generator」ならバッテリー充電もラクラク!


「Jackery Solar Generator」ならバッテリー充電もラクラク

車のバッテリー充電なら「Jackery Solar Generator」のポータブル電源がおすすめです。「Jackery」は2012年にアメリカ・カリフォルニアで創設し、販売台数300万台以上と業界トップクラスの実績を誇るブランド。同社が販売している「Jackery Solar Generator」は高品質な製品で、車のバッテリー充電や家電製品の電力供給が可能です。 

ここでは、当社「Jackery」のおすすめ製品を2つ紹介しています。 

Jackery Solar Generator 2000 Plus

Jackery Solar Generator 1000 Plus

「バッテリー上がり対策に、ポータブル電源を準備しておきたい」という方は、ぜひ

当社のポータブル電源を選んでみてください。

Jackery Solar Generator 2000 Plus

・車のバッテリーを15~40分でフル充電

・2,042Whの大容量

・最大12,000Whまでバッテリー拡張が可能

・「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」搭載で10年以上、長く使用できる 

Jackery Solar Generator 2000 Plus」は、手軽に持ち運びができるポータブル電源とソーラーパネルのセットです。自動車用バッテリーケーブルを使えば、車のバッテリー充電も可能。15〜40分でフル充電し、車を起動できるので、バッテリーの充電を満タンにしたい人におすすめです。また車に乗る機会が少ない人も、定期的なバッテリーのメンテナンスで充電するために持っておくと良いでしょう。 

電力供給ができるので、自宅にいる時と同様に家電製品が使用できます。自宅で使用する電気のほとんどをまかなえる優れものです。自然災害などの停電時は、非常電源としても活用できるので1台備えておきましょう。 

さらにソーラーパネルを使って自家発電できるので、蓄電器として電力を溜めることが可能です。また専用のコネクタを拡張バッテリーに接続すれば、2,042Whの大容量を最大12,000Whまで拡張が可能で、同時に複数の電化製品が使用できます。 

「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」を搭載しているので、10年以上の寿命で長く活用できるのもポイント。「Jackery Solar Generator 2000 Plus」を1台購入して、バッテリー上がりの時や非常時にも対応できるように準備しておきましょう。

Jackery Solar Generator 1000 Plus

・自動車用バッテリーも充電可能

・最大5,000Whまでバッテリー拡張が可能

・ACコンセントを使えば1.7時間でフル充電

・スペースを取らない約356×260×198mmのコンパクトサイズ
Jackery Solar Generator 1000 Plus」は1,264Whの容量を備えたポータブル電源とソーラーパネルのセットで、自動車用バッテリーも充電が可能です。「2000Plus」と同様に、家電製品へ電力の供給もできます。 

パワフルな容量が搭載されているためスマートフォンのフル充電を約65回できたり、車載冷蔵庫を連続45時間使用できたりと、電力供給がない自然のなかでも活用できます。キャンプ場まで安心してドライブをして、アウトドアを楽しみ自然を堪能したい方におすすめです。 

また、複数の家電製品を使用したい時は、拡張バッテリーで最大5,000Whまで容量を増やすことも可能です。家庭のACコンセントで充電すれば、1.7時間でフル充電ができます。停電時はソーラーパネルで充電できるため、非常時でも頼もしいポータブル電源です。 

サイズは約356×260×198mmとコンパクトで、女性や子供でもラクラクと持ち運びができて

車に積んでも場所を取りません。自動車用バッテリー充電器としてだけでなく、アウトドアや日常生活でも活用できる「Jackery Solar Generator 1000 Plus」をぜひ車に1台積んでおきましょう。

まとめ


車のバッテリー充電を怠ると、電圧の低下やバッテリー上がりなどのトラブルを起こしてしまいます。そのため、バッテリーの状態を良く保つため定期的な充電が必要です。バッテリー上がりが起きないように、専用のバッテリー充電器を使ってこまめな充電を心がけましょう。 

一方で、車のバッテリー充電もできて、家電製品も使用できるポータブル電源も外せません。自動車専用のバッテリー充電器の購入を検討している人は、アウトドアや非常時などさまざまなシーンで活躍できる「Jackery Solar Generator」から始めてみましょう。

.errors, .form-error { color: #d02e2e; background-color: #fff6f6; padding: 6px 12px; margin-bottom: 20px; border: 1px solid transparent; text-align: left; border-color: #d02e2e; } .errors ul li {list-style: none;} .errors ul { list-style: disc outside;margin-left: 20px;margin-top: 0;margin-bottom: 0; } .form-vertical .grid--small {margin-left: -10px;padding: 0;} .grid:after {content: "";display: table;clear: both;} .form-vertical .grid--small .grid__item {padding-left: 10px;} .grid__item {width: 100%;} @media only screen and (min-width: 590px) { .form-vertical .medium-up--one-half { width: 50%; } } .form-vertical .grid__item {float: left;min-height: 1px;} #comments .label{font-size: 16px;} .form-vertical label[for] {cursor: pointer;} .form-vertical label {display: block;margin-bottom: 10px;} .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static):hover:not([disabled]) { background-position: 91% 35%; } .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static) { background: #ff5000 url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background: var(--primary-color) url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background-size: 29px; } .form-vertical .btn:not(:last-child) { margin-bottom: 30px; } .form-vertical .btn, .form-vertical input[type=checkbox], .form-vertical input[type=radio] { display: inline-block; } button, input[type=submit] { cursor: pointer; } .btn, .rte .btn, .shopify-payment-button .shopify-payment-button__button--unbranded, .spr-container .spr-button, .spr-container .spr-summary-actions a { display: inline-block; margin: 0; width: auto; min-width: 90px; line-height: 1.42; font-size: 16px; text-decoration: none; text-align: center; vertical-align: middle; white-space: normal; cursor: pointer; border: 1px solid transparent; -webkit-user-select: none; user-select: none; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; border-radius: 0; color: #ffffff; background: var(--primary-color); transition: padding-right 0.3s,background 0.3s,opacity 1s; } body .form-vertical .btn:not(.btn--no-animate):hover{ padding-right: 55px!important; background-position: 91% 35%; } input.error, textarea.error {background-color: #fff6f6;color: #d02e2e;border-color: #d02e2e!important;} #comments .comments__title{margin: 12px 0;} #comments input { max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; } .form-vertical input, .form-vertical select, .form-vertical textarea { display: block; margin-bottom: 30px; max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; border: 1px solid; border-color: #e8e8e1; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; } input.input-full, select.input-full, textarea.input-full { width: 100%; } #comments {margin-top: 20px; margin-bottom: 20px;} #comments .hr--clear{display: none;} .grid__item {float: left;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--one-quarter {width: 35%;} } .comment-author {margin-bottom: 0;font-size: 16px;line-height: 1.1;} .comment-date {font-size: 13px;display: block;margin-top: 3px;line-height: 1.1;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--three-quarters {width: 65%;} } #comments .pagination {padding-top: 40px;} #comments .pagination .pagination__list {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .pagination .pagination__list li {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;width: 40px;height:40px;} #comments .pagination .pagination__list li a{display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .article__comment {margin-bottom: 40px;line-height: 1.1;}

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

関連人気記事
サマーセール|Jackery Japan
送信