炊飯器にかかる電気代はどのくらい?簡単にできる炊飯器の電気代節約方法も解説!

炊飯器にかかる電気代はどのくらい?家庭でできる簡単な炊飯器の電気代節約方法も解説!

現代になって炊飯器はさまざまな種類が登場し、時間をかけずに美味しいお米が食べられるようになりました。しかし、炊飯器を実際に使っていらっしゃる方の中には、炊飯器にかかる電気代がどれくらいなのかが気になるという方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、現在売られている炊飯器の機能や実際にかかる電気代を踏まえて、家庭でできる炊飯器の電気代節約方法について解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

炊飯器には「IH式」「圧力IH式」「マイコン式」がある

●IH式炊飯器とは?

IH炊飯器は、内釜を電磁誘導によって加熱することでお米を炊き上げます。この仕組みにより釜自体が加熱されるため、炊きムラが少なく、一粒一粒が立ち上がった食感のあるおいしいご飯が楽しめます。

さらに、IH炊飯器は高い火力を使用して加熱するため、たくさんのお米を炊いても均等に熱が伝わります。その結果、ふっくらとした炊き上がりを実現することができます。

●圧力IH式炊飯器とは?

圧力IH炊飯器は、IHでの加熱に加えて圧力を利用して炊き上げる炊飯器です。圧力鍋のように内釜を密閉して加圧し、沸点を上げることで100℃以上の高温で炊き上げます。

圧力を加えることで短時間で炊き上げることができ、お米一粒一粒の旨みや甘みを十分に引き出すことができます。

また、圧力IH炊飯器は通常の炊飯器と比較して、水分が蒸発しにくくなるため少量の水で炊くことができるため、短時間での炊飯が可能です。

●マイコン式炊飯器とは?

マイコン炊飯器は、70年代終盤に初めて発売されたタイプの炊飯器です。この炊飯器は、釜の底部分に配置されたヒーターとマイコンによって火力を制御し、炊飯を行います。その特徴的な仕組みは、釜の底で発生させた熱を均等に全体に伝えることです。

マイコン炊飯器は、マイクロコンピュータを利用することで、炊飯時の火力調節やタイマー機能、保温機能などが高度に制御されます。これにより、お米の品種や状態に応じて最適な炊き上がりを実現することができます。

釜の底で発生する熱が全体に伝わることで、炊きムラを最小限に抑え、一粒一粒がふっくらと炊き上がります。また、マイコンの精密な制御により、温度や時間を適切に調整することができ、お米の風味や食感を引き出します。

炊飯器にかかる電気代ってどれくらい?各種炊飯器の炊飯時と保温時の電気代を解説!

炊飯器にかかる電気代ってどれくらい?各種炊飯器の炊飯時と保温時の電気代を解説!

炊飯器にかかる電気代は以下の計算式で求められます。

消費電力(W)÷1000×使用時間(時間)×1kWhあたりの電気量料金(円/kWh)=電気代

電力会社によって電気代が異なるため、ここでは全国家庭電気製品公正取引協議会の基準としている31円/kWh(税込)で計算していきます。

①IH炊飯器がかかる電気代

まずはIH炊飯器の電気代を計算します。

条件:5.5合炊きのIH炊飯器を電気料金31円/kWhで1日1回使用した場合

商品:「象印」極め炊き NW-VD10 

炊飯1回分の消費電力:156W(炊飯時間は1時間とする)

保温1時間あたりの消費電力:15.0W

・炊飯1回分の消費電力と電気代

⇒156(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

4.84円

・保温1回分の消費電力と電気代

⇒15(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

0.465円

②圧力IH炊飯器がかかる電気代

続いて圧力IH炊飯器の電気代を計算します。

条件:5.5合炊きの圧力IH炊飯器を電気料金31円/kWhで1日1回使用した場合

商品:「象印」炎舞炊き NW-FA10

炊飯1回分の消費電力:151W(炊飯時間は1時間とする)

保温1時間あたりの消費電力:16.5W

・炊飯1回分の消費電力と電気代

⇒151(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

4.68円

・保温1回分の消費電力と電気代

⇒16.5(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

0.511円

③マイコン式炊飯器の場合

最後にマイコン式炊飯器の電気代を計算します。

条件:5.5合炊きのマイコン式炊飯器を電気料金31円/kWhで1日1回使用した場合

商品:「象印」 マイコン炊飯ジャー NL-BV05

炊飯1回分の消費電力:97.6W(炊飯時間は1時間とする)

保温1時間あたりの消費電力:9.23W

・炊飯1回分の消費電力と電気代

⇒97.6(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

3.03円

・保温1回分の消費電力と電気代

⇒9.23(W)÷1000×1(時間)×31(円/kWh)

0.286円

となりました。今回タイプ別で炊飯器の電気代を比較した結果は以下の通りになります。

炊飯1回分の消費電力⇒電気代が高い順に、IH炊飯器>圧力IH炊飯器>マイコン式炊飯器

保温1回分の消費電力⇒電気代が高い順に、圧力IH炊飯器>IH炊飯器>マイコン式炊飯器

炊飯器にかかる電気代を少しでも節約する方法4選

①保温はなるべくすぐに切る

炊飯器の保温をつけっぱなしにすると、電気代も増えることに注意が必要です。保温時間が長ければ長いほど、電力の消費も増えます。そのため、保温時間をなるべく短くするように心掛けましょう。

ご飯が炊き上がったら、できるだけ早く小分けにして保存すると、おいしさを保ちながら食べることができます。長時間保温するとご飯が固くなったり、黄ばんでしまったりする可能性があります。炊飯器は炊き上がった後、自動的に保温モードに切り替わりますが、ご飯が炊き上がったらすぐにスイッチを切るようにしましょう。

保温機能は食事を温かく保つために便利ですが、効果的に利用することが重要です。必要な分だけ保温し、余分な電力の消費を避けることで、電気代の節約にもつながります。食事の品質や安全性を考えながら、適切に炊飯器の使い方を工夫しましょう。

②タイマー機能を活用する

食事の時間に合わせて炊飯器のタイマー予約機能を活用することで電気代の節約にもつながります。

ほとんどの炊飯器にはタイマー予約機能が備わっており、帰宅時間や家族が揃う食事時間に合わせて予め設定しておくことができます。

タイマー予約を利用することで、食事の時間に炊き上がったばかりのおいしいご飯を食べられるだけではなく、保温時間を短縮することもできます。

③エコ炊きモードを利用する

近年、省エネタイプの炊飯器が増えています。特に、エコ炊きモードを搭載した機種は、環境に配慮しつつも美味しいご飯を炊き上げることができます。

このモードでは、電力の無駄な消費を抑えながら、効率的な加熱や時間制御を行うことで、通常の炊飯モードに比べて電気代を節約することができます。

エコ炊きモードでは、加熱時間や火力の最適化、保温機能の効率化ができます。これにより、炊飯時においても電力の節約に努めながら、ご飯を美味しく炊き上げることができます。

➃一度にまとめて炊く

炊飯器の電気代を抑える方法のひとつは、炊飯回数を減らすことです。炊飯回数を減らすことで、お米を研ぐ際の水の使用量も減らすことができます。

まとめて炊くことで節電と節水の両方に貢献できます。また、余ったご飯はラップで小分けにして冷蔵庫や冷凍庫に保存し、必要なときに電子レンジで温めることもできます。

この方法は効果的な節電手段であり、同時に食材の無駄を減らすこともできるため、食事の準備や後片付けの手間も減らすことができます。

電気代を効率的に節約するならJackery Solar Generatorがおすすめ!

電気代を効率的に節約するならJackery Solar Generatorがおすすめ!

●Jackery Solar Generatorとは?節約する方法

Jackery Solar Generatorは、ポータブル電源とソーラーパネルが一体となった太陽光発電製品です。専門の設置工事や複雑なメンテナンスは不要で、ソーラーパネルを日光の当たる場所に設置し、ポータブル電源と接続するだけで、すぐに太陽光発電と電力の蓄積が可能です。

昼間にソーラーパネルが太陽光を受けて発電し、その電力をポータブル電源に蓄えることで、炊飯器、エアコンや冷蔵庫、電気毛布など様々な家電製品に電力を供給することができるため、電力自給自足の生活を実現することができます。

Jackeryのポータブル電源・ソーラーパネルは、コンパクトで持ち運びが容易であり、防災対策や長期の車中泊、キャンプなど、さまざまなシーンで活躍します。

充電できない状況や電源が不足している場合でも、Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルを使用することで、太陽光発電による電力の発生、蓄電、家電への供給や充電が可能となります

●家庭の電気代節約におすすめの太陽光発電製品

①Jackery Solar Generator 2000 Plusポータブル電源ソーラーパネルセット

Jackery Solar Generator 2000 Plus2042Whの超大容量と3000Wの高出力を誇るJackeryポータブル電源2000 Plusとソーラーパネル200Wをセットした製品です。8つのポート(AC3口、USB4口、シガーソケット1口)を備えており、複数の電化製品に同時に電力を供給することができます。

大人数でのキャンプや連泊キャンプ、車中泊に最適であり、災害時の非常用電源としても重宝されます。

また、Step Charge急速充電により、わずか2時間でフル充電が可能です。高速充電だけでなく、Step Chargeは安全性にも配慮された特許出願中の安全な急速充電技術であり、バッテリーの効率と状態を最適化して寿命を最大限に延ばします。

さらに、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを採用しており、超長寿命の特徴を持ちます。リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは4,000回の充放電サイクルを持ち、10年以上の使用が可能です。バッテリーセービングモードを使用することで、バッテリーの寿命をさらに1.5倍延ばすことができます。

さらに、Jackery専用アプリを使用することで、デバイスの状態を確認し、リモートでコントロールすることができます。BluetoothとWiFiのデュアルモード通信により、屋外および屋内での幅広い使用シーンに対応しています。

製品には購入日から3年間の保証に加え、追加の2年間の延長保証が付いており、長期間にわたって安心して使用することができます。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Plus

容量

2042.8Wh(最大24kWhまで拡張可能)

定格出力

3000W/正弦波(最大瞬間出力:6000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:25時間

寿命/サイクル数

約4000回サイクル
※4,000回サイクル放充電後も工場出荷時の容量の70%以上をキープできます。

保証期間

5年間

②Jackery Solar Generator 1000 Plus

【大容量ポータブル電源とソーラーパネルのセット】

Jackeryポータブル電源1000 Plusと高変換効率のSolarSaga 100ソーラーパネルが組み合わされたセットJackery Solar Generator 1000 Plus。ポータブル電源1000 Plusは1264Whの大容量と定格出力2000Wを誇り、どこでも太陽光を利用して電気を生成できます。大人数でのキャンプや車中泊に最適であり、停電の備えやご家庭の節電対策にも活用できます。

【安心の3年+2年保証】

購入日から3年の保証に加え、公式サイトでのユーザー登録により2年の延長保証を受けることができます。

【キャンプ、車中泊のスタイルが変わる】

定格出力2000Wの高出力なので、ホットプレート、コーヒーメーカー、ドライヤー、IH調理機などの電化製品をキャンプや車中泊で使用することができます。快適なキャンプ体験を提供します。さらにソーラーパネルを活用すれば、日中にポータブル電源を充電し、連泊キャンプでも安心して利用できます。

【停電の備え・節電にも最適】

大容量ポータブル電源とソーラーパネルがあれば、長期間の停電時でも太陽光さえあれば電気を確保できます。高出力と大容量のため、スマートフォンの充電はもちろん、家庭用冷蔵庫やエアコン、電子レンジなどの電化製品を動かすことが可能です。また、ソーラーパネルを日常的に使用することで、エコな節電生活を実現できます。

【高い安全性を実現】

デュアルバッテリーチップを搭載したバッテリーマネージメントシステム(BMS)により、過充電や過放電を防止し、高い安全性を確保しています。さらに、4つの温度センサーによって異常発熱などを迅速に検知し、安全な使用をサポートします。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1264Wh(5kWhまで拡張可能)

定格出力

2000W/正弦波(最大瞬間出力:4000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.7時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:7時間

寿命

4000サイクルで10年以上使える

保証期間

5年間

まとめ

炊飯器は種類によって電気代が違い、使い方によっては電気代を節約できる賢い方法があることがわかりました。炊飯回数をなるべく減らし、炊飯器を使う時間を少しでも減らすことができれば月の電気代も大きく変わる結果となります。

また、家庭の電気代を減らすのに一役買うのがポータブル電源です。Jackery(ジャクリ)の製品であればソーラーパネルが備わっているため、昼間に充電して夜間に炊飯器を使えば、さらなる電気代の節約となります。

炊飯器とポータブル電源を同時に使うのであれば、Jackery社製のポータブル電源がおすすめです。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信