【最新】家庭用ソーラーパネルとは?電気代の高騰や災害の多発で注目!

家庭用ソーラーパネルおすすめ

電気代の高騰や予期せぬ災害の多発により、家庭用のソーラーパネルを検討していませんでしょうか。しかし、ソーラーパネルそのものがかなり高価で、設置するべきなのかどうかを迷われているはずです。今回は、家庭用のソーラーパネルの知識やおすすめの商品についてお話ししますので参考にしてみてください。

家庭用のソーラーパネルが注目されている理由は?

2023年に突入し、さらなる電気代の上昇となりすべてのご家庭の家計に響いているはずです。

しかも、2023年には東京で電気代がさらに3割ほど上昇する可能性があり、いくら節電しても高額な電気代を支払わなければならないことを考えると、他人ごとではなくなりました。

とはいえ、電気を一切使わないという方法は物理的に無理ですしどうしたものかと困ってしまいます。そこで取り入れているのが家庭用のソーラーパネルです。

ソーラーパネルと言えば、戸建てや商業施設などの屋根に青や黒っぽいパネルが設置されているのを見たことがあるはずです。ソーラーパネルは自然の太陽光を集めて電気に変換できるため、電気を買うことなく自家消費できるというメリットがあります。

つまり、電気代が値上がりしたとしてもソーラーパネルでしっかり電気を作っていれば、大きな影響はないと考えられます。

家庭用のソーラーパネルを設置しないのはなぜ?

家庭用のソーラーパネルが電気代の値上げに抵抗する手段として知っていても、なかなか手がでないのも事実です。

それは、ソーラーパネルの値段があまりにも高額すぎるからです。ソーラーパネルの枚数などにもよりますが、本体や工事費用を合わせると100万円以上はします。

さすがに100万円を超えてくると即決レベルではなくなってくるため、すぐの設置にはいたりません。

また、設置して本当に満足できるのかどうかの確信が持てないため、なかなか前向きにはなれない現状があります。

家庭にポータブルソーラーパネルとポータブル電源がおすすめの理由は?

家庭用におすすめなポータブル電源・ソーラーパネル

実は、屋根に設置するソーラーパネルではなく、持ち運びのできるポータブル電源とソーラーパネルが人気を集めていることをご存知でしょうか。

ポータブル電源は、あらかじめソーラーパネルやコンセントで本体に充電をしておけば、好きな場所で電気が使えるようになるという機械です。USBやAC、DCなどよく使う出力ポートが複数備わっているため、冷蔵庫やエアコン、電子レンジを動かし、スマートフォンの充電などにも使えます。

ポータブルソーラーパネルは太陽光で電気を集めてくれるため、ポータブル電源との組み合わせにより、一般家庭でも太陽光発電が簡単に実現できます。とくに停電時やアウトドア時では充電できる環境が少ないため、電気を作ってくれるソーラーパネルが大活躍します。

しかも、ポータブル電源とソーラーパネルは工事が不要で、費用もかなり安価です。災害用、アウトドア用として持ち運びのできるポータブル電源とソーラーパネルはかなり注目されています。

家庭用ソーラーパネルのおすすめ

ここからは、家庭に向けてポータブル電源・ソーラーパネルのおすすめできる組み合わせについてご紹介します。

●Jackery Solar Generator 2000 Pro

Jackeryのなかでも最大容量をほこるポータブル電源2000Proと、最強クラスのSolarSaga200との組み合わせです。

ポータブル電源2000Proは、2160Whの大容量のためあらゆる家電製品が使えるという特徴があります。使いかたにもよりますが、満充電で4~6日ほど使えるような仕組みになっています。

また、SolarSaga200との組み合わせにより、電気を集められつつ高速充電が可能です。

Jackeryのポータブル電源は過充電や過放電を防止し、4つの温度センサーにより異常発熱を防いでくれます

ディスプレイは従来よりもグレードアップし、とても見やすくなりました。ですから、充放電の時間や表示アイコン、各家電の消費電力も見逃しません。

保証は3年+2年の計5年とかなり長いため、万が一に何かあっても安心して使えます。使いかたはとても簡単で、ON/OFFのスイッチを押すだけですから、ポータブル電源がはじめてでも使いかたに迷いません。

●Jackery Solar Generator 1500 Pro

従来の1500より待望のPro版が販売されました。ポータブル電源1500Proは、2時間と従来の半分以下のスピードで満充電に対応できるようになりました。

USBはクイックチャージが2、PD100Wが2と、どのポートも対応デバイスなら高速充電が可能です。サイクル数は従来の2.5倍の2,000と、長い期間で使えるポータブル電源となっています。

1500では対応していなかった、50/60Hz自動切り替えやLEDライトも搭載しています。

より高性能になった1500Proと、発電効率が24.3%のSolarSaga200との組み合わせにより、高いパフォーマンスを発揮できます。保証も3年+2年の計5年と長めに設定されているため、いつまでも安心して使えるポータブル電源とソーラーパネルです。

●Jackery Solar Generator 1500

1500とSolarSaga100のセットが、とても相性がいいです。1500は、1534Whと高容量でSolarSaga100は本体そのものにUSB端子がついているため、単体でもスマートフォンなどの充電が可能になっています。つまり、1500はもちろんソーラーパネルも単体で使えるというわけです。

ツインターボ搭載により充電効率が向上しているため、急な用事やトラブルがあっても急速充電によりスグに使えます。

USBは、クイックチャージを含め3口、ACが3口、DCが1口と充分なほどのポートに対応しています。もちろん、同時使用も可能ですの家族や友人との共有もできます。

●Jackery Solar Generator 1000 Pro 800W

1000ProとSolarSaga200の組み合わせです。1000Proは、最速1.8時間で高速充電が可能な高い性能をほこるポータブル電源です。

また1000Wと高出力のため、電機ケトルや炊飯器、ドライヤーなど普段から使用する家電製品が使えるという特徴があります。

同クラスのポータブル電源と比べると非常に軽く、持ち運びもしやすくなっているため使う場所を選びません。

また、SolarSaga200との組み合わせにより電気代が大幅に下がる、なんて事も夢ではありません。

1000Proは自然放電や過放電が少ないため、無駄をいっさいなくしたモデルです。

●Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

1000ProとSolarSaga80のセットです。

SolarSaga80の最大のメリットは、ソーラーパネルの表面だけではなく裏面からも発電ができることです。

本来のソーラーパネルは表面のみですが、SolarSaga80は裏面にも対応しているため、発電効率が25%もアップしました。しかも、芝生やコンクリート、砂場、雪などの場所でも、しっかり発電してくれます。

また、時間によって太陽の位置がかわりますが、SolarSaga80はマジックテープにて簡単に位置を調整できます。保証は3年+2年の5年と長期にわたり保証してくれるため、いつまでも安心して利用できます。

●Jackery Solar Generator 1000

1000とSolarSaga100の組み合わせです。

1000は1002Whの大容量のため、災害用やキャンプ、車中泊に適したポータブル電源です。重量は2000Proの半分ほどと、持ち運びしやすいサイズ感となっています。

ですが、USBやAC、DCが計7口と1500や2000Proと変わらない出力ポートが設定されているため、便利さは変わりません。

また、SolarSaga100も単体で使えますし、折りたたんで持ち運びができるので、移動が多い人に最適な組み合わせだと言えます。

●Jackery Solar Generator 708

708とSolarSaga100との組み合わせです。

708はもっとも小型のポータブル電源ですが、それでも708Whと大容量のため、多くの家電製品に対応しています。しかも、AC充電の場合は1500や1000よりも短い5時間ですから、少しでもはやく電気を使いたい場合におすすめです。

ポートもACやUSB、DCをふくめ6口に対応しているため、他の大容量のポータブル電源と大きく変わらない使いかたができます。

またSolarSaga100との組み合わせにより電気を集められますし、ソーラーパネル単体でも使えるためかなり便利です。

まとめ

一般的な屋根につける家庭用のソーラーパネルはかなり便利ですが、高額で設置工事が必要ということもあり、すべての人が前向きに検討できるものではありません。

しかし、近年の電気代高騰や災害のことを考えますと、電気が供給できる何かがあれば、とお考えではないでしょうか。でしたら、持ち運びができるポータブル電源とポータブルソーラーパネルを選ばれることをおすすめします。


送信