暑い外は要注意!熱中症から身を守る方法を徹底解説

シェア
暑い外は要注意!熱中症から身を守る方法を徹底解説

「熱中症は怖いもの」そんなことはなんとなく理解されていると思いますが、どれくらい怖いものが知っていますか?2023年は、5月から9月にかけて91,467人もの方が救急搬送されています。

(出典:一般財団法人日本気象協会 2023年の熱中症にまつわる3大ニュース~統計開始以降 最も暑かった夏~)

 

救急搬送がこれだけの人数ですので、軽症などで救急車を呼ばなかった方を含めると熱中症を経験した方はもっといると予想できます。とりわけ外の活動においては、熱中症のリスクが高く、熱中症対策は必須。

 

とはいえ、熱中症対策について聞かれても「水分補給をする」くらいしか思い浮かばない方もいらっしゃるはず。

 

そこでこの記事では外で活動する際に必要な熱中症対策を紹介していきます。

目次

暑い夏!アクティビティ中に起こりうる熱中症ってどんな病気?

 

暑い夏

熱中症は、ジメジメした梅雨や暑い夏の季節に患者数が増える症状です。

厚生労働省によると、

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。”

(引用:厚生労働省 熱中症予防のために)

と紹介されています。

では、具体的にどのような症状なのか、以下の3つに分けて見ていきましょう。

・軽症

・中等症

・重症

軽症

熱中症の中で軽症の部類の入るのは、現場(その場)で応急処置のできるものをいいます。

具体的には、

・立ちくらみ

・筋肉痛、筋肉の硬直

・大量の発汗

などです。

(引用:公益社団法人 全日本病院協会 「熱中症について」

暑い場所いるときに、立ちくらみや、手足の筋肉がピクピクとするような症状が現れたら即座に涼しい場所で休憩し、経口補水液などを飲むようにしましょう。

中等症

熱中症の中で中等症の部類に入るのは、病院に搬送が必要と判断された場合です。

具体的には、

・頭痛

・気分の不快

・吐き気

・倦怠感

・虚脱感

といった症状になります。

(引用:公益社団法人 全日本病院協会 「熱中症について」)

上記の症状に限らず、暑い場所に長時間いて、体調に異変を感じたら病院で対応してもらう方が良いでしょう。

重症

熱中症の中で重症の部類に入るのは、入院して治療が必要な場合です。

具体的には、

・意識障害

・痙攣

・手足の運動障害

・高体温

といった症状です。

(引用:公益社団法人 全日本病院協会 「熱中症について」)

熱中症は命にかかわる怖い病気ですので「おかしいな」と思ったら、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。 

熱中症の原因は?原因がわかれば対策ができる

熱中症の原因は主に以下の3つが挙げられます。

・環境:気温、湿度が高い、エアコンの効いていない室内など

・からだ:肥満や栄養不足、二日酔い、下痢や風邪などの体調不良

・行動:激しい運動や暑い場所での作業、水分補給をしていない

(出典:環境省 熱中症予防情報サイト) 

3つの原因のどれか1つでも当てはまれば、熱中症リスクは格段に上がります。体調管理や水分補給できる環境、涼しく作業できる場所や休憩の計画などを立てて熱中症対策を行いましょう。

とはいえ「具体的にどんな対策をすれば良いの?」という方もいらっしゃるはずです。次に外でできる熱中症対策について解説していきます。

外でできる熱中症対策を解説

 

外でできる熱中症対策

外でできる熱中症対策としては、以下6項目が挙げられます。

・WGBTを確認

・水分・塩分のこまめな補給

・こまめな休憩と体の冷却

・直射日光を避ける場所とアイテムの用意

・二日良いや寝不足にならないように気をつける

・熱中症予防アイテムを用意する

1つずつ紹介していきます。

WBGTを確認しておく

熱中症を予防するために作られた、暑さの指数にWBGTと呼ばれるものがあります。

WBGTは、

・湿度

・日射・輻射などの周辺環境

・気温

の3つを観測して、導き出される数値です。数値が高いほど、熱中症に注意が必要となります。

(出典:環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数( WBGT)について)

25未満であれば、激しい運動や重労働を除けば熱中症のリスクは低いです。しかし、25以上になってくると、熱中症のリスクが上がってきます。31以上では、外出は控え涼しい室内が推奨されるほど、熱中症リスクが高くなります。

WBGTを確認して、休憩の取り方や外出方法などを考えましょう。また、WBGTは1つの指標にすぎません。たとえ25より下であっても熱中症のリスクが0にはならないです。日頃から、こまめな水分補給や休憩を意識して、熱中症予防に取り組みましょう。

水分・塩分補給をこまめに

熱中症予防には、こまめな水分・塩分の補給が大切です。高温・多湿な環境で汗をかきやすく、水分と塩分が失われ安くなります。そのため、こまめな水分補給は脱水症状を防ぎ、熱中症予防には効果的。「こまめな」と言われると、どれくらいの間隔か困るかもしれませんね。環境や運動の量などで間隔は変わってくるので、一概にコレという時間はいえませんが環境省の「熱中症を防ぐには」によると、喉が乾く前に水分補給をしたほうが良いと記載があります。

(出典:環境省 熱中症を防ぐには)

また、大量に汗をかいた後に水分だけ補給していると血液中の塩分・ミネラルの濃度が薄くなり熱中症の症状が現れてしまいます。汗をかいたときの水分補給は、ただの水ではなく経口補水液にしておくなどの工夫をしましょう。

暑い外で活動するときは、水だけじゃなく経口補水液も用意しておき、汗のかき方や体の状態で飲み分けて熱中症を予防しましょう。

こまめな休憩と体の冷却

暑い日に外で活動するときは熱中症発症を防ぐため、こまめな休憩と体の冷却が大切です。熱中症は、体温調整機能の働きがうまく働かなかったり、熱が体内でこもったりすると発症すると言われています。

(出典:一般財団法人日本気象協会 熱中症ゼロへ)

外での運動やアクティビティ、仕事などをするときは、こまめに休憩しエアコンの聞いた場所や保冷剤などで体を冷却するようにしましょう。

熱中症予防にはこまめな休憩と体の冷却を意識してください。

直射日光を避ける場所を調べておく

外で熱中症対策を行う場合は、直射日光を避ける場所を調べておくと良いです。一般財団法人日本気象協会によると、熱中症の予防・対策を行うべきときについて、高温多湿、直射日光、無風などの条件下で作業を開始した初日〜数日間と記載されています。

(出典:一般財団法人日本気象協会 熱中症、こんな人は特に注意!)

直射日光を避ける場所を調べてから作業や活動に入ると良いでしょう。もし、そういった場所がない場合は、テントを貼って日陰を用意したり直射日光を防ぐグッズを活用するのも1つの手。

直射日光から体を守り、熱中症を予防しましょう。

二日酔いにならないように気をつける

二日酔いは、熱中症のリスクを高くするため、アルコールの摂取にも注意しましょう。アルコールが熱中症のリスクを上げる要因としては、以下2つが挙げられます。

・アルコール分解に水を使う

・アルコールの利尿作用

二日酔いの症状は基本的に脱水によるもの。外で活動する前に二日酔いだと、最初から水分が足りていないようなものです。

夏場のアルコールは美味しいですが、次の日に汗をかくような作業がある場合は、過度な摂取を控えて熱中症を予防しましょう。

おススメ予防アイテム

熱中症を予防するアイテムを用意するのも、暑い外の作業やスポーツでは大切です。

熱中症予防アイテムとしては、

・保冷グッズ

・帽子と日傘

・経口補水液やスポーツドリンク

・遮光ウェア

・通気性の良い服

・日焼け止め

・冷感デバイス

・扇風機

・ポータブルクーラー

・日除けのテント

などになります。 

熱中症予防アイテムを活用して、できるだけ熱中症にならない環境を作っておきましょう。

もし熱中症が疑われる人を見かけたら

 

もし熱中症が疑われる人を見かけたら

熱中症が疑われる人を見かけたら以下の手順で、対応しましょう。

1.めまい・吐き気・筋肉の硬直など熱中症の症状を確認

2.意識を確認し、呼びかけに返事がないなどの場合は救急車を呼んでください

3.できるだけ涼しい場所に移動させてください。

4.衣服をゆるめ、保冷剤などで両脇や足の付け根などを冷やします

5.水分と塩分の補給させてください。自力で摂取できない場合は救急車を呼びましょう。

(出典:一般財団法人日本気象協会 熱中症について学ぼう:応急処置のポイント

もし、対応に自信がなければすぐに救急車を呼んでください。素人判断では、思わぬ見落としがあるかもしれません。 

夏のアクティビティはポータブル電源で熱中症対策を

 

ポータブル電源

夏のアクティビティといえば、海に山に外での楽しめるのが醍醐味。しかし、暑い夏の外活動は、熱中症の危険性が伴います。

そこで、夏のアクティビティのお供として用意してもらいたいのが、ポータブル電源です。

ポータブル電源は、大容量のバッテリーにUSBポートやコンセントがついたもので、高性能・大容量のモバイルバッテリーのようなものです。

夏のアクティビティでポータブル電源があれば、

・冷房器具・扇風機を動かせる

・冷蔵庫も使える

と言ったメリットがあります。それぞれのメリットについては、詳しく紹介していきます。

ポータブル電源で冷房機器・扇風機を動かす

ポータブル電源があれば、外での活動でも冷房機器や扇風機を動かせます。

例えば、Jackery ポータブル電源 2000 Plusなら、1000Wのエアコンをおよそ2.3時間も動かせます。冷房のない場所で休憩するときでも、涼しい風を感じられるのは嬉しいメリット。体をしっかりと冷却させて、熱中症対策ができます。

夏のアクティビティにポータブル電源があれば、熱中症対策しながら快適な時間を過ごす手助けをしてくれるでしょう。

冷蔵庫も使えるから経口補水液を保管可能

夏のアクティビティにポータブル電源があれば、冷蔵庫を動かして、飲み物をしっかりと冷やしておけます。夏の野外で、キンキンに冷えた飲み物を堪能できるので、嬉しいですよね。もちろん、経口補水液を保管しておけば、熱中症予防もしっかりとできます。

Jackery ポータブル電源 2000 Plusなら、60Wのポータブル冷蔵庫をおよそ27.2時間も連続で動かせます。キャンプなど長時間にわたって野外活動を行う時でも、十分に対応できる稼働時間です。

夏のアクティビティにはポータブル電源と冷蔵庫を用意して、経口補水液を保管し、熱中症予防も行いましょう。

関連人気記事:ポータブル電源を普段使いしよう

おすすめポータブル電源4選

 

ポータブル電源といえば、業界をリードする企業Jackeryのポータブル電源がおすすめです。

Jackeryのポータブル電源でも、外での熱中症対策におすすめなものを4つ紹介します。

Jackery ポータブル電源 600 Plus

Jackery ポータブル電源 600 Plusは、定格出力800W・容量632Whのコンパクトなポータブル電源です。

コンパクトな本商品は、重量約10.95Kgの軽さを実現!持ち運びがしやすく、夏のアクティビティで冷蔵庫や扇風機を動かすのに活躍します。

また、充電時の騒音を抑えたモードを搭載しており、寝室などで充電しておくのにも、音ストレスを感じにくい嬉しい仕様となっています。

コンパクトで持ち運びやすいJackery ポータブル電源 600 Plusは、夏のアクティビティや防災グッズとしても用意しておきたいポータブル電源です。 

Jackery Solar Generator 2000 Plus

Jackery Solar Generator 2000 Plusは、超大容量な2042Whと定格出力3000Wの高出力を備えた「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」と「SolarSaga200」のソーラーパネルがセットになっている商品です。

3種類合計10もの給電ポートと3000Wの高い定格出力で、冷蔵庫・扇風機・エアコンの3つを同時に稼働できます。冷蔵庫でキンキンに冷えたスポーツドリンクを、扇風機やエアコンで体を冷やしながら飲むという幸せな瞬間を野外で体験可能です。

セットのソーラーパネルSolarSaga200は、業界最高水準24%もの高効率の変換効率を誇ります。Jackeryポータブル電源が誇る安全・スピーディな充電技術「Charge Shield技術」と合わせて、高速で安全な充電を提供してくれます。

Jackery Solar Generator 2000 Plusは、複数人で行う野外活動においても十分に活躍できる性能を持った製品です。

Jackery Solar Generator 1000 Plus

1264Whの大容量に加え、定格出力2000Wの高出力を備えた「Jackery ポータブル電源 1000 Plus」と「SolarSaga100」のソーラーパネルがセットになった商品です。

Jackery ポータブル電源 1000 Plusの1264Wの大容量は、50Wの扇風機を約20.2時間も稼働可能。熱中症対策の体を冷やす手助けをしっかりとしてくれます。

また、AC電源から1.7時間のスピード充電が可能。2時間たらずでフル性能の状態に復活してくれます。 

「Jackery Solar Generator 2000 Plusほどの性能じゃなくても良いだけどな」という方は、本商品を選べば、満足いく買い物ができるでしょう。 

Jackery Solar Generator 300 Plus 100W

Jackery Solar Generator 300 Plus 100Wは、Jackery ポータブル電源 300 PlusとソーラーパネルJackery SolarSaga 100がセットになった商品です。

Jackery ポータブル電源 300 Plusは、288Whの容量と300Wの定格出力で冷感デバイスの充電、給電で活躍し、熱中症予防に役立ちます。具体的には、小型扇風機や小型冷風機、首にかける冷感デバイスなどを使用可能。コンパクトな設計でリュックにも入るため、さまざまな場所へ持ち運べるサブポータブル電源としてもおすすめ。

セットのJackery SolarSaga 100を使えば、4.6時間でフル充電可能。朝の涼しいうちに充電しておけば、暑さの辛くなる時間に活躍しれくるでしょう。

「電気の欲しい場所に手軽に持ち運べる」そんな手軽さが、Jackery Solar Generator 300 Plus 100Wの強みです。

まとめ

 

熱中症は、命に関わる重大な病気です。

お年寄りや子どもはもちろんのこと、健康な人でも生活の仕方で熱中症にかかってしまいます。

特に暑い外での活動は、熱中症リスクを高めるため、本記事を参考に熱中症対策を進めてください。

.errors, .form-error { color: #d02e2e; background-color: #fff6f6; padding: 6px 12px; margin-bottom: 20px; border: 1px solid transparent; text-align: left; border-color: #d02e2e; } .errors ul li {list-style: none;} .errors ul { list-style: disc outside;margin-left: 20px;margin-top: 0;margin-bottom: 0; } .form-vertical .grid--small {margin-left: -10px;padding: 0;} .grid:after {content: "";display: table;clear: both;} .form-vertical .grid--small .grid__item {padding-left: 10px;} .grid__item {width: 100%;} @media only screen and (min-width: 590px) { .form-vertical .medium-up--one-half { width: 50%; } } .form-vertical .grid__item {float: left;min-height: 1px;} #comments .label{font-size: 16px;} .form-vertical label[for] {cursor: pointer;} .form-vertical label {display: block;margin-bottom: 10px;} .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static):hover:not([disabled]) { background-position: 91% 35%; } .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static) { background: #ff5000 url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background: var(--primary-color) url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background-size: 29px; } .form-vertical .btn:not(:last-child) { margin-bottom: 30px; } .form-vertical .btn, .form-vertical input[type=checkbox], .form-vertical input[type=radio] { display: inline-block; } button, input[type=submit] { cursor: pointer; } .btn, .rte .btn, .shopify-payment-button .shopify-payment-button__button--unbranded, .spr-container .spr-button, .spr-container .spr-summary-actions a { display: inline-block; margin: 0; width: auto; min-width: 90px; line-height: 1.42; font-size: 16px; text-decoration: none; text-align: center; vertical-align: middle; white-space: normal; cursor: pointer; border: 1px solid transparent; -webkit-user-select: none; user-select: none; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; border-radius: 0; color: #ffffff; background: var(--primary-color); transition: padding-right 0.3s,background 0.3s,opacity 1s; } body .form-vertical .btn:not(.btn--no-animate):hover{ padding-right: 55px!important; background-position: 91% 35%; } input.error, textarea.error {background-color: #fff6f6;color: #d02e2e;border-color: #d02e2e!important;} #comments .comments__title{margin: 12px 0;} #comments input { max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; } .form-vertical input, .form-vertical select, .form-vertical textarea { display: block; margin-bottom: 30px; max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; border: 1px solid; border-color: #e8e8e1; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; } input.input-full, select.input-full, textarea.input-full { width: 100%; } #comments {margin-top: 20px; margin-bottom: 20px;} #comments .hr--clear{display: none;} .grid__item {float: left;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--one-quarter {width: 35%;} } .comment-author {margin-bottom: 0;font-size: 16px;line-height: 1.1;} .comment-date {font-size: 13px;display: block;margin-top: 3px;line-height: 1.1;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--three-quarters {width: 65%;} } #comments .pagination {padding-top: 40px;} #comments .pagination .pagination__list {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .pagination .pagination__list li {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;width: 40px;height:40px;} #comments .pagination .pagination__list li a{display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .article__comment {margin-bottom: 40px;line-height: 1.1;}

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

関連人気記事
ソーラー発電応援セール
new-customer-close
送信