太陽光発電の撤去費用はどのくらい?費用相場と撤去方法をわかりやすく解説

シェア

太陽光発電の設置を検討している人の中には、将来の撤去費用がわからず困っている人も多いのではないでしょうか。法令により個人での撤去廃棄はできないため、ほぼ100%専門業者に撤去を依頼するお金がかかります。 

撤去費用の相場をきちんと把握し信頼できる業者に依頼することで、お得に・スムーズに撤去ができるでしょう。本記事で解説する太陽光発電の撤去費用の相場や安く抑える方法ぜひ事前にチェックしておいてください。

目次

太陽光発電の撤去費用の相場は?設置規模で価格が異なる


太陽光発電の撤去費用の相場は、15万円前後となっています。ソーラーパネルを撤去する費用だけでなく運搬費や人件費、処分費といったコストがかかるため、ある程度の出費は避けられません。 

ソーラーパネルの枚数やその他の設備のサイズによって撤去費用は異なりますが、一般的な住宅では15万円ほどで対応している事業者がほとんどです。相場をきちんと押さえたうえで業者に依頼すると良いでしょう。

太陽光発電の撤去にかかる費用の内訳


太陽光発電を撤去する際には下記の費用がかかります。

・パネルの撤去費

・運搬費

・処分費 

相場を知って適切な予算設計をしておきましょう。

パネルの撤去費:10万円前後

ソーラーパネル(モジュール)の撤去費用の相場は10万円前後です。ソーラーパネルを撤去するために屋根に上がり作業をする必要があります。そのため作業員は事故やトラブルを起こすことなく安全に作業しなければなりません。その分、足場などの安全対策にもある程度の金額がかかると思っておきましょう。 

なお作業用の足場の設置は「安全対策費」や「足場代」という項目で見積書に記載されるケースが多いです。足場の費用相場は1㎡あたり700円〜1,000円ほどですが、設置規模によって金額が変わります。詳細は専門業者の見積もりで確認しましょう。

運搬費3万円前後

撤去したソーラーパネルの運搬費は3万円前後です。処理施設までの移動距離やパネルの枚数、トラックの台数によって価格が前後する点を押さえておきましょう。 

なおソーラーパネルは一般ゴミとは異なり産業廃棄物であるため、不適切に運搬してしまうと処罰の対象になってしまいます。自治体から許可がおりている運搬業者に依頼し、産業廃棄物を処理できる施設までソーラーパネルを運搬しなければならない点に注意してください。

処分費:3万円前後

ソーラーパネル1枚の処分費は1,200円程度です。家庭用の太陽光発電における、ソーラーパネルの枚数はおおよそ20枚〜25枚。そのため合計3万円程度の処分費がかかると考えておくと良いでしょう。 

太陽光発電の規模が大きいと、そのぶん処分費用もかかります。パネルの種類によっても価格が異なるため、しっかりと見積もりをおこない価格を把握することが大切です。

太陽光発電を自分で撤去・廃棄するのはNG!


太陽光発電の撤去・廃棄には下記のような危険が伴うため、個人でおこなってはいけません。ソーラーパネルには有害物質である鉛やカドミウムが使用されており、処分する際は「一般廃棄物」ではなく「産業廃棄物」として適切に処理することが義務付けられています。

参考:太陽光発電を廃棄処分する際の留意点について 

自分で撤去した場合、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科せられるため注意しましょう。

参照:e-Gov「産業廃棄物処理法」 

もし破損している場合はパネル表面のガラスの破損によりケガをする危険もあります。そのため、そもそもむやみに触れるべきではありません。太陽光発電を撤去・廃棄する際は、必ず専門業者に依頼し適切な方法で撤去・廃棄してください。

太陽光発電の撤去費を安く抑えるコツ4選


太陽光発電の撤去費用は10万円以上かかるため決して安くはありません。少しでも費用を安く抑えることができたら嬉しいですよね。そこで、太陽光発電の撤去費を安く抑えるコツを以下4つにまとめました。

・複数の業者から見積もりをとる

・リユースやリサイクルに出す

・中古販売をする

・国の制度を利用する 

家計の負担を減らしながら賢く太陽光発電の撤去をしましょう。

複数の業者から見積もりをとる

太陽光発電の撤去するには撤去費用や運搬費、処分費などさまざまな費用が発生します。複数の業者から見積もりをとり、相場をきちんと把握することが大切です。 

3社〜4社ほど比較すると、撤去費用の相場感がわかってきます。他社の見積もりを引き合いに出して、価格交渉してみるのも良いでしょう。

リサイクルに出す

ソーラーパネルに使われる部品のほとんどは、さまざまな材料としてリサイクルが可能です。太陽光発電協会でも、ガラスやフレームなどのリサイクルを推進しています。

太陽電池パネルの適正処理・リサイクルの推進について

引用元:太陽光発電協会「太陽電池パネルの適正処理・リサイクルの推進について」 

リサイクル費用は業者によって大きな差がありますが、普通に撤去するよりも安く済むケースが多いです。近くにリサイクル対応業者があれば、ぜひ相談してみてください。

中古販売をする

撤去した太陽光発電やソーラーパネルは、状態によっては中古販売することが可能です。売却方法は2種類あり、業者に買い取ってもらう「買取」と業者に買い手を探してもらい売却する「仲介」があります。買取と仲介のメリットとデメリットを表にまとめました。

売却方法

メリット

デメリット

買取

すぐに現金化しやすい

価格が安く取引されやすい

仲介

高く売れる可能性がある

売却に時間がかかる

 中古販売ができればいくらか手元にお金が入ってきます。撤去費用の負担がかかるどころかお釣りが出るケースもあるので、ぜひ検討してみてください。

国の制度を利用する

太陽光発電の「廃棄用積立制度」を利用すると、ソーラーパネルを撤去・廃棄する際の費用負担を減らせます。FIT制度(固定価格買取制度)で電力を買い取ってもらう際に、太陽光発電を廃棄するときの「廃棄費用」を積み立てていくことが国に義務付られました。 

参照:太陽光発電設備の廃棄等費用積立制度について 

撤去・廃棄前に申請すると、制度によって積み立てられた金額を受け取れます。2024年現在は10kW以上のFIT認定を受けた発電所が対象であるため、一般家庭には現在適用されていません。一般家庭の方は、先述した3つの方法を検討しましょう。

太陽光発電の撤去手順


太陽光発電の撤去手順は以下のとおりです。

・太陽光発電を撤去できる専門業者に連絡する

・費用の見積もりをとる

・撤去してもらう 

順を追って進めていけば、スムーズに太陽光発電を撤去できるでしょう。

①太陽光発電を撤去できる専門業者に連絡する

太陽光発電を撤去すると決めたら、撤去に対応する専門業者を探し連絡を入れましょう。ソーラーパネルには鉛やカドミウムなどの有害な物質が含まれています。そのため、産業廃棄物として適切に処理をしなければいけません。 

個人で撤去してしまうと処罰の対象となり得る可能性があるので注意が必要です。「産業廃棄物処理業許可行政情報システム」に登録された正規の業者に依頼し、適切に処分してもらいましょう。 

参照:産業廃棄物処理業許可行政情報検索システム

②費用の見積もりをとる

運搬業者に連絡したら、まずは費用の見積もりをとりましょう。この際、取引内容や価格が適正であるか判断するため、見積もりは複数の業者からとるのがおすすめです。撤去費の予算オーバーをしないためにも適正価格かどうか、サービス内容は自分にあっているかを確認すると良いでしょう。

③撤去してもらう

複数の業者から見積もりをとり自分にあった業者を見つけたら、業者と日程を調整し太陽光発電を撤去してもらいます。契約したサービス内容により適切に撤去・買取してもらえるので、基本的には業者に任せておけば問題ありません。撤去時に不明な点や気になることがあればその都度、業者に相談すると良いでしょう。

太陽光発電の撤去が必要となるケース4選


太陽光発電を撤去する必要なケースを以下4つにまとめました。

・故障や寿命

・住宅リフォームや建て替え

・災害による破損

・FIT期間の終了 

特に故障や災害によるソーラーパネルの破損は、ケガの原因になる可能性があるため危険です。早急に撤去することをおすすめします。

故障や寿命

太陽光発電は「1度設置したらずっと使える」わけではなく、寿命は10年〜15年程度です。 

一般的には30年ほど使用することができますが、10年〜15年経つと故障が多くなります。天候や災害によって破損するケースも少なくありません。「発電できない」などの不具合が発生したら、購入した業者や施工業者に連絡をしてみましょう。 

なお太陽光発電に不調があると、発電効率が下がります。異変にすぐ気付けるように、どのくらいの電力を日々発電しているかを把握しておくと良いでしょう。

住宅リフォームや建て替え

住宅リフォームや建て替えをおこなう場合は、ソーラーパネルが屋根にあると作業ができないため一度撤去が必要です。太陽光発電の撤去や再設置には費用がかかります。住宅リフォームや建て替えをおこなうときは、太陽光発電に関する見積もりも忘れないようにしましょう。

災害による破損

太陽光発電は、下記のような災害で破損してしまうことがあります。

・地震

・台風

・雷や雪 

2024年元日に発生した能登地震でも、家屋の倒壊に伴うソーラーパネルの破損事故がいくつも発生しました。ソーラーパネルの破損や落下・ヒビ割れが生じた場合、ガラスによるケガをはじめとする危険が伴います。自分で撤去しようとせずに、専門業者へ対応を依頼しましょう。

FIT期間の終了

FITとは固定買取価格制度のことで、一定期間固定された価格で売電をおこなうことができる制度です。FIT期間が終了すると売電価格が下がり利回りが悪くなるため、撤去を検討する家庭が多くあります。 

ただしFIT期間が終了したからといって、太陽光発電が使えなくなるということではありません。蓄電池を導入し、自家消費で電気代を節約するのも良いでしょう。ただし撤去以上に一時費用がかかる点には注意してください。

【Jackery Solar Generator】なら太陽光発電の撤去費用がほぼかからない!


【Jackery Solar Generator】なら太陽光発電の撤去費用がほぼかからない!

Jackery Solar Generatorは大容量の蓄電池「ポータブル電源」とコンパクトなソーラーパネルがセットになった、ポータブルタイプの太陽光発電製品です。ソーラーパネルのみ産業廃棄物のため業者に処分を依頼する必要がありますが、屋根に取り付けないため撤去費用はほとんどかかりません。詳しく製品の特長を解説します。

低価格でも長寿命!コスパ良く太陽光発電をスタート

住宅据付型の太陽光発電システムでは100万円以上の設置費用がかかるのが当たり前ですが、Jackery Solar Generatorは設置工事不要で、最上位モデルの製品でも一式50万円以下。一般的な据付柄太陽光発電システムの導入費用が約317.5万円(※)であることを考えると、圧倒的なコストパフォーマンスの高さです。 

※経済産業省および三菱総合研究所の資料より太陽光発電26.1万円/kW・蓄電池18.7万円/kWhとして、一般的な太陽光発電システム(ソーラーパネル5kW・蓄電池10kW)の場合で計算

参考:令和5年度以降の調達価格等に関する意見

参考:定置用蓄電システムの普及拡大策の検討に向けた調査 

低価格にもかかわらずメンテナンスせずとも寿命は10年以上(※)で、一度購入すればしばらく買い替える必要はありません。ポータブル電源は拡張バッテリーに対応(※)しており、据付型の蓄電池に劣らないどころかそれ以上の容量も確保できます。さらにポータブル電源は無料回収に対応し、撤去コストは一切かかりません。 

※リン酸鉄リチウムイオン電池内蔵の「Plus」シリーズの場合 

Jackeryのポータブル電源・ソーラーパネルは、全世界で300万台以上売れている圧倒的に信頼性の高い製品です。将来の撤去費用を考えずに太陽光発電を始めたい方や、持ち出して外でも活用したい方はJackery Solar Generatorを検討しましょう。

コンパクトで車などに積んで持ち出し可能!

ポータブル電源とソーラーパネルは、車などに積んで持ち出しが可能。災害時の予備電源に使用できるだけでなく、外に持ち出して下記のようなシーンでも活用できます。

・アウトドア:車中泊での冷暖房/スマホ充電など

・釣り:投光器で魚を集められる

・DIY:高出力のAC電源が必要な電動工具が外で使える 

住宅据付型の太陽光発電は当然持ち出せないため、上記のような用途では使えません。より幅広いシーンで太陽光発電を便利に使いたいなら、ぜひJackery Solar Generatorを選びましょう。 

まとめ


太陽光発電の撤去費用の相場は、10万円〜15万円前後です。太陽光発電の規模やソーラーパネルの種類、廃棄処理施設までの距離などによって価格は変わってきます。少しでも費用を抑えたいなら複数の業者の見積もりを比較したり、中古販売に出したりするのがおすすめです。 

Jackery Solar Generatorなら撤去費用がほとんどかからず、やめるのも簡単です。さらに低コストでスタートできるのが魅力。費用負担が心配な方は、Jackery Solar Generatorで太陽光発電を始めましょう。

関連人気記事
Jackeryポータブル電源セール情報