オール電化の電気代で一人暮らしの平均はいくら?電力の自給自足が光熱費減の鍵

オール電化の電気代で一人暮らしの平均はいくら?電力の自給自足が光熱費減の鍵

生活の全てを電力でまかなうオール電化が注目されていますが、一人暮らしの電気代の平均はいくらくらいかかるのか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、一人暮らしのオール電化の電気代に関しての事情や、ポータブル電源&ソーラーパネルを導入した電力の自給自足が光熱費減の鍵になることなどを紹介します。

一人暮らしでオール電化生活に向いている人の特徴

最近、どんどん普及しているオール電化住宅ですが、生活の全てを電力を使用して完結できるため地球環境にも優しいです。国は新築住宅に太陽光発電システムを導入したり、電気自動車の普及を推進していますので将来的に電力を使用した生活が大部分を占めることが考えられます。オール電化生活で一人暮らしをする人も増えてきました。

オール電化で使用される設備は「エコキュート・IHクッキングヒーター・床暖房・蓄熱ヒーター」などが主流です。電力を供給する企業と電気料金プランの契約を締結して使用したり、電気の自給自足を行って一人暮らしを営む人などオール電化生活の仕方は人それぞれ違います。オール電化向けの電気料金プランは、夜の時間帯が電気代を安くできるように設定しており、昼間の電気代が少し割高です。

実際にどのような一人暮らしの人がオール電化生活に向いているのか、その特徴を解説していきます。

エコを意識している人

住宅に太陽光発電システムを導入したり、電気自動車を購入したりするなど、普段の生活からエコに関心が高い人はオール電化生活に向いています。太陽光パネルを設置すれば日中に電気を発電してくれるので、天気が良い日は電力供給量と消費電力量のバランスを上手く調整できれば、電気代0円も実現可能です。

また電力の自給自足ができるようになると、電力会社からの電力供給量を減らせるだけではなく契約プランによっては売電も可能になるため、エコを意識しながら収入を得ることができます。

ガス漏れの心配をしてしまう人

一人暮らしのオール電化生活の場合、ガス・灯油などの燃料を使用しないため、ガス漏れや燃料の危険性を心配する必要はありません。ガスを使用する家の場合、万が一ガスが漏れてしまえば火事や一酸化炭素中毒のリスクがあります。

心配性な人ほど外出した時に「きちんとガスの元栓を閉めたかな」とか、「ガス漏れしていないだろうか」など気になり落ち着かなくなってしまいがちです。安全性を重視したい人やガス漏れの心配をしてしまう人は、オール電化生活に向いています。

日中は自宅以外で過ごす人

一人暮らしで日中は外出して自宅以外で過ごす人は、オール電化生活に向いています。先ほどお伝えしたように、電力会社の電気料金プランはオール電化向けの場合、夜間電力の電気代が安く昼間は割高に設定されています。そのため、日中は家に誰も居ない状態で昼間の電気代が割高になる時は、電力を使用しなくて済むので電気代を安くすることができるのです。

消費電力が多い家電製品を稼働させる時は、電気代が安い夜間電力にすると節約効果が高まります。光熱費の支払いを電力に一本化すれば、管理も楽になるでしょう。またガス代の基本料金も要らなくなるため、オール電化生活に上手く適応できれば支払いも安く済みます。

お風呂は極力シャワーなどで済ませる人

お風呂に入る時はお湯が必要です。オール電化生活の場合、エコキュートを使用し水を温めて浴槽にお湯をためるため、電力をたくさん消費しなければいけません。

エコキュートは消費電力が多い設備なので、お風呂にお湯をためたり、長風呂して何度も追い焚きなどをしたりすると電気代がかかります。一人暮らしでお風呂は極力シャワーなどで済ませる人ほど、オール電化生活に向いていると言えます。

オール電化の電気代で一人暮らしの平均は?

一人暮らしのオール電化生活をするうえで、自宅の光熱費は高すぎるのか低すぎるのか、気になる人は多いのではないでしょうか。人によっては周りで一人暮らししている方の、オール電化による電気代の平均を知って節約・節電に繋げたいと思うかもしれません。

オール電化はガスや燃料を使用せず全て電力でまかなう仕組みなので、光熱費が一本化されて電気代だけになります。地域や契約プランによっても異なりますが、一般的に一人暮らしでオール電化生活を営んでいる人の電気代の平均は「約1万円弱」だといわれています。

オール電化の電気代が一人暮らしの平均よりも高くなっていて、節電や節約を意識したい人もいるはずです。日常生活に支障が出ない程度に電力会社の契約プランを見直したり、消費電力が多い家電製品の使用頻度を減らすなどの工夫をしたりしてみてはいかがでしょうか。

オール電化の電気代で一人暮らしの目安

一人暮らしでオール電化生活を営んでいる人の電気代の平均は「約1万円弱」だといわれていますが、あくまで平均であって個人の努力次第でもっと安く抑えられます。例えば月々の電気代は「8000円」と目安を決めておき、自分が設定した金額を超えないように節電・節約を意識しても良いでしょう。

また視点を変えて、電力の自給自足を目指すのも電気代を抑えるのに効果的です。太陽光発電システムを自宅に導入したり、「ポータブル電源&ソーラーパネル」を使用したりする方法が挙げられます。

とはいえ一人暮らしでいきなり太陽光発電システムを導入や、太陽光パネル付きの賃貸に住んだりするのは多額の費用がかかります。まずは初期費用が安く抑えられオール電化製品にも使用でき、発電・充電・蓄電が可能なポータブル電源&ソーラーパネルを購入して使うのがオススメです。

オール電化で一人暮らしの電気代が高くなる原因

日本では電力の発電システムに関して「地熱発電・バイオマス発電・風力発電・原子力発電・火力発電・水力発電・太陽光発電」などがあります。その中でも電力の約70%を火力発電に頼っており、発電に必要な化石燃料の多くを輸入している状況です。近年ではロシア・ウクライナ問題などの影響により、化石燃料の輸入量が減ったり燃料費調整額が高くなったりしているため、電気代が高騰しています。

もう1つ電気代が高くなる原因として、再エネ賦課金の影響があります。再エネ賦課金とは、電力会社の電気を使ったら使用量に応じて支払い義務が発生する、税金のようなものを指します。。オール電化で一人暮らしの電気代は、個人の力ではどうすることもできない「燃料費調整額・再エネ賦課金」が原因で高くなる傾向があるのです。

では一人暮らしをするうえでオール電化生活になると、どのようなことが電気代の上昇に繋がるのでしょうか。オール電化で一人暮らしの電気代が高くなる原因には、以下のようなものがあります

・電力会社の契約プランが合っていない

・消費電力が多い家電製品の使用

・漏電している

・古い家電製品の使用

・待機電力が多い

電力会社の契約プランが合っていない

一人暮らしでオール電化生活をするには必ず電力が必要です。電力の自給自足をしないのであれば、電気を使用するときには電力会社と電気料金プランや契約アンペア数などを、相談して決めなければいけません。契約アンペアは自宅で使用できる電気量のことです。

容量が少ないとブレーカーが遮断され、瞬時に電力供給が止まって停電に繋がります。反対に契約アンペアが大きくなるほど基本料金が上がるため、結果的に電気代が高くなってしまいます。オール電化で一人暮らしの電気代が高くなってしまうのは、電力会社の契約プランが合っていない可能性があるでしょう。

消費電力が多い家電製品を使用する

オール電化で使用される設備は「エコキュート・IHクッキングヒーター・床暖房・蓄熱ヒーター」などがありますが、全て電力で稼働するため消費電力が大きいです。その他にも「冷蔵庫・エアコン・乾燥機・ドライヤー・電気ストーブ・こたつ・電子レンジ・食器洗い洗浄機・掃除機」などが消費電力が多い家電製品として挙げられます。

オール電化で一人暮らしの電気代が高くなってしまう原因として、消費電力が多い家電製品を頻繁に使用している場合があります。そして、家電製品自体も昔と今では消費電力量が違うのです。

昨今は省エネ技術が進歩しているため、例えば昔のエアコンよりも最近のエアコンの方が消費電力が少ないでしょう。家電製品の使用頻度が消費電力に影響を及ぼしますが、古い物を使い続けていることが原因で電気代が高くなっている可能性もあるので注意が必要です。

関連人気記事:エアコンを上手に節電する方法とは?おすすめの節電アイデアも紹介

漏電している

オール電化で一人暮らしの電気代が高くなってしまう原因として、どこかから漏電している恐れがあります。同じ物件に長く住み続けている人は、日頃使う家電製品や月々の電気代をある程度把握しているはずです。

急に電気代が高くなった時は漏電していないか考えてみてください。漏電してしまうと電気代の上昇だけではなく、火事の原因にもなりえます。自力で解決しようとはせず、契約している電力会社に相談するのがベストでしょう。

古い家電製品を使用する

最近の家電製品は各メーカーから消費電力を抑えた、省エネ家電が多数販売されています。10年以上前の古い家電製品は、現在のモデルほどの省エネ効果はありません。昔と今の家電製品を比較すると、電力消費量が倍くらい違うものもあります。

消費電力が多い古い家電製品を使用しているために、オール電化で一人暮らしの電気代が高くなってしまっている可能性があります。単純に家電製品の性能だけではなく、製品の劣化も電力消費量に影響を及ぼすので、電気代が高くなってしまうのは家電製品の扱い方にも原因があるでしょう。

待機電力が多い

家電製品の消費電力は気にしていても、意外と待機電力に関して頭に入れている人は多くありません。待機電力は家電製品を使用した時の消費電力に比べれば全然多くは無いですが、コンセントに電源プラグを差し込んだままの状態ですと、使用しなくても電気代がかかります。

一日の待機電力による電気代は微々たるものですが、ちりも積もれば山となるという言葉があるように、年間での電気代を考えると人によっては高いと感じるかもしれません。オール電化の場合は待機電力を発生させてしまう家電が増えるので、より大きく電気代に反映されるでしょう。

関連人気記事:テレビで節電する7つの方法 | 消費電力・節約できる電気代も試算してみた

オール電化で電気代を節電して快適な一人暮らしをするには電力の自給自足が鍵

オール電化で電気代を節電して快適な一人暮らしをするには電力の自給自足が鍵

一人暮らしでオール電化生活を送りながら電気代を安く抑えるためには、電力の自給自足が鍵となります。「ポータブル電源&ソーラーパネル製品」をオール電化生活に併用すると、太陽光発電は0円で発電できるため、効率的に電気代の大幅な削減が可能です。

当社「Jackery(ジャクリ)」がリリースするポータブル電源およびソーラーパネル製品は、一般社団法人防災安全協会の「防災製品等推奨品認証」を取得しています。そのため停電時や非常時に有効活用できる、安全安心な製品と証明されています。

その中でも特に、一人暮らしでオール電化生活をしている人におすすめなのは下記の2機種です。

・Jackery Solar Generator 2000 Pro 

・Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

まずはそれぞれの製品スペックをご紹介します。

機種名

Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量

1,002Wh

2,160Wh

定格出力

1,000W

2,200W

稼働温度

-20~40°C

-20~40°C

冷蔵庫の稼働時間

30h以上

75h

電気毛布の稼働時間

14h

68h

エアコン(最大出力)

の稼働時間

1,000w以上の消費電力になる可能性があり使用に不向き

2.5h

LEDランプ(40W相当)の稼働時間

100h以上

300h

炊飯器の稼働回数

2回以上

11回以上

携帯の充電回数

55回以上

200回以上

ソーラーパネル200W

(満充電所要時間)

4枚=1.8h

6枚=2.5h

ソーラーパネル200W

(選択可能枚数)

最大4枚

最大6枚

上記で紹介した「Jackeryのポータブル電源&ソーラーパネル製品」を、オール電化に活用すれば電力会社からの電力供給だけに依存する割合が減り、電気代の削減に効果的です。ソーラーパネルの枚数も購入時に選択できるので、ポータブル電源に充電を短時間で済ませたい場合は枚数が多い方が良いでしょう。

関連人気記事:【体験談】ポータブル電源の太陽光発電セットってどうなの?使用感をレビュー

まとめ

ソーラーパネル付きのポータブル電源は、オール電化との相性が抜群に良いです。一人暮らしをしていると、日中は外出して家に誰もいない状況の時が多くなりがちです。天気が良い日にソーラーパネル付きのポータブル電源を、太陽光が当たる場所に設置して外出していると留守中に電力を蓄電してくれます。

また、家のことや暮らしのことなら【不動産とくらしの評判サイト】!不動産に関する話題に加え、保険やハウスクリーニングなど暮らしに関連する様々な情報を発信しています。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。