食品ロス削減プロジェクト 第2弾「レンコンチップス」とほりにしコラボセットができました。

食品ロス削減プロジェクト 第2弾「レンコンチップス」とほりにしコラボセット

「できること、すすめよう。for Green!」を掲げ、環境に対する取り組みを行っているJackery Greenプロジェクト

第1弾の「ジャクリオレンジ」に続いて、今回は約50kgの規格外の蓮根を使った「レンコンチップス」を作りました。規格外野菜とは、形が少しいびつだったり、傷が入ってしまった野菜のこと。味は売られているものと変わらなくても、
通常は廃棄処分されてしまいます。

こうした「食品ロス」は、可燃ごみとして焼却される際、CO2(=温室効果ガス)を排出し、気候変動や生物多様性の減少などを引き起こす地球温暖化を進行させてしまいます。この食品ロスに貢献するため、「レンコンチップス」を作りました。さらに今回は人気のアウトドアスパイス「ほりにし」とのコラボセットもご用意しました。

「できること、すすめよう。for Green!」を掲げ、環境に対する取り組みを行っているJackery Greenプロジェクト

第1弾の「ジャクリオレンジ」に続いて、今回は約50kgの規格外の蓮根を使った「レンコンチップス」を作りました。規格外野菜とは、形が少しいびつだったり、傷が入ってしまった野菜のこと。味は売られているものと変わらなくても、
通常は廃棄処分されてしまいます。

こうした「食品ロス」は、可燃ごみとして焼却される際、CO2(=温室効果ガス)を排出し、気候変動や生物多様性の減少などを引き起こす地球温暖化を進行させてしまいます。この食品ロスに貢献するため、「レンコンチップス」を作りました。さらに今回は人気のアウトドアスパイス「ほりにし」とのコラボセットもご用意しました。

規格外野菜の蓮根を使ったレンコンチップス

規格外野菜の蓮根を使った
レンコンチップスと
「ほりにし」とのコラボセット商品!

熊本県「カワカミ蓮根」

熊本県「カワカミ蓮根」の川上さんは、飲めるほどキレイな100%天然の地下水を汲み上げ、自然環境農法と呼ばれる方法で蓮根を栽培しています。

畑から収穫した蓮根はトラックに積み込んで選果場へ持っていき、工場にあるベルトコンベアに流していきます。そこで品質を保持するため土をしっかり洗浄し、その後、熟練のスタッフの目視で流れてくる蓮根を一つひとつ丁寧に選果。

大きすぎるものは加工用として出荷し、小さすぎるものは自社商品のれんこんパウダーとして活用するなど、規格外品でも無駄にしないよう努めています。

「ほりにし」はアウトドアスパイスとしてキャンパーなら知らない人はいないほどの人気商品。

20種類以上のスパイスや調味料をスペシャルブレンド、塩や醤油など和風テイストで調和のとれた風味の中にガーリックがアクセントになっています。

ぜひレンコンチップスに、ほりにしのスパイスをかけて召し上がりください。

熊本県「カワカミ蓮根」の川上さんは、飲めるほどキレイな100%天然の地下水を汲み上げ、自然環境農法と呼ばれる方法で蓮根を栽培しています。

畑から収穫した蓮根はトラックに積み込んで選果場へ持っていき、工場にあるベルトコンベアに流していきます。そこで品質を保持するため土をしっかり洗浄し、その後、熟練のスタッフの目視で流れてくる蓮根を一つひとつ丁寧に選果。

大きすぎるものは加工用として出荷し、小さすぎるものは自社商品のれんこんパウダーとして活用するなど、規格外品でも無駄にしないよう努めています。

「ほりにし」はアウトドアスパイスとしてキャンパーなら知らない人はいないほどの人気商品。

20種類以上のスパイスや調味料をスペシャルブレンド、塩や醤油など和風テイストで調和のとれた風味の中にガーリックがアクセントになっています。

ぜひレンコンチップスに、ほりにしのスパイスをかけて召し上がりください。

レンコンチップス

自然環境農法で栽培される安心安全な蓮根

自然環境農法で栽培される安心安全な蓮根

今回規格外蓮根を使わせていただいた、「カワカミ蓮根」では例年6月から日本でも珍しいハウス促成栽培で蓮根を育てています。この特殊な栽培方法により、驚くほど瑞々しく、きゅうりのような食感とコーンのような風味に仕上がります。

実は、このハウスの配管をつくる際、Jackeryのポータブル電源が活躍しました。パイプの長さを調節するためには電動ノコギリが必要ですが、ポータブル電源に接続することで、電源のとれない屋外でも楽々カットできたのです。

今回規格外蓮根を使わせていただいた、「カワカミ蓮根」では例年6月から日本でも珍しいハウス促成栽培で蓮根を育てています。この特殊な栽培方法により、驚くほど瑞々しく、きゅうりのような食感とコーンのような風味に仕上がります。

実は、このハウスの配管をつくる際、Jackeryのポータブル電源が活躍しました。パイプの長さを調節するためには電動ノコギリが必要ですが、ポータブル電源に接続することで、電源のとれない屋外でも楽々カットできたのです。

Jackeryポータブル電源で電動ノコギリが使える

「コンパクトなサイズの割にパワーが落ちることもなく快適に使えました。見た目もかっこよくて気に入っています」と、川上さんからも太鼓判をいただきました。

「コンパクトなサイズの割にパワーが落ちることもなく快適に使えました。見た目もかっこよくて気に入っています」と、川上さんからも太鼓判をいただきました。

Jackery ポータブル電源の魅力を川上さんに聞く

Jackery ポータブル電源の魅力を
川上さんに聞く

Jackery ポータブル電源の魅力を川上さんに聞く

シーズンオフのハウス作りやれんこん畑を作るのに活躍しそうですね。特にこれからは台風の季節なので、ハウスに被害が出てしまった場合の復旧作業として使う機会が増えてきそうです。

これまでは大きい発電機をトラックに積み込んで使っていましたが、発電機ってすごく重いんです。取り扱うだけで重労働だし、女性のスタッフでは持ち運びができなかったりと、みんなの体への負担も大きい。

シーズンオフのハウス作りやれんこん畑を作るのに活躍しそうですね。特にこれからは台風の季節なので、ハウスに被害が出てしまった場合の復旧作業として使う機会が増えてきそうです。

これまでは大きい発電機をトラックに積み込んで使っていましたが、発電機ってすごく重いんです。取り扱うだけで重労働だし、女性のスタッフでは持ち運びができなかったりと、みんなの体への負担も大きい。

シーズンオフのハウス作りやれんこん畑を作るにお役たつJackeryポータブル電源
Jackeryポータブル電源・ソーラーパネルセット

さらに今は資源高の影響を受けて、燃料代の負担が大きく非常に厳しい状況です。そういった点で、太陽光で電気が作れるソーラーパネルと組み合わせることができるのはありがたいですね。

また、このポータブル電源は小型なのにパワーもあったので大変驚きました。これがあれば体に負担のかかる重労働から解放されると考えると、とてもいいですね。

個人的には、見た目のよさが気に入っています! 作動中のパワー出力がわかるモニター画面などがかっこよかったです。

さらに今は資源高の影響を受けて、燃料代の負担が大きく非常に厳しい状況です。そういった点で、太陽光で電気が作れるソーラーパネルと組み合わせることができるのはありがたいですね。

また、このポータブル電源は小型なのにパワーもあったので大変驚きました。これがあれば体に負担のかかる重労働から解放されると考えると、とてもいいですね。

個人的には、見た目のよさが気に入っています! 作動中のパワー出力がわかるモニター画面などがかっこよかったです。

カワカミ蓮根 × Jackery Japan

カワカミ蓮根 × Jackery Japan

カワカミ蓮根 × Jackery Japan


カワカミ蓮根 川上さん

私たち「カワカミ蓮根」では、アジアグローバルギャップを取得するなど、循環型農業に力を入れています。

農家の高齢化が進み、担い手がどんどん減っている今、おいしい蓮根を栽培するだけでなく、地域の農業を守り、存続していくための活動も大切にしていきたい。

その一環として、私たちは後継者不在の畑をお借りして蓮根を栽培することで新たな雇用を生み出し、地域を守っていくことにつなげています。

これからも規模をどんどん拡大し、循環型農業のトップランナーとして日本一を目指していきます。


Jackery Japan

前回のジャクリオレンジ企画をきっかけに、フードロス削減という環境問題について発信していくことの意義を感じました。おかげさまで、多くの方に、素敵な企画だというお声もたくさん頂戴しました。

今回も、フードロス削減を通じた環境に関する取り組みを継続することで、地球環境を改善し、やがて大きなエネルギーへと発展できたらと思っています。

さらに、いま大人気の「ほりにし」とのタイアップもしています。レンコンチップスは、そのままでも美味しいですが、キャンプでのおつまみとして「ほりにし」をかけるとさらに美味しいと思います。

レンコンチップスと ほりにしのコラボセット

環境問題への取組みについて

環境問題への取組みについて

ポータブル電源とソーラーパネルを製造・販売するJackeryは、ソーラーパネルを活用して太陽光エネルギーをポータブル電源へ蓄電することで、自然エネルギーを使った個人でできるエコなライフサイクルを実現し、二酸化炭素の排出量を削減することで、地球環境にやさしい社会の実現を目指しております。

ソーラーパネルやポータブル電源の活用だけにとどまらず、「できること、すすめよう。for Green!」をキャッチコピーに、今年度から環境に関する企業活動を推進していくため、「Jackery Green」というプロジェクトを開始します。

キャッチコピーの通り、環境問題に対して、まずは小さくてもできることから、企業として何に取り組むことができるのかを考えながら一歩一歩実現していき、やがて大きなエネルギーになることを目標として活動を続けていきます。

おすすめ関連メディアサイト: ヨセミテ|食を明るく、美味しく、暮らし良く

ヨセミテは、食・生活に関するWEBメディアであり、食材ロス、フードロス削減など、人々の健康増進、生活向上に関する情報を提供します。管理栄養士など専門家監修のもと、信頼できる文献・資料に基づいたオリジナル情報の配信を行なっております。


new-customer-close
送信