夏キャンプの必需品は何?アウトドアを最大限に楽しむ為の必須アイテム21選

夏キャンプの必需品は何?アウトドアを最大限に楽しむ為の必須アイテム21選

夏キャンプをソロで楽しむ人もいれば、ファミリーで楽しく会話しながらアウトドアを満喫する人もいるでしょう。快適に過ごすために必ず持って行くべきものはたくさんあります。夏キャンプは気温が高い時期に行うので、炎天下で体力と気力を奪われて苦しみながらでは楽しく過ごせません。今回は、夏キャンプの魅力や必需品、アウトドアでの暑さ対策、最大限に楽しむための必須アイテムなどを紹介します。

夏キャンプの魅力

森や川などの大自然の中で過ごす夏キャンプは、花火・魚釣り・サバイバル・バーベキューなど、色々なアクティビティを楽しめるのが魅力です。昔はファミリーでキャンプに行くのが当たり前となっていましたが、キャンプブームもあり最近ではソロキャンプに行く人も増えてきました。それぞれのキャンプスタイルについて見てみましょう。

ソロでの夏キャンプ

最初は勇気が必要になりますが、一人の世界に没頭できるのがソロでの夏キャンプです。一人で自由に行動できるので、周りに誰もいなければ他人に気を遣う必要がなくのびのびと過ごせます。ソロキャンプは荷物が少なくて済み、持っていくアウトドア用品をコンパクトにできるので、持ち運びしやすく手軽に始められるのもポイントです。

ファミリーでの夏キャンプ

ファミリーで行く夏キャンプは人数も多く、アウトドアに持っていく道具のサイズも大きくなります。夏キャンプに行く人数が多くなれば、その分荷物の数が増えるので大変さはありますが、夏ならではのアクティビティや非日常を体験し家族団らんのひと時を楽しく過ごせます。

子供がいる家庭ではお子様が持つたくさんの好奇心を満たしてあげられるでしょう。同時に親子の絆もより深まるので、夏キャンプは子供の感性や家族の一体感を育むのに最高の環境です。

夏キャンプの必需品21選

夏キャンプの必需品21選

夏キャンプに持っていくべき必需品を紹介していきます。

テント

夏キャンプで使用する「テント」は中に人が入るだけではなく荷物を置くことになるので、大きめのテントを準備するのがおすすめです。テントの中の空間が広いと熱がこもりにくく、換気に気を遣う頻度が減ります。収容人数が夏キャンプに参加する人数よりも、ワンサイズ大きいタイプのテントの購入がおすすめです。

寝袋・エアーベッド

テントがあれば中でゆっくり休憩ができますが、そのまま眠ってしまうと地面の硬さで腰を痛めてしまう可能性があります。また寒さを感じて、熟睡できない可能性もあるでしょう。「寝袋」「エアーベッド」などを準備しておけば安眠できるのでおすすめです。

タープ

天候に恵まれた日中は夏の炎天下で過ごすことになるので、暑さにやられないように日陰の確保が大切です。「タープ」を使用すると、日除け以外にも個人のスペースの確保に使えたり、雨除けに使用したりできるので夏キャンプの必需品といえます。

ペグ・ハンマー

テントやタープはただ設置しただけでは、風雨や障害物が当たって倒れたり飛んでいったりする可能性があります。「ハンマー」で「ペグ」を叩いて地面に打ち込み、しっかりと固定しましょう。テントにセットで付いているタイプもありますが、あらゆる地面にも対応可能なペグを準備しておくのがおすすめです。

テーブル・イス

キャンプ場によっては、「テーブル」「イス」を備え付けているところがあります。キャンプ施設以外の山の中で、夏キャンプを行うソロキャンパー、ファミリーキャンパーもいるでしょう。行く場所によっては「テーブル」「イス」が無い場合もあるので、コンパクトサイズで軽量のものを準備しておくと安心です。

懐中電灯・ヘッドライト

夏キャンプは、自然の中でテントを張って一日を過ごすので、夜間に作業しやすいように「懐中電灯」「ヘッドライト」があると便利です。手に持つタイプの懐中電灯は、周囲に置いて作業ができない状況下では片手で持ちながら作業することになります。夜間に作業をする場合には不便でしょう。ヘッドライトを使うと両手で作業できるので、作業効率が上がります。

コンロ

「カセットコンロ」は、火を通す料理を作るうえで欠かせない夏キャンプの必需品です。持ち運びしやすいタイプを選び、最初はデザイン性や機能性を求めずコスパ重視が良いでしょう。

調理器具

夏キャンプで作る料理に合わせて、必要な「調理器具」を準備します。まな板・包丁・ナイフは忘れずに持っていかないと、食材を調理する時に手間がかかって料理の完成時間が長引きます。キャンプをする場所に行って何の料理を作るのか、出発前に予め計画を立てておけば、余計な調理器具を持っていく必要はありません。

食器

料理を盛り付けるお皿、コップなど「食器」は、割れたり破損したりする場合があります。夏キャンプの参加人数ピッタリに合わせるのではなく、余分に持っていった方が安心です。また、耐久性が良いステンレス製やアルミ製の食器を持っていくと良いでしょう。

食料

キャンプにおいて、もちろん職掌は必須です。また自宅から「食料」をキャンプ場所まで持って行く途中で、足りない食べ物があればキャンプ場へ着く前に食材を調達します。現地に着いてから買い物に出かけようと思っても、お店が見つからない場合があるので、食材を買える店舗を出発前に確認しておくと良いでしょう。

着火装置

コンロの使用や火を通す料理を作る場合、火源が必要になるので「着火装置」が必需品です。ガスバーナー、ライター、マッチ、チャッカマンなど色々な着火装置がアウトドア用品として販売されています。夏キャンプでは火災に繋がらないように、火の取り扱いには十分注意しましょう。

救急セット・常備薬

山の中や山奥で夏キャンプをするソロキャンパーやファミリーキャンパーは、人里離れた場所だと近くに民家や病院がありません。そのため急な体調不良や怪我をすると大変です。万が一に備えて、応急処置ができる「救急セット」「常備薬」などを準備しておいた方が良いでしょう。

各種燃料・軍手

夏キャンプの場所でバーベキューをする時に使う炭や、固形燃料、ガス缶など火を起こす際の「各種燃料」を持っていく必要があります。手を火傷したり負傷したりしないためにも、「軍手」を忘れずに持っていきましょう。

レインウェア

平地よりも山間部の方が天候が急に崩れやすいので、夏キャンプに行く際は雨が降っても大丈夫なように「レインウェア」が必需品です。出発する日の天気予報が晴れでも必ず当たるわけではありません。雨具は自分の身体を守ってくれるものなので、晴れ予報でも過信せず忘れずに準備しましょう。

薄手の長袖

夏の季節だからといって、一日中、暖かいわけではありません。早朝や深夜は寒暖差が激しいケースが多いので、風邪をひかないように重ね着ができる「薄手の長袖」を準備しておくと安心です。

日焼け止めクリーム

夏キャンプをするのであれば、紫外線の影響を受けてシミ・そばかすができたり肌が日焼けしてしまったりする恐れがあります。紫外線や日焼け防止のために「日焼け止めクリーム」は必需品です。特に肌が弱い人は入念に日焼け止めクリームを塗り、露出を減らすようにしてください。

着替え・タオル

気温が高い夏場は汗をかきやすいので、夏キャンプ中に大量の汗をかいて衣服が濡れてしまう可能性があります。汗をかいても大丈夫なように「着替え」「タオル」を準備しておきましょう。冷感タイプのタオルを持参しておけば、水に濡らして身体を拭けばひんやり冷たさを感じられるので体温を下げるのに効果的です。

帽子

キャンプ場所ではテントやタープの中で過ごす他に、直射日光の当たる外で遊んだり出歩いたりすることも多いです。熱中症にならないために、通気性が良い「帽子」を準備しましょう。つばのある帽子を被ると、頭部だけではなく顔全体を日差しから守れるのでおすすめです。

虫除けアイテム

夏キャンプでは、蚊、ハチ、ムカデなど様々な虫に刺される恐れがあります。「虫除けアイテム」を使用して、虫を寄せ付けない環境を作っておいた方が良いです。中には刺されると命の危険を脅かす虫もいるので、忘れずに虫除けアイテム(虫除けスプレー・蚊取り線香・モスキーキラーランタン・UV光源誘引式蚊取り器・虫よけキャンドルなど)を持って行きましょう。

氷・保冷剤

食材の鮮度を保ったりや、飲み物を冷やしたりするのに欠かせない夏キャンプの必需品が「氷」「保冷剤」です。100円ショップでも保冷剤を販売していますが、長時間保冷力を維持したいのであれば強力な保冷剤を持っていった方が良いでしょう。

クーラーボックス

食べ物や飲み物を保存する「クーラーボックス」は夏キャンプの必需品です。クーラーボックスの中に氷や保冷剤を入れておけば、いつでも冷たい飲み物が飲めます。氷や保冷剤の冷却効果により、食材を傷めずに保存できるでしょう。

夏キャンプを最大限に楽しむための必須アイテム

キャンプ場によっては電源が確保できるところもありますが、山の中で夏キャンプをするとなるとコンセントが全く無いケースが多いでしょう。キャンプ中に事故やトラブルが起きる可能性もあるので、緊急連絡をするのにスマホ・携帯電話の充電が切れたら困ってしまいます。

そのため、電力を常に確保できるようにしておきましょう。「ポータブル電源」に電気を蓄電して夏キャンプに持って行けば、スマホや携帯電話の充電が可能なため、充電切れを心配する必要がありません。また、ポータブル電源の電力でさまざまな電化製品を稼働させることができ、夏キャンプを最大限に楽しめます

ポータブル電源は色々な種類がありますが、その中でも口コミや評判が良い「Jackery(ジャクリ)」が性能と信頼度が高いとして有名です。

Jackery製のポータブル電源&ソーラーパネルは、一般社団法人防災安全協会にて緊急災害時に必要とされ、安全安心な製品だけに認証される「防災製品等推奨品」に登録されています。

機能性・利便性に優れていることが証明済みなので、アウトドアに限らず自然災害や停電対策などにも安心して使えます。万が一キャンプ中に事故や緊急事態が起きても、耐久性が高くソーラーパネルで充電して何度も使えるJackeryのポータブル電源があれば安心でしょう。

キャンプにおすすめなポータブル電源一覧:

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

夏キャンプの暑さ対策とその必需品

夏キャンプでは、夏バテや熱中症の危険性があるので暑さ対策が重要です。標高が高い場所を選んだり、テントを設置する時に遮光性が高いタープを一緒に設置したりなどの方法が暑さ対策に効果的です。

また、日焼けから肌を守るために日焼け止めクリームをしっかり塗り、体調不良にならないよう適度に水分補給を行いましょう。そしてせっかく非日常感を満喫しに行っているのに、暑さにやられてしまうと楽しめなくなってしまいます。冷却効果がある電化製品を使って、涼しい環境を作ることも考えてみてください。

体温を下げて快適に過ごすためには、以下のような電化製品がおすすめです。

・ポータブル扇風機

・ポータブル式小型冷蔵庫

・ポータブルクーラー

ポータブル電源を使用すれば上記の電化製品に電力を供給できるので、夏バテや熱中症になりにくい環境を作れて快適に夏キャンプを楽しめます。

関連人気記事:夏のキャンプは暑さに要注意!暑さをしのぐ対策10選と人気なアイテムをご紹介

まとめ

夏キャンプの必需品があれば、暑さに悩まされずソロやファミリーで思う存分アウトドアを満喫して楽しめます。さらにポータブル電源&ソーラーパネル製品を活用すれば、蓄電や太陽光発電などで電源コンセントが無い場所や大自然の中でも電化製品が使用可能です。ぜひ1台購入して、快適な環境を構築しながら夏キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信