アウトドア愛好家必見!ポータブル電源で快適なオートキャンプを楽しもう

アウトドア愛好家必見!ポータブル電源で快適なオートキャンプを楽しもう

近年、気軽にキャンプができるオートキャンプに人気が集まっていますが、そんなオートキャンプをさらに上質にしてくれるアイテムを紹介したいと思います。そのアイテムとはポータブル電源です。キャンプ場で電化製品が使えるなど様々な魅力があるので、今回はその魅力について迫りたいと思います。

オートキャンプとは?

オートキャンプとは自動車でそのままアクセスできるキャンプ場で、車中泊やテントを張ったキャンプができるアウトドアスタイルです。

オートキャンプ場はトイレやシャワーなどの設備が整えられていることが多く、気軽にアウトドアを楽しめる点が人気を支えています。

そのため家族や友人と気軽にキャンプをしたい方にとっておすすめの入門的なキャンプともされています。

オートキャンプに持っていきたいアイテムポータブル電源

オートキャンプに持っていきたいアイテムポータブル電源

オートキャンプに持っていきたいアイテムはいくつか上げられます。例えばテントやキッチングッズ、寝袋などはオートキャンプを楽しむためにはかかせません。

さらにポータブル電源がオートキャンプでは活躍したという声が多くのキャンパーから聞かれます。そこで、ポータブル電源がオートキャンプで活躍する理由や口コミなどを紹介していきましょう。

①オートキャンプにポータブル電源を持っていくメリットとは?

オートキャンプにポータブル電源を持っていくメリットは多く、快適なキャンプを過ごすためには欠かせないアイテムです。

例えばポータブル電源は「電源」として様々なデバイスの充電をすることができます。

「安全性」が高く、火気が禁止されているオートキャンプ場での加熱や調理などに使えたり、「環境に配慮」した利用ができるのでキャンプ場の自然環境を守るためにも役立ちます。

というのも、キャンプ場の規則によって異なりますが、オートキャンプ場では火気の使用を禁止している場所が多くなっています。

また、火気禁止になっていなくても、火の利用が指定されているキャンプ場が多くなっています。

そのためポータブル電源を使って火気の代用ができると、様々な制限を気にせずに調理などができるので魅力的です。

こういった魅力があるのでオートキャンプにポータブル電源がおすすめされるのです。

関連人気記事:ポータブル電源はキャンプでどんな使い方ができるのか?

②オートキャンプにポータブル電源を持っていった際の口コミや感想

オートキャンプにポータブル電源を持っていくことについて、多くの人が便利であるとコメントしています。以下にポータブル電源を使用した際の口コミを紹介します。

多くのコメントからポータブル電源の必要性を感じるのではないでしょうか??

コメント①

「ポータブル電源を持っていったおかげで、スマートフォンやタブレットの充電ができて、アウトドアでもストレスなく使えた。」

このようにポータブル電源でスマートフォンやタブレットが複数充電できる点が評価されています。

コメント②

「クーラーボックスや電気ストーブ、ライトなど、キャンプ用品の電源が取れたおかげで、快適に過ごせた。」

このようにキャンプに必要なデバイスの電源として活用できた好評です。

コメント③

「ポータブル電源を持っていたおかげで、緊急時にライトや携帯電話を充電できたので、安心して過ごせた。」

このようにキャンプや車中泊以外にも備えられることが魅力でもあります。

コメント④

「ソーラーパネルで充電することができるポータブル電源を持っていったので、環境にも配慮したキャンプができた。」

キャンプやそれ以外のシーンでも環境に配慮した選択肢が取りたい方にとってはポータブル電源は有効な選択肢の一つです。

オートキャンプに必須!ポータブル電源の容量と充電について

オートキャンプに必要なポータブル電源の容量は使用するデバイスや期間によって異なります。しかし一般的には少なくとも100Wh(ワット・アワー)以上の容量が必要になります。

容量の内訳としては、スマートフォンやタブレットなどの充電には10Wh程度、LEDライトの使用には5〜20Wh程度、電気ストーブやミニ冷蔵庫の使用には50Wh以上が必要になってきます。

①人数シーン別のオートキャンプに必要なポータブル電源の容量

では実際に、1人、2人、家族連れそれぞれのオートキャンプに必要なポータブル電源の容量を紹介していきましょう。

1人のオートキャンプに必要なポータブル電源の容量一例

・スマートフォンやタブレットの充電に10Wh程度

・LEDライトの使用に5〜20Wh程度

・クーラーボックスや電気ストーブの使用に50〜100Wh程度

合計で150Wh以上

1人のオートキャンプ1泊のシーンを想定してみるとこれほどの容量が必要でしょう。150Whは1人オートキャンプに必要最低限の容量になります。

充電したいデバイスの種類や数に合わせて容量を増やしていくとちょうどいい容量が見つかるでしょう。

2人以上のオートキャンプでは、1人分の容量に加えて1台のスマートフォンやタブレットの充電につき10Wh程を追加していきましょう。

2人のオートキャンプに必要なポータブル電源の容量一例

・スマートフォンやタブレットの充電に30Wh

・LEDライトの使用に5〜20Wh程度

・クーラーボックスや電気ストーブの使用に100〜200Wh程度

合計250Wh以上

家族連れのオートキャンプに必要なポータブル電源の容量一例

・スマートフォンやタブレットの充電に50Wh

・LEDライトの使用に5〜20Wh程度

・クーラーボックスや電気ストーブ、家電製品の使用に200〜400Wh程度

合計500Wh以上

ただしこれはあくまでも目安の容量になります。使用するデバイスや給電時間の長さによって必要な容量は増減します。

またポータブル電源の重さやサイズなども考慮しておくと何かと便利でしょう。

より正確な容量の計算にはオートキャンプでの使用予定のデバイスを決めて、消費電量や使用時間をまとめることが大切です。

②オートキャンプに使う電化製品の消費電力の目安

使用する機器の消費電力を調べるには、機器本体や取扱説明書に記載されている場合があります。しかし目安としてオートキャンプに使う電化製品の目安消費電力を紹介します。

電化製品

目安消費電力

LEDランタン

1〜10W

タブレット

5〜15W

スマートフォン

5W以下

コンパクトな電気ストーブ

500〜1500W

電気グリル

1000〜1500W

ミニ冷蔵庫

40〜70W

ポータブルエアコン

500〜1500W

ヘアドライヤー

1000〜2000W

使用する電化製品の消費電力はインターネット上で容易に調べることができます。消費電力を知ることで、必要なポータブル電源の容量を正確に計算することができるので、ポータブル電源の容量を決めるためにもオートキャンプで使う電化製品を早めに決めましょう。

③ポータブル電源の容量とその充電時間の関係性とは?

ポータブル電源のメーカーやデバイスによって異なりますが、コンセント(AC100V)よりポータブル電源を充電すると「500Wh」「1000Wh」「1500Wh」「2000Wh」の容量のポータブル電源の充電時間は以下のようになります。

ポータブル電源の容量

コンセントでの充電時間

500Whポータブル電源

約5〜6時間

1000Whポータブル電源

約9〜10時間

1500Whポータブル電源

約13〜14時間

2000Whポータブル電源

約17〜18時間

あくまでもこの時間は目安であり、急速充電に対応しているポータブル電源ではこれ以上に充電時間が早くなります。例えば、Jackeryポータブル電源2000Proの場合、容量が2000whと大容量にも関わらず、コンセントでわずか2.5時間でフル充電できます。

また、充電中にポータブル電源の温度が上がりすぎると充電が中断される場合があります。そのため充電中はポータブル電源を通気性の良い場所に設置し、周囲の温度が高くなりすぎないように注意することが重要です。

より正確な充電時間や使用時間を知るには、ポータブル電源の取扱説明書を確認しましょう。

防災グッズとしても優秀!オートキャンプに持っておきたいポータブル電源の幅広い使い道とは?

防災グッズとしても優秀!オートキャンプに持っておきたいポータブル電源の幅広い使い道とは?

ポータブル電源はオートキャンプやアウトドア以外でも幅広い使い方ができます。例えば「緊急時の電源」「テレワークの電源」「屋外イベントでの電源」があります。

災害時や停電時に緊急用の電源としたり、電源環境がない場所でのテレワークのための電源として活用することができます。

いつ襲ってくるかわからない災害への対策にも使えますし、電気代が高騰するイマ、節電のためにも活躍してくれるためポータブル電源は持っておくととても便利です。

関連人気記事:ポータブル電源の容量や節電効果とともに家庭、キャンプ、災害シーン別の使い道を紹介

安くて高性能!おすすめオートキャンプ用ポータブル電源の相場とは?

ポータブル電源の相場は、その容量や機能、ブランドなどによって異なります。

一般的には、ポータブル電源の容量が大きくなるにつれて価格も高くなる傾向があります。さらにノンブランド製品よりもブランド製品の方が同じ容量でも価格が高くなります。

そこで一般的なポータブル電源の相場と容量の関係の目安を紹介します。

・100Wh未満:5,000円〜15,000円程度

・100Wh〜500Wh程度:20,000円〜50,000円程度

・500Wh〜1,000Wh程度:50,000円〜100,000円程度

・1,000Wh以上:100,000円〜200,000円以上

最近では、低価格帯で高容量のポータブル電源が出回ってきており、価格帯によっては上記の目安よりも安価な商品も存在します。

キャンプにおすすめのポータブル電源3厳選

キャンプにおすすめのポータブル電源3厳選

例えばキャンプでは食材の保存や調理、映画鑑賞などのエンタメに多くの電気を使うことが予測されます。またポータブル電源が使いづらいとストレスを感じることも少なくありません。そのため、キャンプで使うポータブル電源は大容量かつ使いやすいポータブル電源がおすすめです。

定評のあるブランド企業では、簡単な操作かつ大容量のポータブル電源が多くラインナップされています。そこでおすすめしたいブランドがJackery(ジャクリ)社のポータブル電源です。

Jackery社のポータブル電源様々な雑誌やメディアの掲載実績があり、「CES Innovation Award」「Red Dot Design Award」なども受賞しており高い評価を獲得しています。

初めての方や安全に気軽にポータブル電源を使いたい方におすすめのブランドになります。そこでキャンプに合わせてJackery社ポータブル電源の人気商品を3つ紹介していきます。

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

Jackery ポータブル電源1000 ProはJackeryの人気モデルの一つです。

消費電力が1000W以内の電化製品(電気ケトルなど)が使えたり、ノートPCも急速充電することができます。

ホットドリンクを飲みながらタブレットで映画を観たりとキャンプの質を高めることができるでしょう。

また、高い安全性と手軽に持ち運べるコンパクト設計なのでポータブル電源の入門にもおすすめです。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

Jackery ポータブル電源 1500 Proは高速充電を実現するUltra-Charging Systemを搭載したポータブル電源です。

自宅の家電がほぼ全て使用でき、車中泊で電化製品が使えない不満を作りません。

さらに定格出力は1800Wの高出力なため、停電時にも冷蔵庫や電子レンジが使えるので、車中泊以外でも幅広く活躍します。

充電速度が従来モデルの約4倍に高速化され、最速2時間で1500Whのポータブル電源が充電できるので、時間を無駄にしなくない方におすすめのポータブル電源です。

製品名 Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

Jackery ポータブル電源 2000 ProはJackery最高クラスの大容量と高出力のポータブル電源です。

IH調理機、ドライヤー、ホットプレートなどの高出力家電が屋外でも使え、グループでのキャンプでも充電を気にせず使うことができます。

夏や冬の厳しい環境でのキャンプもJackery ポータブル電源 2000 Proがあれば何も心配ありません。

さらに様々なシステムで高い安全性を実現しているので安心して使用できます。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量

2160Wh

定格出力

2200W/正弦波(最大瞬間出力:4400W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2.5時間
ソーラー充電:最速2.5時間
シガーアダプター:24時間

保証期間

5年間

まとめ

さて今回はオートキャンプに持っていきたいポータブル電源について紹介してきました。オートキャンプ以外ではテレワークや節電、非常用電源として使えるほか、オートキャンプでの不便さを解決してくれます。ぜひポータブル電源をもってオートキャンプに行ってみてはいかがでしょうか?


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信