【失敗しない】蓄電池設置工事の流れや費用感まとめ!安く手に入るモデルも紹介

シェア
【失敗しない】蓄電池設置工事の流れや費用感まとめ!安く手に入るモデルも紹介

電気代の節約や災害時の停電対策のために、蓄電池を導入しようと考えている人も多いでしょう。しかし蓄電池の設置工事をどのようにすればいいのか分からず、悩んでいる人が多いのも事実です。 

どのように蓄電池を設置するのかとお悩みの人だけでなく、「これから蓄電池の導入しようかな…」と迷っている人にも読んでもらいたい内容になっています。ぜひこの記事を参考にして、蓄電池設置工事の流れを把握しておきましょう。

目次

家庭用蓄電池の3つの使い方


家庭用蓄電池の使い方は下記の3つです。 

・蓄電池本体のみ

・太陽光発電とセット

・ハイブリッド蓄電池 

ぜひ蓄電池選びの参考にしてください。

蓄電池単体のみ

家庭用蓄電池は、蓄電池単体も使えます。単体で使用する場合は、電力会社から電気を買って蓄電します。コンセントから蓄電するため、通常通りの電気代がかかるイメージです。ただし電気料金が安い時間帯にコンセントから蓄電して、料金が高い時間帯に蓄電した電気を使うことで、電気代を節約できます。 

また蓄電池を設置することで、使用した電気の量が見えるようになります。節電の意識が高まり、単純な電気代の差額以上に得をすることもあるでしょう。

太陽光発電とセット

太陽光発電と蓄電池を併用すると、太陽光パネルで作った電気を蓄電池に貯められます。電気料金が安い時間帯に蓄電し、料金が高い時間帯は太陽光発電の電気を利用することで、電気代の大幅カットも実現できます。 

また、太陽光発電だけでは電力が足りない場合は蓄電池の電気を使い、余った場合は蓄電が可能です。太陽光発電とセットで利用することで、電気代の節約が期待できます。

ハイブリッド蓄電池

ハイブリッド蓄電池は、蓄電池本体と太陽光のパワコン(発電機器で作られた電気の流れを変換したり蓄電したりするために接続するもの)がセットになったものです。太陽光発電と蓄電池を併用するとパワコンが2つ必要ですが、ハイブリッド蓄電池の場合は1つで利用できます。 

通常は太陽光発電で作られた「直流電流」を「交流電流」に変換した後、蓄電池のパワコンで再度「交流電流」を「直流電流」に変換する必要があります。一方、ハイブリッド蓄電池は変換せずに蓄電できるため、ロスなく電気を溜められるのがメリットです。

家庭用蓄電池の設置工事の流れ


家庭用蓄電池の設置工事の流れは下記のとおりです。 

1.現地調査

2.設置場所での基礎工事

3.蓄電池と周辺機器設置工事

4.配線工事

5.蓄電池の設定と動作確認 

それぞれ詳しくみてみましょう。

①現地調査

家庭用蓄電池の設置工事をする際には、まずは現地調査をします。現地調査とは、設置場所が設置基準を満たしているか施工業者が確認することです。設置場所が屋内か屋外かで確認する内容が異なります。 

設置場所

確認事項

屋内

床が蓄電池の重量に耐えられるか

熱がこもらないか

屋外

直射日光が当たらないか

隣家との間に十分なスペースがあるか

また、蓄電池を太陽光発電と併設する際は、使用している設備や配線回路に問題がないか確認してもらいましょう。

②設置場所での基礎工事をする

現地調査後には、設置場所で基礎工事をします。基礎工事には下記の2種類があり、屋外に蓄電池を設置する場合に必要です。 

・コンクリート基礎

・工事が不要な簡易基礎 

コンクリート基礎は、蓄電池をしっかりと固定するための土台を作るものです。蓄電池の機種によっては、コンクリート基礎を使わず簡易基礎を設置する場合もあります。室内に蓄電池を設置する場合は、基礎工事は不要です。

③蓄電池と周辺機器設置工事

基礎工事が終わったら、下記のように蓄電池と周辺機器の設置工事をします。 

屋外設置

蓄電池を組み立て、コンクリート基礎へボルトで固定する

屋内設置

壁に蓄電池をボルトで固定する

蓄電池の取付工事が完了したら、パワコンや特定負荷分電盤などの周辺機器を設置します。壁の種類や壁の中にある幅木の有無などによって施工方法が変わるので、現地調査の際に確認しましょう。

④配線工事

機器の取付工事が終わったら、蓄電池にパワコンの電気配線を接続する配線工事をします。太陽光発電がある場合は、太陽光発電用と蓄電池用のパワコンをそれぞれ配線に接続します。 

なお、すでに太陽光発電がある状態でハイブリッド蓄電池を設置する場合は、既存のパワコンからハイブリッド用のものへ置き換えが必要です。所要時間は配線の数や構造によって変わるので、現地調査の際に工事にかかる時間を確認しておくと良いでしょう。

⑤蓄電池の設定と動作確認

最後に、蓄電池の細かい設定方法や動作確認をします。設定はメーカーによって異なりますが、下記の種類があります。 

経済優先モード

電気料金の節約を優先する設定

蓄電優先モード

停電に備え、蓄電を優先する設定

環境優先モード

環境に配慮し、夜間の放電を優先する設定

ピークカットモード

電力消費量が多い時間帯に放電する設定

停電時には自動で切り替わるものと手動で操作するものがあるため、操作方法も確認しておきましょう。

家庭用蓄電池の設置工事で気をつけるべき4つのポイント


家庭用蓄電池の設置工事で気をつけるポイントは下記の4つです。 

・適正な設置スペースを確保できるか

・蓄電池が載っても問題ないような基礎工事ができるか

・「壁の貫通対策」が考慮されているか

・屋外で劣化しない材料を使っているか 

設置工事の際にはこれらの点に注意しましょう。

適正な設置スペースを確保できるか

蓄電池は下記のように大きいため、設置の際には十分なスペースを確保する必要があります。 

容量4.0kWh

エアコンの室外機ほどのサイズ

容量7.0kWh

エアコンの室外機2機ほどのサイズ

蓄電池の設置の際には点検時の作業スペースも必要なので、事前に設置場所の広さを確認しましょう。また、蓄電池の使用環境温度にも注意が必要で、適正な温度は20℃〜50℃です。屋外の場合は直射日光の当たる場所、屋内の場合は高温多湿になる所への設置は避けてください。 

さらに、屋内の場合は蓄電池の稼働音に注意して設置することが必要です。蓄電池の稼働音は空気清浄機と同じくらいですが、寝室や勉強部屋などから離れた場所へ設置するのがおすすめです。

蓄電池が載っても問題ないような基礎工事ができるか

屋外設置の場合は基礎工事が必要ですが、蓄電池が載っても問題ないレベルまで施工できるか確認が必要です。なぜなら、基礎工事がしっかりしていないと蓄電池が転倒する危険があるからです。 

蓄電池の重量は100㎏以上で、200㎏を超えるものもあります。地震や台風などがあっても倒れない強度を保てるか、設置工事前に施工会社へ確認しましょう。

「壁の貫通対策」が考慮されているか

屋内まで配線工事をするときは、壁を貫通しなければなりません。その際に貫通対策がされていないと、雨の際に貫通部から水が浸入して木材などが腐ってしまう可能性があります。 

貫通対策は、貫通口の周りにコーキングを施したプルボックス(※)を取り付け固定します。壁の木材や部材が傷まないようにするためにも、貫通対策がしっかりされているか確認してください。 

※プルボックス:屋外から屋内に電線を引き込む際に外壁に取りつけて使用する、電線やケーブルが集まっている部分を分岐させるために用いる部材

屋外で劣化しない材料を使っているか

蓄電池を屋外設置する場合は、配線を覆う配管や部品が劣化しない材質のものを使う必要があります。配管や部品が劣化すると、蓄電池の故障や火災が起こる危険があるからです。使用されている材料だけではなく、劣化対策がされているかどうかも確認してください。

家庭用蓄電池の設置工事から使用開始までにかかる日数・費用


家庭用蓄電池の設置工事から使用開始までにかかる日数と費用は下記のとおりです。 

・かかる日数の目安:1~2日

・かかる費用の目安:75万円~150万円 

ぜひ、日数や費用相場を参考にして蓄電池を導入してください。

かかる日数の目安:1~2日

蓄電池の設置工事にかかる日数は1〜2日です。設置工事自体は1日で完了しますが、雨が降っているなど悪天候の場合は2日かかることもあります。なお、次の場合は施工に3日以上かかる可能性があります。 

・太陽光発電を同時に導入する場合

・当日の現場搬入で機器が揃っていない場合

・太陽光発電を導入済みで、配線の調整が必要な場合 

状況により工事にかかる時間は異なるので、現地調査の際に確認しましょう。

かかる費用の目安:75万円〜150万円

蓄電池の設置工事に必要な費用の内訳は下記の2つです。 

・製品費用

・工事費用 

家庭用蓄電池の1kWhあたりの費用相場は、製品費用と工事費用をあわせて18.7万円です。

参考:三菱総合研究所_定置用蓄電システムの普及拡大策の検討に向けた調査 

たとえば、容量ごとの費用は下記のようになります。 

蓄電池容量

費用(製品費用と工事費用の合計)

4.0kWh

約75万円

5.0kWh

約94万円

6.0kWh

約112万円

7.0kWh

約130万円

8.0kWh

約150万円

ただし工事費は蓄電池の種類や業者によって異なるので、上記はあくまで目安です。工事前に業者に確認しましょう。

家庭用蓄電池の設置工事後に確認するべき3つのポイント


蓄電池の設置工事後に確認すべきポイントは下記の3つです。 

・本体がパワコンにしっかり設置されているか

・ケーブルが固定されてるか

・工事が見積の内容と合っているか 

トラブルを避けるため、また損をしないために、設置工事後にはこれらの点を確認してみてください。

本体がパワコンにしっかり設置されているか

屋外設置の場合は、蓄電池がパワコンにしっかりと設置されているか、下記の点を確認しましょう。 

・水平垂直になっているか

・固定部分が緩んでいないか 

本体が正しく設置していない状態で使用すると、正常に稼働しない恐れがあります。また、固定部品が緩んでいると地震や台風などの自然災害で落下することもあります。停電になっても活用できなかったり、転倒などが原因で火事になったりする危険もあるため、蓄電池本体とパワコンがしっかり固定されているか確認してください。

ケーブルが固定されてるか

蓄電池本体やパワコンにつなぐケーブルが固定されているかも確認してください。ケーブルがしっかり固定されていないと、台風や豪雨の際にケーブルに負荷がかかり故障や事故につながることがあります。ケーブルが損傷すると蓄電池がうまく機能せず、感電による事故が起きてしまうかもしれません。そのような事態を防ぐためにも、ケーブルがしっかり固定されているか必ず確認しましょう。

工事が見積の内容と合っているか

設置工事後は、工事の内容が見積書の内容と一致しているか確認してください。見積もり時の金額より請求金額が高い場合は、余分な費用が請求されている可能性があります。このようなトラブルを避けるためにも、見積書をもらい工事の内容や費用に変更がないか確認しましょう。

家庭用蓄電池の設置工事で失敗しないための3つのコツ


家庭用蓄電池の設置工事で失敗しないためのコツは下記の3つです。 

・実績があり保証体制がしっかりした施工会社を選ぶ

・騒音トラブルにならない位置に設置する

・値段だけで蓄電池や施工会社を選ばない 

これらのポイントを確認し、設置工事で失敗しないようにしましょう。

実績があって保証体制がしっかりした施工会社を選ぶ

施工会社を選ぶ際には、施工実績や保証体制を確認してください。蓄電池は使用中に故障する可能性もあるため、保証体制を確認しておくことが必要です。保証体制がしっかりしていないと、台風や地震などの自然災害で買い替えが必要な場合に多額の費用がかかってしまいます。 

また、施工実績が多い業者は技術が高いことが多いです。ホームページで事前に確認しておきましょう。

騒音トラブルになり得ない位置に設置する

騒音トラブルが起こらないよう、設置場所に注意しましょう。設置する場所によっては、蓄電池の稼働音が隣家に聞こえてしまう可能性があります。屋外に設置する場合は、エアコンの室外機の近くやガレージに設置するのがおすすめです。 

屋内の場合は壁があるので稼働音が外に漏れる可能性は低くなりますが、設置場所によっては隣家に聞こえることもあります。騒音トラブルにならないためにも、設置場所は慎重に選んでください。

値段だけで蓄電池や施工会社を選ばない

設置工事の際は、金額が安すぎる蓄電池や施工会社を選ばないようにしましょう。なぜなら、相場よりも安い場合は何か理由があるからです。たとえば蓄電池の質が悪かったり、保証体制が整っていなかったりする可能性があります。施工会社を選ぶ際には何社か見積もりをもらい、価格だけでなく保証体制や実績も確認してください。

設置工事がいらない「ポータブル電源」なら安く蓄電池を導入できる!


ポータブル電源

ポータブル電源とは、持ち運びができる大容量な蓄電池です。家庭用の壁にあるコンセントを持ち出す感覚で使えるもので、停電時の備えやアウトドアで家電を利用できます。設置工事が不要で本体そのものも安く、据付型の蓄電池と比較して圧倒的に費用を抑えられるのがメリットです。 

ポータブル電源なら、当社Jackeryが販売する太陽光パネルと蓄電池のセットモデル「Jackery Solar Generator」がおすすめ。一切の設置工事なしで、すぐに太陽光発電と蓄電による電気代の節約や災害対策が始められます。今回は「Jackery Solar Generator」から、とくに「据付型蓄電池の代用」としておすすめの2モデルをピックアップしました。 

Jackery Solar Generator 2000 Plus

Jackery Solar Generator 1000 Plus

ぜひ予算や目的にあったモデルを選んでみてください。

Jackery Solar Generator 2000 Plus 

・約2時間でフル充電可能

・最大12,000Whまでバッテリー拡張に対応

・自然放電10%程度で長期保存でも安心 

Jackery Solar Generator 2000 Plusのポータブル電源は、家庭のコンセントに繋げば約2時間でフル充電が可能です。電気料金が安い時間帯にポータブル電源を充電し、料金が高い時間帯にポータブル電源から電気を使えば、日々の電気代を節約できます。 

バッテリーは2,042Wh(約2kWh)と、据付型の蓄電池に負けない大容量。さらに拡張バッテリーを使えば12,000Whまで容量を増強でき、エアコンやヒーター・冷蔵庫なども長時間動かせます。もちろんソーラーパネルからの充電も可能なため、長期間の停電対策もバッチリです。 

さらに自然放電は少なく、電源を切って保管した場合も本体の消費電力は0.00448W未満。一度充電しておけば、突然の停電にもしっかり対応できる優れモノです。設置工事も不要で手軽に利用できる、Jackery Solar Generator 2000 Plusを据付型蓄電池の代わりに用意してみましょう。

Jackery Solar Generator 1000 Plus 

・1,264Whの大容量バッテリー

・出力2,000Wで家電はほぼ全部動作OK

・最大5,000Whまでバッテリー拡張に対応

・14.5kgの軽量設計 

Jackery Solar Generator 1000 Plusは1,264Whの大容量を誇るポータブル電源と、ソーラーパネル1枚のセットモデルです。定格出力は2,000Wと非常に大きく、スマホやノートパソコンの充電から、電子レンジや電気ケトルまでほぼ全ての家電を使えます。 

1,264Whというと若干物足りなく感じるかもしれませんが、拡張バッテリーを使えば5,000Whまで容量増強が可能。据付型蓄電池に負けず劣らずの大容量で、節電から停電対策、はたまたキャンプなどのアウトドアまで大活躍します。重量も14.5kgしかないので持ち出しもラクラクです。 

「なるべく安く蓄電池が欲しいけど、容量不足で後悔したくない…」という人は、後から拡張できる「Jackery Solar Generator 1000 Plus」を使ってみましょう。

まとめ


家庭用蓄電池を導入する際には設置工事が必要で、設置工事から使用開始までに1~2日、75万円〜150万円ほどの費用がかかります。 

蓄電池を導入するなら、設置工事が不要なポータブル電源とソーラーパネルのセット「Jackery Solar Generator」がおすすめです。据付型蓄電池に劣らない容量のモデルが20万円〜30万円台で手頃に導入でき、停電対策や電気代の節約ができます。さらに、持ち出し可能なため自宅だけでなくアウトドアでも活躍します。ぜひ「Jackery Solar Generator」を据付型蓄電池の代わりに備えておきましょう。

.errors, .form-error { color: #d02e2e; background-color: #fff6f6; padding: 6px 12px; margin-bottom: 20px; border: 1px solid transparent; text-align: left; border-color: #d02e2e; } .errors ul li {list-style: none;} .errors ul { list-style: disc outside;margin-left: 20px;margin-top: 0;margin-bottom: 0; } .form-vertical .grid--small {margin-left: -10px;padding: 0;} .grid:after {content: "";display: table;clear: both;} .form-vertical .grid--small .grid__item {padding-left: 10px;} .grid__item {width: 100%;} @media only screen and (min-width: 590px) { .form-vertical .medium-up--one-half { width: 50%; } } .form-vertical .grid__item {float: left;min-height: 1px;} #comments .label{font-size: 16px;} .form-vertical label[for] {cursor: pointer;} .form-vertical label {display: block;margin-bottom: 10px;} .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static):hover:not([disabled]) { background-position: 91% 35%; } .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static) { background: #ff5000 url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background: var(--primary-color) url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background-size: 29px; } .form-vertical .btn:not(:last-child) { margin-bottom: 30px; } .form-vertical .btn, .form-vertical input[type=checkbox], .form-vertical input[type=radio] { display: inline-block; } button, input[type=submit] { cursor: pointer; } .btn, .rte .btn, .shopify-payment-button .shopify-payment-button__button--unbranded, .spr-container .spr-button, .spr-container .spr-summary-actions a { display: inline-block; margin: 0; width: auto; min-width: 90px; line-height: 1.42; font-size: 16px; text-decoration: none; text-align: center; vertical-align: middle; white-space: normal; cursor: pointer; border: 1px solid transparent; -webkit-user-select: none; user-select: none; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; border-radius: 0; color: #ffffff; background: var(--primary-color); transition: padding-right 0.3s,background 0.3s,opacity 1s; } body .form-vertical .btn:not(.btn--no-animate):hover{ padding-right: 55px!important; background-position: 91% 35%; } input.error, textarea.error {background-color: #fff6f6;color: #d02e2e;border-color: #d02e2e!important;} #comments .comments__title{margin: 12px 0;} #comments input { max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; } .form-vertical input, .form-vertical select, .form-vertical textarea { display: block; margin-bottom: 30px; max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; border: 1px solid; border-color: #e8e8e1; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; } input.input-full, select.input-full, textarea.input-full { width: 100%; } #comments {margin-top: 20px; margin-bottom: 20px;} #comments .hr--clear{display: none;} .grid__item {float: left;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--one-quarter {width: 35%;} } .comment-author {margin-bottom: 0;font-size: 16px;line-height: 1.1;} .comment-date {font-size: 13px;display: block;margin-top: 3px;line-height: 1.1;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--three-quarters {width: 65%;} } #comments .pagination {padding-top: 40px;} #comments .pagination .pagination__list {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .pagination .pagination__list li {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;width: 40px;height:40px;} #comments .pagination .pagination__list li a{display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .article__comment {margin-bottom: 40px;line-height: 1.1;}

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

関連人気記事
サマーセール|Jackery Japan
送信