タフトで車中泊する魅力って何?必要な装備品と知っておきたい注意点

シェア
タフトで車中泊する魅力って何?必要な装備品と知っておきたい注意点

四角いレトロなデザインが魅力のダイハツ「タフト」は、高い走破性と広々とした車内空間でアウトドア適性の高い車です。アウトドアブームにともない車中泊にも注目が集まる中で、タフトは車中泊に向いている車なのか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回の記事では、タフトの車中泊適正についてくわしく解説しています。タフトで車中泊する際のおすすめポイントや、必要な装備品も一緒にまとめていますので、気になる方は最後までじっくり読んでくださいね。

目次

 タフトで車中泊したらどんなことができる?

 

レトロな佇まいに秘めた高い走破性、長時間走行も安心の安全性能を持ったタフトには、様々な魅力が詰まっています。そんなタフトで車中泊をしたらどんなことができるのか。 

これからタフトで車中泊をしてみようと考えている方に、車中泊にも向いているタフトの魅力をご紹介します。 

タフトはアウトドアにも利用できる街乗り軽自動車

ダイハツタフトはキャンプやドライブ、アウトドアにも向いている街乗り軽自動車です。車中泊をするなら重要なのは室内の広さですよね。タフトの室内がどれだけ広いのかを見てもらうために、室内空間の広さをご紹介します。

[タフトの室内寸法]

室内長

2,050mm

室内幅

1,305mm

室内高

1,270mm

参照元:タフト主要諸元表

室内長は2,050mmと、身長の高い男性でも余裕のある寝床をつくることができる長さを確保できます。室内幅も1,305mmあるので、大人が2人寝ても大丈夫なくらい広々とした空間がつくれます。普段は通勤や買い物に使い、週末のちょっとしたプチ旅行に夫婦やカップルで車中泊が楽しめる広さがある、それがタフトです。 

タフトで車中泊したら寝転んで星空を堪能できる

タフトがアウトドア向けの車である理由のひとつに、前席頭上に大きく広がるガラスルーフがあることが言えます。寝転んで天井を見上げれば、ガラスルーフから満天の星空を見ることができるのは、アウトドア好きにはたまらない装備と言えるでしょう。 

タフトはフルフラットになるから広々車中泊が可能

軽自動車で車中泊をするなら、“フルフラット”は必須の装備です。タフトももちろんフルフラットが可能な車です。前述したとおり、シートをすべて倒せば大人が2人寝られる広さがあるのは大きな魅力です。ただ、高さが1,270mmと低くなっているので、少し圧迫感を感じる方はいらっしゃるかと思います。それをふまえると、タフトのカッコ可愛いフォルムも含め女性の独り車中泊には最適な車と言えるでしょう。 

低燃費で長距離走ってもお財布に優しく車中泊旅に最適

タフトのカタログに記載されているデータでは、燃費は約21km/Lとかなりの低燃費。実燃費は少し落ちることを考慮しても、軽自動車では燃費の良い車として期待して良いでしょう。 

車中泊の魅力は、宿泊費を抑えられることで少ない予算で旅行を楽しめること。タフトの燃費性能を加えれば、一段とお財布に優しい旅を満喫できます。 

タフトをオプション装備が豊富で車中泊仕様にカスタマイズ

DIYで車中泊仕様にするのも良いですが、苦手な方もいらっしゃるかと思います。タフトは車中泊に役立つ純正オプションが豊富に用意されています。これらの純正オプションを活用すれば、DIYせずとも車中泊に適した車に仕上げることができるのは、これから車中泊に挑戦しようしている初心者の方には大きな魅力となるでしょう。おすすめは、

・純正ブラインドシェード

・純正ルーフインナーバー

・純正キャリア

です。車中泊の必須アイテムであるシェードや荷物の収納性をアップさせるルーフインナーバーがあれば、車が届けばその足で車中泊ができます。また、車中泊キャンプも視野に入れるなら、純正キャリアを装備してキャンプ道具はキャリアに積むのもおすすめです。 

タフトで初車中泊をするときに知っておきたい注意点

 

タフト

タフトで初車中泊に挑戦しようと考えている方に、車中泊をするときの注意点をご紹介します。初めての車中泊ならなおのこと、不安と期待が入り混じっているかと思います。トラブルに巻き込まれないためにも、注意点は事前に把握しておき、楽しい車中泊を送れるようにしたいものです。 

停泊するときはアイドリングストップ

車中泊をするときは、基本的にエンジンは切った状態で、車内で過ごすのが暗黙のルールです。エンジン音は、静まり返った停泊場所ではかなりうるさく感じることも。ほかの利用者が居ればなおのこと、音の発生源は極力立つことを心がけましょう。 

ゴミは指定の場所へ分別して捨てるか持ち帰る

車中泊をするときは、車内で食事をすることになると思います。車内で過ごしていると、少なからずゴミも出てきます。車中泊で出たゴミは持ち帰るか、所定のゴミ箱に分別をして捨てるのがマナーです。このマナーが守れないと、「車中泊をしている人はゴミをまき散らす人が多い」

というイメージが付いてしまい気軽に車中泊ができる場所が減ってしまうかもしれません。 

荷物は必要最低限にしないと居住スペースがなくなる

タフトは軽自動車なので、広いと言ってもやはり軽自動車の枠内での広さとなります。初めて車中泊をする方は、必要以上に荷物を乗せてしまい結局狭く窮屈な車中泊となってしまう恐れがあるので注意しましょう。 

タフトで車中泊をするには何を積み込めばよいのかわからない方は、本記事で車中泊に最低限必要な装備品も一緒にまとめていますので、参考にして揃えてみてくださいね。 

タフトで車中泊を検討する人によくある質問

 

車中泊を目的としてタフトの購入を検討している方向けに、よくある質問をまとめています。

ほかの車と比較している方もいらっしゃるかと思います。参考にしてみてください。 

タフトとハスラーどちらの方を選んだ方が良いですか?

普段乗りを重視するならハスラー。デザインや好みで考えるとタフトに軍配。タフトのパノラマルーフはかなり魅力的で外装のデザインも新鮮でおすすめ。ハスラーは乗っている人も多く新鮮味を感じられないが、収納スペースの使いやすさが抜群で実用性が高い。 

身長180cmでもタフトで車中泊できますか?

室内長が2,030mmあるので、高身長でもゆったり寝ることができます。しかし、室内高が1,270mmと低いため、起き上がるときに頭が天井に当たるかもしれません。高身長での車中泊はリスク有です。 

タフトで手軽に車中泊するときに必要な装備品

 

タフトで手軽に車中泊するときに必要な装備品

タフトで車中泊をするのに必要な装備品をご紹介します。フルフラットにすれば横になる広さを確保できるタフトですが、車中泊を楽しむためには、少しでも不便さを解消し、快適に車内で過ごせる環境は整えたいものです。ここで紹介している装備品は、車内の快適性を向上させるアイテムです。参考にして揃えてみてください。 

気になるシート段差を解消させる「車中泊マット」

タフトで車中泊をするために快適な寝床をつくるには、どうしても気になるのがシートの段差です。寝苦しさを和らげ、朝起きたときに身体の痛みを抑えられる寝床をつくるのに最適なのが“車中泊マット”です。気になる段差をフラットにしてくれるので、フルフラットにして寝床をつくるなら必要になるおすすめ装備品です。 

外気温に影響されやすい車内で快眠する「寝袋」

車のボディは鉄板でできており、家屋の壁と比べると熱を通しやすくできています。その中で何も準備していなければ、快眠するのは難しいでしょう。寝袋は、

・コンパクトにまとめられてかさばらない

・適度に自分の体温を保護してくれる

・用途に合った豊富な品揃えがある

などの特徴があり、季節に応じて寝袋を変えることで、快適な睡眠を得ることができます。ゆったりと眠れる「封筒型」や、気密性の高い「マミー型」など、豊富な種類の中から自分に合った寝袋を選びましょう。 

外からの視線を遮断「目隠しカーテン」

目隠しカーテンは、車内の様子を隠すために取り付けます。自分のプライバシーを守るために外からの視線を遮断する効果があり、車内の様子を他人に除かれないようにするため車中泊には欠かせない装備と言えるでしょう。そのほか、

・太陽光から車内を守る(遮光効果)

・外気温から車内を守る(断熱効果)

の役割もあります。目隠しカーテンは、手軽に100円ショップのアイテムで自作も可能です。あまりお金をかけたくない方は、自作に挑戦してみるのも良いですね。自作が苦手な方は、車種専用のシェードをセットで購入すると、加工することなく使用できます。 

電気の力で快適車中泊「ポータブル電源」

ポータブル電源は、自宅にある家庭用コンセント(AC100V)が使えるようになる電力供給源です。ポータブル電源を装備すれば、自宅で使用している家電製品が使用できるようになり、車中泊でできること、快適性を飛躍的に上げることができます。

・USBやシガーソケット、AC100Vを搭載して、様々な機器に電力を供給できる

・電気の力を使って車中飯を車内で調理できる

・暗くなったときの照明器具も使えるようになる

・車中泊の暑さ対策と寒さ対策も簡単に取れる

・車のバッテリー上がりも防止できる

などのメリットがあり、車中泊のおすすめアイテムの1つです。エンジンを切った状態だと、多くの車は車内で電気を使うことはできません。もし使用する場合は長時間使用するとバッテリーが上がってしまうため、注意が必要です。また、大きな電力は賄うことができないため、物足りないでしょう。 

車中泊気分満点!車内を照らす「ランタン」

日が暮れてくると、目隠しカーテンやシェードで窓を覆えば車内はかなり暗くなってしまいます。車内で自分だけの時間を有意義に過ごすためには、照明器具は欠かせない装備品となってきます。LEDランタンを持ち込めば、

・車内の雰囲気がかなり車中泊っぽくなる

・調光機能を使って好みの明るさを調節できる

・シーンによって光の色味を合わせることができる

など、あなたの車中泊をどう過ごすのかに合わせて変えられます。雰囲気づくりのためにもぜひ装備することをおすすめします。 

タフトで快適車中泊するならJackeryポータブル電源

 

タフトで快適な車中泊をしたいなら、ポータブル電源は欠かせません。なかでもJackery製品を選ぶことで、安心・安全にポータブル電源をご利用いただけます。世界で300万台以上の販売実績がある信頼と、一度購入すれば長期的に使用できる性能と保証で満足できます。

・電気用品安全法(PSE)の適合検査に合格している安心感

・長期保証で修理&無料回収サービスでアフターケアもバッチリ

・リン酸鉄リチウムイオン電池採用で長寿命

安心してご利用頂ける品質と、アウトドア向けに設計された使いやすさを兼ね備えたJackeryポータブル電源は、あなたの快適車中泊を満喫するサポートアイテムとなるでしょう。 

タフトにピッタリなJackery製品もご紹介していますので、参考にしてみてください。 

Jackery Solar Generator 1000 Plus

限られたスペースを有効利用しなければならない軽自動車であるタフトの車中泊では、積み込む荷物も限られてきます。ポータブル電源の大きさも、考慮しなければなりません。1000Plusなら大容量でもかさばらない大きさ(約356×260×283mm)と重さ(約14.5kg)でかさばりません。ほぼ全ての家電を使えるため、車内で車中飯も楽しめるおすすめポータブル電源です。 

Jackery Solar Generator 600 Plus

電気ケトルやIH調理器が使えるので、お湯を沸かしたり調理もできるため、車中泊の醍醐味を満喫できる中容量サイズのポータブル電源。女性でもラクラク扱える大きさ(約300×219×197mm)と重さ(約7.3kg)で女性の一人車中泊に最適です。ソーラーパネルも折り畳み式だからかさばらずに収納できて、車中泊キャンプにも使える装備としておすすめです。 

まとめ:タフトなら普段使いや車中泊など手軽に使い分けが可能

 

今回の記事では、タフトで車中泊は可能なのか、車内の広さをもとに検証するとともに、タフトが車中泊に向いている車であることをまとめました。

・タフトはアウトドアにも利用できる街乗り軽自動車

・タフトで車中泊したら寝転んで星空を堪能できる

・タフトはフルフラットになるから広々車中泊が可能

・低燃費で長距離走ってもお財布に優しく車中泊旅に最適

・タフトのオプション装備が豊富で車中泊仕様にカスタマイズ

など、タフトの持つ特徴と性能は車中泊に向いていることをくわしく解説しています。タフトは普段乗りの車としても使える便利な車です。普段は通勤や通学、買い物に利用し、必要な荷物を積み込めば、手軽に車中泊も楽しめる。そんな使い方がしたい方におすすめです。

関連人気記事
ソーラー発電応援セール
new-customer-close
送信