蓄電池を使っているのに電気代が上がった?原因と対策について解説!

蓄電池を使っているのに電気代が上がった

蓄電池を導入しても電気代が予想以上に上昇してしまった、そんな経験はありませんか?

蓄電池は適切に活用することで電力の効率的利用を可能にし、電気代の節約につながります。しかし、蓄電池の選び方や活用方法を見落とすと、逆に電気代が増えることもあります。

電気代が増える原因は様々ですが、その原因の一つとして太陽光発電や蓄電池の使い方がご自宅のライフスタイルに合っていない事が挙げられます。蓄電池による節約効果を最大限に引き出すためには、これらの要因を理解し、適切な対策を進めることが重要です。

当記事では、電気代の上昇を防ぎ、蓄電池を最大限活用して電気代を抑える方法について詳しく説明します。

ぜひ最後までご覧いただき、電力消費の効率化に役立ててください。

蓄電池とは充電可能な二次電池のこと

蓄電池とは、充電することで繰り返し使用することができる電池です。

一般的な乾電池は、一度使ったら捨てる一次電池ですが、蓄電池は充電することで、何度でも使用することができる二次電池と呼ばれています。

蓄電池は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を蓄え、夜間や天候が悪いときに使用することができます。また、停電時の非常用電源としても利用できます。

蓄電池は、再生可能エネルギーの普及や、電力需給の安定化など、さまざまな分野で注目されている技術です。

蓄電池を使うことで電気代が抑えられる理由

蓄電池は電気料金の仕組みを生かして、以下の理由で電気代を抑えることができます。

●日中に発電して貯められる

日中に発電することで蓄電池による電気代が抑えられる理由は、大きく分けて2つあります。

日中の発電量を有効活用できる

太陽光発電は、日中に発電量が多くなります。蓄電池があれば、これらの発電量を蓄え、夜間や天候が悪いときに使用することができます。

電気料金のピーク時を抑えられる

一般的な電気料金プランでは、電気使用量が多い時間帯(ピーク時)に電気料金が高く設定されています。

蓄電池があれば、ピーク時以外に蓄えた電気を使用することで、ピーク時の電気使用量を抑えることができます。

●曇りや雨でも貯めた電気を使える

蓄電池があれば、太陽光発電で発電した電気を蓄電し、曇りや雨の日でも使用することで、太陽光発電の利用率を向上させることができます。

また、蓄電池は、停電時の非常用電源としても利用できます。そのため、曇りや雨だけでなく、台風や地震などの自然災害が発生した場合でも、電気を使用することができます。

例えば、蓄電池を家庭に導入することで、停電時に照明や冷蔵庫などの電気を、蓄電池をオフィスなどの仕事場に導入することで、停電時に業務を継続することができます。

蓄電池の導入により、停電時の被害を軽減し、社会の安全・安心に貢献することができます。

蓄電池を使っても電気代が上がったと言われる理由

電気料金が下がるはずの蓄電池でも電気代が上がってしまう場合は次の3点が考えられます。

●生活スタイルと電力プランが合っていない

蓄電池の効果を最大限に受けるためには、利用者の生活スタイルと電力プランの相性がポイントです。

電気料金を節約するためには、電力料金が低い時間帯に電力を貯めて、料金が高い時間帯に貯めた電力を使うのが一般的です。

これが例えば、深夜料金が安いプランに加入していた場合に、日中にそれほど電力を使わない生活スタイルであれば、夜間に電力を溜めても電気代の節約につながらない可能性があります。

したがって、自分のライフスタイルに合わせて蓄電池の導入や利用を検討することが重要です。蓄電池自体は初期費用がかかるため、具体的なプランを考えずに安易に蓄電池を導入すると、予想外に電気代が増える恐れがあります。

●太陽光発電による発電量が少ない

太陽光発電による発電量が少ないと、電気代が上がる可能性があります。

まず、蓄電池の容量が小さすぎると、必要な電力を供給できずに電力会社からの電力を多く使用することになり、電気代が上がる可能性があります。

また、蓄電池は、電力会社からの電力供給が安い時間帯に充電し、高い時間帯に放電することで電気代を節約できます。しかし、この電気プランを変更しない場合は、逆に電気代が上がることもあります。

●容量の小さい蓄電池を使っている

蓄電池の容量が小さすぎると、必要な電力を供給できずに電力会社からの電力を多く使用することになるため、電気代が上がる可能性があります。

対策としては、蓄電池の容量を、家庭の電力消費量に見合った大きさにし、蓄電池の利用方法を、電気料金プランに合わせて考えることが大切です。

まずは家庭の電力使用量を確認してみましょう。必要であれば蓄電池の使用による追加費用を確認しましょう。

蓄電池の電気代が上がった場合の対処法

蓄電池を太陽光発電と組み合わせる

せっかく蓄電池を購入しても電気代が上がってしまうことがあります。ここでは、より効果的に電気代を下げられる方法をご紹介します。

●太陽光発電と組み合わせる

蓄電池は太陽光発電と組み合わせることで最大限の効果を発揮します。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、昼間に太陽光発電で発電した電力を蓄電池に貯めておき、夜間や日中の電力需要が高い時間帯に使用することができます。

これにより、電力会社から購入する電力量を減らすことができるため、電気代を節約することができます。

導入する場合には、太陽光発電と蓄電池を組み合わせる場合には、蓄電池の容量を太陽光発電の年間発電量を想定して選ぶことを忘れずにしましょう。

●モードを使い分ける

蓄電池には、

  • ・バックアップモード(停電時に、蓄電池の電力を供給するモード)

  • ・ピークカットモード(電力会社からの買電量を減らすために、蓄電池の電力を使用するように制御するモード)

  • ・節電モード(電気使用量を抑えるために、蓄電池の電力を使用するように制御するモード)

の3つのモードがあります。

夜間に節電モードで、蓄電池の電力を積極的に使用して電気代を節約したり、日中はピークカットモードで、電力会社からの買電量を抑えて電気代を節約してみたりしてはいかがでしょうか。

●プランを変更する

蓄電池導入には電力会社から様々なプランが提示されています。例えば

  • ・夜間の電気代が安い蓄電池向けのプラン

  • ・夜間の電気代が安い深夜電力プラン

  • ・時間帯によって電気代が異なる時間帯別プラン

などがあります。

蓄電池の電気代が上がった場合は、契約している電力会社のプランを見直してみましょう。蓄電池向けのプランや、夜間の電気代が安いプランに変更することで、電気代を節約することができるかもしれません。

蓄電池をポータブル電源で代用するのもおすすめ

ジャクリポータブル電源・蓄電池

蓄電池をポータブル電源で代用するのもおすすめです。家庭用蓄電池は、設置工事が必要で高価であるというデメリットがありますが、ポータブル電源は設置工事不要で比較的安価に購入できるメリットがあります。

そのため、停電時の備えとして、またはキャンプや車中泊などのアウトドアで活用したい場合などに、ポータブル電源で代用するのもおすすめである。

ただし、ポータブル電源は、家庭用蓄電池と比べて電池容量が少ないため、使用できる電気製品や使用時間には注意が必要です。

●ポータブル電源と蓄電池の違い

ポータブル電源と蓄電池は、どちらも電気を蓄えて使うことができる点では共通していますが、いくつかの違いがあります。

 

ポータブル電源

蓄電池

設置場所

どこでも

特定の場所

蓄電量

200Wh程度の持ち運びが容易なものから、2000Wh以上の大容量なものまでさまざま

多い

用途

キャンプ、車中泊、冷蔵庫などの大型家電、災害時の非常電源など幅広い用途に使用可能。

冷蔵庫等の大型家電の運転や、災害時の非常用電源として利用可能。

価格

安価

高め

充電方法

コンセントやソーラーパネルからの充電

コンセントや太陽光発電、発電機からの充電が可能

特定の場所でしか使用できず高価な蓄電池に対して、ポータブル電源はどこでも使用でき、相対的な価格は安価であるという特徴があります。

●ポータブル電源のメリット

ポータブル電源のメリットとしては、日常生活やアウトドアがより快適になることや災害時に非常用電源として活躍でき、災害時の生活を支えてくれることが挙げられます。

また、太陽光発電と蓄電池の組合せのようにソーラーパネルと組み合わせれば電気代の節約にも期待できます。

●ポータブル電源のデメリット

ポータブル電源は携帯可能なバッテリーで、主にアウトドアや緊急時の電源として活用されます。しかし、家庭用蓄電池と比べるとポータブル電源の蓄電能力は基本的に小さく、大型の家電製品を長時間に動かすのには充分ではない場合があります。

また、日常的な電力費の節約や売電利益を目指す用途には適していません。

電気代の節約なら設置工事不要な太陽光パネル蓄電池のJackery Solar Generatorシリーズもおすすめ

電気代の節約なら設置工事不要な太陽光パネル蓄電池のJackery Solar Generator

Jackery Solar Generatorとは、ポータブル電源とソーラーパネルがセットになった太陽光発電製品です。

設置工事や複雑なメンテナンスなどが不要で、ソーラーパネルを広げてケーブルでポータブル電源と接続するだけで、すぐに太陽光発電と蓄電ができます。

Jackeryのポータブル電源・ソーラーパネルはコンパクトで持ち運びができるので、防災、長期間の車中泊や連泊キャンプ、電気代の節約など様々なシーンで幅広く活躍できます。

●Jackery Solar Generatorとは

Jackery Solar Generatorとは、ポータブル蓄電池とソーラーパネルをセットにしたソーラー発電機です。

機種によって、バッテリー容量を最大12Kwhまで増設することが出来て、家庭用蓄電池として使えます。また、最大定格出力3000Wを持っているので、ほぼすべての家電を稼働することができます。

Jackery Solar Generatorは、ポータブル電源をお探しのキャンパーの方やアウトドア愛好者の方にはおすすめの製品です。

●Jackery Solar Generatorのメリット

Jackery Solar Generatorには、

  • ・持ち運びが簡単で、さまざまなシーンで利用できる

  • ・災害時の非常用電源としても活用できる

というメリットがあります。例えば、アウトドアでは、冷蔵庫や電気毛布、ランタンなどの電源として利用できます。災害時では、停電時にスマホやパソコンなどの充電に利用できます。

また、家庭用100Vコンセントやシガーソケットにも対応しているため、さまざまな家電を動かすことができます。そのため、災害時の非常用電源としても活用できます。

●家庭の電気代節約におすすめの製品

家庭の電気代節約には、Jackery Solar Generator 2000 PlusJackery Solar Generator 1000 Plusがおすすめです。

両製品には、以下のような優れた特徴があります。

大容量で高出力

Jackery Solar Generator 2000 Plusは2042Wh、Jackery Solar Generator 1000 Plusは1264Whのバッテリー容量を搭載しています。これにより、電子レンジや冷蔵庫などの高出力家電も含めた、さまざまな電化製品を長時間使用することができます。

長寿命で安全性が高く、拡張バッテリーによって容量を最大12kwhまで増加するも可能です。専用アプリでの操作が簡単で、静音性も良好な点も魅力の一つです。

太陽光発電で充電可能

どちらの製品も、ソーラーパネルを使って太陽光発電で充電することができます。これにより、家庭の電気代を節約したり、停電時でも電気を確保したりすることができます。

さまざまな出力ポートを搭載

AC出力、USB出力、シガーソケット出力など、さまざまな出力ポートを搭載しています。これにより、さまざまな電化製品を充電することができます。

まとめ

電気代が増える主な原因は、蓄電池の容量や出力など、適切に選択できていない場合が多いです。

容量と出力は蓄電池の基本的な性能を表し、これらが自宅のエネルギー需要に合っていなければ、余計な電力の購入や、供給不足といった問題が起こります。

また、選ぶ蓄電池のタイプは太陽光発電との組み合わせに影響を与え、長期的な運用コストに直結します。これらの要素を理解し、自分のニーズに最適な製品を選ぶことで、電力コストの削減を実現することができます。

蓄電池の効果的な利用には、例えば夜間に充電して昼間に使うといった工夫が求められます。また、災害時の非常用電源として活用するという視点も重要です。

そして、蓄電池と太陽光発電を併用することで、電力コストの削減を最大限に引き出すことが可能です。

今回ご紹介した高速充電可能なJackerySolar Generatorを蓄電池と併用いただき、エコで節約な生活を実現させましょう。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信