ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場10選!定番から穴場まで紹介

ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場10選!定番から穴場まで紹介

ゴールデンウィークは、自然のなかでのんびり過ごすのに最適な休暇です。外の気温も暖かくなり、キャンプを思う存分満喫できます。しかし、「ゴールデンウィークはどこのキャンプ場に行けばいいのだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場を10箇所ご紹介します。定番から穴場まで幅広く選びましたので、ぜひ参考にしてください。

ゴールデンウィークはキャンプを楽しもう

ゴールデンウィークを満喫するなら、キャンプがおすすめです。徐々に気温が暖かくなり、外で過ごしやすい条件が整い始めます。

そして、旅行よりも人が少ないため、静かに自然を満喫できるのです。実際にJTBがアンケートを取ったところ、約2,450万人が旅行に行くという結果になりました。

この結果から分かるように、ゴールデンウィークは旅行に行く方が多いです。そのため、キャンプ場が比較的空いています

また、比較的お金をかけずに遊べるので、予算が心配な方にもおすすめです。キャンプはサイトの利用料やテント代などを払うだけなので、出費が抑えられます。家族や友人、恋人とキャンプに行き、最高のゴールデンウィークの思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

ゴールデンウィークのキャンプ場の選び方!

ゴールデンウィークのキャンプ場は、選び方が大切です。押さえておきたいポイントを以下の見出しに沿って解説します。

①予約ができる場所を探す

②穴場スポットに行く

③標高の低いキャンプ場を選ぶ

それぞれの理由について詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

①予約ができる場所を探す

ゴールデンウィークにキャンプを楽しむためには、予約ができる場所を探す必要があります。旅行よりは人が少ないと言えど、ゴールデンウィークは混雑しがちです。

そこで、事前に予約ができるキャンプ場を選び、確実にチェックインできるようにしないといけません。万が一飛び込みでキャンプ場に行き、断られてしまった場合には、せっかくの休暇が台無しになります。ですので、キャンプ場への事前予約は必須です。

各キャンプ場の公式サイトを見て、予約ができる場所かどうかを確認してください。そしてスケジュールが分かり次第、素早く予約を取るようにしましょう。

②穴場スポットに行く

ゴールデンウィークのキャンプ場を選ぶときには、穴場スポットに注目すると良いです。人気スポットは混雑しやすいので、ゆっくりと過ごせないでしょう。

穴場スポットを選べば、人が少なく落ち着いてキャンプが楽しめます。特に山奥のキャンプ場は多くのキャンパーが敬遠しがちなので、比較的空いているのです。そのため、開放的な空間でリラックスしながら休暇を満喫できます。

しかし、穴場のキャンプ場へ行く際は、道中に注意が必要です。極端に道が狭かったり、急な坂道があったりするので、事前に調べてから行くようにしましょう。

③標高の低いキャンプ場を選ぶ

ゴールデンウィークは、標高の低いキャンプ場へ行くと良いです。太陽光が当たる面積が大きいので、比較的外気温が暖かくなります。

反対に標高が高いキャンプ場では、気温が低くなりやすいです。標高が高いほど太陽の当たる面積が少なく、太陽光の熱を逃しやすくなります。空気が暖まりにくいので、自然と気温が低くなってしまうのです。

暖かく快適にゴールデンウィークのキャンプを楽しむためにも、標高の低いキャンプ場を選んでみてください。

ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場10選!【穴場・定番】

ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場10選!【穴場・定番】

ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場を以下の地域に分けて紹介します。

関東
関西
東海
その他

これらで紹介するキャンプ場は、全て予約ができる場所です。定番から穴場スポットまで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【関東】ゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場

関東地域でゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場は、以下の3箇所です。

水海道あすなろの里|茨城県

平和島公園キャンプ場|東京都

オートキャンプ七里川|千葉県

それぞれのキャンプ場のメリット・デメリットも紹介するので必見です。関東に住まれている方は、目を通しておきましょう。

●水海道あすなろの里|茨城県

水海道あすなろの里は、茨城県にあるおすすめの穴場キャンプ場です。標高が低く気温が安定しているので、ゴールデンウィークに過ごしやすい環境が整っています。

また、小動物を飼育している「ふれあい動物園」も隣接しており、カップルや家族連れでも楽しめます。ウサギやモルモットなどの小動物と触れ合えば、癒されること間違いなしです。

ただし、地面がぬかるみやすい土なので、グランドシートは必須です。雨が降ると泥状になってしまい、テントに染みてしまうので、必ずグランドシートを持参するようにしてください。

住所

〒303-0045 茨城県常総市大塚戸町310

電話

0297-27-3481

定休日

月曜日

駐車場

あり(250台)

公式サイト

 水海道あすなろの里

●平和島公園キャンプ場|東京都

平和島公園キャンプ場は、都内で手軽にアウトドアを楽しめます。特にファミリーキャンプをしたい方におすすめです。

平和島公園にあるキャンプ場なので、遊べる設備がたくさんあります。遊戯広場やターザンロープなどがあり、小さいお子さんも満足できるでしょう。そして何よりも、都内にあるので気候が安定しています。街中にあって風も吹きにくいため、ゴールデンウィークでも比較的過ごしやすいです。

ただし、平和島公園キャンプ場の近くには、首都高が走っています。夜間でも車の走行音が聞こえるので、耳栓などの対策が必要ですね。

住所

〒143-0006 東京都大田区平和島4丁目2-2

電話

03-3766-1607

定休日

不定休

駐車場

あり(西側60台・東側20台)

公式サイト

大田区

●オートキャンプ七里川|千葉県

オートキャンプ七里川も、ゴールデンウィークにピッタリのキャンプ場です。千葉県の山中にあるので、穴場スポットとしても知られています。

透明度の高い七里川沿いにあり、穏やかな川のせせらぎがたまりません。暑い日には川に入って涼むこともでき、子供と一緒に遊べます。そして、ゴールデンウィークには、辺り一面が新緑に包まれます。川と山の美しさに癒されたい方は、オートキャンプ七里川に足を運んでみてください。

しかし、こちらのキャンプ場にはシャワーしかありません。徒歩約10分のところに「七里川温泉」があるので、1日の疲れを癒したい方は行ってみてはいかがでしょうか。

住所

〒292-0537 千葉県君津市黄和田畑969-1

電話

0439-39-3335

定休日

不定休

駐車場

あり(約35台)

公式サイト

君津市

【関西】ゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場

ゴールデンウィークに行きたい関西のキャンプ場は、以下の通りです。

ビワコマリンスポーツオートキャンプ場|滋賀県

白崎海洋公園オートキャンプ場|和歌山県

スノーピーク箕面キャンプフィールド|大阪府

それぞれのキャンプ場の魅力や特徴をまとめて紹介します。関西の方は、ぜひチェックしてみてください。

●ビワコマリンスポーツオートキャンプ場|滋賀県

ビワコマリンスポーツオートキャンプ場は、ゴールデンウィークに行きたいキャンプ場のひとつです。壮大な琵琶湖が目の前にあり、絶景を拝めます。

そして、天候が良い日には、カヌーやSUPなどのアクティビティも楽しめるのです。友達や家族、恋人と行っても満足できるキャンプ場になっていますね。また、テントやテーブルなどのレンタルも行っているので、キャンプ初心者の方にもピッタリです。ゴールデンウィークを機に、こちらの場所でキャンプデビューをしてみましょう。

しかし、湖畔沿いにあるキャンプ場なので、風が強い日があります。厚着や電気毛布などを持って行くと、安心して過ごせます。

住所

〒520-1223 滋賀県高島市安曇川町下小川 近江白浜水泳場内

電話

​​090-6057-4304

定休日

不定休

駐車場

あり(サイト内へ乗り入れ可)

公式サイト

ビワコマリンスポーツオートキャンプ場

●白崎海洋公園オートキャンプ場|和歌山県

和歌山県にある白崎海洋公園オートキャンプ場も、おすすめのキャンプ場です。白や赤の色に染まった「石灰岩」に囲まれており、非日常的な景観を再現しています。

そして、美しい青色に染まった太平洋も魅力的です。白い石灰岩と青い太平洋が見事なコントラストを演出しており、見たものを圧倒するでしょう。また、石灰岩で出来た岸壁が風を遮ってくれます。そのため、ゴールデンウィークの風が吹きやすいシーズンでも、比較的過ごしやすいです。

唯一のデメリットは、コンビニやスーパーが近くにない点です。キャンプ場から約15分もかかってしまうので、事前の食料調達や準備を忘れないようにしましょう。

住所

〒649-1123 和歌山県日高郡由良町 日高郡日高郡由良町大引

電話

0738-65-0125

定休日

不定休

駐車場

あり(87台)

公式サイト

SHIRASAKI OCEAN PARK

●スノーピーク箕面キャンプフィールド|大阪府

スノーピーク箕面キャンプフィールドは、大阪府箕面市に位置する人気のキャンプ場です。こちらも標高が低く、比較的気候が安定しているため、春でも快適に過ごせます。

そして「手ぶらCAMP」というプランも導入されています。1泊2日分のキャンプ道具を全て用意してくれるので、キャンプを体験してみたい方にもおすすめです。食材や飲み物などを持って行くだけで、思う存分アウトドアを満喫できます。

ただし、お風呂のある自然館がキャンプサイトから少々離れています。自然館から近いキャンプサイトを選ぶか、体力が残っている内に向かうようにしましょう。

住所

〒563-0252 大阪府箕面市下止々呂美727

電話

072-732-2588

定休日

水曜日

駐車場

あり(サイト内へ乗り入れ可)

公式サイト

Snow Peak

【東海】ゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場

東海地方でゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場を2箇所ご紹介します。

グリーンウッド関ヶ原|岐阜県

ぼっちの森キャンプ場|静岡県

どのキャンプ場も、自然がいっぱいで魅力的です。東海地方でキャンプをしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

●グリーンウッド関ヶ原|岐阜県

岐阜県に位置するグリーンウッド関ヶ原は、美しい緑に囲まれたキャンプ場です。特に暖かくなるゴールデンウィークは、木々や花々が色づき始めて絶景を拝めます。

また、グリーンウッド関ヶ原は、サイトが約47個あります。そのため、ゴールデンウィークでも予約が取りやすいです。そして、お子さんが遊べる滑り台などの遊具も創設されています。自転車レンタルやマス釣りもできるので、アウトドアを満喫できること間違いなしです。

ただし、こちらのキャンプ場も、スーパーから約20kmの距離にあります。事前に買い出しをしておくか、近くのバロー垂井店で食材を調達するようにしましょう。

住所

〒503-1543 岐阜県不破郡関ケ原町今須2048

電話

0584-41-0033

定休日

不定休

駐車場

あり(サイト内へ乗り入れ可)

公式サイト

GREENWOOD SEKIGAHARA

⑧ぼっちの森キャンプ場|静岡県

ぼっちの森キャンプ場は、静岡県に位置する自然に囲まれた穴場キャンプ場です。ゴールデンウィークでも空いており、鳥の囀りや木々の音だけが聞こえるので、贅沢な癒しを体感できます。また、キツネやアナグマなどの自然動物も生息しています。運が良ければ出会えるので、ぜひ探してみてください。

しかし、キャンプ場に入る手前の道路が未舗装になっています。車高の低い車や横幅の大きい車は注意が必要です。できるだけ、コンパクトなSUVや軽自動車で向かうと良いでしょう。

住所

〒415-0304 静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232−66

電話

090-7020-3470

定休日

不定休

駐車場

あり

公式サイト

ぼっちの森

【北海道・福岡県】ゴールデンウィークにおすすめのキャンプ場

その他の地域のキャンプ場を2箇所ご紹介します。

まあぶオートキャンプ場|北海道

ラピュタファーム|福岡県

羽を伸ばして遠くへ行かれる予定がある方は必見です。上記の自然豊かなキャンプ場で、ゴールデンウィークを満喫してみてはいかがでしょうか。

●まあぶオートキャンプ場|北海道

北海道にあるまあぶオートキャンプ場は、自然に囲まれたキャンプ場です。綺麗に手入れされた芝生や新緑の美しい木々があり、日々の疲れを癒してくれます。

そんなまあぶオートキャンプ場は、サイト数が豊富です。全3種類56区画のサイトがあるので、ゴールデンウィークでも予約が取りやすくなっています。さらに、全面にWi-Fi使用可能な設備を設けているのも魅力的です。スマホのデータ容量を気にすることなく使えるので、何ひとつ不便がありません。

ただし、朝晩は冷え込みやすいので、注意が必要です。カイロや電気毛布などの寒さ対策グッズを忘れないようにしましょう。

住所

北海道深川市音江町音江459-1

電話

0164-26-3000

定休日

不定休

駐車場

あり(30台)

公式サイト

https://agri-studio-maabu.com/camp/

●ラピュタファーム|福岡県

福岡県にあるラピュタファームは、ゴールデンウィークにおすすめの穴場キャンプ場です。果樹園内の見晴らしのいい場所で、アウトドアを満喫できます。

また、他サイトとの距離も離れており、プライベート感を崩しません。ゴールデンウィークを静かにのんびりと過ごしたい方にピッタリです。そして、ラピュタファームには、カフェレストランやBBQ施設もあります。地元の食材を使った料理やデザートも楽しめるので、グルメ好きの方にはたまらないでしょう。

ただし、近年注目を集めているキャンプ場なので予約が埋まりやすいです。予定がわかっている方は、すぐにお問合せをするようにしてください。

住所

〒827-0001 福岡県田川郡川崎町安眞木4408−11

電話

0947-47-4000

定休日

月・木曜日(祝日の場合は翌日に振替)

駐車場

あり(50台)

公式サイト

laputa

ゴールデンウイークのキャンプの注意点

ゴールデンウイークのキャンプの注意点

ゴールデンウィークのキャンプには、注意すべき点があります。押さえておきたいポイントは以下の通りです。

渋滞に気をつける

天候に気をつける

寒暖差に気をつける

これらの注意点を把握しておけば、安心してゴールデンウィークのキャンプを満喫できます。必ず目を通しておくようにしましょう。

①渋滞に気をつける

ゴールデンウィークにキャンプへ行く際には、渋滞に注意する必要があります。多くの人が車を運転して旅行に出かけるので、高速道路や一般道路が混雑しやすいです。

一度渋滞に巻き込まれてしまうと、移動時間が予定よりも長くなってしまい、到着時間が遅れる場合があります。予定通りにいかなくなってしまうので、気分も下がりやすいです。

このような問題を解決するためには、事前に道路情報を確認し、混雑が予想される時間帯やルートを避ける必要があります。徹底した渋滞対策をしてから、キャンプ場へ向かうようにしてください。

②天候に気をつける

ゴールデンウィークのキャンプでは、天候に気をつけることが大切です。春の季節は日本の上空のジェット気流が強くなっています。

そんなジェット気流と移動性高気圧・低気圧が日本を通過するので、気圧のバランスが崩れがちです。そのため、天候の変化が激しくなってしまいます。

天気が悪いと、テントが濡れたり、外で遊べなかったりします。そして気温が低いと、寒さに耐えられずに体調を崩す場合もあるでしょう。

ですので、事前に天気予報をチェックし、必要に応じてタープや防水シートを用意しておくと良いです。寒さ対策として、暖かい衣服や電気毛布も準備しておくと良いでしょう。

③寒暖差に気をつける

寒暖差も、ゴールデンウィークのキャンプで気をつける必要があります。特に春は暖かい南寄りの風と、冷たい北寄りの風が交互に吹く季節です。

そのため、昼間は暖かいかと思えば、夜になると急に寒くなるケースがあります。寒暖差が激しい場合には、体調を崩すリスクが高まるため、特に注意が必要です。

ですので、先ほども紹介した電気毛布などの寒さ対策グッズがあると良いです。電力が必要なので、ポータブル電源も持って行くことをおすすめします。

快適な睡眠を得るためにも、寒暖差に注意して、さまざまな寒さ対策グッズを持ち運ぶようにしてください。

快適なキャンプを過ごすにJackery(ジャクリ)ポータブル電源がおすすめ

快適なキャンプを過ごすにJackery(ジャクリ)ポータブル電源がおすすめ

ゴールデンウィークのキャンプには、ポータブル電源がおすすめです。その理由を以下の見出しに沿って解説します。

ポータブル電源とは?

ゴールデンウィークキャンプにポータブル電源を持っていく必要性・使い道

キャンプにおすすめのポータブル電源?

おすすめのポータブル電源も紹介するので必見です。ぜひ最後まで確認して、ポータブル電源を準備してみましょう。

①ポータブル電源とは?

ポータブル電源とは、本体に電力を蓄えておけるバッテリーで、その電力を家電などに供給でき、稼働できます。

さらに、コンパクトなサイズになっており、持ち運びもしやすいです。特にキャンプとの相性が良く、1台あるだけで生活の快適度が大きく増します。

ゴールデンウィークのキャンプでは、照明器具や扇風機、電気毛布を使用する際に役立つでしょう。もちろん、スマホの充電もできるので、持っておいて損はありませんね。

ポータブル電源と快適なキャンプを

②ゴールデンウィークキャンプにポータブル電源を持って行く必要性・使い道

ゴールデンウィークのキャンプに、ポータブル電源を持って行く必要性や使い道を紹介します。本当の価値を確認するためにも、チェックしておきましょう。

防寒対策

寒暖差が激しいゴールデンウィークのキャンプでは、防寒対策が必要です。ポータブル電源を使えば、電気毛布やヒーターなどの暖房機器を使用できます。

特に朝晩は冷え込む場合があるので、防寒対策は必須です。体調を崩してしまう可能性があるので、ポータブル電源と防寒グッズを持って行くようにしましょう。

調理

ポータブル電源は、キャンプの調理シーンでも活躍します。IHなどの電子調理器具が使えるので、比較的安全に調理ができるのです。

また、ゴールデンウィークのキャンプは、みんなでたこ焼きパーティーをしてみるのもおすすめです。電力を必要とするたこ焼き器などのアイテムも動かせるので、問題なく楽しめます。

夜間照明

ポータブル電源を持って行くことで、夜間に照明の確保ができます。ゴールデンウィークの時期はまだ日の沈みが早く、すぐに暗くなりやすいです。

そんな時にポータブル電源を使えば、LEDライトや照明などを使用できます。夜の時間帯の調理作業などもしやすくなるので、キャンプが快適になるでしょう。

モバイルや車載冷蔵庫などにも利用可能

ゴールデンウィークは日中に気温が上がる場合が多く、食品が腐りやすいです。ポータブル電源は車載冷蔵庫にも使えるので、なかに入れておけば食材の鮮度をカバーできます。

また、スマホやタブレット、ノートパソコンなどの充電もできるのです。屋外での充電切れの心配もないので、安心して楽しめますね。

③キャンプにおすすめのポータブル電源?

ゴールデンウィークのキャンプには、Jackery(ジャクリ)ポータブル電源がおすすめです。その理由について詳しく解説していくので、ぜひご覧ください。

安全性・品質に優れている

Jackeryのポータブル電源がおすすめな理由は、安全性と品質に優れている点です。過充電、過放電などを保護する(BMS)や(NCM制御機能)が搭載されており、安心して使用できます。

また、電気用品安全法に合格した称号である「PSEマーク」も取得。「災害時に有効に活用できて安全と認められる防災用品」として認められた製品の証である(防災製品等推奨認証)も取得しているので、心配な点がありません。

コンパクトサイズ・軽量ボディで持ち運び楽々

Jackeryの製品は、コンパクトで軽量なボディが魅力です。デザインを洗練することで、コンパクトなシルエットを実現しています。

さらに、パーツも洗練されているので、重量が軽いです。ゴールデンウィークはサイトを探し回ることが多いので、軽くて持ち運びやすいJackeryのポータブル電源が重宝するでしょう。

大容量で充電が長持ちする

充電が長持ちするのも、Jackery(ジャクリ)のポータブル電源の魅力です。大容量のバッテリーが搭載されており、多くの電力を蓄えておけます。

ポータブル電源1000では、電気毛布(55W)を約13時間使用することも可能です。ゴールデンウィークのキャンプでは、便利な家電を使う機会が多いので、間違いなく活躍します。

3つの充電方法

多くの充電方法が採用されているのも魅力的なポイントです。家庭にあるACコンセントや車のシガーソケットから充電できます。

また、ソーラーパネルからの充電も可能であり、キャンプ場などの屋外での使用に便利です。Proシリーズを選べば、ソーラーパネルを使って急速充電もできるので、購入を検討してみてください。

キャンプにおすすめのポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

ゴールデンウィークはキャンプで思い出を作ろう

さまざまな遊びを満喫できるゴールデンウィーク。人混みを避けられるキャンプをすれば、日々の疲れを癒すことができます。

そんなゴールデンウィークのキャンプには、Jackeryのポータブル電源がおすすめです。大容量なので電気毛布などを使用でき、コンパクトで持ち運びやすくもなっています。

今回紹介したキャンプ場へポータブル電源を持って行き、ゴールデンウィークに最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。


送信