暑い夏におすすめのキャンプ飯8選!簡単で美味しい料理を紹介

暑い夏におすすめのキャンプ飯8選!簡単で美味しい料理を紹介

キャンプのハイシーズンにあたる夏。日差しが強くて暑いので、食欲が落ちてしまいがちです。しかし、せっかくキャンプに来たのであれば、美味しいご飯を味わいたいですよね。そこで今回の記事では、暑い夏におすすめの簡単キャンプ飯を8つ紹介します。「夏におすすめのキャンプ飯が知りたい!」と思っている方は必見です。夏のキャンプ料理にピッタリなグッズも紹介するので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

暑い夏にピッタリのキャンプ飯の選び方5選

暑い夏にピッタリなキャンプ飯の選び方はこちらです。

冷たい料理をセレクトする

バテにくい食材を使う

火を使わない料理を作る

思い切って辛い料理を選ぶ

焼くだけで作れる簡単料理もおすすめ

上記5つのポイントについて詳しく紹介します。キャンプ飯選びで困っている方は、確認しておくようにしましょう。

①冷たい料理を選ぶ

暑い夏のキャンプ飯には、冷たい料理を選びましょう。冷たい食べ物を摂取することで、体の内側から涼を感じられます。

特に暑い夏の季節は、食欲が落ちてしまいやすいです。そんな時でも、冷たい料理であれば、涼を取るために積極的に食べられます。

また、冷たいキャンプ飯の調理は比較的簡単です。冷やしうどんやサラダなど、簡単に作れるので暑い夏でも調理しやすいでしょう。

②バテにくい食材を使う

暑い夏のキャンプには、バテにくい食材を使うと良いです。夏は湿度が高く、汗の蒸発が妨げられ、体温調節などの自律神経の乱れが起こります。それにより、食欲不振や消化機能の低下「夏バテ」に繋がるのです。

キャンプの夏バテを解決するためには、タンパク質を豊富に含む肉や魚、ビタミンCを多く含む野菜を取ると良いです。

そして、ビタミンB1も忘れずに摂取するようにしてください。体内に摂取された栄養をエネルギーに変換してくれる働きをします。

これらのバテにくい食材や栄養を参考に、夏のキャンプ飯に取り入れてみましょう。

③火を使わない料理を作る

火を使わない料理を作るのも、有効的な手段です。直接的な暑さを防げるので、快適に調理が行えます。

また、火を使わない料理は比較的調理が簡単です。暑い夏に過剰に動く必要がないので、汗をかかずに調理ができるでしょう。

サンドイッチ

サラダ

ポキ

上記のような料理であれば、火を使わずに調理ができます。暑さを感じずに手軽に調理したい方は、実際に作ってみてください。

④思い切って辛い料理を選ぶ

思い切って辛い料理を選ぶのもおすすめです。唐辛子に含まれている「カプサイシン」には、発汗作用があります。

体内から汗が放出して、蒸発する際に皮膚の熱を奪ってくれるのです。そのため、涼しさを感じられます。

また、カプサイシンは新陳代謝を高めてくれて、疲労回復にも繋がります。夏の気候で疲労した身体を癒すためにも、辛い料理を選ぶと良いでしょう。

⑤焼くだけで作れる簡単料理もおすすめ

暑い夏には、焼くだけで作れる簡単料理がおすすめです。調理の作業工程が多いと、身体が疲労したり熱さを感じたりする可能性があります。ですので、作業工程が「焼く」のみであるキャンプ飯を選択してみてください。

ホイル焼き

ステーキ

バーベキュー料理

上記のような料理は、焼くだけで簡単に調理できます。体力の消耗を減らすためにも、焼くだけのキャンプ飯を作ってみましょう。

暑い夏におすすめの簡単キャンプ飯8選【お肉料理・麺料理・野菜料理】

暑い夏におすすめの簡単キャンプ飯を、お肉料理、麺料理、野菜料理の3つに分けて紹介します。具体的なレシピや作り方を交えて紹介するので、夏のキャンプで作ってみましょう。

お肉料理

暑い夏におすすめのお肉料理は以下の3つです。

豪快シュラスコ

チキンレモンハニーマスタード

ナスたっぷりカレー

上記の料理はボリュームがあるだけでなく、手軽に作れます。家族や恋人とお肉を堪能したい方は、ぜひ作ってみてください。

●豪快シュラスコ

豪快シュラスコは、キャンプで人気のブラジル料理です。串刺しにした牛肉を焼き上げ、スライスして切り取りながら食べ進めていきます。

その豪快な料理にキャンプの楽しさが倍増すること間違いなしです。ボリューム感のあるシュラスコを食べて、夏キャンプで失ったスタミナを回復させましょう。

【材料(2〜4人)】

・牛ブロック肉(約1000g)・塩(適量)・黒こしょう(適量)

【作り方】

1.牛ブロック肉を豪快に串に刺す。(串にオリーブオイルを塗っておくと最後まで綺麗に食べられる。)

2.塩と黒こしょうを牛ブロック肉の全体に満遍なくふる。

3.炭火を用意する。

4.網の上に牛ブロック肉を置き、様子を見てグルグルと回しながら焼く。

5.表面が焼けたら、包丁で削り取って食べます。

6.包丁で削り取った後は、もう一度塩と黒こしょうをふって焼き直しましょう。

●チキンレモンハニーマスタード

夏キャンプの定番お肉料理のひとつに「チキンレモンハニーマスタード」があります。マスタードの酸味とハチミツの甘みが相まって、サッパリと美味しいお肉料理です。

また、鶏肉には「ビタミンB6」というタンパク質の代謝を良くしてくれる栄養も含まれています。夏バテ対策にも効果的なチキンレモンハニーマスタードをお召し上がりください。

【材料(3〜4人)】

・鶏もも肉(900g)

【タレ】

・はちみつ(大さじ2)・マスタード(大さじ2)・酢(大さじ1)・醤油(大さじ1)

【作り方】

1. 鶏もも肉を食べやすい大きさにカットする。

2.タレの材料を全て混ぜ合わせておく。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、温まったら鶏もも肉を入れて中火で焼く。

4.9割程度火が通ったらタレの材料を投入して、強火で約3分煮る。

5.タレにとろみがついたら完成。(煮すぎると焦げ付くので注意!)

●ナスたっぷりカレー

カレーはキャンプ料理に外せない一品です。特にナスが入ったカレーは、汗で逃げやすいカリウムや赤血球などを合成させる働きがあり、夏バテを防いでくれます。

また、お肉が入っているので食べ応えも抜群です。お好みの辛さにして、栄養が詰まったナスたっぷりカレーを作ってみましょう。

【材料(2〜4人)】

・牛豚合い挽き肉(200g)・ナス(2個)・玉ねぎ(1個)・トマト缶(100g)・人参(1/2個)・水(400ml)

【調味料】

・カレールー(100g)・生姜チューブ(適量)・にんにくチューブ(適量)

【作り方】

1.牛豚合い挽き肉とナス、人参を食べやすい大きさに切る。

2.玉ねぎはみじん切りにする。

3.鍋にサラダ油を入れ、中火で牛豚合い挽き肉を焼く。

4..牛豚合い挽き肉に火が通ったら、トマト缶と1と2を加えて中火で煮る。

5.約10分程経過したら火を止め、調味料を加える。

6.カレールーが完全に溶けたら、弱火で約8分煮込んで完成。

麺料理

暑い夏におすすめの麺料理は以下の3つです。

トマトとツナの冷製パスタ

・定番冷やし中華

辛ラーメンプデチゲ

上記の料理は夏でも比較的食べやすい麺料理です。夏に食欲の出ない方は、サッパリとした麺料理を食べてみましょう。

●トマトとツナの冷製パスタ

夏におすすめの麺料理は、トマトとツナの冷製パスタです。トマトには汗で排出されやすいカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれており、夏バテを防止してくれます。

また、冷たいパスタなので、サッパリとしていて食べやすいです。トマトの爽やかな酸味とツナの旨味がマッチして、暑い夏に食が進みますよ。

【材料(2〜4人分)】

・ツナ缶(2缶)・プチトマト(4個)・パスタ(300g)

【調味料】

・しょうゆ(大さじ2)・ごま油(大さじ2)・レモン汁(大さじ1)・にんにくチューブ(適量)

【作り方】

1.鍋にお湯を入れて沸かし、表記時間通りにパスタを茹でる。

2.プチトマトを2cm幅にカットし、ツナ缶はオイルを切っておく。

3.ボウルに調味料を入れてよく混ぜ合わせる。

4.パスタが茹で上がったら、3のボウルに入れて混ぜる。(ボウルに入れる前に冷水にさらすと冷たいパスタが味わえる!)

5.お皿に盛り付けて、2の材料を乗せたら完成。

●定番冷やし中華

定番の冷やし中華は、暑い夏におすすめの麺料理です。味付けがサッパリしており、夏のような食欲が落ちやすい時期でも食べやすくなっています。

また、野菜がたっぷりと入っており、栄養バランスも抜群です。水分や塩分も摂れるので、夏の炎天下でのキャンプ飯にピッタリでしょう。

【材料(2〜4人)】

・中華麺(3玉)・キュウリ(2本)・トマト(1個)・ハム(5枚)・卵(1個)・紅生姜(適量)

【調味料】

・しょうゆ(大さじ3)・水(大さじ4)・ごま油(大さじ2)・砂糖(大さじ1)

【作り方】

1.お皿に卵を入れて溶く。フライパンにサラダ油をひいて、卵を薄く伸ばして焼く。表面が焼けたら皿に取り出しておく。

2.1の卵を丸めて千切りに、ハムときゅうりも千切りにする。トマトはくし切りにしておく。

3.中華麺を袋の表記時間通りに茹でる。

4.調味料を器に入れて混ぜ合わせる。

5.中華麺を取り出してお湯を切り、お皿に盛り付ける。最後に2を盛り付けて4をかけたら完成。

●辛ラーメンプデチゲ

辛ラーメンプデチゲは、辛ラーメンと鍋料理を融合させた一品です。キャンプ場でも手軽に作れるため、人気があるメニューになっています。

辛ラーメンの辛味が発汗を促し、徐々に身体が冷えます。辛い料理を食べながらも、涼しさを得たい方におすすめです。

【材料(2〜4人)】

・辛ラーメン(2袋)・お湯(約1L)・豚バラ肉(250g)・もやし(1/2袋)・ニラ(1/2束)・キムチ(250g)・コチュジャン(大さじ3)・にんにくチューブ(適量)

【作り方】

1.豚バラ肉を食べやすい大きさにカット。ニラは3cm幅で切る。

2.鍋にサラダ油をひき、にんにくチューブと豚バラ肉を入れて中火で炒める。

3.豚バラ肉に火が通ったらコチュジャンを加え、サッと炒める。

4.ボウルに辛ラーメンの素と水を入れてよく混ぜる。

5.鍋に辛ラーメンとかやく、ニラ、もやし、キムチを入れる。そして、4のスープを入れて、中火で煮込む。

6.煮立ってから約7分待って完成。

野菜料理

暑い夏におすすめの野菜料理を紹介します。夏は食欲が少なく栄養が偏ってしまいがちなので、積極的に野菜を摂取するようにしましょう。

・さっぱりカプレーゼ

野菜たっぷりアヒージョ

上記2品は簡単且つ栄養たっぷりの野菜料理です。彩として食卓に並べるためにも、作ってみてください。

●さっぱりカプレーゼ

さっぱりとした味わいのカプレーゼは、暑い日に食べたくなるキャンプ飯です。爽やかでありつつも、モッツァレラチーズのコクと旨味が美味しさを引き立ててくれます。

また、モッツァレラチーズは、たんぱく質やカルシウムを豊富に含んでおり、疲れた身体を癒してくれます。サラダで夏バテを防ぎたい方は、カプレーゼを作ってみましょう。

【材料(2〜4人)】

・トマト(2個)・モッツァレラチーズ(1個)

【ソース】

・乾燥バジル(適量)・オリーブオイル(大さじ2)・レモン汁(小さじ2)・塩こしょう(適量)

【作り方】

1.トマトとモッツァレラチーズを半分に切り、2cm幅になるようにスライスカットする。

2.トマトとモッツァレラチーズを交互に並べる。

3.ソースの材料を皿に入れ、よく混ぜ合わせる。

4.2に3のドレッシングをかけたら完成。

●野菜たっぷりアヒージョ

アヒージョは、食欲をそそる魅力的なキャンプ飯です。野菜をたっぷりと使ったアヒージョは、栄養が豊富に含まれており、夏バテ防止に効果があります。

また、こちらのアヒージョは作り方が簡単です。具材を切ってオリーブオイルに入れ、煮込むだけで完成します。手軽に栄養も摂れる料理を作りたい方は、参考にしてみてください。

【材料(2〜4人)】

・ナス(1本)・ミニトマト(6個)・鶏もも肉(300g)・ししとうがらし(5本)・オリーブオイル(200ml)・唐辛子(1本)・塩 (適量)・にんにく(3かけ)

【作り方】

1.ズッキーニは薄切りに、にんにくは皮を向いてスライス切りにする。ししとうがらしとミニトマトはヘタを取っておく。

2.鶏もも肉を食べやすい大きさにカットする。

3.フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを煮る。

4.にんにくの香りが立ったら、唐辛子と1と2の材料を加えて中火で約8分煮る。

5.最後に塩を入れて味を整えたら完成。(鶏もも肉に火が通っているか確認する!)

夏のキャンプ料理におすすめのグッズ5選!

夏のキャンプ料理におすすめのグッズやアイテムはこちらです。

虫除けスプレー

サーキュレーター

車載冷蔵庫

IH調理器具

ポータブル電源

それぞれのグッズの特徴や魅力を紹介します。夏キャンプの料理を安全で快適にしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

①虫除けスプレー

夏のキャンプ料理には、虫除けスプレーがあると良いです。ディートやイカリジンなど、虫が嫌う成分が含まれており、近寄りにくくなります。

キャンプは自然のなかで行うものなので、虫を避けては通れません。虫除けスプレーを使えば、虫刺されなどのトラブルが減らせるので、持ち運ぶようにしましょう。

②サーキュレーター

サーキュレーターも、キャンプで調理をする際に活躍します。直線的な風が身体に当たることにより、体感温度を下げられるのです。

特に料理中は火を扱うことが多いので、自然と暑くなってしまいます。少しでも熱を分散させるためにも、キャンプの料理中にサーキュレーターを使ってみてください。

③車載冷蔵庫

夏キャンプの食材を持ち運ぶ際には、車載冷蔵庫を使うと良いです。電力を使用して食材を冷やせるので、食中毒のリスクを低減できます。

特に夏は気温が30℃を超えることも多く、食材の鮮度が落ちやすいです。クーラーボックスだと氷が溶けてしまう場合もあるので、車載冷蔵庫を活用してみましょう。

④IH調理器具

暑い夏にキャンプ飯を作る際には、IH調理器具がおすすめです。電力を使用して磁力線に働きをかけ、熱を発生させるので火を扱いません。

そのため、夏のキャンプでも暑さを感じることなく調理ができます。火を扱わないので火災のリスクも低く、安心して使えるでしょう。

⑤ポータブル電源

夏のキャンプ料理には、ポータブル電源があると便利です。本体に電気を貯蔵しておくことで、AC電源がない場所で家電へAC電力を供給できます。先ほども紹介した「サーキュレーター」「車載冷蔵庫」「IH調理器具」の使用も可能です。大容量のポータブル電源を選べば、より長く家電を使えます。

また、サイズがコンパクトなので、卓上に置いても邪魔になりません。キャンプで調理をしている時も、ストレスなく使えます。

そして、ソーラーパネルで充電することもできるので、ポータブル電源の電源が切れた場合、AC電源がなくてもポータブル電源に充電ができるので、バッテリー切れを恐れずに調理ができるでしょう。キャンプ飯を快適に作るためにも、ポータブル電源の導入を考えてみてください。

夏のキャンプ料理にはJackeryのポータブル電源を使おう

夏のキャンプ料理にはJackeryのポータブル電源を使おう

夏のキャンプ料理には、Jackeryのポータブル電源がおすすめです。Jackeryのポータブル電源は大容量で、本体に蓄えられる電力が多いので、サーキュレーターや車載冷蔵庫などを長く使用できます。

また、安全性が高く信頼性があるのも魅力的なポイントです。一般社団法人防災安全協会に認められた製品に与えられる「防災製品等推奨品認証」を取得しております。

サイズ感がコンパクトなので、調理時も邪魔になりにくいです。夏のキャンプ飯におすすめなポータブル電源は、以下の2機種です。ストレスなく便利な家電を使いたい方は、試してみてください。

●Jackery ポータブル電源 1000pro

Jackeryポータブル電源1000Proは、高速充電(最速1.8時間でフル充電完了)できるキャンプや車中泊におすすめな大容量ポータブル電源です。サイズが340×262×255mmになっており、非常にコンパクトになっています。

そして、市販の同クラスのポータブル電源に比べて軽量化を実現。約11.5kgと軽いので、どこでも手軽に持ち運べます。

また、専用ソーラーパネル6枚を使用すると、約1.8時間でフル充電が可能。屋外にいても充電できるので、キャンプの料理中に充電が切れる心配もないでしょう。

手軽さと使いやすさを求める方は、ポータブル電源1000Proを購入してみてはいかがでしょうか。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1500pro

Jackeryポータブル電源1500Proは、大容量且つ高出力なポータブル電源で、連泊や多人数のキャンプ、防災などで活躍できます。1512Whの容量を確保しており、車載冷蔵庫(60W)が約90時間使用できます。

また、特許取得済みのマルチダクト設計によって、従来モデルより冷却効率が30%向上。そして、米国UL規格で最高の94V-0の耐火素材を採用しています。より安全性が高くなっているので、炎天下の夏場の使用も心配ありません。

安全且つ快適にキャンプ飯を作りたい方は、ポータブル電源1500Proをお買い求めください。

製品名 Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

暑い夏はお手軽なキャンプ飯を作ろう

暑い夏には、お手軽に作れて涼しさを感じられるキャンプ飯がおすすめです。暑さを凌ぐことができ、食事を楽しくいただけます。

キャンプ飯を作る際には、Jackeryポータブル電源があると便利です。「サーキュレーター」や「IH調理器具」などが使用でき、快適に調理が行えます。

今回紹介した内容を参考に、Jackeryのポータブル電源を持ち運び、快適にキャンプ飯を作ってみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信