子供が喜ぶキャンプ飯10選!ファミリーキャンプにおすすめのレシピを紹介

子供が喜ぶキャンプ飯10選!ファミリーキャンプにおすすめのレシピ

ファミリーキャンプの楽しみといえば、開放的な空間で食べるご飯です。美しい風景が美味しさを引き立たせてくれて、味わいが倍増します。しかし、子供がいると食事選びが変わってきます。「子供が喜んでくれる料理はなんだろう?」とお困りの方もいるでしょう。そこでこの記事では、子供が喜ぶ美味しいキャンプ飯を紹介します。具体的なレシピや作り方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

子供が喜ぶキャンプ飯を作ろう

ファミリーキャンプを楽しむなら、子供が喜ぶキャンプ飯に力を入れましょう。アウトドアでは活発的に動くので、ボリュームのある食事を取り入れないといけません。

しっかりとした食事を摂取することで、体内の栄養バランスが整えられて健康的になります。美味しさだけに拘らず、栄養も意識することが大切です。

また、子供が喜ぶキャンプ飯を作れば、お子さんのテンションが上がります。食事中の会話も弾み、子供にとって楽しい思い出になるでしょう。

栄養面を整えるだけでなく、ファミリーの絆を深めるためにも、キャンプ飯に力を入れてみてください。

子供が喜ぶキャンプ飯のポイント!

 

子供が喜ぶキャンプ飯を作りたい方は、以下のポイントを意識すると良いです。

ボリューミーな料理を作る

見栄えを意識して作る

一緒にキャンプ飯を作る

お肉を使った料理を作る

食べやすさを意識して作る

上記のポイントの理由を詳しく解説します。子供を喜ばせるために、事前に確認するようにしましょう。

①ボリューミーな料理を作る

子供を喜ばせたいのであれば、ボリューム感のある料理を作ると良いです。子供は体をよく動かすので、食欲が旺盛になっています。特にキャンプは屋外で楽しむので、子供がはしゃぎやすいです。体内のエネルギーを消費し、お腹が空きやすくなります。

お肉料理

ご飯料理

ピザや麺類

上記のような炭水化物の含まれている料理が理想的です。もし、3時くらいの時間にお腹が空いたのであれば、デザートを食べるのも良いでしょう。

できるだけボリュームを意識し、子供のお腹を満たせる料理を作ってみてください。

②見栄えを意識して作る

見栄えを意識して作るのも、おすすめのポイントです。料理の見た目が美しいと、子供たちが興味を持ち、食欲もそそられます。

また、アニメのキャラクターの形状やデザインを真似て作ってみるのも良いです。普段苦手な料理でも、大好きなアニメのキャラクターだと食べたくなります。子供たちの心を掴むためにも、キャンプ飯は見栄えを意識しましょう。

③一緒にキャンプ飯を作る

キャンプ飯を作る際には、一緒に調理をすると良いです。食事を一緒に作ることで、大切なコミュニケーションの場が設けられます。

また、厚生労働省では「食事づくりや準備に関わる子どもになるには、子どもの周りに食事づくりに関わる魅力的な活動を増やし、ときにはファミリーや仲間のために作ったり準備したりすることで満足感や達成感を得る経験も必要です。と記載されています。

一緒にキャンプ飯を作ることで、子供の心身の成長に繋がりやすいです。食材の調達や調理の体験をすることで、食べ物に対する関心や理解度も深まるでしょう。

ファミリーとの絆を深め、強力性のある子供に育てるためにも、一緒に料理を作ってみてください。

④お肉を使った料理を作る

お肉を使った料理を作れば、子供が喜びやすいです。旨味とボリューム感があるので、積極的に食べたくなります。そんなお肉には、以下のような栄養素が含まれています。

栄養素

効能

タンパク質

筋肉や骨、内臓などの細胞を構成する。

赤血球の生成や酸素運搬に必要な栄養素。貧血の改善に効果がある。

亜鉛

免疫力の向上や成長促進、傷の治癒などに必要。

ビタミンB群

エネルギー代謝や神経の正常な機能維持に必要。

ビタミンD

カルシウムの吸収を促進する栄養素。骨粗鬆症の予防に効果がある。

グルタミン酸

免疫力の向上や筋肉の修復、ストレス緩和などに効果がある。

タンパク質、鉄分、ビタミンB群など、成長に必要な栄養素が含まれているのです。子供を喜ばせるためだけでなく、健康的に育てるためにも、お肉を使った料理を作ってみてください。

⑤食べやすさを意識して作る

キャンプ飯を調理する際には、食べやすさを意識すると良いです。食材が大きすぎたり、固すぎたりすると、違和感を感じて子供が料理を嫌いになる場合があります。

反対に、食べやすいキャンプ飯であれば、好きになってくれる可能性が高いです。普段の家庭料理でもリクエストされるでしょう。

食べやすいキャンプ飯を作る際には、以下のポイントを意識してみてください。

食材を細かく切る

食材を柔らかくする

調味料を加える

食材を細かく切ることで、食べやすいだけでなく、体に栄養が吸収しやすくなります。そして、お肉は火を通しすぎないように、野菜はしっかりと煮込むようにして、柔らかく調理するようにしましょう。

最後は調味料で味を整え、子供が食べやすい料理に仕上げると良いです。

簡単で子供が喜ぶキャンプ飯10選!

子供が喜ぶキャンプ飯を以下の種類に分けて紹介します。

・お手軽料理
ご飯料理
お肉料理
デザート

簡単に作れる料理からデザートまで紹介します。キャンプ飯で子供を喜ばせたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

●お手軽料理

最初に紹介するお手軽料理は以下の3品です。

①野菜たっぷりピザ
②お手軽チーズフォンデュ
③関西風焼きそば

上記の料理のレシピや作り方を徹底解説します。素早く調理を済ませたい方は、チェックしておきましょう。

①野菜たっぷりピザ

野菜たっぷりピザは、栄養満点のピーマンやトマトを使ったピザです。トマトやピーマンが苦手な子もいますが、チーズやピザソースの旨味のお陰で食べやすくなっています。

また、子供が大好きなソーセージも入っているので、積極的に食べてくれるのです。栄養を摂取するためにも、野菜たっぷりピザを作ってみてください。

【材料(4人分)】

・ピザ生地(2枚)・ソーセージ(4本)・ピザソース(大さじ4)・チーズ(80g)・ピーマン(1/2個)・ズッキーニ(1/2本)・トマト(1個)・オリーブオイル(大さじ1)

【作り方】

1.ピーマンとソーセージを輪切り、ズッキーニは薄切り、トマトは半月切りにする。
2.オーブンシートの上にピザ生地を置いてピザソースを塗る。
3.野菜やソーセージをピザの上に並べる。
4.チーズを全体に満遍なく散らす。
5.オリーブオイルを回しながら全体にかける。
6.ダッチオーブンを弱火で加熱して温める。
7.オーブンシートと一緒にピザ生地をダッチオーブンに乗せ、蓋をして中火で約13分加熱する。(下の焦げ付きに注意!)
8.ダッチオーブンから取り出し、切り分けて完成。

②お手軽チーズフォンデュ

チーズと食材の美味しさを同時に味わえるチーズフォンデュは、子供が喜ぶ定番のキャンプ飯です。バケットだけでなく、野菜やソーセージなどをつけて食べると、栄養バランスも良くなります。

また、調理工程も少ないので非常に簡単です。材料をあらかじめ下準備しておくと、さらに時短ができます。

【材料(4人分)】

・カマンベールチーズ(4個)・とろけるチーズ(適量)・バケット(1本)・ブロッコリー(1/2個)・プチトマト(10個)・ソーセージ(5本)

【作り方】

1.ブロッコリーとプチトマトを水でよく洗い、プチトマトはヘタを取り、ブロッコリーは食べやすい大きさにカットする。

2.ソーセージを半分にカットし、バケットはサイコロ状に切っておく。

3.カマンベールチーズをアルミホイルに包んで中火で加熱する。

4.カマンベールチーズが溶けてきたら、とろけるチーズを加え、完全に溶けるまで待つ。

5.チーズがトロトロになったら弱火にして完成。バケットや野菜をチーズにつけて食べましょう。

③関西風焼きそば

関西風焼きそばも、キャンプで手軽に作れる人気メニューです。味付けも濃くてインパクトがあるので、子供がバクバク食べてくれます。

また、豚肉を入れることで、子供の食欲もそそられます。同時にキャベツやにんじんなども入れて、栄養満点の焼きそばに仕上げましょう。

【材料(4人分)】

・焼きそば麺(3玉)・豚バラ肉(200g)・キャベツ(1/4玉)・にんじん(1/3本)・鶏がらスープの素(大さじ1/2)・オイスターソース(大さじ2)

【トッピング】

・紅しょうが(お好み)・青のり(お好み)

【作り方】

1.キャベツはザク切り、にんじんは千切りにする。

2.フライパンにサラダ油をひき、麺を投入する。

3.ほぐすように焼いて、豚バラ肉を投入する。

4.豚肉に火が通る前に、キャベツ、にんじんを入れて中火で炒める。

5.野菜に火が通ったら、オイスターソースと鶏がらスープの素を加えて馴染ませる。

6.全体にオイスターソースが馴染んで、野菜がしんなりしたら完成。お好みで紅しょうがや青のりを乗せて食べてみてください。

●ご飯料理

ご飯料理はボリューミーでお腹を満たしてくれます。そのため、子供からも大人気の料理です。

甘めのバターチキンカレー
コーンたっぷりペッパーランチ

上記の2種類の料理は、比較的簡単に作れるご飯料理です。アウトドアを楽しんで、お腹が空いてしまった子供に、美味しいご飯料理を食べさせてあげましょう。

①甘めのバターチキンカレー

バターチキンカレーは、子供から大人まで人気のご飯料理です。キャンプ場でも手軽に作ることができ、ファミリーみんなで調理を楽しめます。

また、味付けを甘めにすれば、子供でも好き嫌いなく食べられます。子供と一緒にバターチキンカレーを作り、食事を堪能してみてください。

【材料(4人分)】

・鶏もも肉(250g)・玉ねぎ(1個)・にんにくチューブ(1cm)・しょうがチューブ(1cm)・バター(50g)・トマト缶(500g)

・生クリーム(大さじ1)・カレー粉(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・塩こしょう(適量)

【作り方】

1.鶏もも肉を一口大に切り、塩こしょうで下味をつける。

2.玉ねぎをみじん切りにする。

4. フライパンを火にかけてバターを入れて溶かし、鶏肉を入れて中火で炒める。

5.鶏肉に火が通る直前に玉ねぎも投入する。

6.トマト缶を加えて煮込み、沸騰したら弱火にする。

7.カレー粉と生クリームを加える。

8.最後に砂糖を入れて味を調節し、5分ほど煮込んだら完成。

②コーンたっぷりペッパーランチ

ペッパーランチは、牛肉がたっぷり入っているご飯料理です。コーンもたくさん加えれば、彩りも抜群になります。

そして、コーンを入れることにより、甘みが増して子供が食べやすくなります。お肉が大好きなお子さんには、このペッパーランチを作ってみてください。

【材料(4人分)】

・牛肉(400g)・コーン缶(1/2缶)・ご飯 (食べれる量)・焼肉のタレ(大さじ4)

【作り方】

1.牛肉を食べやすい大きさに切る。

2.ジップロックに焼肉のタレを入れる。そのなかに牛肉も投入して、30分間味を染み込ませる。

3.フライパンにサラダ油をひいて、牛肉をタレと一緒に炒める。

4.牛肉に火が通ったら横にどけて、真ん中にご飯を投入する。

5.コーンも加えて強火で3分炒める。

6.最後に味を確認し、薄ければ焼肉のタレを足して完成。

●お肉料理

お肉料理は、子供が喜ぶ代表的な料理です。特にキャンプという空間で作れば、雰囲気も相まって美味しさが倍増します。

にんにくステーキ
甘辛ヤンニョムチキン

上記の2つのお肉料理は、旨味がたっぷりで子供から大人まで美味しく味わえます。ぜひこの機会に、レシピや作り方をチェックしましょう。

①にんにくステーキ

こちらは、にんにくの風味が効いたジューシーで美味しいステーキです。牛肉の旨味や香りをにんにくが引き立ててくれて、食欲を刺激します。

また、ニンニクに含まれるビタミンB1は、エネルギー産生に使われます。そのため、子供のスタミナをつけたり、回復したりするのにおすすめですよ。

【材料(4人用)】

・牛ステーキ肉(4枚)・にんにく(2かけ)・塩こしょう (小さじ1)

【作り方】

1.牛ステーキ肉を室温に戻す。(約30分)

2.にんにくをスライス切りにする。

3.牛ステーキ肉の脂身と赤身の間の筋を切って、塩こしょうをふる。

4.フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクを投入する。

5.弱火でニンニクを炒め、オレンジ色がほんのりついたら取り出す。

6.強火にして牛ステーキ肉を片方3分ずつ焼く。

7.弱火に変えて片方1分間ずつ焼いたら完成。最後に、にんにくを添えるようにしましょう。

②甘辛ヤンニョムチキン

甘辛ヤンニョムチキンは、鶏もも肉を使った韓国料理です。赤身がかった色とスパイシーな香りが相まって、食欲を刺激します。

また、甘辛く仕上げることで、辛いのが苦手な子供でも食べやすいです。しっかりとしたボリュームがあるので、子供も喜んでくれるでしょう。

【材料(4人用)】

・鶏もも肉(500g)・片栗粉(適量)・コチュジャン(大さじ4)・ケチャップ(大さじ2)・砂糖(大さじ2)・塩こしょう(適量)

【作り方】

1. 鶏もも肉を一口大に切り、片栗粉と塩こしょうをまぶす。

2.フライパンにサラダ油を入れて、鶏もも肉を投入して中火で炒める。

3.火が通ったら弱火にし、コチュジャン、ケチャップ、砂糖を入れて軽く炒める。

4.全体にタレが絡んだら完成。

●デザート

デザートも子供が喜ぶキャンプ飯です。3時のおやつとして提供してあげると、子供が喜んでくれるでしょう。

ふわとろパンケーキ
フレッシュなチョコフォンデュ
艶々リンゴ飴

上記の3品のレシピと作り方を紹介します。小腹が空いた時の一品として作るためにも、この機会に覚えておきましょう。

①ふわとろパンケーキ

パンケーキは、キャンプのおやつの定番です。お好みで、味、形、柔らかさを変えれば、自分に合った味わいのパンケーキが作れます。特に子供は柔らかくて甘いパンケーキが大好きです。大人も満足できるデザートなので、ぜひ作ってみてください。

【材料(4人用)】

・薄力粉(60g)・ベーキングパウダー(4g)・砂糖(大さじ2)・卵(4個)・牛乳(大さじ4)

【作り方】

1.薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜ合わせる。

2.卵を卵黄と卵白に分けて、ボウルに入れる。

3.卵白に砂糖を加えて、ハンドミキサーでメレンゲを作る。

4.卵黄に牛乳を加えてハンドミキサーで混ぜる。次にベーキングパウダーをふるいながら加えて混ぜ合わせる。

5.3で作った卵白のメレンゲを4に加えて軽く混ぜる。

6.フライパンにサラダ油を入れて中火にし、5のパンケーキのタネを入れる。(5個以上に分けると良い)

7.蓋をして約7分加熱して完成。

②フレッシュなチョコフォンデュ

チョコフォンデュは、チョコとフレッシュなスイーツを同時に味わえる贅沢な一品です。チョコのボリューム感があるので、小腹を満たせます。

さらに、簡単に作れるのでご両親の手間もかかりません。手軽さと美味しいデザートを求める方は、チョコフォンデュを作ってみましょう。

【材料(4人用)】

・ミルクチョコレート(500g)・生クリーム(250cc)・マシュマロ(お好み)・いちご(お好み)・バナナ(お好み)

【作り方】

1.いちごとバナナを食べやすい大きさにカットしておく。

2.鍋に生クリームとチョコレートを入れ、弱火でかき混ぜながら溶かす。

3.チョコが溶けたら完成。いちごとバナナ、マシュマロをつけて食べましょう。

③艶々リンゴ飴

リンゴ飴も、甘くて子供に大人気のデザートです。なかなか食べる機会がないので、キャンプで作ると子供が喜んでくれます。

通常はリンゴを丸々1個使っているのですが、食べやすいように細かく切り分けても良いです。他の果物との相性も良いので、お子さんの好みに合わせて作ってみましょう。

【材料(4人用)】

・リンゴ(4個)・砂糖(400g)・水(80ml)・食紅赤(適量)

【作り方】

1.リンゴを洗って水気を拭き取り、割り箸を刺しておく。

2.鍋に水と砂糖を入れて、砂糖が溶けるまで中火でかき混ぜる。

3.砂糖水にとろみがついたら一旦ボウルに移し、食紅を加えて混ぜ合わせる。

4.砂糖水が冷める前にリンゴを投入し、全体に満遍なく絡める。

5.リンゴを纏っている砂糖水が固まったら完成。

子供と作るキャンプ飯におすすめのグッズ!

子供とキャンプ飯を作る際には、以下のようなグッズがあると便利です。

子供用包丁

鍋つかみ

照明・ランタン

IH調理器

ポータブル電源

上記のグッズがあると、安全且つ快適に調理が行えます。せっかくのキャンプを良い思い出にするためにも、準備して持って行くようにしましょう。

①子供用包丁

子供と一緒にキャンプ飯を作る際には、子供用包丁があると良いです。刃先が丸まっており、安全性に優れています。そのため、刃が指に当たってしまっても怪我をしにくいです。

また、子供用包丁は小さくて軽いので、子供でも扱いやすくなっています。調理が負担なく楽しくできるので「次回も作ってみたい」と思ってもらえるでしょう。

②鍋つかみ

鍋つかみも調理時の安全を確保してくれるアイテムです。高温の鍋やフライパンの取っ手を掴んでも、熱さを感じにくくなります。

特に子供は手の皮が薄いので、火傷しやすいです。そんな子供でも鍋つかみを使えば、火傷や怪我を防げます。

しかし、長時間フライパンや鍋を掴むのは危険なので、しっかりと見守っておくようにしましょう。

③照明・ランタン

夜間にキャンプ飯を作る際には、照明やランタンが必要です。夜は太陽が沈んで暗くなるので、光がないと作業ができません。

そして、包丁と指の位置が確認できず、誤って切ってしまう恐れもあります。トラブルや怪我を防ぐためにも、必ず持って行きたいアイテムです。

1,000lm以上の照明やランタンを選ぶと、周囲全体を明るく照らせます。子供の調理を安全且つ快適にするためにも、購入しておきましょう。

④IH調理器

IH調理器は、キャンプ場でも活躍する調理器具です。熱を発生させるために電磁誘導を利用するので、ガスや火を使わずに安全に調理できます。

また、温度調節機能がついているため、火力のコントロールが容易です。安全性と快適性を兼ね備えているので、子供との調理で重宝します。

しかし、IH調理器の使用には電源が必要です。電源がついているサイトを選ぶか、ポータブル電源を持ち運ぶようにしましょう。

⑤ポータブル電源

ポータブル電源も、子供とキャンプ飯を作る際に活躍するアイテムです。電力を蓄えて放出することができ、AC電源のないキャンプ場でもIH調理器や車載用冷蔵庫などの家電に給電できます。

また、サーキュレーターやヒーターなどの暑さ対策・寒さ対策グッズも稼働できます。そのため、さまざまな季節に合わせて快適な調理ができるのです。

そして、ソーラーパネル対応のポータブル電源もあり、屋外で充電ができます。便利な家電を使って快適に作業したり、IH調理器を使って安全に調理したりするためにも、購入を検討してみてください。

関連人気記事:屋外で電源を確保する方法4選!DIYやキャンプなどシーン別に解説

子供と作るキャンプ飯にはJackery(ジャクリ)のポータブル電源を使おう

子供と作るキャンプ飯にはJackery(ジャクリ)のポータブル電源を使おう

子供とキャンプ飯を作る際には、Jackeryのポータブル電源がおすすめです。Jackery(ジャクリ)のポータブル電源は、コンパクトなサイズが魅力です。スッキリとしたボディデザインで、持ち運びやすくなっています。

そして、安全性と高品質な点も魅力的なポイントです。過負荷時に駆動を停止するBMSや、PSEマークも取得しており、一般社団法人防災安全協会が推奨される製品で、高い安全性と品質をクリアできています。本体にはポリカーボネート樹脂とABS防火材料を使用。優れた耐久性と放熱性を持っているので、長く愛用できておすすめです。

子供と快適にキャンプ飯を作りたい方には、以下の機種がおすすめです。ファミリーキャンプにポータブル電源の導入を考えている方は、以下の商品を手に取ってみてはいかがでしょうか。

●Jackery ポータブル電源 1000pro

Jackeryポータブル電源1000Proは、高容量でおすすめの機種です。容量(1002Wh)定格出力(1000W)になっており、IH調理器を弱火で約2時間使えます。

また、充電速度も早いです。コンセント約1.8時間、ソーラー約1.8時間(200W×4)でフル充電にできます。

そして、サイズが340×262×255mmとコンパクトです。持ち運びやすくテーブルに置いても邪魔にならないので、キャンプで重宝します。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1500pro

Jackeryポータブル電源1500Proは、高容量・高出力で長寿命(2000サイクル)を実現できた機種です。容量(1512Wh)定格出力(1800W)になっており、車載冷蔵庫を約90時間動かせます。

コンセント約2時間、ソーラー約2時間(200W×6)でフル充電が可能です。素早くバッテリーが充電できるので、安心感があります。

また、8基の温度管理システムとスマートチップによる温度制御も実現。熱暴走する危険が少ないので、子供と安全に調理できます。

製品名 Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

子供と一緒に美味しいキャンプ飯を作ってみよう

キャンプの食事は、子供と楽しい思い出を作る大切なシーンです。一緒に作業を行ったり、一緒に食べたりすれば、より絆を深められます。そんな、子供とキャンプ飯を作る際には、Jackeryのポータブル電源がおすすめです。品質や安全性に優れており、安心して調理ができます。ぜひJackeryのポータブル電源を持って行き、キャンプで子供が喜ぶ美味しい料理を作ってみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信