キャンプ場で美味しいご飯を炊く方法とは?便利な道具や失敗しないコツも解説

シェア
キャンプ場で美味しいご飯を炊く方法とは?便利な道具や失敗しないコツも解説

キャンプ料理において欠かせないご飯。自宅で炊飯器で炊く場合と異なり、キャンプ場では火加減や蓋を開けるタイミングを工夫する必要があります。また、キャンプに向かう前に必要な準備を済ませておくことで、当日はスムーズに美味しいご飯が炊けるでしょう。 

この記事では、キャンプ場でご飯を炊く方法について解説します。ご飯を炊く道具別の炊き方や美味しく炊くためのポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

キャンプ場でご飯を炊くための道具3選

 

普段は機械の力で簡単に炊いているご飯も、キャンプ場では難易度が上がります。キャンプ場でご飯を炊くために必要な主な道具は、以下のとおりです。

ライスクッカー

ライスクッカー

出典:ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー 

アウトドアでご飯を炊くための専用のクッカーが「ライスクッカー」です。飯盒より厚みがあることで熱が全体に伝わり、初心者でも簡単にご飯が炊けます。炊飯にライスクッカーを使うメリットは、以下のとおりです。 

・焦げ付きにくい

・吹きこぼれしにくい

・鍋としても使える 

炊飯専用というだけあって、最も簡単にご飯が炊ける道具です。IHコンロに対応しているタイプもあるので、自宅でも使用できます。

飯盒(メスティン)

飯盒(メスティン)

出典:VASTLAND公式オンラインストア 

野外での調理を目的に作られたコンパクトなクッカーが飯盒です。丸型や角型など様々な形状をしているタイプがあります。飯盒の中でも、炊飯や炒め物、煮物などで活躍するアイテムが角型飯盒であるメスティンです。 

ランチボックスとして使用できる他、ハンドルを折りたたんでコンパクトに収納できます。また、カトラリーやミニコンロ、敷き網などを内部に収納できるため、荷物を最小限にしたい方にも、もってこいのクッカーと言えるでしょう。

ダッチオーブン

ダッチオーブン

出典:LODGE(ロッジ) 

厚手の鋳鉄製の鍋であるダッチオーブンでも、ご飯が炊けます。ダッチオーブンは、重たい蓋が付いていることで、密閉状態で食材全体に火を通せるのが魅力のクッカーです。他のクッカーと比べると重量がありますが、その分以下のような理由から美味しく炊けます。 

・厚手の蓋をすることで、お米全体に熱が均等に伝わる

・密閉状態になり、必要以上の水分を飛ばさない 

ただし、沸騰後には高熱になりすぎる場合があるので、すぐさま弱火にする必要があります。お米の甘みをより感じられるので、味を重視する方にはダッチオーブンがおすすめです。

事前に済ませておきたい炊飯の準備3選

 

手際よく美味しいご飯を炊くためには、事前の準備が欠かせません。道具によっては購入してすぐに使えない場合があるので、注意が必要です。キャンプに行く前に済ませておきたい、炊飯の準備を紹介します。

必要なお米をあらかじめ小分けにしておく

お米は重量があるので、使う分だけ小分けにして持っていくのがおすすめです。また、1合単位で分けておくことで、キャンプ場で計量する手間がかかりません。小分けにする米は、研いで乾燥させた状態の米や無洗米を使用すると、さらに使用時の手間を省けます。 

小分けにする際にはジップロックを使用し、空気を十分抜いておくことで、荷物のかさを減らせて、お米の品質も維持できます。リュックの中でジップロックが開くと、お米が散らばる恐れがあるので、袋を二重にしておくと安心です。

道具のバリ取りを行っておく

炊飯で使うクッカーによっては、キャンプ場で使用する前に、金属やプラスチックの加工段階で発生するバリと呼ばれる出っ張りを除去する必要があります。バリ取りを行わずに調理すると、口や指を怪我したり、料理にバリが混入したりする恐れがあります。 

バリ取りには、100円ショップで入手できるサンドペーパーと軍手、マスクが必要です。まずは、滑り防止のための軍手と削った粉の吸引防止のためのマスクを着用しましょう。次に、サンドペーパーでクッカーの表面を磨いていきます。表面が滑らかになったら、水で洗って終了です。

道具のシーズニングを行っておく

クッカーのバリ取りの後には、錆びや焦げ付きを防ぐためにシーズニングを行います。シーズニングを行っておくことで、炊飯後のお手入れが楽になります。シーズニングは30分程で完了する簡単な作業です。 

まずは、クッカーが入るサイズの大きめの鍋にお米の研ぎ汁を入れて火にかけます。研ぎ汁が沸騰したら、そのまま20分〜30分放置します。クッカーを取り出して白い膜が付いていることを確認しましょう。十分に乾燥させたら、シーズニングは完了です。

【道具別】キャンプ場でご飯を炊く方法

 

キャンプ場でご飯を炊く方法

それでは、実際にクッカーを使って、焚き火・炭火でご飯を炊く方法を紹介します。クッカーの種類が違っても、基本的な炊飯の流れは同じです。キャンプ場で失敗しないためには、使用するクッカーの炊飯方法を事前にシミュレーションしておきましょう。

ライスクッカー

初心者に最適のライスクッカーは、火加減の調節が比較的簡単です。まずは、お米を研ぎ、30分〜1時間は決まった分量の水につけておきましょう。この工程によって、ふっくらしたご飯が炊き上がります。次に、以下の手順で炊飯を行います。 

1.炭火や焚き火の上にライスクッカーを載せる

(直置きせずに少し距離を離すのがポイント)

2.湯気が出て、カタカタと揺れ始めたら弱火にする

3.湯気がなくなるまで弱火にかける

4.湯気が収まったら火を止めて、5分蒸らしたら完成

飯盒

他の料理にも使える上にコンパクトなので、飯盒を選ぶ方も多いでしょう。まずは、他のクッカーと同様にお米を研いで、水につけておきます。飯盒の種類によっては計量目盛りが付いているタイプがあるので、水を測る際に活用してください。続いて、以下の手順で炊飯を行います。 

1.弱火に調節した炭火や焚き火の上に飯盒を載せる

2.飯盒から水が吹きこぼれてきたら、強火に切り替える

3.吹きこぼれがなくなったら、再びに弱火に戻す

4.焦げるような香りとチリチリという音が聞こえたら、火からおろす

5.飯盒をひっくり返して、10分~20分蒸らしたら完成

ダッチオーブン

ふっくらした甘くて美味しいご飯が炊けるダッチオーブン。サイズも大きいので、ファミリーキャンプにもおすすめです。まずは、お米を研いで、水につけます。次に、以下の手順で炊飯を行いましょう。 

1.蓋をせずに炭火や焚き火の上に飯盒を載せる

2.沸騰したら蓋をして、弱火で20分加熱する

3.蓋の隙間から出ている蒸気がなくなったら、火からおろす

4.10分ほど蒸らしたら完成

キャンプのご飯を美味しく炊くための3つのポイント

 

キャンプのご飯

キャンプで炊くご飯は、炊飯器と違い、火力や時間の調整を全て自分で行わなければなりません。そのため、炊飯に失敗した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。キャンプのご飯を美味しく炊くためのポイントは、以下のとおりです。

焚き火の火力は距離と薪の数で調節する

炭火やバーナーに比べて、焚き火は火力調整が難しく、強火になりやすいのが特徴です。焚き火の火力は、焚き火からクッカーまでの距離と焚べる薪の数で調整しましょう。 

強火にしたい場合は、クッカー付近の中央に薪を置きます。さらに火力を上げたい時には、追加で薪を投入しましょう。反対に弱火にしたい場合は、端の方に薪を移動させます。火を安定させるには、太い木を用いるのがポイントです。

洗いすぎを防ぐために無洗米を使用する

お米を洗う工程を省ける無洗米は、キャンプでの炊飯に最適です。時間を短縮できる以外にも、無洗米には以下のようなメリットがあります。 

・洗いすぎて、旨味や栄養が失われるのを防ぐ

・洗米不足で、臭みが残るのを防ぐ

・水に浸し過ぎて、雑菌が繁殖するのを防ぐ 

ただし、無洗米は価格が高めに設定されているので、注意してください。

炊いている途中に蓋を開けない

お米を炊いている最中に、きちんと炊けているか不安になり、蓋を開けてしまう行為は避けた方が良いです。蓋を開けて内部温度が下がることによって、炊きあがりに影響を与えかねません。蓄熱量が少ないアルミ製のクッカーは特に、熱が冷めるのが速いです。意図せずに蒸気で蓋が開いてしまう場合は、蓋の上に石などの重りを乗せると良いでしょう。

キャンプ場でご飯を炊く際にあると便利な道具5選

 

キャンプ場でご飯を炊く際にあると便利な道具

先述したクッカーさえあれば、炊飯は可能ですが、以下のアイテムも揃えておくことで、さらに快適に炊飯が行えます。炊飯には時間と手間がかかるので、補助アイテムを活用し、炊飯の成功率を高めましょう。

シングルバーナー

焚き火や炭火は火力調整が難しいため、初心者が最初から美味しいご飯を炊ける可能性は低いです。一方で、シングルバーナーを使えば、ノブを回すことで誰でも簡単に正確な火力調整ができます。 

また、シングルバーナーは軽量でコンパクトなので、持ち運びにも困りません。ガスボンベをセットしてすぐに点火できるので、焚き火や炭火を作る必要がなく、どこでも簡単に火が起こせます。手軽に炊飯がしたい方には、必需品と言えるでしょう。

チャッカマン

自動点火装置が付いていないシングルバーナーを使う際は、チャッカマンが必要です。また、チャッカマンがあると着火剤に簡単に点火できるので、焚き火や炭火の火起こしが容易になります。手元から着火口までが離れているので、火傷の心配もいりません。

軍手

軍手を装着し、手の火傷を防止しましょう。クッカーに使われているアルミは熱伝導率が高いので、炊きあがったクッカーは高温です。素手で蓋を開けたり、移動させたりすると、火傷する危険が高まります。 

また、焚き火や炭火で炊飯を行う場合は、火加減を調節するために、薪や炭を追加で投入する必要があり、熱源との距離が縮まります。軍手の耐熱性が不十分である場合は、キャンプ用の耐熱グローブを着用するのもおすすめです。

シェラカップ

0.5合の少量のお米を炊飯したい場合に活躍するのが、シェラカップです。シェラカップ専用のフタは、アルミホイルでも代用できます。シェラカップで炊飯する場合は、シングルバーナーを使うのが最も簡単です。 

また、シェラカップは水の計量もできるので、使用するクッカーに目盛りが付いていない場合には、計量カップとしての用途でも使用できます。さらには、炊きあがったご飯を入れるための食器としても活躍してくれます。

メスティン折り

メスティンで炊飯を行う場合に、洗い物の手間を最小限にしてくれるアイテムが、メスティン折りです。メスティンにそのままお米を浸し、炊飯を行うと、内部に焦げ付いたり、お米がこびりついたりして、洗うのが大変になります。 

メスティン折りを内部に敷いておくことで、メスティン自体が汚れません。100円ショップでメスティン折りは販売されていますが、クッキングシートをメスティンサイズに折りたたむことで、代用可能です。

快適にキャンプでご飯を炊くために必要なポータブル電源

 

快適にキャンプでご飯を炊くために必要なポータブル電源

キャンプでの炊飯に限らず、あらゆるキャンプシーンを快適にしてくれるアイテムが、ポータブル電源です。ポータブル電源とは、モバイルバッテリー以上の大量の電気を蓄え、アウトドアで、コンセントと同様のAC出力から電化製品に給電できる機器を指します。 

ポータブル電源があることで、以下のような快適なキャンプが実現します。 

・炊飯器を使うことで、失敗することなく、美味しいご飯が炊ける

・電子レンジや電気ケトルを使うことで、火を使わずに安全に加熱料理が行える

・電気毛布や扇風機を使うことで、真夏や真冬のキャンプの気温対策が行える

・LEDランタンを使用し、夜の暗闇を長時間照らし続ける

・炊飯方法や調理レシピを調べるためのスマホを、常にフル充電にしておける 

キャンプで使用するポータブル電源は、用途に応じて幅広い容量バリエーションが展開されているJackery製がおすすめです。Jackeryは創業から11年間で世界販売台数300万台を突破した実績を誇り、高い安全基準を満たしています。 

キャンプでの使用に最適なJackeryのおすすめ機種は、以下のとおりです。 

Jackery ポータブル電源 1000 Plus

1264Whの大容量と2000Wの定格出力により、150Wの炊飯器を朝・昼・晩で計6.7時間使用できます。 

商品の特徴

・炊飯器や電気ケトル、電子レンジなど計8台に同時に給電できる

・ChargeShield技術により、キャンプに行く前の1.7時間でフル充電できる

・5kWhまで拡張することで、ファミリーキャンプや連泊する場合でも家電をフル活用して、加熱料理や気温対策が行える

・優れた高温耐性により、焚き火が近くにあるテントの外でも使用できる

・リン酸鉄リチウムイオン電池の採用により、頻繁にキャンプに行っても10年以上使い続けられる  

Jackery Solar Generator 600 plus

632Whの大容量と800Wの定格出力を備えた中型ポータブル電源と、100Wの両面受光ソーラーパネルのセットにより、キャンプ場で発電した電気で炊飯器などの家電が使用できます。 

商品の特徴

・ポータブル電源とソーラーパネルは、軽さとコンパクト設計を兼ね備えているため、キャンプ場に持ち運びやすい

・62の保護メカニズム、12のBMS保護アルゴリズム、4種類の物理的安全保護により、キャンプ場の環境に影響されずに安全に使用できる

・LFPバッテリーを搭載により、10年以上もアウトドアシーンで活躍する

・ソーラーパネルは、業界最大級の最大25%の太陽光変換効率を誇る

まとめ|キャンプ場で炊くご飯は格別

 

キャンプ場で炊くご飯は、手間と労力がかかっている分、炊飯器では味わえない美味しさがあります。キャンプ場に向かう前に、クッカーのバリ取りとシーズニングを行い、使う分量のお米を小分けにしておきましょう。 

家庭と同じように美味しいご飯が手軽に食べたいという方は、ポータブル電源と炊飯器を持っていくのもおすすめです。あなたに合った方法で、キャンプ場で美味しいご飯を炊いてみてください。

.errors, .form-error { color: #d02e2e; background-color: #fff6f6; padding: 6px 12px; margin-bottom: 20px; border: 1px solid transparent; text-align: left; border-color: #d02e2e; } .errors ul li {list-style: none;} .errors ul { list-style: disc outside;margin-left: 20px;margin-top: 0;margin-bottom: 0; } .form-vertical .grid--small {margin-left: -10px;padding: 0;} .grid:after {content: "";display: table;clear: both;} .form-vertical .grid--small .grid__item {padding-left: 10px;} .grid__item {width: 100%;} @media only screen and (min-width: 590px) { .form-vertical .medium-up--one-half { width: 50%; } } .form-vertical .grid__item {float: left;min-height: 1px;} #comments .label{font-size: 16px;} .form-vertical label[for] {cursor: pointer;} .form-vertical label {display: block;margin-bottom: 10px;} .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static):hover:not([disabled]) { background-position: 91% 35%; } .btn:not(.btn--no-animate):not(.btn--tertiary):not(.btn--static) { background: #ff5000 url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background: var(--primary-color) url(https://www.jackery.jp/cdn/shop/t/492/assets/button-arrow.png) no-repeat 150% 35%; background-size: 29px; } .form-vertical .btn:not(:last-child) { margin-bottom: 30px; } .form-vertical .btn, .form-vertical input[type=checkbox], .form-vertical input[type=radio] { display: inline-block; } button, input[type=submit] { cursor: pointer; } .btn, .rte .btn, .shopify-payment-button .shopify-payment-button__button--unbranded, .spr-container .spr-button, .spr-container .spr-summary-actions a { display: inline-block; margin: 0; width: auto; min-width: 90px; line-height: 1.42; font-size: 16px; text-decoration: none; text-align: center; vertical-align: middle; white-space: normal; cursor: pointer; border: 1px solid transparent; -webkit-user-select: none; user-select: none; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; border-radius: 0; color: #ffffff; background: var(--primary-color); transition: padding-right 0.3s,background 0.3s,opacity 1s; } body .form-vertical .btn:not(.btn--no-animate):hover{ padding-right: 55px!important; background-position: 91% 35%; } input.error, textarea.error {background-color: #fff6f6;color: #d02e2e;border-color: #d02e2e!important;} #comments .comments__title{margin: 12px 0;} #comments input { max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; } .form-vertical input, .form-vertical select, .form-vertical textarea { display: block; margin-bottom: 30px; max-width: 100%; padding: 8px 10px; border-radius: 0; border: 1px solid; border-color: #e8e8e1; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; } input.input-full, select.input-full, textarea.input-full { width: 100%; } #comments {margin-top: 20px; margin-bottom: 20px;} #comments .hr--clear{display: none;} .grid__item {float: left;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--one-quarter {width: 35%;} } .comment-author {margin-bottom: 0;font-size: 16px;line-height: 1.1;} .comment-date {font-size: 13px;display: block;margin-top: 3px;line-height: 1.1;} @media only screen and (min-width: 590px){ .medium-up--three-quarters {width: 65%;} } #comments .pagination {padding-top: 40px;} #comments .pagination .pagination__list {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .pagination .pagination__list li {display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;width: 40px;height:40px;} #comments .pagination .pagination__list li a{display: flex;display: flex;justify-content: center;align-items:center;} #comments .article__comment {margin-bottom: 40px;line-height: 1.1;}

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

関連人気記事
ソーラー発電応援セール
new-customer-close
送信