新しいキャンプの形【グランピング】とは?宿泊設備・食事・楽しみ方など解説

新しいキャンプの形 グランピングとは

日常生活を忘れて自然の中で過ごすキャンプを、たくさんの人達が楽しんでいます。キャンプブームに伴い、キャンプ場では焚き火台のセット、調理器具、薪、食材を購入出来るようになっています。

しかし、キャンプをするには、テントをはじめ焚き火をおこすセット、テーブルセット、食器、食材・・・と結構必要なものが多いです。また、それらのアイテムを運ぶ車も必要です。そして、キャンプ用品を一揃い購入しても、キャンプに行く時間が取れなければ、宝の持ち腐れにもなりかねません。そんな人におすすめしたいのが「グランピング」です。

グランピングは、手ぶらで自然やアウトドアライフを楽しめる、新しいキャンプの形です。準備はグランピングが出来る施設の方で総て揃えています。では、グランピングについて、詳しくご紹介しましょう。

グランピングとは

グランピングは、「glamorous(魅力的な)」と「camping(キャンプ)」を組み合わせた言葉で、直訳すれば文字通り「魅力的なキャンプ」となります。

具体的なグランピングの定義は、

・大自然を感じること

・ラグジュアリーな空間とサービスが提供されていること

です。

グランピングでは、自分でキャンプ用品を持って行くことなく、利用するテント等の宿泊施設内にはベッド、エアコン、シャワーが備わっています。加えて食事付き、もしくは調理は自分達でも食材や食器はグランピング施設側が用意します。

露天風呂や温泉がある場合もあり、グランピング施設内にはキャンプファイヤーが炊かれることも。これも、自分達が行う焚き火より遥かに規模が大きく見応えもあり、またインスタ映えもバッチリです。

また、附属のホテルやレストランで食事をすることも出来ます。更に、自炊をしても、後片付けは施設側が行います。

費用の面では、キャンプより高くなりますが、その分自分達で用意したり、片づけたりする必要はありません。

つまり、グランピングとは、キャンプ初心者でもあれこれの準備が要らず、思い立った時にすぐに、しかも施設側のサービスによって、不便を感じることなく贅沢に自然を堪能出来るキャンプと言えます。

宿泊設備には電気が通っているので、夜でも明かりを点けることが出来、テレビも見られます。また、寝袋ではなくベッドで休みます。

大自然の中で不安なく過ごせるので、小さな赤ちゃんがいる家族連れや女子会での利用にも安心です。

宿泊設備について

それでは、グランピングの宿泊設備を具体的に見て行きましょう。各施設によって1種類だったり、あるいは複数の宿泊設備を備えていたりと様々です。

1. テント

グランピング施設では、テントは最も一般的です。

ただ、テントと言ってもベッドやソファ、テレビも入る程なので、かなり大きいものです。更に、お風呂やトイレも完備しています。つまり、生活環境が総て揃っているのです。

テントの外には、日差しや雨を除けるタープ(屋根の役割をする布)が張られていたり、ハンモックが吊らされていたり。快適にキャンプを堪能出来ます。

また、ドーム状のテントも人気です。かなりしっかりした造りのドーム状のテントの中の一部、または全部が透明なものもあります。昼間は緑に囲まれ、夜は満天の星を見ながら・・・と、日常を忘れた世界を存分に満喫することが出来るでしょう。

2. コテージ

夜は建物の中で過ごしたい、と言う人にはコテージがおすすめです。コテージは1棟を貸し切って使えます。

コテージでの食事は屋外のデッキでも出来ますし、コテージ内にはキッチン、お風呂(露天風呂の場合も)、トイレがあります。また、リビングと寝室が分かれているので広々と過ごせます。

冬には暖炉が燃えるのを楽しむコテージも。

コテージ内装はビジュアルにも拘っているので、ウッド調のものからアメリカン、スタイリッシュ、ヨーロッパ風のラグジュアリーな雰囲気のものまでインテリアも施設毎に多様なので、その時の気分、イメージにピッタリのものを選べます。

コテージは6~8人は収容可能なので、グループや赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭での利用に向いています。

3. トレーラー

トレーラーはキャンピングカーと違い運転席がないので、その分広く車内を使えます。アメリカンなイメージが主なので、インスタ映えもするので若い人に人気です。

特に、世界的に有名なエアストリーム社製のトレーラーを備えた施設が増えています。本体はシルバー1色で作られているのが特徴です。また、内部は広く、サンルームにいるような開放的な気分を味わうことが出来ます。

4. ホテル

もっと気軽で便利にキャンプを楽しむなら、グランピングを備えたホテルを利用しましょう。

これは、宿泊はホテルの部屋ですが、ホテルの敷地内にあるキャンプ場でキャンプ飯を作ったり、その他のアウトドア体験を楽しんだりするプランです。

ホテル毎にグランピングの内容が異なるので、比べてみると面白いと思います。

【オール電化キャンプ】ポータブル電源と快適なキャンプを

アウトドア体験

グランピングは快適にキャンプを楽しめますが、あくまで自然の中で過ごすことが原則。施設側では、テントの設営や火起こし、キャンプグッズの提供、希望があれば食事の用意、又は自炊の場合も食材や調理器具の用意等をしますが、同時に自然の中でのアクティビティも揃えています。

アクティビティの内容は、施設がある土地や季節によっても変わるので、自分が是非体験したいものがある所を選びましょう。

・景色を楽しむ

グランピング施設は山の中だけではありません。

海や湖の近くや山頂にもあります。東日本では、富士山が間近で綺麗に見られる施設も人気です。

自然の風景や綺麗な空気を味わうことは、最高の贅沢ですね。

・野鳥や動物・昆虫を楽しむ

山の中では、朝は野鳥のさえずりで目を覚まし、昼間や夜間は鹿の声が聞こえたり、他の野生動物の姿を見たり・・・という非日常的な体験が出来ます。

お子さん達は、カブトムシ等の昆虫採集も楽しめます。

・トレッキング、サイクリングを楽しむ

丘陵地帯では、トレッキング気分が味わえますし、施設内外でサイクリングを楽しむことも出来ます。

・海、湖では

釣りはもちろんオールシーズンで。

夏には海水浴、サーフィン、ダイビング、シュノーケリング、ジェットスキー、シーカヤック等々、水辺でのアクティビテは数多くあります。

夕方には、海に沈む美しい夕日を眺めましょう。

・子供用の遊具も

敷地内に子供用のアスレチック等の遊具を備えた施設も多いので、お子さんも外で思い切り遊べます。

食事について

食事は、施設がある土地の名産品を味わるのもグランピングの楽しみ。グランピングの定義通り、かなりリッチな内容になります。

それらをレストランで食べるのもよし、夜はみんなでBBQをし、朝食は頼んでおく・・・とプランも自由に選べます。

また、自炊の場合でも、片づけは施設側が行ってくれるので楽チンですね。

ペットが可能な施設も

ペットの犬を連れてのグランピングも、多くの施設で可能です。

ドッグランがあったり、自分達が借りているエリア内を自由にリードなしで遊ばせたり。

中には、犬用のお風呂がある施設もあり、ペットと一緒にのびのび出来ます。

まとめ

このように、グランピングは手ぶらで気軽に、快適に過ごせる新しい形態のキャンプです。

冷暖房完備なので、服も日常的なものでOK。用意するのは着替えなど身の回りのものだけ。思い立ったら予約するだけで、日常生活から大自然を堪能する世界へ。

そして、自然の中でも不便を感じることなく、贅沢に過ごすことが出来るので、女子会に大人気です。日帰りでの利用から始める人も多いです。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信