春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介

春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介

気温が暖かくなる春には、ついついキャンプをしたくなりますよね。春キャンプは心地良い風を感じられて、最高に気持ちいいです。しかし、春キャンプでも寒さは付き物です。タイミングによっては、冬に近いくらい気温が下がる場合もあります。今回はそんな、春キャンプにおすすめの寒さ対策と、便利な春キャンプ防寒アイテムを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

春キャンプに寒さ対策は必要?

春キャンプには、絶対に寒さ対策が必要です。状況や場所によっては、かなり冷え込む場合もあります。

そんな時に寒さ対策を怠ってしまうと、風邪を引いてしまう場合があるでしょう。せっかくのキャンプが台無しになってしまうので、何としてでも避けたいですね。

楽しく健康的に過ごすためにも、春キャンプの寒さ対策を怠らないようにしましょう。

春キャンプに寒さ対策が必要な理由!

春キャンプに寒さ対策が必要な理由は、以下の3点です。

  • ①春は風が強い
  • ②朝晩は冷え込みやすい
  • ③標高の高い位置にあるキャンプ場は寒い

それぞれの理由について詳しく解説します。春キャンプを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

①春は風が強い

春は風が強い季節です。移動性の高気圧や低気圧が日本を通過するので、その際に強い風が発生します。

屋外で楽しむ春キャンプでは、この風の影響を強く受けてしまうでしょう。気温が低い場合は冷たい風が当たり、寒い思いをしてしまいます。

この厄介な風から身を守るためにも、春キャンプ寒さ対策は必要です。春の突風にも負けない格好やアイテムを準備して、キャンプに挑みましょう。

②朝晩は冷え込みやすい

春キャンプの朝晩は冷え込みやすいです。高気圧と低気圧が入れ替わることで、寒暖差が激しくなります。

この気温の変化が体に悪影響を与え、体調が悪くなってしまう事もあるのです。場合によっては、キャンプどころではなくなってしまいます。

そのため、春という暖かい季節にキャンプをしていても油断は禁物です。冬キャンプのような装備を準備して行くと、安心して生活ができますね。

③標高の高い位置にあるキャンプ場は寒い

標高の高い位置にあるキャンプ場は、非常に寒いです。太陽の当たっている面積が少ないので、周囲の空気が暖まりにくくなります。

また、上空に近付けば近付く程、空気の量が少なくなります。気圧が低くなってしまい、温度も低下してしまうのです。

その結果、標高の低い位置にあるキャンプ場と比べて、気温が低くなります。せっかく暖かい春にキャンプをしても、冬に行っているような感覚になってしまうでしょう。

春キャンプにおすすめの寒さ対策!

春キャンプの防寒対策を紹介

春キャンプにおすすめの寒さ対策は、以下の7点です。

  • ●①標高の低いキャンプ場へ行く
  • ●②防寒着を持っていく
  • ●③暖房器具を使用する
  • ●④温かい飲み物を飲む
  • ●⑤発汗作用のある食べ物を食べる
  • ●⑥焚き火で温まる
  • ●⑦寝袋を二重にする

上記7点の春キャンプ寒さ対策方法について解説します。春キャンプを快適に過ごすためにも、確認しておきましょう。

①標高の低いキャンプ場へ行く

春キャンプは、標高の低いキャンプ場へ行くと良いです。先程も紹介したように標高の低いキャンプ場は、太陽の当たる面積が広いので暖かくなります。

反対に標高の高いキャンプ場は、空気や地面が暖まりにくく、春という季節でも寒いです。そのため、標高の高いキャンプ場は、春のアウトドアに適していません。

ですので、暖かくなりやすい標高の低いキャンプ場を選んでください。事前にネットで「〇〇キャンプ場 標高」と検索をかけると、標高情報が表示されるので試してみてください。

②防寒着を持っていく

防寒着を持って行くのも、春キャンプにおすすめの寒さ対策です。標高の低いキャンプ場を選んでも、気温が上がらない場合があります。

日が隠れたり曇ったりした場合に、肌寒さを感じてしまうでしょう。出て行く時は暖かくても、すぐに気温や天気が変わってしまいます。

この寒さに対応するためにも、暖かい防寒着が必要です。上半身のアウターはもちろん、暖かいズボンのアウターを持ち合わせておくと、いざという時に活躍しますよ。

③暖房器具を使用する

春キャンプでは、暖房器具を使用するようにしましょう。手っ取り早く暖を取ることができます。

また、温度調節や管理がしやすいので、自分の体温に合わせて自由に変更できます。春キャンプの快適度を大きく上げてくれるのでおすすめです。

ストーブやこたつ、ヒーターなどを持って行くと、冬のような気候でも安心して春キャンプが楽しめます。

ただし、キャンプサイトによってコンセントの有無が異なります。事前に確認をするか、コードレスのアイテムを選ぶようにしましょう。

④温かい飲み物を飲む

春キャンプでは、温かい飲み物を飲むと良いです。消化器官から体を温められるので、内側からポカポカになります。

特に効果的なのは、朝に温かい飲み物を飲む事です。朝の4時から8時は、体温が低くなりやすくなっています。そんな時に温かい飲み物を飲めば、徐々に体の内側から暖かさを感じられるでしょう。

また、その際に「ココア」や「生姜湯」などを飲むと良いです。どちらも体を温めてくれる作用があるので、ポカポカとした状態になれますよ。

⑤発汗作用のある食べ物を食べる

発汗作用のある食べ物を食べるのもおすすめです。脳や脊髄などが刺激され、血管の拡張と発汗につながります。その結果、体の内側から体温が上昇するのです。特に寒い夜に発汗作用のある食べ物を食べると、体の芯からポカポカになれますよ。

なかでも、唐辛子が含まれている料理や香辛料を摂取すると良いです。この唐辛子には「カプサイシン」という発汗作用のある成分が含まれているので、効果的に体を温められます。

⑥焚き火で温まる

春キャンプの寒さを凌ぐには、焚き火が最適です。薪に火を付けて燃え上がらせれば、暖を取れます。

また、焚き火の上に網をセッティングすることで、調理も可能です。焚き火の近くで料理を作れば、体の冷えを防げます。

また、夜に焚き火をすると、体が温まると同時に癒されます。春キャンプを暖かく楽しく過ごすためにも、焚き火をしてみてください。

⑦寝袋を二重にする

春キャンプの就寝時には、寝袋を二重にしてみると良いです。2枚の寝袋を使うことで、暖かさが倍増します。特に春の夜の時間帯は、冷え込みが激しいです。通常の寝袋だけでは、中々寝付けずに起きてしまうでしょう。

そんな時でも、二重にした寝袋を使えば、快適に眠りにつけます。キャンプで充実した睡眠を取るために、ぜひ取り入れてみてください。

春キャンプの寒さ対策におすすめのアイテム!

春キャンプの寒さ対策に必要なアイテムを紹介

春キャンプの寒さ対策におすすめのアイテムは、以下の8つです。

  • ●①コット
  • ●②ブランケット
  • ●③グランドシート
  • ●④ポータブル電源
  • ●⑤電気毛布
  • ●⑥こたつ
  • ●⑦ストーブ
  • ●⑧焚き火台

それぞれの防寒アイテムの必要性について紹介します。春キャンプを快適に過ごしたい方は、ぜひご覧ください。

①コット

コットはキャンプで使用する簡易ベッドです。頑丈なフレームや布を使用することで、人間が寝転がっても、壊れにくいように作られています。そんなコットがあれば、冷たい地面から距離を取れます。冷気から離れられるので、快眠が得られるのです。

また、コットの下の空間を布団などで埋めておくのもおすすめです。地面からの冷気が遮断されて、冷たさがコットまで伝わりにくくなりますよ。

②ブランケット

春キャンプには、ブランケットを持って行くと良いです。就寝時の寒い時にサッとかけて体の体温を保てます。

また、肌寒さを感じた昼や夜には、足にかけて寒さを凌げます。携帯性に優れていて、どこでもすぐに使えるのが魅力ですね。

ただし、火の粉が飛んでしまうと、穴が空いてしまう可能性もあります。心配な方は、難熱性を持ったブランケットを使用するようにしましょう。

③グランドシート

グランドシートは、テントと地面の間に敷いて使うアイテムです。地面からの浸水を防いでくれるので、雨の日も快適に過ごしやすくなります。そんなグランドシートには、冷気を遮断してくれる役割もあります。テント内の生活が快適になるので、ぜひとも使いたいアイテムですね。

グランドシートを選ぶ際には、出来る限り厚めのものを選ぶと良いです。冷気を遮断する力が上がると共に、保温性も高まります。

➃ポータブル電源

ポータブル電源は、春キャンプで大活躍するアイテムです。このポータブル電源とは、コンセントなどから電力を蓄えて、様々な家電製品(電気毛布や電気こたつ、ストーブ、炊飯器、電気ヒータなど)に給電する道具になります。

そのため、キャンプなどのコンセントがない空間でも、ポータブル電源あれば、電力を使用できるのです。これから紹介するこたつ、ストーブ、電気毛布が使えるようになります。

春キャンプの快適度が大きく上がるので、ぜひ持って行きたいアイテムです。寒さを凌いで快適な春キャンプにしたい方は、購入を検討してみてください。

⑤電気毛布

春キャンプの就寝時には、電気毛布があると良いです。電力を使用して温めるアイテムで、外側からポカポカになれます。

まるで自宅で寝ているかのような快適感が得られるのです。寒くて中々寝付けない夜にあると、活躍してくれますね。

しかし、こちらの電気毛布も電力を使用するので、コンセントがないと使えません。事前にキャンプ場のコンセントの有無を確認するか、家電に給電できるポータブル電源をもって行きましょう。

⑥こたつ

こたつは春キャンプに最適なアイテムです。外に設置しておけば、こたつに入りながらアウトドアを満喫できます。

また、温度調節もしやすいので、より快適に過ごすことが可能です。春キャンプのお花見には、持ってこいのアイテムなのではないでしょうか。

しかし、こたつを使用するのには、電力が必要となります。事前にキャンプサイトのコンセントの有無を確認して、持って行くようにしましょう。もしくは、コンセントのないキャンプ先の場合は、ポータブル電源を使い給電します。

⑦ストーブ

ストーブも春キャンプにピッタリのアイテムです。高い火力で熱を放出してくれるので、辺りがポカポカになります。そして、製品によっては、上で調理できるタイプもあります。暖を取りながら調理ができるので、小寒い春キャンプに最適ですね。

また、こちらのストーブには、石油ストーブと電気ストーブがあります。石油ストーブは電力を必要としないので、屋外で使いやすいです。

ただし、灯油を燃焼させるので、比較的臭くなりやすく、空気も悪くなってしまいます。

電気ストーブの場合は、電気と灯油を使って温めます。ボタンひとつで着火でき、即暖性に優れているのでおすすめです。

しかし、電力が必要となるため、ポータブル電源で給電するか、またはコンセント電源のあるキャンプ先を選びます。

⑧焚き火台

焚き火台も春キャンプに持って行くようにしましょう。寒い時期のアウトドアで暖を取るには、焚き火に限ります。

燃え上がる薪に近づけば、暖を取れることはもちろん、心が落ち着きます。キャンプを楽しむためにも、焚き火台は必要ですね。

ただし、焚き火台の下にシートを敷く必要があります。手頃な価格で販売されているので、セットで準備しておくようにしましょう。

春キャンプの防寒対策におすすめなポータブル電源

春キャンプの寒さ対策におすすめなポータブル電源

春キャンプにはJackery(ジャクリ)のポータブル電源がおすすめです。その理由は以下の通りになります。

  • ●①軽くて持ち運びやすい
  • ●②様々な電化製品に給電できる
  • ●③大容量で充電が長持ちする

上記3つのおすすめポイントを紹介します。ポータブル電源に興味がある方は、必ずチェックしておきましょう。

①軽くて持ち運びやすい

Jackeryのポータブル電源は、軽くて持ち運びやすいです。余計なパーツが排除されていて、軽量化されています。そのため、力が弱い女性の方でも比較的運搬しやすいです。遠くのキャンプサイトへ持ち運ぶ際にも助かりますね。

また、握りやすい折り畳み式ハンドルも付いているので、さらに持ちやすくなっています。片手でも持ち運べるので、携帯性が抜群です。以下にそれぞれの製品の重量をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

製品

重量

Jackery 708

約6.8kg

Jackery 1000

約10.6kg

Jackery 1000 Pro

約11.5kg

Jackery 1500

約16kg

Jackery 2000 Pro

約19.5kg

②様々な電気製品や暖房アイテムに給電できる。

Jackeryのポータブル電源は、暖房アイテムが使えます。中には大容量タイプもあるので、消費電力が大きい家電の使用も可能です。

電気毛布はもちろんのこと、暖房やストーブなども利用できます。春キャンプの寒さを凌ぐためにも、ぜひとも持っておきたいアイテムですね。

ただし、こちらの暖房アイテムを使用する際は、ポータブル電源の容量と定格出力が重要になります。この容量は、Wh(ワットアワー)という数値で表します。Wは(消費電力)を表し、hは(時間)を意味する言葉です。

定格出力は、ポータブル電源が安定して放出できる電力の量です。電子機器の消費電力が、定格出力を下回っていれば使えます。

以下にそれぞれの製品の定格出力と容量、電気毛布の利用可能時間をまとめてみたので、チェックしてみてください。

製品

容量

定格出力

電気毛布給電時間
1回のフル充電)

Jackery 708

708Wh

500W

10時間

Jackery 1000

1002Wh

1000W

13時間

Jackery 1000 Pro

1002Wh

1000W

13時間

Jackery 1500

1534Wh

1800W

17時間

Jackery 2000 Pro

2160Wh

2200W

68時間

③大容量で充電が長持ちする

大容量で充電が長持ちするのも、Jackeryのポータブル電源の魅力です。大容量タイプの製品があるので、たくさんの電力を蓄えておけます。

そのため、消費電力の大きい電子機器も長く使用できるのです。充電切れになりにくいので、最後まで活躍してくれますよ。

しかし、春キャンプにポータブル電源を持って行く際は、事前に充電しておかないといけません。余裕を持って充電して、100%の状態で春キャンプに持って行きましょう。

Jackery ポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

まとめ

ポカポカな気候で、よりアウトドアを楽しめる春キャンプ。花々も色づき始め、美しい景観の中で楽しめます

。しかし、タイミングによっては寒さが続く日もあり、凍えてしまう場合もあるでしょう。そんな時には、今回紹介した寒さ対策がおすすめです。小寒い春キャンプでも、比較的暖かく過ごせますよ。

特にポータブル電源(Jackery)があると便利です。暖房アイテムが使用できるので、春キャンプの快適度がグンと上がります。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信