春キャンプを快適に楽しむには? シーズンの魅力とポイントを解説

春キャンプの楽しみ方を解説

一年中を通して人気のキャンプ。厳しい寒さの冬が終わり、フットワークが軽くなる春キャンプシーズンは、キャンパーにとって嬉しい季節です。そんな春キャンプをとことん楽しむには、どうしたら良いのでしょうか?春キャンプならではの魅力と、快適に楽しむポイントを解説いたします!

春キャンプとは

春キャンプとは、全国のキャンプ場が本格的にオープンしはじめる3月末~5月くらいまでのキャンプを指します。これからキャンプデビューしたい、という初心者にも、春キャンプがおすすめです。

人気シーズンのため、行きたいキャンプ場がある場合は、早めに予約しておくと安心です。

楽しみがたくさん待っている春キャンプですが、3月末~4月中旬は、まだまだ肌寒さが残る季節。

季節や気温に応じたキャンプグッズを用意したり、体調をくずさないためのキャンプ防寒対策をしたり、といった準備が必要です。

春キャンプに持っておきたいアイテムを事前にたしかめて、充実した時間にしましょう。

春キャンプはどうして人気があるの?

春キャンプとは

春夏秋冬、季節を問わず出かけられるキャンプですが、春キャンプは特に人気があります春キャンプ人気の理由は下記4点です。、

・過ごしやすい気候
・虫が少ない
・人が少ない
・花見ができる

それぞれの魅力を、くわしくみてみましょう。

過ごしやすい気候

春キャンプは、一年のなかでもっとも過ごしやすい気候だと言われています。

本格的な防寒アイテムがなくてもキャンプを楽しめるため、初心者やファミリー層にもおすすめです。

キャンプ場の付近を散策したり、日光浴したり、アクティビティに挑戦したり、思い思いに身体を動かしてみてください。

日中は温かい時期ですが、夜はまだ冷える季節です。

温かい素材のテントを選ぶ、ブランケットなどの防寒アイテムを持っておく、小型ヒーターなどの家電を持参する、といった配慮をしておくと、快適に過ごせます。

虫が少ない

キャンプは好きだけれど虫が苦手、という声が少なくありません。

このような虫嫌いの人でも、虫が少ない春キャンプなら、自然を思いっきり満喫できます。

人が少ない

夏場と比較して訪れる人が少ない、という点も春キャンプの特長です。

キャンプ場でゆったり過ごしたいなら、3月下旬~ゴールデンウィーク前までを狙って出かけると、静かな環境でキャンプを楽しめます。

花見ができる

花見とキャンプを同時に楽しめるキャンプ場が全国にあります。場所取りの心配なく、のんびり花見ができる環境はキャンプならでは。

季節を五感で感じたいキャンパーや、時間を気にせず景色を楽しみたいキャンパーから、支持されています。

桜の花だけでなく、季節の花を楽しめるキャンプ場もあります。春の花が咲き誇るこの季節だけの光景を、目に焼き付けてください。

春キャンプを楽しむ5つのポイント

春キャンプを楽しむポイント

アウトドアに最適な春キャンプですが、いくつか注意したい点があります。春キャンプを楽しむために覚えておきたい、5つのポイントを解説いたします。

ポイント1:春キャンプ寒さ対策を万全に

春は、寒暖の差が厳しい季節です。

日中は夏を思わせるくらい暑かったのに、夜になったら冬並みの冷え込み……という例が少なくありません。

風邪をひいてしまわないためにも、万全な防寒対策が求められます。テントマットやブランケット、毛布など、温かい素材のアイテムを備えておきましょう。

風が少なければ、たき火で暖を取るのも良い方法です。

たき火に慣れていないビギナーや強風の場合はポータブル電源を持参しておくと、シュラフの下に電気毛布を敷く、電気ヒーターや電気ケトルを使用できる、といったメリットがあります。

ポイント2:花粉や虫対策も必須

春といえば花粉の季節。屋外で楽しむ春キャンプだからこそ、花粉対策が欠かせません。

・スギやヒノキなどが多い山中のキャンプ場は避ける。
・事前にアレルギー薬を飲んでおく。
・目薬や花粉対策眼鏡を持参する
・花粉が付着しにくい衣類を選ぶ。
・加湿器を用意しておく
といった対策で、花粉を防ぎましょう。

虫が少ない春キャンプですが、4月を過ぎると少しずつ虫が動き出します。

・虫よけスプレー
・蚊取り線香
・殺虫器
・殺虫ラケット
・ハッカ油
など、簡単に防虫できるアイテムを準備しておくと安心です。

ポイント3:標高の低いキャンプ場でより快適に

春キャンプで思っていた以上に寒さを感じた」という場合、標高の高いキャンプ場を選んでいる可能性があります。

山のキャンプ場は特に冷えやすいため、子どもと出かける予定がある、そもそも寒いのが苦手、という場合は標高の低いキャンプ場を選びましょう

キャンプといえば山、というイメージが強いのですが、川沿いや海沿いにもたくさんのキャンプ場があります。

春キャンプへ持っていく道具をできるだけ減らしたい、軽装で出かけたい、という場合は、標高が低いキャンプ場を探してみてください。

ポイント4:春の風対策を忘れずに

1年の中でも、2~4月は特に風が強い時期です。

それを知らずに春キャンプに出かけ、風でテントが吹き飛んでしまった、テント自体を立てられなかった、というトラブルが多数報告されています。

春キャンプへ行くなら、

・風の影響を受けにくい林間のキャンプ場を選ぶ
・テント設営時に入り口を風下側にする
・強度のあるペグやガイロープを用意する
・風が強い場合はタープを使用しない
・椅子など軽くて飛ばされそうなものはガイロープにつないでおく
・火事に備え、火に強い素材のテントを選ぶ。

このような点に気を付けて、テントやタープの破損、トラブルを防ぎましょう。

周囲に迷惑をかけないように、強風の時はたき火を控える、といった配慮も必要です。

ポイント5:近隣の情報を事前にチェック

キャンプへ出かけるなら、その季節ならではの食事、そこでしかできないアクティビティやイベントを楽しみたい方が多いと思います。

スムーズに買い物や体験を進めるためにも、事前に情報をチェックしておきましょう。人気のキャンプ場の場合、アクティビティやイベント参加の予約が必要な場合があります。

現地についてから、地元で食材を購入する場合は、営業時間もたしかめておきましょう。バーベキュー用のセットなどをオーダーする場合は、予約を入れておくと安心です。

快適な春キャンプにはポータブル電源がおすすめ

春キャンプにおすすめなポータブル電源

春キャンプを快適に過ごすなら、ポータブル電源を一つ持っておくと安心です。ポータブル電源は、スマホだけではなく、様々な家電製品(電気毛布や電気ヒーター、冷蔵庫など)にも給電ができます。

春キャンプにポータブル電源を持っていくことで、電気毛布や電気カーペット、電気ヒーターなどを持参して寒さ対策ができるのはもちろん、
・食材を冷蔵したまま運ぶ
・ホームベーカリーや炊飯器などの調理家電を使う
・テレビやゲームを接続する
・ワーケーションを楽しむ
・照明器具で夜のテント内を明るく照らす
といった活用法が待っています。

「キャンプはしたいけれど、不自由過ぎる生活は避けたい」

それなら、自由に使えるポータブル電源を持参して、春キャンプを満喫してください。

キャンプ中は、さまざまな場面で電源が必要になります。途中でバッテリー切れを起こさないためにも、500~1000Wh程度のポータブル電源を選ぶと快適に使えます。

防災も兼ねる場合は1000~2000Wh程度の商品を選びましょう。

バッテリー不足を未然に防ぎたい場合は、ソーラーパネル付きのポータブル電源を選ぶと、キャンプをしながら充電できるためより便利です。

現在世の中では様々なポータブル電源が販売されているが、キャンプやアウトドア、防災用のポータブル電源を購入するなら、世界初のポータブル電源とソーラーパネルを開発し製造したJackery(ジャクリ)社をおすすめです。Jackeryポータブル電源・ソーラーパネルは、10年間で200万台以上の販売実績があり、防災マークやPSE認証を取得した安全性と品質を何より重視しているので、世界でも好評をたくさん得られています。

Jackery ポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

まとめ

春はキャンプに最適な季節。

シーズン到来を待ちわびていた方も、はじめてのキャンプにチャレンジしたい方も、ぜひキャンプ場へ足を運んでみてください。

春キャンプは、風対策や防寒対策が欠かせません。ポータブル電源や必要なアイテムを用意して、より快適なひと時を楽しみましょう。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信