おうちの庭や海・山でバーベキューがしたい! バーベキューに必要なものを解説!

バーベキューに必要なものを紹介

家族や友人、仲間があつまって、わいわい楽しむバーベキュー。これからはじめてみたいけれど、必要なものがわからない、という方が多いと思います。未経験の場合、敷居が高いように感じられるBBQですが、実はそれほど難しくありません。今回は、おうちや海でのバーベキュー時に何を用意しておけば良いのか、バーベキュー「bbq」に必要なものと準備しておくべきアイテムを紹介いたします。

家や屋外でのバーベキューでかならず必要なもの

家や海、山などでBBQする場合、かならず必要なものがあります。まずは、最低限そろえておきたいbbqアイテムをみてみましょう。

・バーベキュー用のグリル・コンロ

お肉や野菜を焼いて楽しむバーベキューは、専用のグリルやコンロが必須です。

キャンプ場やバーベキュー場によってはレンタルできる場合もありますが、頻繁に出かける場合はお気に入りの一台を持っておくと便利につかえます。

焼き台の用意にプラスして、網や鉄板、プレートも必要なものです。

「子連れや初心者で準備や片付けが大変」という場合は、すべてがセットになっている手ぶらプランを選ぶという手段もあります。

まずはバーベキュー(bbq)に少しずつ慣れながら、必要なアイテムをそろえていきましょう。

・炭・火おこしグッズ

バーベキューを楽しむために、人数に応じた量の炭を用意しておきましょう。近所のスーパーで購入した食材も、炭火焼で普段以上のおいしさになります。

火おこしの際は、はじめてでも簡単に着火できる「着火剤」を用意するものリストに入れておいてください。火をつけるための「ライター」、風を送るための「うちわ」も必需品です。

火を消した後のために、「火消し壺」や「バケツ」の用意もしておきましょう。

おうちの庭で楽しむなら、家庭用のコンロやポータブル電源を活用したホットプレートでのバーベキューにすると、後片付けの手間がなく手軽です。

・食材・飲み物

バーベキューで焼くお肉や海鮮、野菜、焼きそばなど、食べたい食材を多めに準備しておきましょう。ビールやチューハイ、お茶などのドリンクも欠かせません。

食材と合わせて塩コショウ、焼き肉のタレ、しょうゆ、ステーキソースなど、調味料も購入しておきましょう。かならず用意するものではありませんが、焼きマシュマロなど、スイーツやデザートがあるとより盛り上がります。

食材セットを注文できるバーベキュー施設もありますが、好みに合わせて現地で購入するのも楽しい時間です。

BBQを段取り良く進めるなら、自宅でお肉や野菜をカットしておく、具材を串に刺しておく、といった作業を済ませておきましょう。あとは焼くだけでOKのため手間が要りません。

購入した食材は、鮮度を維持するために、クーラーボックスに入れて、現地へ運びましょう。

夏場のアウトドアでBBQする場合、ポータブル電源があると小型冷蔵庫で食材を冷やしながら運べるため、より衛生的です。冷蔵庫があれば、キンキンに冷えた飲み物も持参できます。

・テーブル・椅子

飲み物やバーベキューで焼いた料理を置くテーブル、座って食事できる椅子もマストアイテムです。テーブルと椅子が一体になったタイプの商品もあります。

風の影響を受けにくい、しっかりとしたつくりの、折りたたみテーブル、ドリンクホルダー付きの椅子など、好みに合わせて選んでみてください。おうちの庭で楽しむ場合は、レジャーシートを敷いてもOKです。

・日用品小物

海や山でバーベキューする場合、意外に忘れやすいのがキッチン関係の小物です。

おうちBBQならすぐ取りに戻れますが、家から遠く離れる場合は小物の準備を忘れないようにしましょう。

・肉や野菜を切る包丁、まな板

・食材を焼くための菜箸やトング

・食器(紙皿や紙コップ、割りばし、BBQ用のトレーなど)

・キッチンばさみ

・キッチンペーパー

・ウェットティッシュ

・アルミホイル

・ラップ

・軍手

・洗剤とスポンジ

・ゴミ袋

日用品、消耗品を間違いなく持参するために、事前にリスト化しておくと安心です。バーベキューのために用意するものリストを作って忘れ物がないか、チェックしてから出発しましょう。

・身体を守るグッズ

バーベキューに出かけるなら、自分の身体を守るグッズを用意しておきましょう。

夏場の場合は日焼け止めや帽子、虫よけスプレー、蚊取り線香などが必要不可欠です。

冬場や春の場合は、しっかり防寒対策を施した上で、BBQを楽しみましょう。

アウトドアでは、思わぬケガの恐れがあります。必要最低限の薬や応急処置セットを用意するものリストに加えておくと安心です。

海や山でのバーベキューに必要なもの

海や山でバーベキューする場合、日よけのタープや大量の荷物を運べるワゴンがあると助かります。川や海に入る予定がある場合は、水着や着替え、タオルなども用意しておきましょう。

海でのBBQは、マリンスポーツや釣りなども楽しめます。

水難事故を防ぐため、ライフジャケットを持っていくとより安心です。

ポータブル電源があるとBBQの幅が広がる

BBQに必要なもの

先ほども少し触れましたが、おうちの庭や海、山でのバーベキューbbqは、ポータブル電源があるとより幅が広がります。実際にBBQしている人をみてみても、ポータブル電源を活用しているケースが少なくありません。

バーベキューにポータブル電源を持っておくとどんなメリットがあるのか、事前にチェックしておきましょう。

●冷蔵庫が使える

ポータブル電源があると、冷蔵庫が使えます。

・食中毒が心配な夏場でも食材を持ち運びやすい

・飲み物をずっと冷たいままでキープできる

・冷凍もできるタイプならアイスクリームも持っていける

といったメリットがあり、バーベキューの質を底上げできるでしょう。

おうちの庭でのバーベキューの場合も、キッチンと庭を何度も往復しなくて良いため、よりゆったり過ごせます。

●暑さ・寒さ対策ができる

暑い時には扇風機、寒い時には電気毛布や電気マットなど、ポータブル電源があれば寒暖の差が厳しい時に対策できます。

海や山の天気は変わりやすいこと、衣類での対策では不十分なケースが多いことから、クール家電、ヒート家電を持っておきましょう。

●火気厳禁の場所でもBBQできる

ポータブル電源があれば、ホットプレートでバーベキューできます。

・火気厳禁の公園でもバーベキューできる

・思い立った時に、焼き台や炭の準備鳴くBBQをはじめられる

といった点がメリットです。

ホットプレートでのバーベキューは、準備だけでなく後片付けも簡単です。

炭の片付けが面倒、という場合は、ポータブル電源×ホットプレートを活用してみてください。

●調理家電で副菜がつくれる

炭火でバーベキューをしながら、調理家電で副菜がつくれると、料理のレパートリーを増やせます。

例えば、たこ焼き器を一台持っていけば、たこ焼きが焼けるのはもちろん、アヒージョを作ったり、ホットケーキミックスを使ってデザートを用意したり、といったアレンジも可能です。

その他にも、IHコンロでお湯を沸かす、炊飯器で炊き立てご飯、ホームベーカリーで焼き立てパンを調理している例もあります。

BBQ以外にもう一品、二品欲しい時は、調理家電を持参してみましょう。

●テレビや音楽を楽しめる

ポータブル電源をテレビにつないでスポーツ観戦したり、好きなラジオや音楽を楽しんだり、映像や音があればより楽しいBBQになります。

かならずバーベキューに必要なものではありませんが、普段とは違うバーベキューにしたい場合は、テレビやラジカセを用意するものに追加してみましょう。

BBQに適したポータブル電源はどう選ぶ?

おうちの庭や海、山のバーベキュー目的でポータブル電源を選ぶ場合、

・ホットプレート

・IHコンロ

・調理家電

・冷蔵庫や冷凍庫

・扇風機

・電気毛布や電気マット

・テレビやラジカセ

など、複数の家電を同時に稼働させるケースが増えます。

最後までバッテリー切れすることなく、安心して使用するためにも1000Wh以上の容量を持つポータブル電源を選ぶのがおすすめです。

BBQ向けポータブル電源おすすめ

BBQにおすすめなポータブル電源

どのポータブル電源が良いのかで迷ったら、アウトドアで多く使われているJackery(ジャクリ)製品を選んでみてください。

Jackery社のポータブル電源は、世界累計200万台以上を売り上げている、業界トップの商品です。

・安全性や耐久性の高いリチウム電池が使用されている

・過充電や過放電などから守るシステムが採用されている

・コンパクトで持ち運びしやすいサイズ感

・安心の3年保証

など、製品の質の高さ、使い勝手、アフターフォローの手厚さで多くのユーザーに愛されています。

家庭用コンセント(AC)やUSBケーブル、シガーソケットなど、幅広い端子に対応しているため、活用の幅が広い点も選択するメリットです。キャンプに良く映えるスタイリッシュなビジュアルにも定評があり、キャンプ場で見かけるポータブル電源の定番となっています。

2月発売のJackery「ポータブル電源 1500 Pro」は、ホットプレートや電子レンジ、電気ケトルも問題なく使える優れものです。BBQだけでなく、普段使いの電源として、災害の備えとしても役立ちます。

これまでのJackeryよりも大容量、高出力なpro仕様のポータブル電源と、バーベキューに必要なものを備えて、家族や大切な仲間と特別な時間を過ごしましょう!

万が一のバッテリー切れに備えるなら、BBQしながら発電できるソーラーパネル付きセットがおすすめです。

その他にも、1000Whの製品、2000Whの製品など、幅広いラインナップがありますので、家族構成や集まる人数に合わせて選んでみてください。

Jackery ポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

まとめ

おうちバーベキューや海や山でのバーベキューには、備えておくべき必要なものがあります。大人や子どもの人数に最適な食材や道具をリストアップして、もれなく準備しておきましょう。

初心者さんも、プロフェッショナルの方も、ポータブル電源があるとより楽しみ方の幅が広がります。

飽きのこないBBQにするために、冷蔵庫や調理家電、日曜家電をとことん活用して、オリジナリティを高めてみてください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信