太陽光発電の仕組みは?メリットやデメリット・話題の商品について

太陽光発電仕組み

近年、電気代が信じられないほど高騰し、どうにかして節電しつつ普段通りの生活をおくりたいとお考えの人は多いのではないでしょうか。たしかに、電気そのものを使うことを辞めれば節電はできますが、かなりしんどい思いをしなければならないはずです。

そこで今注目されているのが、太陽光発電です。太陽光発電はどういうものかは何となく知っていても、仕組みまで熟知している人は少ないものです。今回は、太陽光発電の仕組みやおすすめのポータブル電源(ソーラーパネル付き)についてお話ししますので参考にしてみてください。

太陽光発電とは何?

みなさんは、太陽光発電というワードはよく聞くはずですが、実際にどういうものなのか、というのは知らないはずです。

太陽光発電とは、太陽の光を利用してエネルギーに変換するシステムのことを指します。太陽光発電を活用することで、電気を作ってくれたり売れたりするという特徴があります。

太陽光発電は産業用だけではなく、一般家庭でも設置されるようになってきました。東京では、新築住宅に太陽光パネルの設置の義務化が進んでおり、より私たちの生活に深く関わってきています。

とくに近年では、電気代が異常に値上がりしており電力会社から電気を買うのではなく、太陽光発電で完結しようとする動きになっています。結果的に、太陽光発電のおかげで電気代はかなり安くなるというわけです。

太陽光発電の仕組みは?

太陽光発電があることで、電気を作ってくれるのは何となく分かりました。しかし、あのパネルでどうやって電気を作りだしているのでしょうか。実際、太陽光発電や太陽光パネルの仕組みはとても簡単です。

まず、太陽には目で見られないほどの強い光を発していることは知っているはずです。その光を太陽光発電で電気に変換している、というのが基本的な仕組みです。

少し専門的なお話にはなりますが、太陽光発電にはソーラーパネルがあり、そのなかにたくさんの太陽電池が組み込まれています。

太陽電池仕組みは、n型半導体とp型半導体の板を組みあわせて作られています。その仕組みを活かして太陽光が太陽電池にあたると、電気が流れるという仕組みになっています。要は、乾電池のプラスマイナスのように条件が重なると、電気が流れるようになるというわけです。

太陽光発電に必要なもの

太陽光発電の仕組み

各家庭に設置されている太陽光発電を見ると、なにやら薄い板のようなものが何枚も屋根にはりつけられています。では、太陽光発電の性能を発揮するためには、どのようなシステムが必要なのでしょうか。

・ソーラーパネル

太陽光発電で必要なシステムは、ソーラーパネルです。

ソーラーパネルとは、みなさんがよく見る何枚も重ねられた板の設備のことを指します。ソーラーパネルは、太陽光パネルやモジュールとも呼ばれています。

ソーラーパネルの仕組みとしては、このソーラーパネルに太陽光があたることで、電気が作られるというわけです。ソーラーパネルにはシリコンや化合物、有機に分けられますが、一般的にはシリコンが使われています。

また、シリコンにもいくつかの種類に分類されます。一般家庭で使われているのは、単結晶シリコンと言われるものです。

・パワーコンディショナー

ソーラーパネルは聞いたことがあっても、パワーコンディショナーは初耳ではないでしょうか。

太陽光で集めたエネルギーは、自動的に電気に変換されるわけではありません。家庭用の電気として使えるようにしてくれるのが、パワーコンディショナーです。

パワーコンディショナーの仕組みは、太陽光を電気に変換してくれるシステムのことを指します。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとデメリット

どんなものにもメリットやデメリットはありますが、太陽光発電はどのような良し悪しがあるのでしょうか。

・環境にやさしい

太陽光発電はあくまで太陽光を集めて電気を作っているため、CO2を排出しません。CO2の排出が少なくなれば、世界的に問題となっている温室効果ガスを減らせるというメリットがあります。

メタンや一酸化炭素、二酸化炭素(CO2)が増えると地球温暖化となり、さまざまな問題が発生します。その点太陽光発電は、CO2の排出とは無縁ですから環境にやさしいシステムです。

・売電できる

太陽光発電により貯めた電気は、売電できるというメリットがあります。

FIT制度という、設置から10年以内は一定の価格で電力会社が電気を買い取ってくれるという仕組みがあります。

この期間は、売電価格が高くなっているため、売電により利益を得られます。

普通は電気を売ると言うことはできませんが、太陽光発電だけに与えられた特権と言えます。

・災害時に大活躍する

自家発電モードを搭載している太陽光発電であれば、災害時、停電時でも電気が使えるようになります。

とくに、電気がとまると困るようなご家庭では、太陽光発電により電気が使えると言うのはこの上なく心強いと言えます。

近年、大型の台風や地震、大雪などの災害により停電するケースがありますが、太陽光発電があれば安心ではないでしょうか。

・エネルギーがなくならない

私たちが日常的に使っているガスは無限ではなく、限りある資源です。つまり、どこかのタイミングで枯渇してしまう可能性があります。

ですが、太陽光発電で作られる電気は太陽があるかぎり無限に作られます

太陽光発電によりエネルギーがなくならないため、長い目で見ても安心できるシステムではないでしょうか。

太陽光発電のデメリット

では、次に太陽光発電のデメリットを見ていきましょう。

・費用が高額

太陽光発電を設置する際には、本体代と設置費用がかかります。

本体代は1kWあたりで変わってきますが、それでも平均140万円くらいはするため、かなり高額な買い物となります。

さすがに、車を買えるくらいの金額のため即決できるレベルではありません。いくら売電できるから、電気代が節約できるからといっても100万円を超える買い物は気が引けるものです。

・天気により発電量が変化する

悪天候が続くと、そもそも太陽光が不足するため発電ができなくなってしまいます。こればかりは誰にもどうすることもできないため、かなりやっかいな問題と言えます。

しかも、意外にも発電量が多そうな真夏で高温になるとパネル温度が上昇し、発電効率が低下してしまいます。

また、梅雨の時期も太陽光が少ないため、発電効率が低下します。

・メンテナンス費用がかかる

太陽光発電は機械ということもありますし、常に直射日光にあたる場所に設置するため定期的なメンテナンスが必要不可欠です。メンテナンスなんて面倒だと思うかもしれませんが、これらは法律で義務化されているので逃れられません。

点検は、設置から1年後、それからは5年目に1回、最終的には4年に1回となります。頻度的には多くはありませんが、それでもメンテナンス費用は万単位ですから大きな負担を感じられます。

太陽光発電はやめたほうがいいって本当?

どのご家庭でも、給湯機やガス設備などはかならず設置されていますが、太陽光発電はそうでもありません。そういう背景もあり、太陽光発電はやめたほうがいいの?という意見もあるほどです。

もちろん太陽光発電の環境や用途が合えばいいですが、なかにはそうではないケースもあります。たとえば、天気により発電量が左右されること、売電価格が下がっていることなどがあげられます。

そこで注目されているのが、ポータブル電源とソーラーパネルのセットです。

ポータブル電源とソーラーパネルは太陽光発電と同じような仕組みで電気を集め、使えるようになっています。しかも設置費用がかからず、持ち運びができます。

太陽光発電は自宅の屋根に設置すればそこから動かせませんが、ポータブル電源とソーラーパネルは車に乗せてどこへでも持って行けます。

アウトドア用として、災害用としてポータブル電源とソーラーパネルが活躍するため、かなり人気となっています。

太陽光発電がいらない?

太陽光発電のかわりにポータブル電源ソーラーパネルがおすすめ!

太陽光発電は、費用的にかなり高いのでなかなか手がだしにくい、というデメリットがあります。

しかし、将来的に電気を確保できる物を用意したい人向けに、ソーラーパネル付きポータブル電源がおすすめです。

なぜなら、ソーラーパネル付きポータブル電源は安くて好きな場所で使えるからです。家庭用の太陽光発電はいちど設置をすればそこでしか使えませんが、ポータブル電源そののがどこでも使えるためかなり便利です。数多くポータブル電源・ソーラーパネルのメーカーからおすすめなのは、Jackery(ジャクリー)という世界初のポータブル電源と持ち運びソーラーパネルを開発して生産したメーカーです。

・Jackery Solar Generator 2000 Pro ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電におすすめの製品

Jackeryのなかでも、最強クラスの容量をほこる2000Proとソーラーパネルがセットになりました。ポータブル電源とソーラーパネルの組み合わせにより、持ち運びができる太陽光発電が完成します。

しかも、2000Proはもともとの容量が大きいため、災害用にピッタリなポータブル電源です。

また、ソーラーパネルがあればポータブル電源のフル充電が最短2.5時間で完了するため、電気には困らなくなります。

・Jackery Solar Generator 1500 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品②

次におすすめなのが、1500のソーラーパネルセットです。

2000Proほど容量はありませんが、それでも1543Whの大容量クラスをほこるポータブル電源です。それを補ってくれるのがソーラーパネルです。

このソーラーパネルは、折りたたんで持ち運びができるのと、USB端子が備わっているため単体でも充電ができるという優れものです。

・Jackery Solar Generator 1000 Pro 800W ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品③

1002Whの高容量ポータブル電源と、ソーラーパネルがセットになった商品です。Jackery Solar Generator 1000 Pro 800W ポータブル電源 ソーラーパネル セットは800Wと1000サイクルの高寿命が実現しました。

充電時間も1.8時間とかなりはやいこともあり、家電製品が使えないという時間を与えません。

・Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品➃

1000Proに1枚のソーラーパネルがセットになったJackery Solar Generator 1000 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

800Wのタイプよりかもかなり安価なため、購入しやすい価格帯と言えます。

コンパクトで移動が楽なポータブル電源やソーラーパネルをお探しなら、1000Proの80Wがおすすめです。

・Jackery Solar Generator 1000 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品⑤

1000Proではありませんが、同じ容量のポータブル電源とソーラーパネルセットの商品です。

1000はソーラーパネル最大接続数が2枚、ソーラー入力W数が180と最低限の機能が備わっています。

・Jackery Solar Generator 708 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品⑥

ポータブル電源の708にソーラーパネルがセットになりました。

708はかなり小型で軽量ということもあり、持ち運びが非常に楽というメリットがあります。ですから、アウトドア用としても大活躍するのがJackery Solar Generator 708 ポータブル電源 ソーラーパネル セットです。

アウトドア用で電気を使用しつつ、ソーラーパネルで電気を集められるため非常にエコな使いかただと言えます。

・Jackery Solar Generator 400 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品⑦

708よりも小型なポータブル電源が400です。

重さが4.1kgと、どこにでも持ち運びができますし、ソーラーパネルをセットにしてもかさばりません。

アウトドア用としてちょっとしたことに使いたいのであれば、Jackery Solar Generator 400 ポータブル電源 ソーラーパネル セットがおすすめです。

・Jackery Solar Generator 240 ポータブル電源 ソーラーパネル セット

太陽光発電おすすめ商品

もっとも小型で軽量化されたのが240です。

重さが3.1kgと女性でも持ち運びできるため、かなり臨機応変に対応してくれるのが240です。

Jackery Solar Generator 240 ポータブル電源 ソーラーパネル セットで電気を貯めながら集められますし、なにより安価ですから太陽光発電よりも購入しやすいです。

まとめ

太陽光発電は、私たちにとって馴染みになりつつありますが、まだまだ高額ということもあり全世帯が導入すると言うのはかなり難しいです。ですが、万が一の時に電源を供給できる何かが欲しいと考えているはずです。

そんなときには、ポータブル電源とソーラーパネルのセットなら、太陽光発電よりもかなり安価ですし、電気を貯め、持ち運びもできます。

関連記事

花見とバーベキューができるおすすめスポットを地域別(関東・東海・関西・その他地域)で紹介
花見とバーベキューができるおすすめスポットを地域別(関東・東海・関西・その他地域)で紹介
バーベキューをしながらみんなで桜を見れば、楽しさが倍増します。しかし、「バーベキューができるお花見スポットってあるの?」
ブログを読む
春キャンプの持ち物はこれで決まり!必需品から快適アイテムまで紹介
春キャンプの持ち物はこれで決まり!必需品から快適アイテムまで紹介
木々や花々が色づき始め、美しい景観の中で楽しめる春キャンプ。なかには「春キャンプの持ち物は?」「春キャンプの必需品は?」
ブログを読む
春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介
春キャンプは寒さ対策をして楽しもう!防寒対策方法と必要なアイテムを紹介
春キャンプには、絶対に寒さ対策が必要です。状況や場所によっては、かなり冷え込む場合もあります。今回はそんな、春キャンプに
ブログを読む