ソーラー発電機はどういうもの?活用のメリットと選ぶポイントを徹底解説

ソーラー発電機はどういうもの?活用のメリットと選ぶポイントを徹底解説

ソーラー発電機は、太陽光を活かせる機器です。燃料を必要とする発電機と異なり、有毒なガスや騒音が出ないため、環境や近隣と調和できることが特長です。

せっかく選ぶなら仕組みやメリットを理解したうえで、ご自身に合ったソーラー充電機を選びたいものです。この記事ではソーラー発電機がなぜ発電できるか、また活用のメリットや選ぶポイントを詳しく解説します。ソーラー発電機をよく知りたい方は、ぜひお読みください。

ソーラー発電機とはなにか?仕組み・種類・使い道について詳しく解説

ソーラー発電機とは太陽光を使って発電し電気を供給する装置のことです。ソーラーパネルは代表的な機器の一つですが、蓄電池やパワーコンディショナーもソーラー発電機を構成する機器として使われています。

ソーラー発電機は降り注ぐ太陽光を電気に変え、家庭やオフィス、工場などで使う機器に電気を供給します。電力会社からの電力供給がなくても電気を使う手段が得られることは、大きなメリットといえるでしょう。

太陽光でなぜ発電ができるのか?

皆さまのなかには太陽光を当てただけで発電できることを、不思議と思う方もいるかもしれません。これは、ソーラーパネル内部に組み込まれた半導体が大きな役割を果たしています。光を当てると電気を発生する半導体を直列につなげることで、家電や機器を動かせるだけの大きな電力を生むことが可能です。

詳しい仕組みは、以下の記事をご参照ください。

関連人気記事:ソーラーパネルでなぜ電気が作れるのか?

固定するタイプと持ち運び型の2種類がある

ソーラー発電機は設置方法や設置場所という観点から、大きく以下の2種類に分けられます。

屋根と一体、または屋根や壁など、家屋などに固定するタイプ

・家屋に固定せず移動が可能な「持ち運び型」

固定するタイプの製品では、大容量の発電を行えます。発電した量によっては、電力会社へ電気を売る「売電」も可能です。一方で持ち運び型の発電量は小さく、売電もできません。その代わりに設置や片付けが簡単で、移動先でも発電できることは魅力です。

それぞれの特長は、以下の記事もご参照ください。

関連人気記事:自家発電の方法を徹底解説!ソーラーパネルとポータブル電源の併用をおすすめする理由とは?

関連人気記事:ソーラーパネルはポータブルで使えるものがおすすめ!メリット・選び方・おすすめ製品をご紹介

ソーラー発電機の使いみちは多種多様

ソーラー発電機の用途や使い道は、以下のとおり多種多様です。

電気代の節約

電力会社に売電し、収入を得る

停電など災害への備え

アウトドアで家電を使う

車中泊をする際の電源として使う

ライフスタイルにあわせて、さまざまな使いみちがあることはソーラー発電機の強みです。

ソーラー発電機の活用には多くのメリットがある

ソーラー発電機の活用には、多くのメリットがあります。代表的な項目を、以下に挙げました。

停電に遭っても家電を使える

電気料金を抑えられる。売電できれば収入も得られる

電力会社の値上げや燃料費調整額などの影響を小さくできる

環境保護に貢献でき、エコな生活やSDGsを実践できる

持ち運び型の場合は、旅先や移動先でも家電を使える

ソーラー発電機は家計を助けるとともに、いざというときの備えにも使える頼もしい機器です。自然エネルギーを使えるため、21世紀にふさわしい生活を後押しするメリットも見逃せません。

関連人気記事:太陽光発電のメリット・デメリットとこれからの将来性

ソーラー発電機を構成する3つの機器

ソーラー発電機を構成する3つの機器

ここからはソーラー発電機を構成する3つの機器について、どのようなものか確認していきましょう。

ソーラーパネル

ソーラーパネルは、太陽光をもとに電気を作り出す装置です。セルに太陽光が当たると内部にある電子が移動し、発電します。作られた電気は内部に張り巡らされた電線によって、ソーラーパネルの外へと導かれます。

一つ一つのセルで作られる電気の量は、多くありません。セルを直列に接続し数を増やすことで、大きな電力を取り出せます。

ソーラーパネルは、シリコン製の商品が主体です。なかでも家庭用のソーラーパネルには、発電効率が高い単結晶シリコンがよく使われます。

ソーラーパネルについての詳細は、以下の記事をご参照ください。

関連人気記事:薄型太陽光パネル、ポータブル太陽光パネル…進化する最新パネルを紹介

直流を交流に変換する「パワーコンディショナー」

ソーラーパネルで発電した電気は、直流です。一方で家電や事業用機器の多くは、コンセントに挿して使う交流電源が必要です。このため発電した電気の利用には、直流を交流に変換する装置が欠かせません。これを「パワーコンディショナー」と呼びます。「パワコン」や「インバーター」とも呼ばれますが、同じ意味です。

もし災害などで停電し、電力会社からの電力供給が途絶えた場合でも、ソーラーパネルとパワーコンディショナーがあれば電気を使える場合があります。ソーラーパネルが発電している間に限られますが、パワーコンディショナーの自立運転コンセントにつなぐことで電気を使えます。

なお持ち運び型ソーラーパネルの場合は、ポータブル電源に充電します。ポータブル電源は、直流と交流のどちらも供給できる機器です。交流への変換はポータブル電源で行うため、パワーコンディショナーを使う必要はありません。

電気を貯める蓄電池

発電した電気を貯めておくためには、蓄電池が必要です。サイズや大きさは、多種多様です。「エアコンなど、一日で使う電力をすべて蓄電池でまかない快適に過ごしたい」という方は、固定して使う蓄電池を選ぶことになるでしょう。

持ち運び可能な蓄電池は、「ポータブル電源」や「ポタ電」と呼ばれる場合も多いです。自宅以外でも使えるメリットがある反面、容量は小さく、調理家電など大きな電力を要する機器への給電時間は限られます。但しノートパソコンを動かす程度の電力であれば、24時間以上給電できるポータブル電源もあります。

関連人気記事:家庭用蓄電池の価格・補助金|設置工事なしで簡単に導入できるポータブル蓄電池も紹介

ソーラー発電機を選ぶ8つのポイント

太陽光を生活に役立てるためには、目的に合ったソーラー発電機の選択が重要です。ここからはあなたに合ったソーラー発電機を選ぶポイントを、8つに分けて解説します。

①活用したいシーンを考える

ソーラー発電機を活用する主な目的や希望は、どのようなものでしょうか。すべての希望をかなえられるソーラー発電機はありません。活用したいシーンにあわせて、ソーラー発電機を選ぶ必要があります。

売電をしたい、太陽光ですべての家電を使いたいという方は、固定するタイプの製品が適切です。一方で「手軽に太陽光発電を始めたい」「家屋を傷めたくない」「自宅以外でも太陽光発電をしたい」という方は、持ち運び型のソーラー発電機がおすすめです

②充電スピードが速いと短い時間で充電できる

ソーラー発電機の充電スピードは、ソーラーパネルと蓄電池の組み合わせにより大きく変わります。ソーラーパネルの出力が大きく、高速での充電が可能な蓄電池を組み合わせれば、短い時間で充電できるでしょう。製品選びには、このような観点でのチェックも重要です。

③変換効率が高い製品で太陽光の有効活用を

同じ量の太陽光でも、発電できる電力はソーラー発電機により異なります。製品ごとに、変換効率が異なることが理由です。変換効率とは、光エネルギーを電力に変換した割合を指します。この数値が高いほど太陽光を効率よく電気に変えることができ、より多くの電気を発電できるわけです。

ソーラーパネルの変換効率は、20%が一般的です。Jackery(ジャクリ)が提供するソーラーパネルSolarSaga 200」「SolarSaga 100」は変換効率が最大24%と高く、太陽光を有効活用できる製品です

➃耐久性の高い製品をおすすめ

購入したソーラー発電機は、できるだけ長持ちさせたいものです。耐久性が高く、壊れにくい工夫がされている製品を選びましょう。

例えばソーラーパネルの場合は、防水・防塵性能の高い製品がおすすめです。蓄電池の場合は、充電可能な回数が多い製品を選ぶとよいでしょう。

⑤蓄電池の容量も要チェック

ソーラー発電機を有効活用するなら、ソーラーパネルで発電した電気を貯める蓄電池の存在は欠かせません。容量が大きいほど、さまざまな家電を長い時間使えます。Jackery(ジャクリ)が発売するポータブル電源の場合、調理家電など出力の大きい家電を使うなら最上位の「ポータブル電源 2000 Pro」がおすすめです。

一方でノートパソコンや車載冷蔵庫用の電源として使う場合、消費電力はあまり大きくなりません。「ポータブル電源 708」でも、十分に使えます。蓄電池は容量が増えると重くなり、価格もアップします。このため、用途に合った製品選びがおすすめです。

⑥コストも重要

ソーラー発電機を購入する際のコストは、多くの方が気にするポイントです。固定するタイプの場合は、100万円を超えるケースも珍しくありません。

加えて製品によっては、購入後も以下の費用が発生する場合があることに注意が必要です。

・ソーラーパネルの定期的な点検や清掃費用

パワーコンディショナーの交換費用

不具合が発生した際の修理費用

廃棄にかかる費用 

このため購入時の費用だけをチェックすることは、あまりおすすめできません。購入から廃棄までに必要なコストを算出し、比較することがおすすめです。

持ち運び型の場合、設置工事が不要でメンテナンスも簡単なので、初心者でもお手軽に簡単に導入できるでしょう。費用に関しては、容量やソーラーパネルの枚数により異なりますが、11万円程度で買えるものもあります。

⑦廃棄しやすい製品を選ぶ

ソーラー発電機を購入する場合は、廃棄するときのことまで考える必要があります。モバイルバッテリーのように、幅広い店舗で回収する仕組みは整っていません。もし以下のような状況になると、高額な費用を払って専門業者に処理を依頼せざるを得なくなるかもしれません。

メーカーに問い合わせると、「お住まいの自治体にご相談ください」と回答される

自治体に問い合わせると、「購入したメーカーにご相談ください」と回答される

このためソーラー発電機を選ぶ際はメーカーによる回収があるなど、廃棄しやすい製品を選ぶことがおすすめです。

Jackery(ジャクリ)製品の場合は、Jackeryにて回収いたします。「使えなくなったあと、どう捨てようか」など、処分方法に悩む必要はありません。

⑧持ち運び型の場合にチェックしたい項目

持ち運び型ソーラー発電機の場合は、以下の項目もチェックしておくと快適に使えます。

付属品の内容

出力アンペア数

ポータブル電源の出力ポートの種類や数

設置や接続のしやすさ

たとえば出力ポートの種類は交流100Vコンセントだけでなく、USB-AやUSB-C、シガーソケットがあります。対応する種類が多いほどつなげる機器も増えるため、利便性が高まります。また設置や接続がしやすい発電機は手軽に使えますから、使用頻度が増え日々の生活に役立つことでしょう。

ソーラー発電機は安全で高機能なJackery製品をおすすめ!

これからソーラー発電機の導入をお考えの方には、Jackery製品がおすすめです。Jackery(ジャクリ)では、持ち運び型のソーラーパネルを提供しています。自宅に限らず移動先でもソーラーパネルを広げ、発電した電気で家電を動かせるメリットが得られます。

加えて、設置工事不要で初期コストの低さも見逃せません。またソーラーパネルとポータブル電源の相性がチェックされているため、トラブルが起きにくく安心して使えることも強みです。

Jackery製品は以下のとおり、安全で高機能なことも魅力です。

・ソーラーパネルは高い防水・防塵性能を持ち、屋外での使用も安心

ポータブル電源は防火材料を使用し、耐久性と放熱性に優れている

バッテリーにはBMS安全機能を搭載。国際基準「UN38.3」(国連特別輸送試験)の認証も取得

ソーラーパネルの変換効率が24%と高い(SolarSaga100、SolarSaga 200が該当)

ポータブル電源でほとんどの家電を動かせる(2000 Pro、1500 Pro、1500が該当)

充電時間は最短で2時間~2.5時間前後

ソーラーパネルとポータブル電源は、設置も接続も簡単

AC100V電源、USB-A、USB-C、シガーソケットの出力に対応。Proシリーズでは50ヘルツと60ヘルツの出力を選べる

Jackery製品を選ぶメリットは、以下の記事もあわせてご参照ください。

関連人気記事:Jackery(ジャクリ)の評判や口コミは?実際の満足度や選んだ理由を解説!

Jackery(ジャクリ)の魅力的なソーラー発電機をご紹介

Jackery(ジャクリ)の魅力的なソーラー発電機をご紹介

ここからはJackeryが提供する、人気な2種類のソーラー発電機を紹介します。機能や魅力的なポイントを確認し、製品選びにお役立てください。

●Jackery Solar Generator 2000 Pro|ジャクリソーラージェネレーター2000プロ

Jackeryが提供するソーラーパネルの最上位機種「SolarSaga 200」と、ポータブル電源の最上位機種「ポータブル電源 2000 Pro」を組み合わせたJackery Solar Generator 2000 Proです。SolarSaga 200は最大200Wで発電でき、最速(6枚接続の場合)で2.5時間でフル充電できます。

ポータブル電源には2160Whまで貯められます。電子レンジやエアコン、電気グリル鍋といった電力消費量の大きい家電も、1時間から2時間使えることが強みです。太陽光で得られる電気を、積極的に活用できることでしょう。

SolarSaga 200は1枚でも充電できますが、満充電まで14時間かかります。日光の強い時間帯に充電を終わらせたい場合は、ソーラーパネルの接続する数を増やして良いでしょう。製品のスペックを、以下の表にまとめました。

容量

2160Wh

定格出力

2200W

AC充電入力

最大15A

充電時間

AC電源(2時間)

シガーソケット(24時間)

ソーラーパネル(SolarSaga 200×1枚で14時間、3枚で5時間、6枚で2.5時間)

サイズ

ポータブル電源 2000 Pro:幅38.4cm、高さ30.75cm、奥行26.9cm

SolarSaga 200(展開時):幅232cm、縦54cm、高さ2.5cm

SolarSaga 200(収納時):幅54cm、縦61.5cm、高さ4.0cm

重量

ポータブル電源 1500 Pro:約19.5kg

SolarSaga 200:8kg

出力ポート

AC100V×3(50ヘルツ、60ヘルツとも対応)

USB-A×2(Quick Charge3.0対応)

USB-C×2

シガーソケット×1

公式サイト

Jackery Solar Generator 2000 Pro

関連人気記事:2000Wクラスのポータブル電源がすごいって本当?アウトドアや災害時に活躍!

●Jackery Solar Genarator 1500 Pro|ジャクリソーラージェネレーター1500プロ

こちらはソーラーパネル「SolarSaga 200」と、ポータブル電源の最新機種「ポータブル電源 1500 Pro」を組み合わせたJackery Solar Generator 1500 Proです。貯められる容量は「Solar Generator 2000 Pro」の4分の3程度にとどまりますが、定格出力は1800Wあり、ほとんどの家電を動かせます。ソーラーパネルで貯めた電気を活用し、ケトルや電子レンジ、エアコン、電気グリル鍋など、消費電力量の大きな家電も使えます。

ポータブル電源 1500 Proは、寿命が2000サイクルと長いことが魅力です。加えて80%の電池残量で472日間保存できるため、都合の良いタイミングで電気を貯められます。温度制御や冷却効率の向上など、安全性が向上していることも安心して使えるポイントです。

SolarSaga 200を1枚だけ使った場合は、満充電まで10時間かかります。日光の強い時間帯に充電を終えるためには、2枚活用することをおすすめします。製品のスペックは、以下の表でご確認ください。

容量

1512Wh

定格出力

1800W

AC充電入力

最大13A

充電時間

AC電源(2時間)

シガーソケット(16.5時間)

ソーラーパネル(SolarSaga 200×1枚で10時間、2枚で5時間、5枚で1.8時間)

サイズ

ポータブル電源 1500 Pro:幅38.4cm、高さ30.75cm、奥行26.9cm

SolarSaga 200(展開時):幅232cm、縦54cm、高さ2.5cm

SolarSaga 200(収納時):幅54cm、縦61.5cm、高さ4.0cm

重量

ポータブル電源 1500 Pro:約17kg

SolarSaga 200:8kg

出力ポート

AC100V×3(50ヘルツ、60ヘルツとも対応)

USB-A×2(Quick Charge3.0対応)

USB-C×2

シガーソケット×1

公式サイト

Jackery Solar Generator 1500 Pro

Jackeryのソーラー発電機で太陽光の有効活用を

ソーラー発電機の種類はさまざまです。太陽光で生活に必要な電気をまかないたい、売電で稼ぎたい場合は、初期投資額だけで100万円を超える可能性があります。一方で「太陽光の恵みを生活に活かしたい」場合は、持ち運び型のソーラー発電機を活用し、光熱費の削減を実現できます。万が一の際に電気を使えることも、うれしいポイントです。

Jackeryでは、ソーラーパネルとポータブル電源のセットを提供しています。屋根などに据え付けるソーラーパネルよりも、安価な価格で購入できます。どこでも使えることも魅力です。この機会に購入し、太陽光を有効活用してみてください。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。