薄型太陽光パネル、ポータブル太陽光パネル…進化する最新パネルを紹介

薄型ソーラーパネルについて

太陽光パネルといえば住宅の屋根に取り付けるタイプや、広い敷地に設置する業務用のものがイメージされます。ですが近年、太陽光パネルの種類は多様化しており、気軽に取り入れられるものも増えてきました。薄型の太陽光パネルやポータブルタイプの太陽光パネルなど、最新の太陽光パネル事情を紹介します。太陽光発電に興味がある方、どの太陽光パネルを選べばいいかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

薄型太陽光パネルのメリットとデメリット

シリコン系の太陽光パネルの中でも、アモルファスシリコンと呼ばれるタイプは、従来の太陽光パネルと比べると非常に薄型なのが特徴です。まず、太陽光パネルにはシリコン系と化合物系、さらに有機物系があります。この中でも、世界中で広く取り入れられているのがシリコン系の太陽光パネルです。

シリコン系太陽光パネルには結晶型とシリコン型があり、結晶型は加工しやすく価格も安く、一般家庭でも非常に使いやすいです。網膜シリコンの太陽光パネルは軽量で、今後の課題はあるものの注目されている素材です。発電効率が悪い点だけ注意しなければなりません。アモルファスシリコンにはどのような特徴があるのかをチェックしてみましょう。

メリット①加工しやすい

アモルファスシリコンの大きなメリットの一つとして、加工しやすい点が上げられます。プラスチックなど、柔らかい素材にも取り付けられ、どんな場所でも発電が可能です。

平面だけでなく、折り曲げたり曲線を描いて設置することも可能。住宅の屋根の形状に応じて、さまざまな形にアレンジできます。

狭い土地での設置や柱、マンションなどの設置にも適しているのが特徴です。

メリット②価格が安い

アモルファスシリコンの太陽光パネルは製造コストが低く、価格を抑えやすいというメリットもあります。

結晶系のシリコンは高温でシリコンを溶接しなければなりませんが、アモルファスシリコンなら基盤であるガラスに原料を吹き付けて膜を作るだけなので、手間がかかりません。非常に薄型で使用する材料も少ない分、資材にかかる費用も抑えられます。

今後地球環境に配慮して太陽光発電が重視されるようになる世の中では、一般家庭でも気軽に導入できるアモルファスシリコンの太陽光パネルは重宝されることでしょう。

デメリット①変換効率が低い

アモルファスシリコンの太陽光パネルは変換効率が低い点に注意しなければなりません。不純物が入り込みやすい分、効率的に太陽光を変換できません。

一般的な結晶系のシリコンが16%程度発電できるのに対し、アモルファスシリコンは9%程度しか発電できません。

今後の研究次第では発電効率が高まる可能性もあり、今後の重要な課題となっています。

デメリット②設置に広い面積が必要

アモルファスシリコンの太陽光パネルは発電効率が低い分、他のタイプの太陽光パネルと同じだけの発電をするためにはより広い設置場所を確保しなければなりません。天井が狭かったり、庭などの面積が少ししかない場合は、十分な発電効果を得られない可能性もあります。

また、アモルファスシリコンの太陽光パネルの価格自体は安くても、導入する量が多ければ結局高額になってしまう可能性もあります。事前に予算を決めて、アモルファスシリコンかその他の結晶型太陽光パネルか、どちらの方がふさわしいかをよく検討しましょう。

カーポート太陽光パネルのメリットとデメリット

カーボード太陽光パネルのメリットとデメリット

太陽光パネルといえば住宅の屋根に取り付けるタイプが一般的ですが、近年はカーポートに取り付けるタイプも登場しています。

車を雨や雪、ほこりから守ってくれるカーポートの屋根部分を有効活用できる、カーポート太陽光パネルの特徴をチェックしましょう。

メリット①住宅のデザインの邪魔をしない

カーポートに太陽光パネルを設置すれば、住宅の見た目を損ねることなく太陽光発電を取り入れられます。

太陽光パネルを屋根に取り付けると、住宅の見た目が悪くなってしまうという問題があります。

とくに明るい色の屋根に黒い太陽光パネルを設置すると非常に目立ってしまいます。

南向きに玄関がある場合は太陽光パネルも南向きに取り付けることになるので、デザイン面を重視する方には気になるポイントでしょう。

メリット②デッドスペースを有効活用できる

カーポートは車を雨、雪、ほこりから守ってくれる便利なエクステリアアイテムです。玄関から設置すれば、雨に濡れることなく車に乗り込むことも可能です。

一方で、玄関先が暗くなってしまう、カーポートの屋根部分がデッドスペースになってしまうという問題もあります。カーポートの屋根に太陽光パネルを設置すれば、デッドスペースを有効活用して太陽光発電ができます。

カーポート用の太陽光パネルは軽量で薄型のものもあり、ラインナップも豊富にあるため、自宅のカーポートに合うタイプを探してみましょう。

デメリット①積雪時にこまめな雪かきが必要

カーポートは車を雪から守ってくれるアイテムですが、その屋根部分にカーポートを設置する場合は頻繁に雪かきをしなければなりません。

太陽光パネルの上に雪が積もっていると当然ですが太陽光発電はできません。

これまでは数日に一度でよかった雪かきも、太陽光パネルを取り入れる場合は毎日しなければならないという点に注意しましょう。

デメリット②影になりやすく発電効率が落ちる

カーポートは住宅の屋根よりも低く、住宅や周辺の建物、樹木の影になりやすいです。その分、十分に太陽光を集められず、発電効率が悪くなってしまいます。

カーポートの場所をよく確認して、日中しっかり太陽光が当たるか、効率的に発電できる場所があるかを考えましょう。場合によっては、カーポートに取り付けるより住宅に取り付ける方が効率的な可能性も高いです。

ポータブル太陽光パネルのメリットとデメリット

ポータブルソーラーパネルのメリットとデメリット

ポータブル太陽光パネルは、いつでもどこでも、好きな場所で発電ができるアイテムです。屋根やカーポートに設置する手間も費用もかからず、購入してすぐに使えるという特徴があります。

太陽光パネルといえば一般的に決まった場所に設置するものですが、ポータブル太陽光パネルはベランダ、庭先、キャンプ場、アウトドア施設など、どこでも使いたいときに利用できます。ポータブル太陽光パネルのメリットだけでなくデメリットも確認して、取り入れるべきアイテムかをよく考えましょう。

●メリット

①取付工事不要で利用できる

ポータブル太陽光パネルは取付工事の手間がかかりません。

屋根やカーポートに太陽光パネルを設置する場合、本体価格の他に設置工事の費用も支払わなければなりません。

屋根に穴を開けることで雨漏りのリスクも高まり、住宅の強度も下がってしまいます。

一方で、ポータブル太陽光パネルなら費用やリスクを抑えて気軽に太陽光発電を取り入れられます

気軽に太陽光発電を試してみたい、あまり費用はかけられないという方は、ポータブル太陽光パネルがおすすめです。

②自宅以外でも発電できる

ポータブル太陽光パネルは自宅以外でも発電できるのが特徴です。住宅やカーポートの屋根では、当然自宅でしか発電はできません。

一方で、ポータブル太陽光パネルならキャンプやアウトドアでも太陽光発電が可能です。

よくキャンプをする方や、車で長期間移動することが多い方などにはポータブル太陽光パネルがおすすめです。

マンションや賃貸などで、屋根に太陽光パネルを取り付けられない方でも、ポータブル太陽光パネルなら気軽に太陽光発電を取り入れられます。

③ポータブル電源と利用すれは災害対策にも

太陽光パネルと一緒にポータブル電源も取り入れれば、災害時の対策にも利用できます

ポータブル電源は充電して電力なしで稼働するもので、一台あれば自宅はもちろん、車内や移動先など、コンセントがない場所でも電力を利用できます。

太陽光発電で充電できるポータブル電源なら、事前に充電を忘れていてもすぐに電力を使えます。

ポータブル太陽光パネルとポータブル電源の相性は非常にいいので、まとめて導入することもおすすめです。

●デメリット

デメリット①補助金が利用できない

太陽光パネルの取り付けには各自治体がさまざまな補助金を出していますが、屋根取り付け型のものを対象にしているのが一般的です。

ポータブル太陽光パネルには補助金が出ないケースが多く、全額自己負担しなければなりません。

現在、国からは太陽光パネルに対する補助金は出ておらず、各自治体の制度を確認する必要があります。

自治体によってはポータブル太陽光パネルでも補助の対象になっているケースもあるので、お住まいの地域の補助金制度を確認してみましょう。

デメリット②安全面が不安な商品もある

ポータブル太陽光パネルは国内外のさまざまなメーカーから登場していますが、中には安全面に不安を感じるものもあります。

質の悪い太陽光パネルは変換効率が悪かったり、漏電や放電の危険性もあります。ポータブル太陽光パネルを選ぶ際は、メーカーの口コミや保証もよく確認しましょう。

太陽光発電なら取り入れやすいポータブル太陽光パネルもおすすめ

太陽光パネルは日々進化を続けており、新たなタイプが次々に登場しています。薄型太陽光パネルの進化も著しいですが、変換効率が悪かったり多くの設置場所が必要だったりと、改善の余地があることも事実です。購入時には慎重に検討し、必要であれば次の新しいモデルが出るのを待つのもいいでしょう。

気軽に太陽光発電を取り入れたい方にはポータブルタイプの太陽光パネルもおすすめです。

Jackery(ジャクリ)はポータブル太陽光パネルとポータブル電源を数多く販売しているメーカーで、これまでに多数の太陽光パネル、ポータブル電源を販売しています。Jackeryのポータブル太陽光パネルは、厚さが2.5cmと非常に薄型のソーラーパネルで、折りたたんで持ち運べる点も魅力です。

車に積んでも、倉庫に収納しても邪魔にならず、いざというときにさっと取り出せるので、さまざまなシーンで役立ちます。ベランダやキャンプ場など、自宅以外の場所でも太陽光発電による電力を利用したいという方は、ぜひJackeryのアイテムもチェックしてみてください。

ポータブル電源・ソーラーパネル製品一覧

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery Solar Generator 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
フル充電:17時間(Solarsaga 80W×1枚)
通常価格:¥178,600(税込)

Jackery Solar Generator 1500pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
フル充電:17時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×2枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥178,600(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W

フル充電:11時間
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 400

容量:400Wh
定格出力:200W

フル充電:8.5時間
通常価格:¥69,000(税込)


送信