ソーラーパネルを屋根に取り付けると痛む?デメリットや注意点を解説

ソーラーパネルを屋根に取り付けるメリットとデメリット

太陽光で自家発電ができるソーラーパネルは、電気代の節約だけでなく地球環境にも優しい点から、多くの住宅や施設で取り入れられています。実際にソーラーパネルを屋根に取り付けようと思ったとき、デメリットにも注意しなければなりません。デメリットの一つに、屋根が痛む可能性があるという点があります。ソーラーパネルを取り付けると屋根が傷んでしまうのか、他にも屋根に取り付けることによるデメリットはあるのを確認しましょう。

ソーラーパネルを屋根に取り付けるデメリット

ソーラーパネルを屋根に取り付けることで考えられるデメリットを5つ紹介します。かならずしもすべてが発生するわけではありませんが、事前にリスクを把握しておきましょう。

●雨漏りする可能性がある

ソーラーパネルを屋根に取り付けることで雨漏りをする可能性があります。もちろん、正しく工事が行われれば雨漏りは起こりません。屋根やソーラーパネルのメーカーのガイドラインにのっとって工事をすれば、屋根に穴が開く可能性は低いです。

一方で、悪徳業者や、ソーラーパネルの取り付け実績が少ない業者に依頼すると、屋根が傷ついて雨漏りをする可能性があります。

ソーラーパネル設置による屋根の損傷は、住宅の保証の対象外となるケースもあり、有償で高額な修理費用が必要になってしまいます。

●本体価格とは別に設置費用が必要

ソーラーパネルを導入する際は、本体価格だけでなく設置のための工事費用も必要です。

本体価格と設置費用を合計すると150万円程度かかることも珍しくなく、まとまった費用を用意しなければなりません。

分割払いも可能ですが、太陽光発電による電気代の節約、売電を見越しても、元を取れるまで20年程度かかるケースも多いです。

●屋根のメンテナンス費用がかかる

ソーラーパネルを取り付けると、ソーラーパネル本体だけでなく屋根も定期的にメンテナンスをしなければなりません。

メンテナンスには20年間で30万円程度かかるケースもあります。

これは何事もなかった場合のケースで、台風や落雷、雪、鳥などでソーラーパネルや屋根が傷ついた場合はさらに費用がかかってしまいます。ソーラーパネルのメンテナンス費用だけでなく屋根のメンテナンス費用も考慮しておかないと、思わぬ出費がかさんでしまうかもしれません。

●耐震性が下がる可能性がある

ソーラーパネルは重量があるため、屋根に取り付けるとその分負担が増え、耐震性が下がる可能性があります。

屋根が重くなるとそれを支える柱や基礎にも負担がかかり、少しの揺れでも負荷がかかってしまいます。屋根の負担が増えると耐震性が下がるだけでなく、劣化が進み、柱や外壁のひび割れや浸水、腐敗などが進むケースもあります。

とくに築年数が古く、耐震性に問題がある建物の場合は、ソーラーパネルの取り付けには慎重にならなければなりません。

●屋根の向きによっては発電効率が悪くなる

ソーラーパネル取り付ける屋根の向きによっては、発電効率が悪くなってしまいます。住宅を建てる際は日当たりがいい方向に家が向くようになっていますが、土地の都合上屋根の向きに問題があるケースもあります。

さらに、屋内に入り込む日当たりはよくても、屋根部分は隣の建物の影になってしまっているケースも珍しくありません。ソーラーパネルは太陽光を電力に変換するものなので、太陽光に当たる時間が少なければ当然発電できる電力が少なくなってしまいます。

ソーラーパネルで電力を補えなかったり、売電によって設置費用を改修するまでに時間がかかってしまうかもしれません。

ソーラーパネルを屋根に取り付けるメリット

ソーラーパネルを屋根に取り付けるメリット

ソーラーパネルを屋根に取り付けるとさまざまなデメリットがありますが、もちろんメリットもあります。メリットとデメリットを比較して、本当に取り付け型のソーラーパネルが自身に合っているか考えましょう。

●設置場所のスペースが必要ない

屋根取り付け型のソーラーパネルは設置場所を用意する必要がなく、狭小地でも取り付けやすいというメリットがあります。

屋根に取り付けるだけなのでデッドスペースを有効活用できる点も魅力です。

屋根のサイズによって設置するソーラーパネルの枚数やサイズも選べるので、変わった形の住宅でも最適なものを選べるでしょう。

●補助金を有効活用できる

屋根取り付け型のソーラーパネルは、自治体の補助金を受けられるケースが多いです。

国からの補助金は現在用意されていませんが、各自治体にはさまざまな制度が用意されています。

ソーラーパネルの本体価格や取付工事の一部を負担してくれるものが多く、高額なソーラーパネルを購入する際に役立てられます。

補助金の上限金額や補助の条件は自治体によって違うため、事前によく確認し、適切な申請を行いましょう。

●屋根一体型なら雨漏りの心配がない

ソーラーパネルには屋根一体型のタイプもあります。一体型のソーラーパネルは後付けのものとは違いすっきりとシンプルにまとまっており、デザイン性に優れたものが多いです。スペースを余すことなく使えるので、より多くのソーラーパネルを設置できるのもメリットです。

一般的な屋根は、ソーラーパネルを取り付けているかいないかに関わらず、定期的に塗装のメンテナンスが必要です。

ですが、ソーラーパネル一体型であれば塗装のやり直しの必要もなく、長期間メンテナンス不要です。屋根に穴を取り付けないため万が一の雨漏りや屋根の損傷のリスクがないという点もメリットです。

ソーラーパネルを屋根に取り付ける以外の方法はある?

ソーラーパネルを屋根に取り付ける以外の太陽光発電方法は?

ソーラーパネルは屋根に取り付けるのが一般的ですが、それ以外にもさまざまな形で太陽光発電を導入できます。カーポートへの設置や外壁への設置、さらにポータブルタイプパネルの導入も紹介します。

●カーポートに取り付ける

車を雨や雪から守るカーポートの屋根部分にソーラーパネルを取り付ける方法もあります。

最初からソーラーパネルが一体型になった種類もあります。

カーポートは住宅の屋根と比べて日当たりが悪くなりやすく、近隣の建物に影にもなりやすいです。

また、自治体のルールによってはカーポートへのソーラーパネル設置は補助金の対象外になってしまうケースもあるので注意してください。

●建物の外壁に取り付ける

建物の屋根ではなく、外壁にソーラーパネルを取り付ける方法もあります。

ソーラーパネルは近年薄型化が進んでおり、壁にも取り付けることが可能です。

屋根より南向きの外壁の方が日光に当たる時間が長い住宅や、マンションなどには外壁取り付け型のソーラーパネルもおすすめです。

しかし、地震や劣化の影響で落下する可能性がある、屋根に取り付けるより発電効率が下がるといった点には注意しなければなりません。屋根に取り付けるのと同様に、外壁に穴を開けるため、悪徳業者に依頼すると建物を不用意に傷つけてしまう可能性もあります。

●ポータブル電源・ソーラーパネルを利用する

ポータブル電源ポータブルソーラーパネルを利用すれば、住宅を傷つけることなく太陽光発電を取り入れられます。

ポータブルソーラーパネルはどこでも広げるだけで太陽光をキャッチでき、ポータブル電源につなげれば、電力がない場所でも発電できます。マンションや賃貸でソーラーパネルを取り付けられない場合でも、ベランダに設置して太陽光発電ができるというメリットもあります。

さらに、ソーラーパネルとポータブル電源が持ち運べるので、住宅以外の場所でも太陽光発電できます。キャンプでも電力に困ることがなく、調理器具や電気毛布などを自由に使えて、アウトドアの可能性を広げられるでしょう。

ポータブル電源は災害時の備えにも役立ちます。ポータブルソーラーパネルと併用すれば、ポータブル電源本体の充電もできる点もメリットです。

家庭太陽光発電におすすめなポータブル電源・ソーラーパネル

家庭太陽光発電におすすめなソーラーパネル

家庭用のポータブル電源やポータブルソーラーパネルは多数ありますが、今回はその中でもJackeryの商品を紹介します。

Jackery(ジャクリ)は2019年にアメリカで誕生した、ポータブル電源とポータブルソーラーパネルのメーカーです。現在は日本にも支社を持っており、全世界で200万台以上のポータブル電源を販売しています。

Jackeryのポータブル電源、ポータブルソーラーパネルは、「あらゆる人に、あらゆる場所で」をモットーにしており、高い変換効率、高い出力、さらに高い安全性や持ち運びやすい設計など、使う人のニーズに答え続けています。コンパクトなものから多数の家電を同時に使える大容量タイプまでラインナップも豊富で、使用用途に合わせた商品を選べるのも魅力です。

Jackeryのポータブル電源・ソーラーパネルの中でもとくにおすすめなのが、Jackery Solar Generator 2000 Pro ポータブル電源 ソーラーパネル セットです。2160Whの大容量と定格出力2200Wのポータブル電源 2000 Proと最速2.5時間でフル充電できる高発電効率ソーラーパネルSolarSaga 200を組み合わせたセット商品になります。

出力が2160Whあれば、電気毛布から電子ケトル、コンロ、炊飯器など、ほとんどな家電が利用できます。

自宅発電はもちろん、キャンプや災害時にも非常用電源として対応できます。同時に接続できるソーラーパネルの数は6枚になっており、最速2.5時間でフル充電できます。

晴れる日に、ソーラーパネルを庭やベランダに開き、ポータブル電源と接続すれば、太陽光発電が即時に開始できます。日差しの角度に合わせて、ソーラパネルの角度を調整して最大限の太陽光発電効果を発揮できます。太陽光発電した電力をポータブル電源経由で様々な家電に使えば、節電にも大きくお役立ちます。

家庭の太陽光発電におすすめのポータブル電源ソーラーパネル一覧:

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
フル充電:17時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery Solar Generator 1500pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 200W×1枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×1枚)
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間(Solarsaga 100W×2枚)

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥178,600(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W

フル充電:17時間
通常価格:¥169,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 708

容量:708W
定格出力:500W

フル充電:11時間
通常価格:¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 400

容量:400Wh
定格出力:200W

フル充電:8.5時間
通常価格:¥69,000(税込)

ソーラーパネルを屋根に取り付ける前にデメリットを確認しましょう!

ソーラーパネルを屋根に取り付けると、屋根が痛んだり負荷がかかったりするデメリットに注意しなければなりません。正しく設置してくれる業者を選ぶことはもちろんですが、それでも屋根へのダメージがあることは理解しておきましょう。屋根への負担が気になる、耐震性が下がるのが心配という方は、ポータブルソーラーパネルやポータブル電源を選ぶこともおすすめです

Jackeryのポータブルソーラーパネル、ポータブル電源は初心者にも使いやすく、一度購入すれば長期間使い続けられる高性能なものばかりです。屋外利用や災害時の備えにもぴったりのポータブル電源ソーラーパネル製品Jackery Solar Generatorも、ぜひチェックしてみてください。

また、雨漏り修理、ベランダや屋根の防水に困っている方には、ホームドクター119番ををおすすめします。雨漏り修理・ベランダや屋根の防水 経験豊富な職人が雨漏り・水トラブルから大切なご自宅をお守りします!高品質低価格・お見積もりご相談現地調査0円・スピード即日対応・熟練技術・安心保証!法人のお客様もお問い合わせください。


送信