秋だからこそチャレンジしたいおすすめのアクティビティ4選!

秋だからこそチャレンジしたいおすすめのアクティビティ4選!

暑すぎず寒すぎず、快適な気温で過ごしやすい秋は、アクティビティに最適なシーズンだと言えます。夏のアクティビティを満喫したという方も、満喫できなかったという方も、ぜひこれから秋のアクティビティにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

とはいえ「秋にやるアクティビティには、どんなものがあるんだろう?」と疑問に思った方も多いはず。そこで今回は、定番のものから注目のものまで、秋におすすめのアクティビティ4つを紹介していきます。

秋におすすめのアクティビティ①釣り

釣りは、老若男女、一人でも家族でも楽しめる人気のアクティビティです。一口に釣りと言っても、実に多くの種類があります。海や川、湖や釣り堀など、スポット別の種類があるほか、岸で行う「岸釣り」や、船上で行う「船釣り」などがあります。

家族で気軽に楽しみたいという人には、魚を釣りやすい釣り堀がおすすめ。釣った魚を食べたいという人には、食べられる魚が多い海釣りがおすすめです。

夜釣りに行くならポータブル電源がおすすめ

夜釣りに行くならポータブル電源がおすすめ

釣りは昼に行うイメージがある人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。むしろ夜釣りのほうが、昼より魚を釣りやすいというメリットがあります。

明るい昼間は、魚の警戒心が強く、なかなか釣れないケースも多くなっています。しかし夜なら、魚の警戒心が弱くなり、昼より釣果が出やすいのです。

さらに、昼間は岩場に隠れていることが多い大きな魚も、夜はエサを求めて活発になるため、大物を釣るチャンスもあります。

ただし、夜は気温が低くなるほか、暗くて周囲を見渡しにくくなるといったデメリットもあります。そこでおすすめなのが、夜釣りにポータブル電源を持っていくこと。ポータブル電源を持っていくことで、寒くて暗い夜釣りのデメリットを解消できます。

夜釣りでのポータブル電源の活用方法①スマホの充電

車中泊を見越して長時間の夜釣りを考えているなら、気になるのがスマホのバッテリー切れ。釣りの間は時間を持て余すことも多く、ついついスマホをいじってしまいがちです。

そんなとき、ポータブル電源があれば、スマホの充電をしながら、夜釣りを楽しめます。

夜釣りでのポータブル電源の活用方法②電気毛布で暖をとる

秋とはいえ、夜は気温が下がり、寒くなってしまいがちです。せっかくのアクティビティなのに、快適な環境で楽しめないのはもったいないと言えるでしょう。

しかし、電気毛布があれば、それにくるまって暖を取りながら、快適に夜釣りを楽しめます。

夜釣りでのポータブル電源の活用方法③投光器で海や周囲を明るく

釣りは、ずっと同じ場所で行うより、ポイントを変えて行ったほうが、釣果が出やすくなります。しかし、夜釣りの場合、周囲に明かりがないと、移動の際に障害物につまずいて転んでしまうなどの危険があります。そこでライトがあれば、夜釣りでも安全な移動が可能です。

特におすすめのライトは、陸から海を照らすタイプの「投光器」です。投光器は、光を海に当てることで、そこに魚を集める効果がある、夜釣りの必須アイテム。ふつうのライトとしても使えて、一石二鳥です。

秋におすすめのアクティビティ②キャンプ・グランピング・BBQ

秋におすすめのアクティビティ②キャンプ・グランピング・BBQ

キャンプといえば夏のイメージが強いものの、実は秋のキャンプもおすすめです。夏に比べて涼しいのはもちろん、虫も少なくなるため、より快適に過ごせます。また、紅葉の下でのキャンプは、夏には味わえない風情があります。

近年では、キャンプに似たアクティビティとして「グランピング」も人気です。グランピングとは、「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた造語で、「魅力的なキャンプ」を意味します。

キャンプといえば、自分でテントを張って、そこに寝泊まりするのが基本です。

一方でグランピングは、設営済みの豪華なテントに寝泊まりする形になります。外観はテントでも、施設によってはベッドや冷暖房が完備されているなど、ホテルのような居心地の良さが魅力です。テントタイプだけでなく、トレーラーハウスやコテージに泊まれるグランピング施設もあります。

また、キャンプの食事といえば、定番なのがBBQ(バーベキュー)です。専用のBBQ場があり、道具がレンタルできて食材も用意してもらえるキャンプ場なら、気軽に手ぶらでBBQができます。

キャンプ場にはポータブル電源を持っていこう

より快適にキャンプをしたいなら、「電源サイト」のあるキャンプ場を選ぶのがおすすめです。電源サイトとは、AC電源のあるキャンプ区画のこと。コンセントを挿すことで、テントの内外で電化製品が使えて、キャンプが便利になります。

ただし、電源サイトには一度に使える電力の上限があり、1kW(1000W)~2kW(2000W)のところが多いようです。スマホの充電くらいなら全く問題ありませんが、家族でたくさんの電気を使いたい場合は、ポータブル電源の併用がおすすめ。

ポータブル電源も持っていけば、電源サイトだけでは賄いきれない電力も使えて、さらに便利にキャンプを楽しめます。

キャンプでのポータブル電源の活用方法!キャンプ料理のための調理器具に

キャンプ料理といえば、火を使うのが基本です。しかし、ポータブル電源があれば、以下のような電気で動く調理器具も使用できます。

卓上IH調理器

ホットプレート

炊飯器

オーブントースター

電気ポット

キャンプ初心者で調理に不安がある方や、火を使うのが心配な方に、これらの調理器具はおすすめです。

秋におすすめのアクティビティ③パラグライダー

パラグライダーは、人気の高いスカイアクティビティです。オールシーズン楽しめますが、季節によって違った風景が楽しめるのがパラグライダーの醍醐味の1つです。

秋のパラグライダーは、紅葉を楽しめるのが特徴。空から下を見下ろしたときの絶景と、日常では決して味わえない空中体験によって、圧倒的な開放感が味わえます。

パラグライダーには、安全性の高い体験プランや、プロとのタンデム(二人乗り)ができるプランがあります。初心者の方は、こうしたプランに申し込むといいでしょう。

秋におすすめのアクティビティ④トレッキング

トレッキングは、山を歩くアクティビティ。秋なら、紅葉を見ながらの紅葉トレッキングが楽しめます。

トレッキングは山を歩くという点で、ハイキングや登山に似ていますが、一般的には「ハイキング<トレッキング<登山」の順で難易度が高くなっていきます。登山と違って、山頂を目指すわけでなく、山の中を歩きながら景色を楽しむのがトレッキングの特徴です。

とはいえ、山の中を歩くわけなので、それなりの装備は欠かせません。最低限用意しておきたいアイテムは、以下のとおりです。

リュックサック

トレッキングシューズ

雨具

飲み物

トレッキングの初心者は「トレッキングポール」も用意しておくと便利です。トレッキングポールとは、急な勾配などを登るときに、体の負担を少なくできる杖のこと。左右1セットになっていて、両手に持って使います。

気軽に山歩きを楽しみたいという人や、山頂を目指すより道中の景色を楽しみたいという人に、トレッキングはおすすめです。

まとめ

秋のアクティビティのなかでも、特におすすめなのは以下の4つです。

釣り

キャンプ・グランピング・BBQ

パラグライダー

トレッキング

どのアクティビティも、快適な気温で過ごしやすいという点で、秋に行うのはおすすめです。また、夜釣りやキャンプでは、ポータブル電源や電化製品を持ち込むことで、快適に過ごせます。

アクティビティを快適なものにしたい方は、ぜひポータブル電源の活用を検討してみてはどうでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信