春キャンプの持ち物はこれで決まり!必需品から快適アイテムまで紹介

春キャンプ持ち物

木々や花々が色づき始め、美しい景観の中で楽しめる春キャンプ。比較的気温も暖かく、屋外でも快適に過ごせます。しかし、なかには「春キャンプの持ち物は?」「春キャンプの必需品は?」という疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、春キャンプの持ち物(必需品から便利なアイテムまで)を詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

春キャンプを楽しむには持ち物が重要

春キャンプを楽しむには、持ち物が重要です。アウトドア空間で生活をするので、自分の準備したもので快適度が大きく変わります。

また、春キャンプは気温の変動が激しい季節です。高気圧と低気圧が入れ替わるので、寒暖差が激しくなっています。

そのため、暖かく過ごせるようなアイテムが必要となるでしょう。春キャンプに持って行けば、いざという時に活躍してくれますよ。

春キャンプの持ち物を必需品とその他のアイテムに分けて下記のように紹介します。以下の春キャンプ持ち物を確認すれば、忘れ物を防げるだけでなく、快適に過ごすことが可能です。春キャンプを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

春キャンプの持ち物・必需品【必需品編】

春キャンプ必需品

春キャンプの必需品は以下の7個です。

  • ①テント
  • ②タープテント
  • ③グランドシート
  • ④ペグ・ハンマー
  • ⑤ランタン
  • ⑥寝袋
  • ⑦焚き火台

上記7つの春キャンプ必需アイテムについて詳しく解説します。以下の内容を確認して、準備しておきましょう。

①テント

テントはキャンプをするために必要なアイテムです。これがなくてはキャンプが始まらないと言っても、過言ではありません。

化学繊維などで作られた幕のことで、地上に張れば小さい部屋のような空間を作れます。野晒しにならないためにも、持っておきたいアイテムです。

特にポリコットンやコットン、ポリエステルなどの素材が使われたテントがおすすめです。断熱性が高くて外気温の影響を受けにくくなっていますよ。

②タープテント

タープテントとは、支柱を広げて天幕を張るタープの事です。ポールを差したり、ロープを繋いだりして設営します。

通常のテントは寝室の役割を果たすのに対し、タープテントは屋根の役割を担ってくれます。ですので、屋外にいながらも、紫外線を防ぎながらアウトドアができるのです。

また、雨も凌げるので、万が一の場合に活躍してくれます。キャンプの快適度を上げるためにタープテントを持って行きましょう。

③グランドシート

グランドシートは、地面とテントの間に敷くシートを指します。地面のゴツゴツとした感触を無くすために必要なアイテムです。

また、厚手のグランドシートを敷くことにより、地面からの冷気を遮断できます。夜の冷えから室内の温度を保つためにも活躍するのです。さらにグランドシートを敷くことで、雨水からの浸水を防いでくれます。

ただし、製品によって耐水圧は違うので、1,000mm以上のものを基準に選ぶようにしましょう。

④ペグ・ハンマー

ペグやハンマーも春キャンプに必要な道具です。ペグはテントを固定するために必要なアイテムとなります。ペグが無いとテントが固定できないので、忘れずに持って行かなければいけません。

そして、ハンマーはペグを打ち込むのに必要な道具です。特に硬い地面には手で差し込めないので、ハンマーの力を借りる必要があります。

ペグとハンマーを忘れてしまうと設営ができないので、必ず準備するようにしてください。

⑤ランタン

ランタンは、辺りを照らすのに必要なアイテムです。真っ暗な空間を照らす唯一のアイテムとなるので、必要不可欠な道具になります。

春キャンプの初期の時期は、日が落ちるのが早いです。野外で調理をしたり、会話したりするには、ランタンが無いと始まりませんね。そんなランタンには、オイルランタンや充電式のランタンがあります。オイルランタンはオイルを入れて使用し、暖かみのある灯りが特徴的です。

充電式は電力を蓄えておき、発光する種類になります。明るさが自由自在に変更できる製品もあるので、汎用性が高いです。

それぞれの特徴を理解し、自分に合ったランタンを見つけてみましょう。

⑥寝袋

寝袋は、袋のような形状が特徴的な携帯用寝具です。別名「シュラフ」とも呼ばれ、キャンプの就寝時に必要となります。

春キャンプは夜や朝の冷え込みが激しいです。寝袋を使用しないと、中々寝付けない場合もあるでしょう。

場合によっては寒暖差で体調が悪化し、風邪を引いてしまう時もあります。自分の体を守るためにも、春キャンプに必要なアイテムですね。

⑦焚き火台

焚き火台は、上に薪を乗せて焚き火をするためのアイテムです。上昇気流などで空気を取り入れられ、燃焼効率が良くなります。

そして、専用の五徳や網があると、上で調理もできます。暖を取りながら調理ができるので、春キャンプにピッタリですね。

また、キャンプで焚き火をすることにより、ロマンチックな空間も演出できます。春キャンプを楽しむためにも、必ず準備するようにしましょう。

春キャンプの持ち物・必需品【便利アイテム編】

春キャンプに便利なアイテム

春キャンプに必要なその他の便利アイテムは、以下の10個です。

  • ①ポータブル電源
  • ②鍋・ケトル
  • ③ブランケット
  • ④陣幕テント
  • ⑤コット
  • ⑥電気毛布
  • ⑦ストーブ
  • ⑧セラミックヒーター
  • ⑨こたつ
  • IHコンロ

それぞれのアイテムの必要性について紹介します。快適に春キャンプを楽しみたい方は、ぜひ確認してみてください。

●ポータブル電源

ポータブル電源とは、電子機器などに電力を供給するアイテムです。電気を給電しておくことで、いつでもどこでも家電を自由に使えます。

春キャンプで活躍するこたつ、電気毛布、ストーブなどを使用できます。屋外というアウトドア空間にいながら、暖かくなれる家電が使えるのです。また、これからほども紹介したケトルやIHコンロなども使えます。そのため、調理の快適度も大きく上がるでしょう。

コンセントがないキャンプ場でもAC電力を使えるので、1台持っておくと重宝しますよ。ぜひこの機会に導入を検討してみてください。

●IHコンロ

IHコンロは、別名「クッキングヒーター」とも呼ばれ、電気の力で調理をするアイテムです。火を使わないので、安心して調理ができます。

また、高火力で調理ができるため、中華料理も作れます。温度調節もしやすいので、調理の快適度がグンと上がりますね。

ただし、IHコンロを使用するのには、電力が必要です。コンセントが無い場所では使えないので、事前にキャンプ場のコンセントの有無を確認するか、ポータブル電源を活用してください。

●鍋・ケトル

鍋やケトルは、キャンプでラーメンを作る際に活躍するアイテムです。鍋はラーメンだけでなく、鍋料理も作れるので小寒い春キャンプに最適でしょう。

ケトルは瞬時にお湯を沸かせます。素早くカップラーメンやコーヒーを作るためにも、持って行きたいアイテムですね。

ただし、ケトルも電力が必要になるアイテムです。ACからの出力が必要となるので、ポータブル電源を活用するか、コンセントのあるキャンプ場を選んでください。

●ブランケット

ブランケットも、春キャンプに持って行きたいアイテムのひとつです。羊毛などを厚く織って起毛処理を行っているので、サッとかけるだけで暖かくなれます。

特に春キャンプは、日中でも冷たい風が吹きやすいです。肌寒さを感じる瞬間もあるので、すぐに使えるブランケットが最適ですね。

また、携帯性に優れているのもメリットになります。折り畳んで持ち運べばすぐに使えるので、女性の方は準備しておくと良いですよ。

●陣幕テント

陣幕テントは、春キャンプの寒さを凌ぐために必要な持ち物です。設営すると壁のようになってくれるので、風の侵入を防いでくれます。

また、陣幕テントの前で焚き火をすれば、リフレクター代わりにもなってくれます。反射熱でより暖かくなれるので、寒い春キャンプにピッタリですね。

テント前に設営することで、周りからの視線もシャットアウトできます。プライベート感を崩さずにキャンプができるので、持って行くと良いでしょう。

●コット

コットは、アウトドアで使用する簡易ベッドを指します。自宅のベッドで寝ているかのような快適感を得たい方におすすめです。

また、コットがあることにより、夜の地面からの冷気が伝わりにくくなります。そうすることで、寒さを凌いで快眠が得られるのです。

春キャンプで良質な睡眠を確保したい方は、コットの購入を検討してみてください。

●電気毛布

電気毛布は、電力を使用して温まる毛布です。毛布自体が温まることにより、サッとかけるだけでポカポカになれます。

また、電気毛布があれば、春キャンプでも快眠が得られます。まるで自宅で過ごしているかのような暖かさが得られるので、おすすめですよ。

夜や朝の冷え込みから、体温を守るために持って行ってみてください。

●ストーブ

春キャンプには、ストーブがあると便利です。燃料の灯油を燃やして熱を放出することで、辺りが暖かくなります。

手軽に暖まれるので、一台は持っておきたいキャンプアイテムですね。

また、ストーブによっては、上に調理器具をのせて料理が作れる製品もあります。寒い思いをせずに調理ができるので、快適度が大きく変わるでしょう。

●セラミックヒーター

セラミックヒーターは、電熱線を電気エネルギーで温めて、風で放出するアイテムです。ボタンひとつで稼働するので、快適に暖が取れます。

そんな、セラミックヒーターは、手軽に暖が取れるだけでなく、安全性が高いのも魅力です。燃焼させて温めるアイテムではないので、お子さんがいる家庭でも安心ですね。

また、コンパクトで軽いため、キャンプとの相性も抜群です。手軽に持ち運べてどこにでも設置できるので、ストレスフリーで使えるキャンプアイテムになってます。

●こたつ

こたつを使用してみるのも、春キャンプの寒さを乗り切るための手段です。電力さえあれば、ボタンひとつで起動でき、ポカポカになれます。

また、こたつも電気を使用して温める家電なので、安全性が高いです。比較的火傷する心配もないため、屋外で安心して暖が取れますね。

しかし、大きなこたつを屋外に持ち運ぶのは、少々手間がかかります。春キャンプで使いたい方は、出来るだけ軽量且つコンパクトなこたつを選ぶようにしましょう。

春キャンプはJackeryのポータブル電源で決まり!

キャンプアイテム

上に紹介したように、アウトドアで電気製品が使えると、キャンプ生活をより快適に自由に楽しめます。しかしながら、多くのキャンプ先では、コンセント電源を用意していなかったり、もしくはコンセントを利用できる場所が限られていたりとか、自由に電力を利用できないのは、多くのキャンパーの悩みになっております。ここで問題の解決に登場したのは、ポータブル電源です。アウトドアや防災でも電力を自由に利用できる便利な春キャンプ持ち物として、とても人気を集めています。

多くのポータブル電源メーカーの中、春キャンプに一番おすすめなのは、Jackery(ジャクリ)のポータブル電源です。その理由は以下の通りになります。

  • ●様々な電化製品(こたつやストーブ、電気毛布など)が使える
  • ●コンパクトで邪魔にならない
  • ●長時間給電できる
  • ●安全機能が搭載されている
  • ●春キャンプでの夜間照明
  • ●ソーラーパネルで屋外でも充電できる
  • それぞれの理由について、下記で詳しく解説します。春キャンプの持ち物としてポータブル電源を購入したい方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

●こたつやストーブなど様々な電化製品が使える

Jackeryのポータブル電源は、こたつやストーブ、電気毛布、冷蔵庫など幅広く様々な電化製品に給電できます。大容量タイプのポータブル電源が揃っているからです。製品の最大の容量は2160Wh、定格出力は2200Wのものもあるので、消費電力の高いストーブも問題なく利用できますよ。以下に製品の容量と定格出力を記載してますので、ぜひ参考にしてみてください。

製品

容量

定格出力

Jackery 1000

1002Wh

1000W

Jackery 1000 Pro

1002Wh

1000W

Jackery 1500

1534Wh

1800W

Jackery 2000 Pro

2160Wh

2200W

●コンパクトで邪魔にならない

コンパクトなポータブル電源おすすめ

Jackeryのポータブル電源は、コンパクトで邪魔になりにくいです。余分なパーツを排除することにより、スッキリとしたボディになっています。

そのため、キャンプサイトに設置しておいても邪魔になりにくいです。テント内のスペースも取らないので、圧迫感を感じません。

春キャンプで使用したいこたつやストーブは場所を取ります。ですので、ポータブル電源はコンパクトサイズのJackeryの製品を選び、少しでも自由スペースを確保しましょう。

●長時間給電できる

Jackeryのポータブル電源の魅力は、長時間充電が持続する点です。多くの電力を確保できる大容量タイプがあるので、電気を長時間供給できます。

そのため、消費電力の高いこたつやストーブを使用する場合でも安心です。小寒い春キャンプを快適に乗り切ることができます。

ただし、春キャンプに行く前に本体を充電しなければいけません。100%になるまで充電し、万全な状態でキャンプ場に向かいましょう。

●安全機能が搭載されている

Jackeryのポータブル電源には、安全機能が搭載されています。そのため、初心者の方でも安心してお使いいただく事が可能です。

この安全機能とは、「BMS(バッテリーマネジメントシステム)」と「NCM制御機能」の2つです。こちらは、過充電保護、過電流保護、過放電保護、短絡保護、温度保護を行ってくれる機能になっています。

ポータブル電源が本体の状態を感知し、必要な場合に稼働を停止してくれるのです。火事などのトラブルを事前に防いでくれるので、万が一の場合でも安心ですね。

●春キャンプでの夜間照明

Jackeryのポータブル電源には、便利なライト機能が搭載。これにより、別のライトを持って行く手間が省けます。

特に春の初期は、日が落ちるのが早いです。夜間の作業や調理には、ライトがないと作業効率が落ちてしまいます。

そんな時にポータブル電源のライトを使えば、ストレスフリーで作業に取り組めるでしょう。持ち物や手間を省くだけでなく、快適に過ごすためにもJackeryのポータブル電源がおすすめです。

●ソーラーパネルで屋外でも充電できる

Jackeryのポータブル電源は、ソーラーパネルを使っての充電ができます。Jackery専用の「Solar Generator」を使うことで、ポータブル電源に電力を蓄えられるのです。

キャンプ場は、コンセントが無い場所が多くあります。そんな環境下でも充電ができるのでおすすめです。

「こたつやストーブなどを長時間使用して、充電が無くなってしまった!」という事態を防ぐためにも、Jackeryの「Solar Generator」とセットで持ち運ぶようにしましょう。

Jackery ポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

まとめ

暖かい気候の中で楽しむ春キャンプ。冬キャンプを避けていた方には、待ちに待った時期ですね。

しかし、春でも気温は安定しにくく、タイミングによっては冷え込む時もあります。せっかく楽しみにしていたキャンプが、台無しになってしまう事もあるでしょう。このような時のために徹底した準備をしなければいけません。上記で紹介したアイテムを参考に、万全の準備をしておいてください。

また、家電や電子機器を動かすためにJackeryのポータブル電源があると良いです。ストーブやケトルなどを使えて、快適に春キャンプを楽しめます。

今回紹介した内容を確認し、春キャンプの必需品やポータブル電源を準備して、心の底から春キャンプを満喫してみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信