車にソーラーパネルは設置可能!メリットや注意点、選び方のポイントを解説

シェア

「車でのお出かけや車中泊の際に太陽光発電が利用できたら便利なのに」と考える方もいるでしょう。結論、車にソーラーパネルは設置可能です。 

そこで今回は車にソーラーパネルを取り付けるメリットや注意点、取り付け方法について解説。車載ソーラーパネルの選び方についても徹底解説します。この記事を参考にして、キャンプや車中泊で使えるソーラーパネルを導入しましょう。

目次

1.ソーラーパネルは車の屋根に取り付け可能!

 

結論から言うと、車の屋根へのソーラーパネルの設置は可能です。また、「ポータブル電源」と併用することをおすすめします。

車に取り付けたソーラーパネルで発電した電力をポータブル電源に貯めておけば、車中泊で扇風機や電気毛布といった家電をいつでも使用できるようになります。 

2.車の屋根にソーラーパネルを取り付ける4つのメリット

 

車の屋根にソーラーパネルを取り付ける

車の屋根にソーラーパネルを取り付けるメリットは、以下の通りです。

・走行中・停車中に充電できる

・非常用電源として利用できる

・アウトドアがより充実する

・テレワークやノマドワークができる 

それぞれ解説していきます。

┃ メリット①走行中・停車中に充電できる

車の屋根にソーラーパネルを取り付ける一番のメリットは、「走行中や停車中に太陽光発電で充電ができる」ことです。例えば、アウトドアに出かける際の移動中やサービスエリアでの休憩時にも充電ができるようになります。 

また、帰宅後にポータブル電源を車から自宅に運んで充電する手間が省けるところもメリットの1つです。キャンプなどでポータブル電源を使用しても、走行中にソーラーケーブルに繋いでおくだけで充電ができます。

┃ メリット②非常用電源として利用できる

非常用電源として利用できるところも、車にソーラーパネルを取り付ける大きなメリットの1つです。 

災害が起きて停電となった際に、電気のない生活に不安を覚えたことがある方も少なくないでしょう。しかし、そんなときに車にソーラーパネルを取り付けていれば、太陽光発電によってポータブル電源に充電できるので、長期間の停電でも安全に電力の確保が可能になります。 

災害により停電が起きても、ヒーターや扇風機が使用できるようになり、災害時の暑さ・寒さ対策が可能に。ほかにも電気ケトルでお湯を沸かしてカップラーメンを食べるなど、災害時の食事の幅も広がるでしょう。

┃ メリット③アウトドアがより充実する

車の屋根にソーラーパネルを取り付ける3つ目のメリットは、アウトドアがより充実することです。 

アウトドア好きな方多くは、どこでも家電が使える「ポータブル電源」を持参するでしょう。しかし、ポータブル電源は、充電がなくなってしまうと使用ができなくなるデメリットがあります。 

そんなときに車にソーラーパネルを取り付けておけば、いつでもどこでもポータブル電源への充電ができるように。アウトドア時の電力不足が解消され、ポータブル電源の電池残量を気にすることなく楽しめるようになるでしょう。

┃ メリット④家庭の節電

普段、車中泊やキャンプなどにお出かけていない日にも、昼間に車のソーラーパネルで電力を発電してポータブル電源に蓄電すれば、夜にポータブル電源から自宅の家電に給電することで、家庭の節電にもつながります。

 

3.車の屋根に取り付けられるソーラーパネル【Jackery SolarSaga 100 Prime】

 

車にソーラーパネルを取り付けるなら「Jackery 100Prime」がおすすめ!

車にソーラーパネルを取り付けるなら、「Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」がおすすめ。Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」のおすすめポイントは、以下の通りです。

・最先端、最大の発電効率が実現

・防水&防塵仕様で耐久性も抜群

・安心・安全の品質 

3つのおすすめポイントについてそれぞれ解説していきます。

┃ おすすめポイント①最先端、最大の発電効率が実現

「Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」は、最先端のICBテクノロジーを採用した製品です。従来のPERC方式のソーラーパネルに比べ、曇りや弱光環境でも発電能力を発揮できる仕様になっています。 

これにより、業界トップクラスの発電効率25%を実現。また「-40℃~85℃」までの幅広い環境への対応力を実現しました。「Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」で、キャンプや車中泊をより充実させましょう。

┃ おすすめポイント②防水&防塵仕様で耐久性も抜群

Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」は防水・防塵仕様となっており、耐久性に優れた製品です。車に取り付けっぱなしにしていても問題がないので、片づける手間もかかりません。

また取り付けキットが附属しているため、好きな場所に固定設置が可能。車の屋根に取り付ければ走行中や駐車中にも発電ができ、長距離ドライブや車中泊での避難時にも電力の確保が可能です。 

Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」を設置して、アウトドアだけでなく災害時の防災対策も行いましょう。

┃ おすすめポイント③安心・安全の品質

「Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」は、完全強化ガラスとオールアルミニウムフレームにより耐衝撃性に優れた製品です。衝撃試験(25㎜の鋼球による11回の衝撃)もクリアしているため、車の屋根に取り付けても安心して使用できます。

また、500時間連続で初発電しても十分な発電力を維持する耐久性も兼ね備えています。

さらに18項目の厳しいテストにより安全性が認められた「Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル」で、車でのお出かけをより快適にしていきましょう。

関連記事:車中泊でソーラーパネルを使いたい!屋根への取り付け不要な最適解を紹介車

4.車の屋根にソーラーパネルを取り付ける方法

 

ここからは、Jackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネルを例にしてソーラーパネルを車の屋根に取り付ける方法を紹介していきます。

●必要なアイテム

車でソーラーパネルの設置に必要なアイテムは、以下の通りです。

・ソーラーパネル

・ルーフキャリア

・Z型ブラケット

・ナット

・六角ボルト

・平ワッシャー

・弾性ワッシャー

・六角フランジセルフタッピングねじ

・防水テープ 

ケーブルの接続は水に弱いため、防水テープは忘れずに用意してください。

●取り付け手順

車の屋根にソーラーパネルを取り付ける手順は、以下の通りです。

1.Z型ブラケットをソーラーパネルの下穴に対応する位置に置く。

2.六角ボルト、平ワッシャー、弾性ワッシャーを取り付けてナットを締める。

3.Z型ブラケットを取り付けたソーラーパネルを車の屋根の設置位置に置き、対応するZ型ブラケットベースに穴をあける。

4.構造用接着剤をZ型ブラケットの底面に均等に塗る。

5.穴をきれいにし、構造用接着剤を穴の周りに塗る。

6.ソーラーパネルのZ型ブラケットベースを屋根の穴に合わせ、六角フランジのセルフタッピングねじを取り付けて24時間放置する。

7.構造用接着剤が硬化したら、下地と屋根の残留物を清掃する。

8.説明書通りにケーブルを接続する。

メーカーや車種によってケーブルを引き込む場所が違うので、事前にチェックしておくと安心です。

5.車での車中泊にはJackeryポータブルソーラーパネルもおすすめ

 

車におすすめの折り畳みソーラーパネル

「車にソーラーパネルを取り付けたいけど、知識もないし設置もめんどう」な方には、Jackeryのポータブルソーラーパネルがおすすめです。 

Jackeryポータブルソーラーパネル一覧

Jackeryポータブルソーラーパネルは、折り畳み式で、車に取り付ける作業が不要で、好きな場所にパネルを広げて角度を調整するだけなので、誰でも簡単に使えます。 軽量且つコンパクトにできているため、車中泊やキャンプなどどこへもお気軽に持ち運べます。

さらに、業界トップクラスの太陽光変換効率24%を実現できています。一般的なソーラーパネルの変換効率は15~20%とされているため、より効率的に電力の確保ができます。 

車でのアウトドアや車中泊で気軽に太陽光発電を利用したい方は、Jackeryポータブルソーラーパネルを検討してみてください。

関連記事:車中泊も安心!サブバッテリーシステムより手軽なポータブル電源で電力不足を解消

6.車中泊やアウトドアをより快適に!おすすめポータブル電源3選

車中泊やアウトドアをより快適に!おすすめポータブル電源3選

 

車にソーラーパネルを取り付けて太陽光発電するなら、蓄電用のポータブル電源とセットで使うことがおすすめです。

ここからは、車中泊やアウトドアの用途でとくにおすすめのポータブル電源を3つ紹介していきます。

●Jackery ポータブル電源 600 Plus

Jackery ポータブル電源 600 Plus」は、容量632Whの中容量モデルです。定格出力800Wとなっており、扇風機(45W)なら約10時間、炊飯器(530W)なら約1時間使用できます。 

また軽量でコンパクトなので、手軽に持ち運びやすいところも魅力。アウトドアはもちろんですが、災害などの緊急時にもすぐに持ち出すことができます。 

さらに内蔵のバッテリーには、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用。毎日使用しても10年以上長持ちする長寿命を実現しました。 

 

●Jackery ポータブル電源 1000 Plus

Jackery ポータブル電源 1000 Plus」は、容量1,264Whの大容量モデルです。定格出力2,000Wとなっているため、車載冷蔵庫(60W)なら45時間、コーヒーメーカー(1,080W)なら1.3時間使用できます。 

また拡張バッテリーを最大3つまで追加できるので、最大5,000Whまでバッテリー容量の拡張も可能。連泊キャンプや車中泊による長距離旅行、緊急時の非常用電源として頼もしいアイテムです。 

さらに高速充電に安全性の高さもプラス。革新的な高速充電機能で安全性を高め、バッテリー充電の長寿命化を実現しました。 

●Jackery ポータブル電源 2000 Plus

Jackery ポータブル電源 2000 Plus」は、容量2,042Whの超大容量モデルです。定格出力3,000Wとなっており、電子レンジ(960W)なら1.5時間、電気ケトル(1,200W)なら0.6時間使用できます。 

また、下記ように合計10ポート備わっているところも魅力です。

・AC 5口

・USB 4口

・シガーソケット 1口 

同時に複数の家電に給電が行えるため、大人数でのキャンプや長期的な車中泊旅行などでもしっかりと電力を確保できます。 

関連記事:【最新】車中泊で調理家電を使おう!ポータブル電源で広がる選択肢とは?

7.車載ソーラーパネルを選ぶ5つのポイント

 

車載ソーラーパネルを選ぶ5つのポイント

車載ソーラーパネルを選ぶポイントは、以下の通りです。

・発電量

・交換効率

・接続ポートの種類と数

・耐久性・防水性

・サイズや重さ 

ここからは、車載ソーラーパネルを選ぶ5つのポイントについてそれぞれ解説していきます。

●発電量を確認

ソーラーパネルを選ぶ上で重要なのが、発電量です。発電量によって発電できる電力が異なるため、ソーラーパネルの発電量は必ずチェックしましょう。 

例えば100Wのソーラーパネルの場合、1日の日照条件がいい時間に3時間使えば最大で「300Wh」発電できます。300Whは、たとえば消費電力60Wの電気毛布なら4~5時間程度使える電力量です。電力です。 

どのような家電をどのくらいの時間使用したいのかを考えてソーラーパネルを選びましょう。

●変換効率の確認

変換効率とは、太陽光エネルギーをどのくらいの電力に変換できるかを表したものです。太陽光発電の変換効率は一般的に15~20%と言われており、これは集めた太陽光エネルギーの15~20%を電力に変換できているということになります。 

この変換効率はメーカーや製品によって異なり、中には20%を超えるものも。変換効率が高いということはより効率的に電力を確保できるということなので、ソーラーパネルを選ぶ際は変換効率もチェックしましょう。 

例えば、Jackeryのソーラーパネルは業界最高レベルの変換効率である最大25%を誇ります。従来製品と比べて曇りの日でもより効率的に発電が行えるので、天気があまり良くない日のお出かけでも十分な電力を確保することが可能です。

●接続ポートの種類と数

ソーラーパネルを選ぶ際は、機能面も重要です。ソーラーパネル単体でスマホなどの充電をしたい方は、出力ポートをチェックしましょう。USBポート付きのものならアダプターを用意せずにスマホの充電が行えます。 

また複数台の機器を同時に充電したい場合は、台数分のポートがあるかもチェックしましょう。 

Jackery SolarSaga 100W ソーラーパネルはDC出力ポート以外に、USBポートも搭載しており、パネル単体からスマホやタブレットに充電できます。

ただしポータブル電源への充電を前提とする場合は、ソーラーパネルの接続ポート数を気にする必要はありません。実際に機器につなぐポータブル電源の接続ポート数を確認しましょう。

●耐久性・防水性

車載ソーラーパネルは、車の屋根に設置するので耐久性も重要です。耐久性がないと走行中の振動などによってソーラーパネルの劣化が進んでしまう可能性があります。 

また雨によって濡れてしまうこともあるので、防水性も必ずチェックしておきましょう。 

Jackerのソーラーパネルなら完全強化ガラス採用で耐久性が高く、IP68規格で24時間水に沈めても問題ないほど高い防水性を誇ります。耐久性と防水性が高いJackerのソーラーパネルで安全に太陽光発電を行いましょう。

●サイズや重さ

車載ソーラーパネルは、サイズや重さも必ず確認しましょう。ソーラーパネルの大きさは車の屋根の大きさに合わせて選ぶのがポイントです。 

また、屋根の上に設置することを考慮して重いものは避けましょう。ソーラーパネル本体が重いと屋根の上に取り付ける作業が重労働になってしまうので、できるだけ軽いものがおすすめです。

まとめ

 

車の屋根にソーラーパネルを設置することは可能ですが、設置には知識と技術が必要になります。設置に自信があるならJackery SolarSaga 100 Prime ソーラーパネル、自信がない・面倒な方はJackery SolarSaga 100W ソーラーパネル」、Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネルを選ぶといいでしょう。 

Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルでキャンプや車中泊を楽しみつつ、非常用電源としても活用して緊急時の家族の安全を守りましょう。

関連人気記事
サマーセール|Jackery Japan
送信