シエンタで家族車中泊旅行は可能?便利な機能と必要な装備を紹介

シェア
シエンタで家族車中泊旅行は可能?便利な機能と必要な装備を紹介

小型ミニバンとして若い世代のご家族や、子供さんから手が離れ自分たちの時間を満喫したい50代くらいの夫婦に最適な車と言えば、シエンタではないでしょうか。アウトドアブームも相まって、趣味でキャンプや車中泊を目的にされる方は増えてきています。 

 

今回の記事では、シエンタで車中泊は可能なのかを検証するとともに、車中泊に最適なシエンタの性能についてくわしく解説しています。シエンタで車中泊をするのに必要な装備品や、便利アイテムも一緒にご紹介していますので、シエンタに興味ある方は最後までじっくり読んで検討の材料にしてみてください。

目次

シエンタってどんなクルマ?車中泊は2人までが最適

 

車中泊と言えば、軽バンやハイエースのようないわゆる“ハコ車”の車内を居住スペースにカスタムして、車内で過ごしているイメージを持っている方も多いはず。一見、シエンタは車中泊には向いていないように思う方もいらっしゃるかもしれません。 

しかし、実はそうではないのです。シエンタでも車中泊は十分可能です。ここではシエンタとはどんな車なのか。また、車中泊は可能なのかについてくわしく解説していきます。 

シエンタはトヨタの小型ミニバン

シエンタはトヨタの小型ミニバンとして、5ナンバーサイズというコンパクトなサイズ感と、使い勝手の良さを売りにしたファミリカーです。

・乗り降りの快適性

・たくさんの荷物を積めるラゲッジスペース

・便利なスライドドア

というミニバンの魅力が詰まった、運転のしやすさも兼ね備えた車です。2022年8月にはフルモデルチェンジを果たし、ついにはハイブリッド仕様のグレードも登場しました。そんなシエンタは果たして車中泊が可能な車なのかどうか、次の項目でくわしく解説していきます。 

小さい子供さんとなら三人家族で車中泊も可能

シエンタは、2列目以降のスペースが広く、高さも確保されているため、フルフラットにシートアレンジすることができます。よって、大人でも十分寝るスペースを確保でき、車中泊が可能となっています。下記にシエンタの車内スペースの広さを表にまとめてあるので参照ください。 

[シエンタの車内の広さ]

 

5人乗り

7人乗り

室内長

2,030mm

2,545mm

室内幅

1,530mm

1,530mm

室内高

1,300mm

1,300mm

参照元:新型シエンタのサイズはどう変わった?ボディサイズから室内の広さまで徹底解説!

5人乗りでも2m以上の寸法があるため、大人の男性が横になっても余裕のあるスペースを確保できるのが表を見ればわかって頂けると思います。室内幅から考慮すれば、小さい子供さんとなら三人家族での車中泊でも十分寝床は確保できそうですね。 

車中泊に便利なシエンタの4つの性能と機能性

 

車中泊に便利なシエンタ

シエンタの車中泊が可能な理由は室内スペースだけではありません。シエンタの持っている特性は車中泊に便利な機能を持っています。その性能と機能性を4つご紹介します。 

5人乗りなら前席そのままで寝床が作れる

シエンタの仕様には、“5人乗り”と“7人乗り”があります。どちらを選んでも車中泊は可能なのですが、車中泊向きなのは5人乗りの方です。その理由は、 

「前席をそのままの状態にしていても後ろのスペースで寝床を作れる」 

ことです。シエンタの荷室スペースを広げれば、最大2,045mmまで広げることが可能です。これなら、全てのシートを倒したりして工夫せずとも寝床を用意できますね。車中泊に必要な荷物を前席に移動させれば、ゆったりと眠れるスペースも確保できる広さがあることは車中泊向きと言えるでしょう。 

電源アクセサリー付きで家電が使用可能(ハイブリッド車)

シエンタのハイブリッド仕様車を選ぶことで、電源アクセサリーを装備することも可能。この装備を使えば、車内で家電を使用することが可能となります。しかも1500WのAC100V電源が2つ付いているので、幅広い家電製品を使えるのも魅力的ですね。たとえば、

・電気ケトルでお湯を沸かすことができる

・IH調理器や小型ホットプレートを使用して車中飯を作れる

・扇風機や電気毛布も使用でき、気温対策も電気の力を活用できる

などが可能です。車中泊の環境を整えるために、電気の力はとても役に立ちます。ただ、電力は備え付けられているバッテリーから供給することになるので、使い過ぎには注意しましょう。 

車中泊向けの特別仕様車「FANBASE」

車中泊向けのオプション装備を兼ね備えたアウトドア向けのシエンタが存在するのはご存知でしょうか。「FANBASE」はシエンタの中でもとくにオプション装備にこだわりのある特別仕様車です。

「大自然の中でも似合うスタイル」

「荷物がたくさん積み込める広い荷室スペース」

「仮眠のできる車中泊性能」

この3つをうまく融合させた特別仕様車、それがシエンタのFANBASEです。主な特徴は、

・ラゲッジルームがローデッキとハイデッキに組み換えが可能

・純正アクセサリーの組み合わせによるアウトドア仕様への多彩なアレンジ

・多彩なユーティリティフックで荷物の固定が自由自在

であること。まさにアウトドアが好きな方にとって喉から手が出るほど魅力的な装備が満載の仕様になっています。 

車中泊に便利なオプション装備が充実

特別仕様車「FANBASE」でなくとも、シエンタのオプション装備にはアウトドア向けの装備が充実しています。車中泊向けの装備としては、

・ユーティリティフック

・システムバー

・ラゲージアッパーボードセット

・室内カーテン

などがあげられます。そのほかにも魅力的なオプション装備を組み合わせれば、荷物の整理・収納も含めてあなただけのオリジナルのシエンタに染めることが可能です。 

シエンタでの車中泊に必要な3つの装備品

 

ランタン

シエンタで車中泊をする際に、必要となる装備品をご紹介します。車での就寝は、自宅のように眠ることは難しいことが多いです。そんなとき、車で眠るための装備を揃える必要があります。シエンタの車内で快適な車中泊を過ごすための必需品とはいったいどんなものなのか。

車中泊を初めて経験する方は、ぜひ参考にして揃えてみてください。 

シェード&目隠しカーテン

車の中で一定時間を過ごしていると、外からの視線は気になるもの。また、ほかの人からすれば、「いったい車の中で何しているのだろう」と興味を引かれるかもしれません。そんな他人からの視線を遮断してくれる役割を持つのが窓に取り付けるシェードや目隠しカーテンです。 

シエンタには車中泊用の車内用カーテンがオプションで用意されています。しかし、自分好みのカーテンのデザインや自分らしさを出したい方は、自分で用意するのがベストです。カーテンを変えるだけでも自分好みの車内空間を演出でき、視線以外にも遮光性、断熱性のあるものを選ぶことで、太陽光や外気温からも車内を守ってくれる装備品です。 

車中泊マット&寝袋(シュラフ)

車内で快適な眠りをえるために必要な装備が車中泊マットと寝袋(シュラフ)です。マットは寝るときに気になるシートの段差を埋めてくれて、快適な寝心地を提供してくれます。寝袋は、手軽に寝床を作ることのできる装備品として車中泊の必需品と言えるものです。

・コンパクトにまとめられてかさばらない

・手軽に寝床をセッティングできる

・丸洗いができるものあり、お手入れが比較的簡単

などの利点もあることから、シエンタに限らず車中泊するにはなくてはならない装備品です。 

照明器具(ランタン)

日が暮れて窓をシェードや目隠しカーテンで覆ってしまうと、車内は予想以上に真っ暗になってしまいます。照明器具として考えるなら、ランタンを使用するとかなり車中泊感が出ておすすめです。キャンプで利用されているオイルランタンでは、火を使うので車内で使用することは避けたい方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、乾電池やモバイルバッテリーで動くLEDランタンがおすすめです。

・火を使わないので安心・安全に利用できる

・手軽に使用でき、なおかつ車内全体を照らしてくれるくらい明るいものもある

・機能性に優れたものが多数販売されているので、自分好みのものを選べる

などの利点もあり、車中泊で過ごす時間を有意義に過ごすなら、ぜひ準備してほしい装備品です。 

シエンタでの車中泊にあると便利な3つの装備品

 

車中泊に便利なポータブル電源

シエンタで車中泊をするときにネックになるのは、“荷物の置き場所”です。必要以上に荷物を増やすと、「寝床をつくる場所がなくなってしまった」ということになりかねません。荷物は必要最低限にまとめて、ある程度余裕があるくらいに留めておくことも大切です。 

車中泊の経験が浅いと、あれもこれも必要に感じてしまうもの。ここでは車中泊にあると便利な装備品を3つご紹介します。あなたの望む車中泊に必要と感じたら、揃えてみるとよいでしょう。 

折りたたみ式テーブル

テーブルは、車内で食事をしたり、自分の好きなことを楽しむときに必要になってくるものです。しかし、常時出しっぱなしにしておく必要がないものでもありますよね。そんな方におすすめなのが折りたたみ式テーブルです。

・車の隅に折りたたんで片付けられるのでかさばらない

・高さを変えられるものもあり、機能性に優れていて使い勝手が良い

などの利点もあるので、車中泊には便利な装備品としておすすめです。選ぶポイントは、足が伸縮性になっていて高さが変更できること。様々な用途に柔軟な使い方ができるので、車中泊以外のデイキャンプ時にも使うことができます。 

折りたたみ収納BOX

通勤やお買い物など、普段使いにもシエンタを利用することができるのも、シエンタの魅力です。そんな柔軟な使い方がしたい方には、必要に応じて折りたたんでコンパクトにできる“折りたたみ収納BOX”は、まさに万能BOXとなるでしょう。

・車中泊をしないときは、折りたたんでコンパクトにできる

・買い物した荷物が車の振動で荷崩れしないように買い物袋入れにも使える

など、幅広い使い方ができるので、車に1つ常備しておくと重宝します。また、収納BOXはものによっては椅子や踏み台の代わりになるものもあるので、あなたの使い勝手によっては万能タイプを選ぶのもおすすめです。 

ポータブル電源

電源アクセサリーが装備できるのは、“ハイブリッド車”に限ります。ハイブリッド車以外のシエンタに乗っている方におすすめの装備品が、ポータブル電源です。装備すればAC100Vの家庭用電源が車内で使えるようになって、快適な車中泊を過ごせるようになります。

・製品によっては3つ以上のAC100V電源を利用できる

・手軽に持ち運びができ、車外でも電気が使える

・AC電源以外にもUSB-Cやシガーソケットも使える

など、使用用途の幅が広がる分、車中泊でできること、自由度が増し充実した車中泊を過ごすことのできる装備品です。ポータブル電源を選ぶならJackery製品がおすすめです。Jackeryは世界的にも有名なメーカーで、アウトドア向けに設計されているので車中泊向けの性能を持っています。下記にくわしくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。 

シエンタの車中泊に大活躍!Jackery製品で快適車中泊

 

シエンタの車中泊にポータブル電源を装備するなら、Jackery製品がおすすめです。Jackeryなら車内での電気の利用に柔軟に対応できる機能性を持ち、アフターサービスも充実していて安心してご利用いただけます。ここではJackery製品が車中泊向けの製品である理由や、シエンタに装備するにあたっておすすめの製品をご紹介します。 

Jackeryの便利な機能を使って不自由さを解消

シエンタでの車中泊に不便さを感じるとすれば、以下のような内容でしょう。

「3つ以上のAC電源が利用できない」

「容量が1500Wの上限がある」

これだと、車内で使用する家電製品が制限されてしまい、不自由な思いは避けられません。車中泊を何回か経験してくると、不自由と感じたことにストレスを感じて楽しさは半減してしまうのではないでしょうか。Jackery製品を持ち込むことで、これらは解消できます。

・多彩な出力ポート(USB-C,USB-A,シガーソケット,AC電源利用可)を同時に使用できる

・製品によってほぼ全ての家電製品が利用できる

・バッテリー上がりを気にせず電気を利用できる

車中泊の醍醐味である車中飯も楽しむことができ、車内の気温対策に電気毛布や扇風機なども使えるようになります。車中泊の快適さを望めば、電気の利用は必要不可欠になってきます。その必要性に応じて容量を選ぶことができるのもJackeryならではです。 

それでは、Jackeryの中でも「シエンタに装備するならこれ!」とも言うべきおすすめのポータブル電源を2つご紹介します。 

Jackery ポータブル電源708

・708Whの大容量と500Wの定格出力

・最大6台の機器に同時給電が可能

・シエンタの車内に置いても邪魔にならない大きさ

シエンタの電源アクセサリーで物足りない部分を補えるポータブル電源ならまさにこのサイズがベストとも言えるポータブル電源です。大きさは199.7×191.5×190.5(mm)で6.8kg。女性でも手軽に持ち運びができ、シエンタの荷室に置いても邪魔にならないサイズです。シエンタの電源アクセサリーと使い分けることで、IH調理器で車中飯を堪能しつつ、寒さ対策、暑さ対策などの気温対策に扇風機や電気毛布を使用可能。スマホを同時に充電することもできるようになります。 

Jackery Solar Generator 1000 Plus

・1264Whの大容量と2000Wの定格出力

・合計8個(USB-C,USB-A,シガーソケット,AC電源)の多彩な出力ポート

・ソーラーパネルがセットになっていて、3つの充電方法で充電が可能

シエンタのハイブリッド車以外に乗っている方にぜひおすすめしたいのが1000Plusです。ほぼ全ての家電製品を使うことができ、IH調理器はもちろん、ホットプレートを使って車中飯を堪能できます。また、出力ポートも豊富なため、車中飯を作りながらでもスマホやタブレットを充電することも可能。電力不足を感じたら、3つの充電方法を使って電力を補充できます。

「2泊以上の車中泊旅行をしたい」

「電力不足で制限されたくない」

方におすすめのポータブル電源です。 

シエンタ車中泊に関するよくある質問

 

シエンタを購入するときに悩むのは、やはりグレードではないでしょうか。他メーカーのライバル車も気になりますね。バリエーション豊かでいろんな使い方ができる車である分、様々なグレードであなたが車に望むものを提供してくれるシエンタ。使用目的に“車中泊”がある方の気になる悩みをまとめましたので、グレード選びの参考にしてください。 

車中泊するならシエンタファンベースとフリード+のどちらがいいですか?

シートの段差や水平感、シートアレンジでできる隙間を気にするのであれば、“フリード+”はよく考えられていて車中泊には最適の車と言えます。シートの金物類も細かく工夫されていて本当の意味でフラットになるのでおすすめ。ただ、多少シートの組み合わせに手間取る部分があるので、車中泊マットやベッドキットなどでフラットにするならシエンタの方が使いやすい 

新型 シエンタでの車中泊におすすめは、5人乗り?7人乗り?

新型シエンタで車中泊するなら“5人乗り”がおすすめです。乗車可能人数は減りますが、荷室スペースでしっかり大人の男性が横になる寝床スペースを確保することができます。家族で車中泊を考えるなら3人まで(大人2人,子供1人)を想定した車中泊がベストです。 

まとめ:小さいお子さんと車中泊旅行ならシエンタでも可能 

 

今回の記事では、シエンタで車中泊は可能なのかを理由を含めてまとめました。また、シエンタで車中泊するときのおすすめの装備品も一緒にご紹介していますので、車中泊を視野に入れた普段乗りもできる車を探していらっしゃる方にはシエンタはおすすめです。

・シエンタってどんなクルマ?車中泊は2人までが最適

・車中泊に便利なシエンタの4つの性能と機能性

・シエンタでの車中泊に必要な装備品

・シエンタでの車中泊にあると便利な装備品

・シエンタ車中泊に関するよくある質問

などを中心にまとめています。シエンタは小さいお子さんがいらっしゃる若い世代のご家族が車中泊するのにベストな車と言えます。通勤や通学の送り迎えやお買い物に使いつつ、週末や連休の休みを使って家族でドライブ旅行に行ってみたい方におすすめの車ですね。

関連人気記事
ソーラー発電応援セール
new-customer-close
送信