【最新版】災害時になくて困ったものとは?備えある生活のための完全ガイド

【最新版】災害時になくて困ったものとは?備えある生活のための完全ガイド

「災害が起きた時の備えをしっかりとしておきたい」「実際に災害が起きた時はどんな物資が役に立つの?」以上のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?そこで、当記事では

・災害時に本当に困ること
・災害時になくて困ったもの 
・災害時には意外と役に立たない防災グッズ

について詳しく解説していきます。

当記事をご覧になっていただければ、災害時にどのようなことを意識して行動するべきか、災害に備えて揃えておくべき防災グッズについて理解できるようになるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

災害時に本当に困ったことランキングは?

災害時に本当に困ったことランキングは?

災害時に本当に困ったこととは、生命や身体の安全が脅かされることです。具体的には以下のような問題に備えておくことが必要になります。

①食料、水、医療品の不足

災害時になくて困ったものとして、生命維持に必要な食料、水、医療品の不足が挙げられます。

災害の規模によっては、交通機関が止まったり、避難所が埋まってしまうことがあり、生活物資の入手が難しくなる場合が想定されるでしょう。

事前に消耗品の備蓄を済ませておき、災害に備えておきましょう。

②電気や通信の停止

災害時に電気や通信の停止によって、暗闇での生活が強いられたり、適切な情報の収集や伝達ができなくなってしまい、安否確認や適切な支援が受けられなくなる場合が想定されます。

非常用電源の確保、手回しラジオなどの用意、適切な情報収集などを事前に行っておきましょう。

関連人気記事:家庭用非常用電源おすすめ7選!選びかたやシーン別を解説

③情報の不足

災害時には、適切な情報を得ることが非常に重要ですが、欲しい情報が流れてこなかったり、情報が錯綜しやすいため、避難情報や被害状況などの正確な把握ができず、自分や家族の安全確保ができなくなる場合も想定されます。

適切な情報収集の方法を知り、正確な情報を得ることができるようにしておきましょう。

避難場所別・年齢/性別別・季節別で災害時になくては困ったものを解説

避難場所別・年齢/性別別・季節別で災害時になくては困ったものを解説

災害時に必要となる防災グッズの優先順位は、災害の種類や規模、地域や環境によって異なる場合があります。以下がその一例となりますので順を追って確認していきましょう。

①避難場所別で災害時になくて困ったもの

●自宅にいる場合

自宅で避難する場合は、以下のような防災グッズの優先順位が上がります。

・非常食や飲料水、保存期間の長い乾パンや缶詰、レトルト食品などの備蓄食料

・懐中電灯やラジオなどの情報収集用品

・薬や救急セット、マスク、防寒着などの医療品

・毛布や寝袋、防寒着などの保温用品

また、災害時には、防災グッズの準備だけでなく、事前に避難場所の確認や避難計画の作成をしておくことが重要になります。

避難時には、冷静に行動し、周囲の情報に注意して避難しましょう。

●避難所にいる場合

避難所にいる場合は、避難所内での生活を維持するために、以下のような防災グッズの優先順位が上がります。

・非常食や飲料水、保存期間の長い乾パンや缶詰、レトルト食品などの備蓄食料

・懐中電灯やラジオなどの情報収集用品

・薬や救急セット、マスク、防寒着などの医療品

・毛布や寝袋、防寒着などの保温用品

・トイレットペーパーやウェットティッシュ、石鹸などの生活用品

・タオルや着替え、簡易ベッドなどの生活用品

また、避難所での生活は、他の人との共同生活になるため、以下のようなことにも配慮が必要です。

・個人の身の回りのものを持ち込むための防災バッグやトランクなどの用意

・手洗い、うがい、マスク着用などの衛生管理

・周囲の人々とのコミュニケーションや協力

避難所の場所や開設情報については、地域の防災マップや市町村のホームページ、市町村役場などで確認することができますので、避難所へ避難する際には、家族や周囲の人々と協力し、冷静に行動しましょう。

関連人気記事:防災対策は日ごろの備えから!家庭でできること10選

②年齢や性別で災害時になくて困ったもの

●女性が避難する場合

女性が災害時に避難する場合、以下のような防災グッズの優先順位が上がります。

・生理用品やおむつ、子供のミルクや食料など、女性や子供に必要な特別な物品

・女性専用のトイレやシャワールームがない場合、簡易的な洗浄用具やタオル、シャンプーなどの持参

また、女性は男性に比べて身体的に弱い場合があるため、避難所や避難先でのセキュリティにも注意が必要です。身の安全を確保するために、以下のような対策が必要になる場合があります。

・ホイッスルやスプレーなどの自衛用具の持参

・周囲の人々と協力し、一緒に避難する

・女性専用の宿泊施設や避難所があるかの確認

一人暮らし女性のおうちライフを快適に! カーサミアは、暮らし・お金・防災・不動産購入・お部屋探しなどの「大丈夫かな?」を「納得!」に変えるライフスタイルマガジンです。

●高齢者が避難する場合

高齢者が災害時に避難する場合、以下のような防災グッズの優先順位が上がります。

・薬や処方箋、医療器具などの持参

・車椅子や杖などの移動用具

・介護用品や食事の食べやすい器具などの持参

・高齢者は身体的な負担が大きいため、避難先での安全確保や、移動手段の確保が必要になる場合がある

高齢者は健康状態によって異なるため、必要な薬や対応策を事前に確認することが重要です。また、視力や聴力が衰えていることが多いため、ラジオや懐中電灯などの情報収集に役立つグッズもあるとよいでしょう。

===================================
参考メディア:介護に関するお役立ちメディア「ケアスル介護
===================================

●赤ちゃんを避難させる場合

赤ちゃんを避難させる場合は、以下のような防災グッズの優先順位が上がります。

・おむつやおしりふき、哺乳瓶、粉ミルクなど、乳幼児に必要な特別な物品

・母乳の場合は、母乳ポンプや保存用袋が必要になる場合がある

・ベビーカー、抱っこ紐など、乳幼児を運ぶための移動用具

・給水器具や消毒液など、清潔な水の確保

・保温用品や防寒着、汚れてもよいような着替えなど、乳幼児が寒さや汚れから守られるための物品

赤ちゃんは、大人と比べて体温調節や感染症のリスクなど、さまざまな点で過敏に反応するため、特に注意が必要です。赤ちゃんを避難させる場合は、防災グッズの備蓄だけでなく、適切な行動計画を策定しましょう。

③季節別で災害時になくて困ったもの

●夏の避難時の場合

夏の避難時に必要な防災グッズは、以下の通りです。

・水やスポーツドリンクなど、熱中症対策のための水分補給用品

・保冷剤やクールタオル、扇風機など、暑さ対策のための物品

・虫よけスプレーなど、夏場に活発になる虫対策のための物品

・軽装の衣類や、帽子、サングラスなど、熱中症対策と日焼け対策のための衣服

・日焼け止めや、アフターサンローションなど、日焼け対策のための化粧品

・紙の扇子や、遊び道具など、暑さやストレス解消のための娯楽用品

夏の避難時には、熱中症や水不足、食中毒などに注意が必要となります。特に高温多湿の環境下では、体温調節や水分補給に特に気を配りましょう。また、季節柄、虫による被害や感染症のリスクも高まるため、適切な防虫対策や衛生管理も重要です。

関連人気記事:猛暑時の停電では熱中症に注意!夏の停電時の対策と防災グッズ8選

●冬の避難時の場合

冬の避難時に必要な防災グッズは、以下の通りです。

・防寒着やブランケット、ヒートテックなど、寒さ対策のための衣類や寝具

・ポータブルストーブや防寒シート、カイロなど、暖房対策のための物品

・非常食やカロリーメイトなど、栄養補給のための食料

・水や給湯用のポット、スープなど、温かい飲み物の用意

・雪かき道具やスパイク付きの靴、チェーンなど、雪道や凍結路面での移動用具

・手袋やマスク、抗菌グッズなど、風邪やインフルエンザなどの感染症対策のための物品

冬の避難時には、過剰な体力消耗や冷えによって低体温症に陥る可能性が高く、適切な対策が求められます。

また、雪や凍結路面による交通事故や、火災やガス漏れによる事故リスクも高まるため、防災意識に関しても注意を向けておかなければなりません。

関連人気記事:冬の停電対策に最適なポータブル電源とは?おすすめの選び方を防災の専門家に聞く

【通用篇】災害時になくて困ったもの11選

災害の「備え」チェックリスト

自然災害や災害事故が発生した際に備えるため、あらかじめ用意しておくと便利な防災グッズがあります。災害時になくて困ったもの一覧については以下の通りです。

①食料

災害時になくて困ったのとして、食料が挙げられます。

おすすめの食料グッズとして、缶詰やレトルト食品、水、乾燥麺や米、パン、菓子類、カロリーメイトやエナジーバーなどがあります。

これらは傷みにくく、長期間保存が可能なものが多く、非常時に便利です。災害時には備蓄しておいた食料で、少しでもストレスや不安を軽減し、生き延びる力をつけましょう。

②水

災害時には、水不足が起きることが予想されるため、手元に水が確保できなければ困ってしまうでしょう。水は飲むだけでなく、調理や衛生面でも必要となるため、備蓄しておくことが非常に重要です。

飲料水としての認可を受けた、保存期間の長いペットボトルや缶入り水の備蓄を優先しましょう。

また、運びやすいように、500mlサイズや1リットルサイズが便利です。災害時には、飲料水としてだけでなく、手洗いや調理にも使用するため、十分な量を備蓄しましょう。

③ポータブル電源

災害時には停電などの影響で、電気が利用できなくなることがあります。そのような状況に備えて、ポータブル電源を備蓄しておくことがおすすめです。

ポータブル電源とは、大容量な電力を蓄えられる様々な家電や電子機器(スマホや懐中電灯、ラジオなどの充電、炊飯器、エアコンなど)に給電できる持ち運びできる給電アイテムで、防災時や車中泊など非常用電源として幅広く活躍できます。

ACコンセントだけではなく、ソーラーパネル充電も対応できるので、災害による長期間の停電でも太陽光があれば発電できるので、電源切れの心配がございません。

特に、災害時には情報収集が重要となるため、ラジオやスマホの充電に利用できるポータブル電源は非常に便利です。また、防災用のポータブル電源は、耐久性が高く、衝撃に強いものが多く、災害時に頼りになる存在となるでしょう。

関連人気記事:災害時におすすめのポータブル電源|必要性と選び方のポイントを解説!

関連人気記事:ジャクリ(Jackery)のポータブル電源はなぜ選ばれている? 人気の理由と選び方を解説!

●災害時におすすめの非常用電源一覧

Jackery Solar Generator 2000 Plus

容量:2,042Wh(最大12kwhまで拡張可能)
定格出力:3000W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量:1,264Wh(最大5kWhまで拡張可能)
定格出力:2000W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 3000 Pro

容量:3,024Wh
定格出力:3000W
フル充電:最速3時間

Sold out

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2,160Wh
定格出力:2200W
フル充電:最速2.5時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1500 Pro

容量:1,512Wh
定格出力:1800W
フル充電:最速2時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Pro 100w

容量:1,002Wh
定格出力:1000W
フル充電:最速5.5時間

Sold out
Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
フル充電:7.5時間

通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
フル充電:11時間

通常価格:¥206,210(税込)

もっと見る

Jackery Solar Generator 1000 Pro 200W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W

容量:1,002Wh
定格出力:1000W

フル充電:最速1.8時間

Sold out

Jackery Solar Generator 1500

容量:1,534Wh
定格出力:1800W

フル充電:最速5.5時間

Sold out