連休の過ごし方おすすめ8選!後悔しない連休を過ごす3つのコツも解説

連休の過ごし方おすすめ8選!後悔しない連休を過ごす3つのコツも解説

いつも連休に何もしないで終わる…おすすめの過ごし方はある?」寝てばかりの連休を過ごしてしまい、後悔してしまう社会人の方は少なくないでしょう。

そこで今回は、後悔しない連休を過ごす3つのコツと、8つのおすすめの過ごし方を紹介します。連休に何もしない生活から脱却したい人は、ぜひチェックしてみてください。

目次

1.当てはまっている人は注意!後悔する連休の過ごし方

2.連休の過ごし方で後悔しない3つのコツ

3.連休の過ごし方おすすめ8選

4.連休の過ごし方を彩る「ポータブル電源」を紹介!

5.連休のアウトドアやベランピングにおすすめなポータブル電源のおすすめ3選

当てはまっている人は注意!後悔する連休の過ごし方

連休の終わりに「なにもできなかった…」と後悔した経験がある社会人は少なくないのではないでしょうか。株式会社ビズヒッツは、社会人の独身男女497人に対して「後悔してしまう休日の過ごし方」のアンケートを取っています。その結果「寝すぎる」と回答した方が253人と半数以上を占めました。

後悔する連休の過ごし方

引用元:PRTIMES

次点で「動画・テレビばかり観ている」「ダラダラ過ごす」など、ほとんど「何もしていない」連休を過ごしている方は少なくありません。多くの方が、家からまったく出ずに連休を消化しています。

1人暮らしの社会人は特に連休の過ごし方で後悔しがち

連休の過ごし方で後悔しがちなのは、やはり1人暮らしの社会人です。下記のような思考に陥っていないでしょうか。

・疲れて何もしたくない

・特にやることが思いつかない

・1人ではやることがない

たしかに毎日仕事で疲れた社会人は「連休は休みたい」と考えるのも自然かもしれません。疲れた状態では、なかなかやることも思いつかないでしょう。就職で友達とも離れてしまい、遊び相手がいない方が多いのも理由のひとつと考えられます。

「連休の無駄遣い」を感じたら過ごし方を見直してみよう!

ただ休んで終わりがちな連休は、仕事のある平日ではできないことに挑戦するチャンスです。ダラダラ過ごして後悔したと感じているのであれば、心の奥底では「なにかに時間を使いたい」と考えているはず。「自分のことだ…」と思った方は、ぜひこのあと紹介する「連休の過ごし方で後悔しないコツ」を参考にしてみてください。

連休の過ごし方で後悔しない3つのコツ

連休の過ごし方で後悔しないためには、下記の3つのコツを押さえて行動してみましょう。

・日頃から「やりたいこと」を思いついたらメモする

・とりあえず人のマネをしてみる

・昔の趣味や習いごとに再チャレンジしてみる

それぞれ解説します。

①日頃から「やりたいこと」を思いついたらメモする

連休に何もしないで終わる原因のひとつが、疲れていてやりたいことを考える余裕がないこと。それなら、普段からやりたいことをメモしておけば良いのです。今はスマホのメモ帳を使えばすぐにメモを取れるので、ふと思いついたときにどんどん記録しておきましょう。

②とりあえず人のマネをしてみる

まずは「人のマネ」からスタートしてみるのもおすすめです。家族や友達・同僚など、充実した連休を過ごしている人は周りにいないでしょうか。自分が現時点で興味を持っていなくても、マネをしてみれば案外ハマってしまうかもしれません。共通の趣味で盛り上がれる可能性もあるので、さまざまなことに挑戦してみましょう。

③昔の趣味や習いごとに再チャレンジしてみる

昔の趣味や習いごとに再チャレンジしてみるのも良いでしょう。たとえば野球やサッカーなどのスポーツは、探せば社会人でも気軽に参加できるチームがあるはずです。ピアノなどの音楽教室も、最近では社会人向けのものが充実しています。カードゲームなど子供がメインの趣味でも、童心に帰って楽しむ社会人は少なくありません。ぜひ「昔やっていたこと」を書き出して、できる範囲で再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

連休の過ごし方おすすめ8選

連休の過ごし方おすすめ8選

「やりたいことがまったく思いつかない…」「無趣味だったから趣味が見つけられない…」という方のために、充実した連休を過ごせるおすすめの過ごし方を8つピックアップしました。

・掃除・断捨離する

・読書する

・筋トレする

・料理を作ってみる

・副業を始める

・DIYを始める

・山・川でキャンプをする

・ベランピングをしてみる

どうしてもやることが見つからない方は、ぜひ参考にして連休を充実させましょう。

①掃除・断捨離する

「部屋が散らかってきた…」と感じる方は、まず掃除や断捨離に取り組んでみてはいかがでしょうか。連休は普段掃除できないところをきれいにするチャンス。普段仕事が終わってからの時間や1日だけの休みではおっくうな掃除も、2日以上の連休なら気楽に行えます。1日は掃除に使って、残りの休みは全力で休んでもOK。「何もしなかった」という後悔からは解放されるでしょう。

②読書する

動画やテレビを見たり、SNSを眺めたりするだけで終わってしまう方は、読書に取り組んでみるのもおすすめです。読書に没頭できれば、リラックス効果・ストレス発散効果が得られます。もちろん紙の本でも良いですが、買いに行くのも通販で取り寄せるのも面倒な方には電子書籍がおすすめ。ビジネス書でもライトノベルでも、まずは興味のあるジャンルの本を買って試しに読んでみましょう。

③筋トレする

普段運動する機会がない方は、筋トレを始めてみるのも良いでしょう。多少音を出しても問題ない家に住んでいる方は、大きく身体を動かせる腹筋マシーンなどを導入すれば、ストレス発散にもなるトレーニングができるでしょう。賃貸住みでなかなか音が出せない方は、スクワットや腕立てなどの簡単なメニューから始めてみてください。

➃料理を作ってみる

連休中の食事がコンビニ・外食に偏っている方は多いのではないでしょうか。そのような方は、ぜひ自分で料理を作ってみましょう。まずは自分の好きなものから作ってみて、慣れてきたら栄養バランスも考えた料理に取り組んでみるのがおすすめ。スイーツを作ってみるのも良いでしょう。

⑤副業を始める

ありあまった時間で副業を始めてみるのもおすすめ。近年の「値上げラッシュ」に対抗するには節約も大事ですが、根本的に収入を増やす方法がベストです。0から自分で事業を起こすのは大変ですが、クラウドソーシングサイトを活用すれば下記のような仕事を見つけられます。

・デザイン

・アンケート

・データ入力

・オンライン事務

・プログラミング

・Web記事ライティング

特にスキルがなくても、簡単なアンケートやデータ入力なら誰でも始められるでしょう。慣れてきたら少し勉強して、別の仕事に手を出してみるのもおすすめです。

また、収入の柱を増やしたいあなたに「物販ラボ」がおすすめします。個人が時間や場所を選ばずに安定した収入を得るための物販に関するトピックを発信するメディアです。 最新ニュースから学べるコンテンツ、専門家へのインタビューなど幅広く掲載しています。

⑥DIYを始める

実家暮らしで庭がある人は、ぜひ最近流行りのDIYを始めてみましょう。楽しく実用的なものを作れるので、一度始めればのめりこんでしまうこと間違いなし。DIY技術を磨けば、ノウハウや作品の販売で副業にもできるでしょう。

関連人気記事:DIYで叶える夢の庭作り!初心者でもできる庭作りのコツやアイデア

⑦山・川でキャンプをする

なかなか出かけない方の理由で多いのが「1人で行く場所がない」こと。そこでおすすめなのが、山や川でのソロキャンプです。非日常を体験しながら自然を堪能できるキャンプは、想像以上にストレスを発散できます。楽しみ方は人それぞれで、誰かに縛られることもありません。ぜひ解放された空間でのキャンプを楽しんでみてください。

関連人気記事:【徹底解説】ソロキャンプで絶対に準備するべきアイテムは?服装や注意事項について

⑧ベランピングをしてみる

「キャンプはちょっとハードルが高い…」という方におすすめなのが「ベランピング」です。ベランピングは「ベランダ・グラマラス・キャンピング」の略で、自宅のベランダで優雅な時間を過ごす最近流行りのアクティビティ。キャンプ用のチェアで日向ぼっこをするだけでも良し、小型のテントを張ってキャンプ感を出してみるのも良しです。

LEDランタンで雰囲気を出してみるのも良いでしょう。周りの部屋に迷惑をかけなければなにをしても良いので、ぜひ気軽にスタートしてみてください。

また、一人で過ごす休日のメリットや活用法についてもあわせてご確認ください。 参考:孤独な休日が幸せに変わる!一人で過ごす休日のメリットと活用法|イグネコブログ

関連人気記事:ベランピングとは?おうち時間満喫のために知らなきゃ損する楽しみ方

連休の過ごし方を彩る「ポータブル電源」を紹介!

DIYやキャンプ、ベランピングのようなちょっとアウトドアな過ごし方では「ポータブル電源」という大容量・高出力の蓄電池を用意すると、さらに多彩な楽しみ方ができます。ポータブル電源の3つの「おすすめポイント」を見ていきましょう。

ポータブル電源のおすすめポイント①:アウトドアで大活躍!

ポータブル電源AC100V出力ができるので、電源のない出先でも家庭のコンセントで動く家電に給電して稼働させることができます。キャンプなどのアウトドアシーンで、電源がなければ普通はできない下記のような楽しみ方ができます。

・電気圧力鍋や電気グリルを使った手の込んだ料理

・プロジェクターを使って大画面でゲーム・映画鑑賞

・コーヒーメーカーを使った朝の優雅なひと時

・扇風機やポータブルクーラー、電気毛布などに給電して暑さ・寒さ対策を簡単に取れる

家でもできることですが、あえてキャンプという非日常でやるのが格別です。アウトドア趣味を楽しむなら、ぜひ1台用意しておきましょう。

ポータブル電源のおすすめポイント②:ベランピング・DIYなどのおうち趣味にも!

ベランピングやDIYなどの「おうちアウトドア」系の趣味でも、ポータブル電源は大活躍します。基本的にベランダや庭はコンセントがないため、電気を引いてくるのも一苦労。しかしポータブル電源があれば、ただ使いたい場所に持ってくるだけで電源が確保できます。ベランピング用のLEDランタンも、DIY用の電動工具もポータブル電源に繋げばOK。暑い日には扇風機をセットで使うのも良いでしょう。

ポータブル電源のおすすめポイント③:ついでに節電・防災対策も可能!

「これから始めるアウトドア趣味のためにポータブル電源を買うのはもったいない…」と思った方もいるでしょう。しかしポータブル電源が活躍するのはアウトドアのシーンだけではありません

ポータブル電源をソーラーパネルと組み合わせて使えば、毎日の電気代を節約できます。昼間は太陽光で充電して、夜はポータブル電源に繋いで家電を使いましょう。持っているだけで、万が一の災害への対策にもなります。多彩な用途で使えるポータブル電源を1台持っておけば、日常が便利になること間違いなしです。

関連人気記事:【2023年】キャンプだけじゃない! ポータブル電源が万能なアウトドア用品のわけとは?

連休のアウトドアやベランピング、車中泊におすすめのポータブル電源3選

連休のアウトドアやベランピング、車中泊におすすめのポータブル電源3選

連休にキャンプなどのアウトドアやベランピング・DIYを始めたいなら、ぜひ「Jackery(ジャクリ)」のポータブル電源を用意しましょう。Jackeryのポータブル電源は豊富なラインナップがあるので、使いたい家電・使用時間などの目的・用途に合わせて選べます。

さらに防災安全協会が認証する「防災製品等推奨品」を取得しているので、ポータブル電源の中でもバツグンの安全性です。ぜひ世界で200万台以上販売しているJackeryのポータブル電源で、あなたの新しい趣味を充実させてください。急速充電が対応できるポータブル電源3機種を紹介するので、自分に合ったものを選びましょう。

関連人気記事:ジャクリ(Jackery)のポータブル電源はなぜ選ばれている? 人気の理由と選び方を解説!

●Jackery Solar Generator 2000 Pro:ベランピング・DIYを始めるならこれ!

ベランピングやDIYを始めたいなら、ぜひ「Jackery Solar Generator 2000 Pro」を用意しましょう。Jackery Solar Generator 2000 Proは、2,160Wh容量・2,200W出力のポータブル電源と、最大200W出力ソーラーパネルのセット品です。

高速充電機能を搭載しているので、ソーラーパネルとACコンセントで、最速2.5時間でフル充電できます。

豊富な容量・出力があるので、DIYで使いたい消費電力の大きい電動工具も長時間使えます。一晩をベランダで過ごすほどのベランピングでも充電切れの心配はなし。

使わない日にはソーラーパネルで充電した電力を活用して、毎日の電気代を節約しましょう。毎日使えば、1ヶ月で1,000円以上も電気代が浮きます。ぜひおうちアウトドアに活用しつつ、日々の生活コストも削減してみてください。

●Jackery Solar Generator 1500 Pro:本気でアウトドアにのめりこみたい人向け!

キャンプなどのアウトドア趣味を試してみたらハマってしまい、これから本気でアウトドアにのめりこもうと思い始めたらぜひ「Jackery Solar Generator 1500 Pro」を用意してみてください。1,512Wh容量・1,800W出力を備えたポータブル電源で、自宅で使っている家電をほとんど外でも使えます。

たとえばキャンプ中に電子レンジを活用して時短料理をしたり、電気圧力鍋で家でも作らないような手の込んだ料理を作ったり。車にポータブルエアコンを搭載して、まるで自宅の一室にいるかのように快適な車中泊をスタートするのもおすすめです。

ソーラーパネルで充電すれば、連泊でも充電切れの心配はありません。もはや普段の連休だけでなく、GWなどの大型連休にもお出かけしたくなるでしょう。

●Jackery Solar Generator 1000 Pro 100W:ソロキャンプデビューにおすすめ!

ソロキャンプを始めようと思っている方には、1,002Whの容量・1,000Wの出力を備えたポータブル電源と、最大出力100Wのソーラーパネルがセットになった「Jackery Solar Generator 1000 Pro 100W」がおすすめ。

一晩中電気毛布やポータブルクーラーを使って寒さ・暑さの対策をしつつ、炊飯器などの調理家電を使って快適に料理が作れます。

1,000Wの出力があればプロジェクターなどの機器も動作できるので、テント内にちょっとしたシアターを設営して大画面で映画を楽しむのも良いでしょう。非日常的な体験が加速し、あなたに充実のひと時を与えてくれます。連休終わりの満足感がアップすること間違いなしでしょう。

まとめ

1人暮らしの社会人は、寝てばかりの何もしない連休を過ごして後悔しがち。日頃からやりたいことを書き起こしてみたり、家族や友人のマネをしてみたりすると良いでしょう。それでもやることが思いつかない方は、紹介した8つの夏休みの過ごし方を参考にしてみてください。

アウトドア系の趣味を始めてみたい方は、ポータブル電源を用意するとさらに充実した連休を過ごせます。ぜひ「Jackery(ジャクリ)」のポータブル電源で、なにもしない連休を楽しい日々に変身させましょう。


new-customer-close
送信