家族でファミリーキャンプを始める方法!費用・楽しみ方・キャンプ場とグッズの選び方

家族キャンプの始め方!キャンプ場の選び方やグッズを徹底解説

子供と一緒に家族でアウトドアを満喫できるファミリーキャンプ。大自然のなかで遊べるので、子供も大喜びします。しかし、初めて家族キャンプをする方は「どのように始めたら良いんだろう?」「ファミリー向けキャンプ場の選び方は?」と不安に思っている方もいるでしょう。そこで今回の記事では、家族で楽しむファミリーキャンプの始め方・かかる費用・楽しみ方・必需品とキャンプ場の選び方を詳しく解説します。初めて家族キャンプをされる方は、ぜひ最後までご覧ください。

家族でファミリーキャンプを始めよう!

家族キャンプはお子さんが遊べるだけでなく、大人もリフレッシュして楽しめます。日常の喧騒から離れることができ、非日常的な空間で1日を過ごせるからです。

木々の音や川のせせらぎなど、普段感じない音を聞くことで、心の底からリラックスできます。

さらに、キャンプ場ではさまざまなアクティビティが楽しめます。キャンプファイヤーや水遊びなど、普段できない遊びをすればお子さんも喜ぶでしょう。

ぜひこの機会に家族キャンプを始めてみてはいかがでしょうか。

家族キャンプの費用を紹介!

家族キャンプを始める場合には、費用がかかります。その代表的な費用は以下の2つです。

①道具の初期費用

②キャンプ場の利用料

上記の費用について詳しく解説します。家族でのファミリーキャンプの初期費用やキャンプ場利用料が気になる方は、チェックしておきましょう。

①道具の初期費用

項目

費用(目安)

テント

約30,000円

タープ

約10,000円

寝袋

約5,000円

マット

約2,000円

チェア

約3,000円

クーラーボックス

約5,000円

調理道具(コンロ・スプーンなど)

約8,000円

ランタン

約2,000円

家族キャンプを始めるために必要不可欠なキャンプ道具は、テントやタープ、寝袋、チェアなどです。これらを初めて揃える場合、初期費用が必要になります。

家族4人で利用するためのテントは約3万円。タープやシート、ハンマーやペグなどの付属品も合わせると約4万円以上かかるでしょう。

また、寝袋やランタンなどの道具も購入しないといけません。そのため、比較的安価な道具で揃えても、初期費用だけで約6万円以上になります。

ただし、キャンプ場によっては道具をレンタルすることもできます。まずはお試しで楽しんでみてから、購入を検討してみると良いでしょう。

②キャンプ場の利用料

キャンプ場の利用料は、1泊につき約5,000〜8,000円が相場です。サイトの利用料、テントの設置代、車の駐車料金などが含まれています。

また、テントを増やしたい場合は、追加で約2,000円を払います。多くても約10,000円以内で収められるケースが多いです。

しかし、ハイシーズンや土日祝日は利用料が異なる場合があります。キャンプ場のWebサイトを確認したり、電話でお問合せをしたりして、必ずチェックするようにしましょう。

家族・ファミリーキャンプの楽しみ方

家族でするファミリーキャンプには、いくつかの楽しみ方があります。みなさんに楽しんでみて欲しいのは以下の4つです。

自然を満喫する

家族で料理を作ってみる

夜のキャンプファイヤーで癒される

ゲームやスポーツを楽しむ

上記の楽しみ方を実行すれば、さらに家族キャンプを満喫できるでしょう。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

①自然を満喫する

ファミリーキャンプの一番の魅力は、なんと言っても自然のなかで過ごす時間です。森林や川、湖や海など、自然豊かな環境で精神をリセットできます。

千葉大学環境健康フィールド科学センターの山を歩く実験では「ストレス時に高まる代表的なストレスホルモンであるコルチゾール濃度は、都市部歩行に比べて15.8 %低下し、ストレス状態が軽減しました。リラックス時に高まる副交感神経活動は、森林部15分間の歩行によって、都市部歩行に比べ、102 %亢進し、リラックス状態が顕著に高まりました。」と述べられています。

そして、山には虫や鳥、川には魚が生息しているので、生き物を目にする機会が多いです。川に入って魚掴みをしたり、山で虫取りをしたりするのも良いでしょう。このように、家族キャンプでは子供はもちろん、大人もリラックスできるのでおすすめです。

②家族で料理を作ってみる

家族キャンプでは、みんなで料理を作って楽しめます。家族と料理を作ることで、チームワークが生まれて絆を深められるのです。

普段自宅では、お母さんに任せっきりになる場合が多いので、家族みんなで手伝ってみると良いでしょう。ただ調理を楽しめるだけでなく、母親への感謝の気持ちも生まれます。

みんなで作れる料理やデザートを一緒に作り、夫婦の仲も子供との関係も良好にしてみてください。ファミリーキャンプで料理を安全に作るには、火を使わずに家電に給電できるポータブル電源の活用がおすすめです。

③夜のキャンプファイヤーで癒される

キャンプファイヤーも、家族キャンプの楽しみ方のひとつです。夜の風景をより美しくし、特別な思い出を作ることができます。

そんな焚き火には、癒し効果もあることはご存知でしょうか。こちらは「1/fゆらぎ」のリズムが影響しています。人間の心臓の鼓動と同じリズムで揺れているので、生体的に快感を得るのです。その結果、焚き火を見ると心が落ち着きます。

ただし、安全面には注意が必要です。焚き火から1m以上の感覚をあけ、周囲に燃えるものがない場所で行うようにしましょう。

④ゲームやスポーツを楽しむ

家族キャンプでは、大自然のなかでゲームやスポーツを楽しめます。道具を準備して行けば、以下のような遊びが可能です。

フリスビー

バドミントン

キャッチボール

また、雨の日にはテントのなかで、トランプゲーム(UNO・神経衰弱)をしてみるのもおすすめです。子供だけでなく、大人も童心を思い出して楽しめます。

子供が好きな遊びに適した道具を持ち運び、キャンプで満喫してみましょう。

家族で楽しむキャンプ場5つの選び方!

家族で楽しむキャンプ場5つの選び方!

家族とファミリーキャンプを楽しむためには、場所選びが大切です。その選び方のポイントは以下の通りになります。

①設備の充実度をチェックする

②サイトの大きさを確認する

③安全性を気にする

④自宅からの距離を意識する

⑤トイレやお風呂に近い場所を選ぶ

上記のポイントを押さえておけば、素晴らしいキャンプ場を見つけられます。必ず目を通しておくようにしましょう。

関連人気記事:【2023年】夏でも涼しいおすすめのキャンプ場10選|関東・関西・東海など地域別で解説

①設備の充実度をチェックする

キャンプ場の設備は、家族キャンプを楽しむうえで非常に重要なポイントです。自宅にあるような設備が揃っていることで、アウトドアを楽しみながら快適に過ごせます。

トイレ

シャワー

洗面台

炊事場

上記のような設備が揃っているキャンプ場が理想です。トイレやシャワーを我慢する必要がないので、不便なく過ごせます。

また、近くにコンビニやスーパーマーケットがあると便利です。緊急時や何かを忘れてしまった場合など、近くで買い出しできる場所があると、安心してキャンプを楽しめます。

②サイトの大きさを確認する

家族キャンプでは、サイトの大きさが重要です。大きなテントを張れる場所や、子供が遊べるスペースがないといけません。そのため、理想的なサイトの大きさは「約100㎡」です。省スペースでも構わない方は「約80㎡」でも構いません。

子供と活発的に遊びたいのであれば、大きめのサイトに越したことはないです。できる限り「約100㎡」のサイトがあるキャンプ場を選んでみてください。

③安全性を気にする

キャンプ場は自然に囲まれた環境で過ごすため、安全性を気にしないといけません。家族キャンプでは、小さなお子さんがいるので注意する必要があります。特に、夜間は暗くなってしまうので、子供の居場所がわかりにくいです。街灯が多くある場所を選ぶと、見失う心配もなくなります。

また、山岳地帯にあるキャンプ場は、斜面になっている場所も多いです。怪我や事故の原因になるので、これらのキャンプ場を避ける必要があります。そして、万が一の場合があるので、スタッフが常在しているキャンプ場が良いです。トラブルが起きた場合に、すぐに相談できます。

家族キャンプをする際には、

キャンプ場が開けている

街灯が配置されている

スタッフが常在している

これらのポイントを意識して選ぶと、比較的安心して生活が送れるでしょう。

④自宅からの距離を意識する

自宅からの距離も意識する必要があります。子供の体調が優れない場合に、すぐに自宅へと帰るためです。

もし、離れたキャンプ場に行った場合には、帰っている間に体調が悪化する可能性があります。万が一の場合に備えるためにも、近場のキャンプ場を選びましょう。

理想としては、自宅から1時間以内に行けるキャンプ場です。すぐに帰って来られるので、安心感があります。

⑤トイレやお風呂が近い場所を選ぶ

家族キャンプをする際には、トイレやお風呂が近いキャンプ場を選ぶと良いです。子供たちは、尿意や便意を我慢できないので、トイレが近くにないといけません。

また、お風呂が近くにあると、着替えなどを持ち運ぶ手間を減らせます。移動の労力を軽減できるので、ご両親が助かるでしょう。

トイレやお風呂が近いサイトがあるキャンプ場を選ぶか、小規模なキャンプ場を見つけるようにしてみてください。

家族キャンプに持って行きたい道具!

家族でファミリーキャンプを楽しむためには、以下の道具が必要です。

①テント

②寝袋

③大型テーブル

④タープテント

⑤ランタン

⑥折り畳みチェア

⑦調理機器

⑧スマートフォン

⑨寒さ対策・暑さ対策グッズ

ポータブル電源

上記10種類のアイテムを持ち運べば、家族キャンプを快適に楽しめるでしょう。家族キャンプに向けて、それぞれのグッズの選び方をぜひ確認してみてください。

①テント

テントはファミキャンに必要不可欠なアイテムです。金属や布で作られた天幕で、寝るスペースを確保してくれます。

また、風や雨から守ってくれるので、快適に生活することも可能です。天候が悪い日には、テントのなかに入ってゲームも楽しめます。

そんな家族キャンプのテントの選び方は、以下の3ポイントです。

使用人数をチェック(4〜5人用)

耐水圧をチェック(1,500m以上がベスト)

設営のしやすさをチェック(ドーム型がおすすめ)

このようなポイントを意識すれば、家族キャンプに相応しいテントが見つけられます。初心者の方は、シンプルで設営しやすい4〜5人用のドーム型テントを選んでみましょう。

②寝袋

寝袋は家族キャンプの必須アイテムです。袋状の形をした携帯用寝具になっており、キャンプの就寝時に使います。

寝袋は体全体を覆ってくれるので、肌寒い時期でもポカポカと温まりながら眠りにつけます。子供の体温を守って風邪を引かないためにも、大切なアイテムです。

そんな寝袋を選ぶ際には、以下のポイントを意識しましょう。

快適使用温度をチェック(夏5〜10℃・冬-5℃以下)

寝袋の形状をチェック(家族キャンプには封筒型がおすすめ)

収納サイズをチェック(コンパクトな寝袋が持ち運びやすい)

封筒型の寝袋は、連結ができるタイプです。家族みんなで一緒に寝れるので、小さいお子さんも安心して眠りにつけます。

③大型テーブル

大型テーブルも、家族キャンプに必要なアイテムです。料理を作る際に、たくさんの食材を並べて切ったり、焼いて調理したりできます。

特に家族キャンプでは、食材や食器などの量も多いので、全てを乗せられる大きさのテーブルが必要です。小さいテーブルを持って行った場合には、置き場所に困ってしまいます。

ですので、必ず大きめのテーブルを準備しないといけません。

サイズをチェック(横幅約120cm〜×奥行約80cm〜)

設営のしやすさをチェック(折りたたみ式が簡単で使いやすい)

素材をチェック(アルミ製のテーブルがおすすめ!軽くて耐熱性にも優れいている)

上記の選び方を意識すると、家族キャンプに適したテーブルが選べます。長く使い続けるためにも、設営のしやすさや素材も意識するようにしましょう。

④タープテント

タープテントは、家族キャンプで活躍する道具です。布状の生地で屋根のような役割を担ってくれます。紫外線の侵入を防いでくれて、日差しの強い昼間に活躍してくれます。熱中症などのリスクも減らせるので、必ず持って行きたいアイテムのひとつです。

また、雨や風なども凌げるので、悪天候時にも活躍します。自然のなかで過ごすキャンプの快適度が大きく変わるでしょう。

タープテントを選ぶ際には、以下のポイントを意識してください。

サイズをチェック(Mサイズ以上がベスト!)

耐水圧をチェック(1,500mm以上がおすすめ)

素材をチェック(ポリエステルが軽くて扱いやすい)

家族キャンプで使うタープテントは、サイズが大切です。快適性を求める方は、耐水圧や素材も意識してみると良いでしょう。

⑤ランタン

家族キャンプには、ランタンも持って行くようにしましょう。発光して辺りを明るくしてくれるので、夜間でも生活がしやすくなります。また、調理時の照明としても使えるので、非常に利便性が高いです。夜にトイレへ行く際にも、懐中電灯代わりに使えます。

明るさをチェック(1,000lm以上が明るくて使いやすい)

電池形式をチェック(充電式が手軽に使えておすすめ!)

ランタンの種類をチェック(LEDは火を使わないので安全)

夜でも子供がはしゃいで動き回る可能性があります。周囲を十分照らせる1,000lm以上のランタンを購入するようにしましょう。

⑥折り畳みチェア

折り畳みチェアも、家族キャンプに必要なアイテムです。屋外での椅子代わりとして使えるので、休憩や食事のシーンで活躍します。

また、折り畳み式はサイズもコンパクトで持ち運びが容易です。収納スペースも取らないので、たくさんの荷物がある場合でも車に詰め込めます。

そんな折り畳みチェアを選ぶ際には、以下のポイントが大切です。

耐荷重をチェック(体重に合わせた椅子を選ぶ)

フレームの材質をチェック(アルミが軽くて持ち運びやすい!)

椅子のスタイルをチェック(ロースタイルが地面と近くて子供が座りやすい)

特に耐荷重には気をつけないといけません。大人が座る場合には、破損に繋がってしまう恐れがあります。自分の体重に合ったチェアを見つけるようにしましょう。

⑦調理機器

家族キャンプに欠かせないのは調理器具です。アウトドアで食事を作るとなると、ガスコンロや焚き火台などが必要となります。

また、家族キャンプで調理をする際には、IH調理器を使う手もあります。火を使わないので子供が触っても火傷しにくく、安心して調理に取り組めるでしょう。

サイズをチェック(コンパクトでスペースを取らないものがベスト)

利便性をチェック(温度調節機能や自動消火機能が付いている)

上記の選び方のポイントは、快適且つ安全に調理をするためにも必要な要素です。電源が確保できる方は、IH調理器を使うと良いでしょう。

⑧スマートフォン

家族キャンプをする際には、スマートフォンも必要不可欠なアイテムです。キャンプ場の場所を確認したり、案内したりできます。

また、天気予報アプリやGPSアプリを利用することで、キャンプ中の天候や周辺情報を簡単に調べられます。アウトドアを安全に過ごすためにも、必要なアイテムです。

さらに、スマートフォンは緊急時の通信手段としても役立ちます。子供が体調不良の時に近くの病院に電話ができるので、命を守ることも可能です。

万が一の場合に活躍するので、忘れずに持って行くようにしましょう。

⑨寒さ対策・暑さ対策グッズ

寒さ対策・暑さ対策グッズも、家族キャンプに必要な道具です。暑いと熱中症になってしまい、寒いと低体温症になる恐れがあります。

夏のキャンプでは、サーキュレーターやひんやりマットがあると便利です。空気を入れ替えたり、涼しさを感じたりできるので、快適に過ごしやすくなります。

そして、冬には電気毛布やヒーターなどを持って行くと良いです。電気で熱を発してくれるので、周囲が暖かくなり、寒さを凌いでキャンプが楽しめます。

温度機能をチェック(温度調節ができる商品がおすすめ)

使いやすさをチェック(操作性や機能性を確認)

電力の必要の有無をチェック(必要な場合はポータブル電源を持って行く)

上記の点を踏まえて選べば、家族キャンプを快適に過ごせる寒さ対策・暑さ対策グッズを選べます。アウトドアを楽しい思い出にするためにも、準備しておきましょう。

関連人気記事:【2023年】夏のキャンプは暑さに要注意!暑さをしのぐ対策10選と人気なアイテムをご紹介

⑩ポータブル電源

家族キャンプには、ポータブル電源も持って行くと良いです。ポータブル電源とは電力を本体に蓄えて、さ家様々な家電に給電する持ち運べるバッテリーのことです。

そのため、屋外にいても家電や電子機器の使用が可能です。キャンプをしながら便利な家電が使えるので、暑さや寒さから身を守れます。調理家電も使えるので、キャンプで子供と一緒に料理したり、BBQしたりして楽しい一日を安全に過ごせます。

そんなポータブル電源を選ぶ際には、以下のポイントを意識すると良いです。

サイズをチェック(コンパクトなものだと持ち運びやすい)

容量をチェック(容量が大きい方が蓄えられる電力が増え、充電が長持ちする)

定格出力をチェック(使用する家電の消費電力に合った定格出力の商品を選ぶ)

安全性をチェック(緊急時に放電や充電を停止してくれる機能があると安全に使える)

上記のポイントを意識して選ぶと、失敗しにくい商品選びができます。家族キャンプの快適度をアップさせ、安心安全にアウトドアを楽しむためにも、導入を検討してみてください。

家族キャンプを快適に過ごすならJackeryのポータブル電源がおすすめ

家族ファミリーキャンプを快適に過ごすならJackeryのポータブル電源がおすすめ

ファミリーキャンプには、Jackery(ジャクリ)のポータブル電源がおすすめです。大容量の製品を多く取り扱っており、充電が長持ちします。また、コンパクト且つ軽量設計で持ち運びも楽々です。荷物が多くなりがちな家族キャンプには、ありがたい魅力になります。そして、過充電・過放電を制御する(BMS)や(NCM制御機能)が搭載されており、安心して使用できます。それでは、ファミリーキャンプにおすすめなポータブル電源を3つ紹介しますので、どうぞご参照ください。

●Jackery ポータブル電源 1000pro

Jackeryポータブル電源1000Proは、家族キャンプにおすすめの製品です。コンパクトなサイズながらも容量(1002Wh)を誇っており、充電が長持ちします。

また、こちらも充電スピードが速く、ACコンセント約1.8時間、ソーラーパネル(200W×4枚)約1.8時間で充電可能です。

家族キャンプの準備は、バタバタして充電が後回しになりがちです。素早く充電ができて使える1000Proを選んでみてはいかがでしょうか。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 1500pro

Jackeryポータブル電源1500Proは、容量(1512Wh)定格出力(1800W)の商品です。高い容量と定格出力を誇っており、電気毛布(55W)が約17時間稼働できます。

そして、充電スピードも早いです。ACコンセント約2時間、ソーラーパネル(200W×6)約2時間で満充電ができます。

さまざまな電子機器を使い、本格的な家族キャンプをしたい方は、ぜひ1500Proを選んでみてください。

製品名 Jackery Solar Generator 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

●Jackery ポータブル電源 708

Jackeryポータブル電源708も、家族キャンプにピッタリです。サイズが(約299×191×190mm)になっており、コンパクトで置く場所に困りません。

そして、重量が(6.8kg)で非常に軽いです。女性でも持ち運べる重量なので、荷物が多い家族キャンプで活躍します。

もちろん、こちらも容量(708Wh)で充電が長持ちするタイプです。持ち運びやすさや使い勝手を求める方は、ポータブル電源708を購入してみてください。

製品名 ポータブル電源 708

容量

708Wh

定格出力

500W/正弦波(最大瞬間出力:1000W)

出力ポート数

ACⅹ2、DCⅹ1、USBⅹ3

充電時間

AC充電:5時間
ソーラー充電:11時間
シガーアダプター:13時間

保証期間

5年間

家族でキャンプを満喫しよう

大切な子供やパートナーと一緒に楽しめるファミリーキャンプ。開放的な自然のなかで遊べば、子供だけでなく大人も楽しめます。

そんな家族キャンプを快適にするためには、Jackeryポータブル電源がおすすめです。大容量・高出力の製品になっているので、便利な家電を長時間使えます。

ぜひこの機会に、家族キャンプの始め方を知り、Jackeryのポータブル電源で快適なアウトドア生活を送ってみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信