夏キャンプは暑さに要注意!暑さをしのぐ対策方法をご紹介

夏キャンプは暑さに要注意!暑さをしのぐ対策方法をご紹介

夏ならではの特徴の一つに、暑さがあります。夜は冷房をかけてもなかなか眠れない悩みをお持ちの方も、多いのではないでしょうか。このような暑い夏の時期にキャンプを行う場合は、暑さへの備えが必要です。

「キャンプは電気が使えないから、暑さをがまんするしかない」とあきらめる必要はありません。ポータブル電源を上手に使うことで、暑い夏でもキャンプを快適に過ごせます。この記事では夏キャンプ暑さ対策10選を紹介すると同時に、キャンプを快適にしてくれる人気なポータブル電源も紹介します。夏にキャンプを検討されている方は、ぜひお読みください。

夏のキャンプは暑さに要注意!

夏キャンプにつきものの暑さは、単に不快なだけにとどまりません。熱中症や日焼け、食品の腐敗など、さまざまな不都合の原因となります。この記事では注意すべき3つのポイントについて、確認していきましょう。

・気温や湿度が高いため熱中症になりやすい

日本の夏は高温多湿ですから、熱中症になりやすい条件が揃っています。熱中症対策は、キャンプを楽しく過ごすうえで欠かせないポイントです。

環境省が公表する「暑さ指数」は、25以上で熱中症の危険が増し、28以上で熱中症患者が急増します。東京や大阪、福岡では、7月や8月の日中は28以上が当たり前です。暑さ指数は湿度の影響を強く受けるため、日陰にいても熱中症になるリスクがあります。また関東地方から西では夜間でも25以上の日が多いため、夜でも油断はできません。

・日差しが強い

夏は日差しの強い時期です。日なたでは太陽の光を直接浴びるため、体感温度はより高くなります。気温よりも10℃程度高くなる可能性があることを知っておきましょう。

ただでさえ暑いうえに直射日光による暑さが加わることで、人は体温を下げるためにより多くの汗を出さなければなりません。このため、より不快な気持ちになってしまいます。

加えて、日焼けも気になります。ひどい場合はやけどのようになる場合があるため、男女問わずできるだけ日差しを避けなければなりません。

・食中毒が起きやすい

夏は食中毒を起こす細菌が増えやすい季節です。この点について、国では以下のように説明しています。

食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。例えば、O157やO111などの場合は、7~8℃ぐらいから増殖し始め、35~40℃で最も増殖が活発になります。また、細菌の多くは湿気を好むため、気温が高くなり始め、湿度も高くなる梅雨時には、細菌による食中毒が増えます。

引用:内閣府大臣官房政府広報室「政府広報オンライン 食中毒予防の原則と6つのポイント」

夏は日中に30℃~35℃まで気温が上昇し、深夜や早朝でも20℃以下に下がらない地域が多いです。24時間細菌が増殖しやすい環境が整う時期といえるでしょう。このような時期にキャンプを行う場合は、食品の保冷にも気を配らなければなりません。また加熱調理を積極的に取り入れ、食品についた細菌を減らす取り組みも必要です。

夏のキャンプの暑さ対策10選

夏キャンプ暑さ対策10選を紹介

夏キャンプ暑さ対策には、さまざまな方法があります。ここからは10の暑さ対策を取り上げ、どのような対策方法があるか解説します。

・サーキュレーターや扇風機を使って涼む

暑い日でも風がある日は、多少なりともしのぎやすく感じるものです。同じ状況を、サーキュレーターや扇風機を使って人工的に作り出すことができます。涼むための道具としても使えるでしょう。風を強くすれば体感温度は低くなりますから、より暑さをしのぎやすくなります。

・冷蔵庫や冷凍庫を持参し冷たいものを用意する

冷蔵庫や冷凍庫があれば、キャンプに持ち込める食材が大きく増えます。肉や魚、練り物、冷凍食品など、冷蔵や冷凍を要する食材も持参でき、料理のレパートリーが広がります。おいしい食事を楽しみやすくなるでしょう。

また冷たい飲み物やアイスがあると、体の中から涼むことができます。暑い夏キャンプの夜に冷たいビールで乾杯!といった楽しみ方は、冷蔵庫を持参した方が得られるメリットです。

車に積めるサイズの冷蔵庫や冷凍庫は、市販されています。この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

・家電を活用してしっかり加熱する

快適なキャンプには、食の安全も欠かせません。暑い時期だからこそ細菌による食中毒を防ぐため、しっかり加熱しましょう。電気コンロやIHクッキングヒーター、ホットプレートを使えば少ない熱で食材の中まで火が通り、安心して召し上がれます。またケトルを使ってお湯を沸かせば、飲み物も安全においしく楽しめるでしょう。

・ポータブル電源を活用する

ここまで解説したとおり、キャンプではさまざまな家電が活躍します。これらの機器を使う場合、ポータブル電源はなくてはならない存在です。1台あればさまざまな家電に電気を供給できる汎用性は、大きな魅力といえるでしょう。

加えて、スマートフォンやタブレットを充電できることも見逃せません。夏キャンプの暑さ対策には、ポータブル電源の活用も重要です。

涼しい地域を選んでキャンプを行う

涼しい地域を選ぶことも、おすすめの暑さ対策に挙げられます。なかでも高原は、特におすすめといえるでしょう。標高が上がるにつれて、以下のように気温が下がることが理由です。

晴れた日など空気が乾いている場合は、100メートル上がると気温は1℃下がる

曇りや雨、霧の場合は、100メートル上がると気温は0.6℃下がる

夏の晴れた日などは、1,000メートル上がると気温が10℃も低下する場合があります。暑さが和らぎ、快適にキャンプを楽しめることでしょう。

・日陰で涼しい場所を選ぶ

キャンプは、施設内の場所選びも重要です。木陰など日陰で涼しい場所を選べば日差しが当たらないため、暑さをしのぎやすいでしょう。テントを張る場合でも、テント内の室温上昇を抑えられます。

もし日陰がない場合はタープを張り、人工的に日よけを作る方法もおすすめです。日焼けを防げるメリットも見逃せません。

・打ち水を行う

打ち水も、夏キャンプ暑さ対策に有効な方法です。水が蒸発する際に熱を奪うため地面の温度が下がり、体感温度も下がるというわけです。

打ち水の効果を得るためには、水をまく場所や時間帯も重要です。日中かんかん照りの地面にまいても、すぐ蒸発してしまいます。温度が下がらず、かえってムシムシするかもしれません。朝や夕方、日陰の場所を選んで水をまくと効果が上がります。

・接触冷感の素材でできた衣類を着用する

衣類のなかには、着用したときに冷たさを感じるものもあります。着たときの心地よさを気に入った方も、多いのではないでしょうか?

これは「接触冷感」と呼ばれ、熱伝導率の高い素材を使うことで実現しています。麻や絹、レーヨン、ポリエステルは、よく使われる素材です。多少なりとも、暑さを和らげてくれることでしょう。実際に下着や作業着、寝具、スポーツウェアなど、幅広い用途で使われています。

・帽子をかぶる

帽子をかぶることも、有効な暑さ対策の方法です。直射日光が頭や顔に当たらないようにすることで日焼けを防ぎ、頭や顔の温度を下げられることが理由です。熱中症を防ぐためには通気性がよく、つばの広い帽子を選ぶことをおすすめします。

・水分補給をこまめに行う

暑さ対策として、また脱水や熱中症を防ぐうえで、水分補給は大変重要です。のどの渇きを感じる時点で、身体からはすでに平常時と比べて2%相当の水分がなくなっている状態です。のどの渇きを待たず、こまめに水分を補給しましょう。

また汗が出た段階で、塩分も失われています。夏は大量の汗をかく季節ですから、飲む水の量に対して0.1~0.2%程度の塩分を取ることもおすすめです。経口補水液を使ってもよいでしょう。スポーツドリンクで補給する場合は、糖分の取りすぎに注意してください。

夏キャンプにはポータブル電源も活躍!暑さ対策を後押し

夏キャンプにはポータブル電源も活躍!暑さ対策を後押し

ポータブル電源は、夏のキャンプの暑さ対策を後押しします。ここからはポータブル電源を使うメリットを5つ取り上げ、キャンプに役立つ理由を解説します。

●家電を使って涼しくなれる

ポータブル電源があればサーキュレーターや扇風機などの家電を使うことができ、涼しさを味わえます。コンセントをつないでスイッチを押すだけで済む手軽さは、魅力の一つです。

●調理するタイミングだけ加熱すればよいため暑さが和らぐ

調理家電を使うメリットは、調理するタイミングだけ加熱すればよいことです。できるだけ暑さを避けたい夏のキャンプにおいて、大きなメリットとなるでしょう。ポータブル電源があればキャンプ地で調理家電を存分に活用でき、暑さを抑えながら十分な加熱調理を行えます。

一方で薪や炭の場合は、準備の時間がかかることが難点です。火をつけた時点から熱を発するため、熱を受ける時間が調理家電と比べてより長くなるケースも多いでしょう。また常に炎が見えるため、見た目の暑さも見逃せないデメリットです。

●冷蔵庫や冷凍庫を使える

食品を適温で保存することはおいしさだけでなく、食の安全という観点からも欠かせないポイントです。冷蔵庫や冷凍庫があれば食材に適した温度で保存しながらキャンプ地に移動でき、食中毒のリスクを下げられます。

冷蔵庫や冷凍庫は常に電源が必要ですが、ポータブル電源につないでおけば問題ありません。食の安全を守るうえで、ポータブル電源はおおいに活躍します。

●スマートフォンを充電できる

ポータブル電源があれば、スマートフォンをいつでも充電できます。旅先の名所やイベントを知ることができ、旅が楽しくなります。また天気やルート、渋滞状況を知るなど、必要な情報を入手しトラブル防止に役立てます。

もちろん、ゲームや知人との会話も自由自在です。もう充電場所に悩む必要はありません。

●持ち運び式ソーラーパネルを併用すれば長期間のキャンプも安心

ポータブル電源は便利ですが、出発すると充電できる方法が限られることは悩みです。シガーソケットを使うと、車のガソリンやバッテリーが減ってしまいます。

この悩みは、持ち運び式ソーラーパネルを持参することで解決できます。キャンプ地に着いたらソーラーパネルを広げ、充電しましょう。貯めた電気は、さまざまな用途に使えます。キャンプを楽しみつつ電気を自給自足できることは、ポータブル電源を使うメリットといえるでしょう。

Jackeryのポータブル電源で夏のキャンプを快適に過ごそう

夏キャンプにおすすめのポータブル電源

夏キャンプの暑さ対策に選ぶポータブル電源は、Jackery製品がおすすめです。ここからはJackery製品を選ぶメリットと、おすすめのポータブル電源を紹介します。

●Jackeryのポータブル電源を選ぶメリット

キャンプで使うポータブル電源には、以下のとおりさまざまな項目が求められます。

容量や定格出力の大きさ(多くの調理家電を使えること)

出力ポートの種類が多いこと

製品自体の安全性

不要になった際に廃棄がしやすいこと

Jackery(ジャクリ)では、上記のポイントをすべてクリアする製品を提供しています。例えば「ポータブル電源 2000 Pro」の容量は2160Wh、定格出力は2200Wもあります。ホットプレートと扇風機、スマートフォンの充電を同時に行っても問題ないパワーを備えています。出力ポートもAC100V、シガーソケット、USB-A、USB-Cと多彩です。

Jackeryのポータブル電源は安全です。燃えにくい素材で作られているほか、電池そのものも過充電・過放電防止などの安全対策を施しています。不要になったポータブル電源は回収できますから、処分方法に悩む必要もありません。

このようにJackeryのポータブル電源は、キャンプを安心して楽しむために必要な機能を備えた製品です。

●夏のキャンプにおすすめのポータブル電源

夏のキャンプを楽しみたい方におすすめするJackeryのポータブル電源には、以下の2種類が挙げられます。

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

それぞれについてどのような特長があるか、またおすすめする活用シーンを確認していきましょう。

製品名

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

特長

定格出力が1800W、重量は17kg
自然放電が少なく、80%の電池残量で472日間保管できる
LEDライトを内蔵

定格出力が2200W、重量は19.5kg
さまざまな家電を同時に使える
充電時の騒音が53dB以下
LEDライトを内蔵

おすすめする活用シーン

20万円以内で購入したい
ポータブル電源はコンロやホットプレートを中心に使いたい
長持ちするポータブル電源が欲しい

調理家電を積極的に活用したい
調理しながらさまざまな家電も同時に使いたい
できるだけ容量の大きいポータブル電源が欲しい

製品ごとの機能を、以下にまとめました。なお価格は、消費税を含みます。

製品名

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量

1512Wh

2160Wh

定格出力

1800W

2200W

出力ポート

AC100V×3(50ヘルツ、60ヘルツに対応)
USB-A×2(Quick Charge3.0対応)
USB-C×2
シガーソケット×1

AC100V×3(50ヘルツ、60ヘルツに対応)
USB-A×2(Quick Charge3.0対応)
USB-C×2
シガーソケット×1

充電方法

AC電源(2時間)
シガーソケット(16.5時間)
ソーラーパネル(別売り)

AC電源(2時間)
シガーソケット(24時間)
ソーラーパネル(別売り)

LEDライト

内蔵

内蔵

重量

17kg

19.5kg

保証期間

5年

5年

通常価格

199,800円(2023年2月時点)

285,000円(2023年2月時点)

夏のキャンプはポータブル電源を積極的に活用し、快適に過ごそう

暑い夏のキャンプも、工夫しだいで涼しく過ごせます。ポータブル電源の活用は、代表的な方法です。さまざまな家電を積極的に活用できますから、扇風機の風や冷たい飲み物で涼しく過ごせます。冷蔵庫で食材を安全に保存できること、最低限の熱でしっかり加熱調理できることも見逃せないメリットといえるでしょう。

JackeryではホットプレートやIHクッキングヒーターも使える、大容量で定格出力の大きいポータブル電源を提供しています。さまざまな家電を充電できますから、夏のキャンプがより快適に、楽しくなることでしょう。持ち運び型ソーラーパネルを接続すればキャンプ会場で充電でき、より多くの電気を使えます。今年のキャンプはJackeryのポータブル電源を活用して、万全な暑さ対策に役立ててください。


22 コメント

  • ソラ

    夏 キャンプ 暑 さ 対策
    ポータブル電源と小型扇風機かな。あとは、ネックファンで乗り切る。飲み物や食材をーをポータブル冷蔵庫で冷やす。


  • レンスキ

    記事を読んでとても勉強になりました!夏キャンプの参考にします!


  • イケダサマ

    ✨新時代✨
    新しい景色が見えてきました🌈🌈


  • assay

    夏キャンプ暑さ対策
    ポータブル電源と扇風機を組み合わせて使うで、なんとか乗り切れます!w


  • ナナ

    夏キャンプの暑さ対策には、涼しい服装を選び、日焼け止めや帽子を使用し、こまめに水分補給する。疲れを溜めずに休憩し、活動を調整し、冷却タオルや保冷剤を用意して体温を下げます。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信