お花見におすすめの料理10選!定番の食べ物やレシピもまとめて紹介

人気なお花見料理を紹介

春は桜が色づき始め、お花見が楽しくなる季節です。お花見といえば、桜の下で食べる美味しい料理を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、「お花見料理のおすすめは?」「花見定番料理のレシピが知りたい!」と気になっている方もいるでしょう。そこで今回の記事では、お花見におすすめの料理を10品紹介します。何を作ろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

お花見で美味しい料理を食べよう

お花見に行ったら、美味しいご飯を食べましょう。ピンクに色づいた美しい桜の下で食べるご飯は格別です。また、美味しいお酒も一緒に飲めば、盛り上がること間違いなしでしょう。きっと友人や家族との会話も弾み、絆も深まります。

そんなお花見をしながらの食事は、美しい景色がスパイスになってくれて、いつも以上に美味しく感じます。手の凝った料理から定番料理まで、さまざまなご飯を作ってみるのも楽しみのひとつですね。大切な家族や友人、そして恋人のために、美味しい料理を作ってお花見を楽しんでみてください。

この記事ではお花見におすすめの肉料理とご飯料理をそれぞれ紹介いたします。また、それぞれの花見料理の作り方やポイントを紹介するので、ぜひ最後まで確認してみてください。

お花見におすすめの肉料理5選!

お花見におすすめのお肉料理は以下の5品です。

  • ①定番料理!美味しい唐揚げ
  • ②簡単に作れる!旨味たっぷりもつ鍋
  • ③お花見の定番!本格串焼きバーベキュー
  • ④お酒が進むお花見の定番!絶品焼き鳥
  • ⑤甘辛くて美味しい!ちょい辛チーズタッカルビ

お肉料理が好きな方は必見の内容です。外で美味しいお肉を食べて、お花見を思う存分楽しみましょう。

①お花見料理定番!美味しい唐揚げ

唐揚げはお花見の定番料理です。ご飯と合わせて良し、ビールと飲んでも良しの最強のおかずになってくれます。

美味しくいただくためにスパイスや香辛料を入れて、一手間加えてみるのもおすすめです。お好みの味つけにして、桜を見ながら美味しい唐揚げをいただきましょう。

<材料(3〜4人前)>

・鶏もも肉(300g)・マヨネーズ(大さじ3)・小麦粉(40g)・片栗粉(50g)・サラダ油(適量)・すりおろしにんにく(大さじ1)
・すりおろし生姜(小さじ2)・しょうゆ(大さじ 2)・酒(大さじ1)・塩こしょう(適量)

<作り方>

①鶏もも肉をひと口サイズに切ります。火の通りを均一にするため、出来る限り均等の大きさにカットします。
②ジップロックにタレの材料を入れて、よく混ぜます。袋の上から優しく揉むようなイメージで行うと良いです。
③ジップロックの中に①で切った鶏もも肉を加えます。この際にマヨネーズも一緒に加え、よく揉み込み、冷蔵庫で約30分寝かせます。
④小麦粉と片栗粉を混ぜて衣を作ります。サクッとした衣にするために、よく混ぜるのがポイントです。
⑤鶏もも肉を取り出して、④の衣をつけます。衣が多いと食感が悪くなるため、サッと転がすイメージで纏わせてください。
⑥鍋にサラダ油を入れて温めます。温度が約170度になったら鶏もも肉を投入。軽く茶色の色が着いたら、一度バットに取り出します。
⑦次にサラダ油の温度を180度に上げて、もう一度揚げます。この際に焦げないように注意しながら、きつね色になるまで揚げれば完成です。油をしっかり切ってから、弁当箱に盛り付けましょう。

②簡単に作れる花見料理!旨味たっぷりもつ鍋

もつ鍋もお花見にピッタリな料理です。「お花見に鍋料理?」と思うかも知れませんが、小寒い春に食べるもつ鍋が格別なのです。カセットコンロと鍋と具材をお花見へ持って行けば、簡単に作れます。自宅で具材を切っておくと、すぐに作ることができますよ。

ぜひお花見で美味しいもつ鍋を食べてみてください。

<材料(3〜4人前)>
・牛もつ(500g)・ニラ(1束)・キャベツ(1/2玉)・もやし(1袋)「スープ」:・水(800ml)・鶏ガラスープの素(大さじ2)・だしの元(大さじ1/2)・しょうゆ(大さじ2)・みりん(大さじ2)・にんにくチューブ(3cm)・輪切り唐辛子(適量)

<作り方>

①もつに塩を入れて揉み込み、水で軽く洗います。そして、もう一度もつに小麦粉を加えて揉み込み、水で軽く洗い流します。この際に強く揉み込んだり、必要以上に流したりすると、もつの旨味がなくなるので注意してください。
②ニラ、キャベツ、もやしをよく洗い、食べやすい大きさにカットします。ジップロックに入れて保管しておくと、持ち運びやすいですよ。
③鍋にスープの材料を入れて、中火で一煮立ちさせます。
④グツグツと温まってきた鍋にもつを投入します。もう一度蓋をして15分ほど煮て、アクが出ていたら取り出してください。
⑤次にキャベツ、ニラ、もやしを加えて、蓋をして約10分煮込みます。この際にもつを野菜の上にのせると、火の通り過ぎを防げますよ。
⑥もつとニラ、キャベツ、もやしに火が通っていれば完成です。

③お花見料理の定番!本格串焼きバーベキュー

外で楽しむお花見では、串焼きバーベキューがおすすめです。手軽に作れるだけでなく、栄養も摂れて健康になれます。ただし、お花見スポットがバーベキュー可能か調べる必要があります。桜が咲くキャンプ場を選べば、お花見とバーベキューができるのでおすすめですよ。

<材料(3〜4人前)>
・牛肉ステーキ(500g)・ミニトマト(10個)・パプリカ(1/2個)・アスパラガス(2本)・塩こしょう(適量)・サラダ油(適量)

<タレ>
・はちみつ(大さじ1)・しょうゆ(大さじ 1)・にんにくチューブ(2cm)

<作り方>
①タレを皿に入れて、混ぜ合わせます。
②牛肉ステーキをひと口サイズにカットして、①のタレに入れて揉み込みます。次に冷蔵庫で約1時間寝かせておきます。
③アスパラガス、ミニトマト、パプリカを水でよく洗います。
④アスパラガスは根本と釜を切り落とし、食べやすい大きさにカット。パプリカはヘタとワタを取り、3cmほどの大きさに切ります。ミニトマトはヘタを取っておきます。
⑤串に漬け込んだ牛肉ステーキとアスパラガス、ミニトマト、パプリカをさし、塩こしょうで味を付けます。
⑥バーベキューの網にサラダ油を塗り、⑤の串を上に並べて焼きます。全体に軽く焦げ目がつき、火が通ったら完成です。

④お酒が進むお花見の定番!絶品焼き鳥

お花見といえば、綺麗な景色を見ながら飲むお酒が美味しいですよね。おつまみに焼き鳥があれば、最高にマッチングします。焼き鳥も手軽に作れるので、おすすめのメニューです。作って持って行くのも良し、その場で作ってみるのも良いでしょう。お酒を飲まれる方は、ぜひ作ってみてください。

<材料(3〜4人前)>
・鶏もも肉(500g)・長ネギ(1本)・酒(大さじ2)・サラダ油(大さじ1)・塩こしょう(適量)

<タレ>
・しょうゆ(大さじ4)・砂糖(大さじ2)・みりん(大さじ4)

<作り方>
①鶏もも肉の皮を外し、ひと口大の大きさにカットします。この際に同じ厚みになるように切ると、火の通りが均一になります。
②切った鶏もも肉に酒と塩こしょうをまぶして、冷蔵庫で10分ほど置いておきます。
③長ネギをよく洗い、2cmほどの大きさにカットします。
④竹串を水につけて、鶏肉→長ネギ→鶏肉→長ネギの順番でさします。
⑤タレをフライパンに入れて火にかけ、とろみがつくまで温めます。
⑤フライパンや網にサラダ油を塗り、④の串を⑤のタに潜らせて中火で焼きます。片方に火が通ったら裏返して、反対面も火が通って焼き目がついたら完成です。

⑤甘辛くて美味しい!ちょい辛チーズタッカルビ

お花見で甘辛いチーズタッカルビを食べるのもおすすめです。小寒い春に食べると、香辛料で体がポカポカになります。さらにチーズも含まれているので、ボリューム感も抜群です。お子さんから大人まで満足できるお花見料理一品になっていますよ。

ホットプレートやフライパン、カセットコンロなどを持って行き、美味しいチーズタッカルビを作りましょう。

<材料(3〜4人前)>
・鶏もも肉(400g)・キャベツ(1/4個)・玉ねぎ(1/2個)・にんじん(1/2本)・ミックスチーズ(150g)・ごま油(適量)

<タレ>

・コチュジャン(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・みりん(大さじ2)・しょうゆ(大さじ2)

<作り方>
①ジップロックにタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
②鶏もも肉をひと口サイズにカットし、①のタレに付けて約10分冷蔵庫で寝かせます。
③キャベツと玉ねぎ、にんじんを水でよく洗い、キャベツはザク切り、玉ねぎはくし切り、にんじんは短冊切りにします。この際に大きくなり過ぎないようにカットしてください。
④ホットプレートやフライパンにごま油を入れて温めます。約150度になったらキャベツ、にんじん、玉ねぎを加えて軽く炒めます。
⑤野菜がしんなりしてきたら、②の鶏もも肉を投入して炒めます。鶏もも肉に焼き色がつくまで炒めたら、蓋をして約10分中火で熱を加えます。
⑥鶏もも肉に火が通ったら、ミックスチーズをかけます。トロンッといい感じにチーズが溶けたら完成です。

お花見におすすめのご飯料理5選!

花見におすすめのご飯料理

お花見におすすめのご飯料理は以下の5品です。

  • ①作り置きもできる!絶品ちらし寿司
  • ②子供も喜ぶ!簡単いなり寿司
  • ③各家庭の味がでる!定番おにぎり
  • ④男性も満足!美味しい肉巻きおにぎり
  • ⑤炊飯器で簡単!お手軽炊き込みご飯

ご飯料理は手軽に作れるので、お花見におすすめです。美味しいご飯料理を作り、みんなを喜ばせてみましょう。

①作り置きもできる花見料理!絶品ちらし寿司

お花見といったら、ちらし寿司をイメージする方も多いでしょう。見た目が鮮やかで彩りが良く、桜の綺麗なピンク色と相性抜群です。そんなお花見ちらし寿司は、自分好みの具材を入れても味がバラつきにくいです。お好きな具材をチョイスして、絶品のちらし寿司をお花見で味わいましょう。

<材料(3〜4人前)>
・ご飯(600g)・サーモン(100g)・イクラ(1パック)・アボカド(1個)・菜の花(8本)・すし酢(50g)・卵(2個)・砂糖(大さじ2)・塩(小さじ2)・桜でんぶ(適量)

<作り方>
①温かいご飯をボウルに入れ、すし酢を入れて混ぜ合わせ、サランラップをかけて冷蔵庫で保管しておきます。
②卵に塩と砂糖を加えて混ぜ、温めたフライパンで焼きます。火が通ったら取り出して、細切りにしてください。
④サーモンは薄くカットし、アボカドは皮と種を取ってサイコロ状に切ります。
⑤菜の花は水で洗い、2cmほどの大きさにカットします。
⑥最初に作ったすし飯を皿に盛り付け、その上にサーモン、アボカド、菜の花、錦糸卵をのせます。最後にイクラと桜でんぶをのせて完成です。

②子供も喜ぶお花見料理!簡単いなり寿司

いなり寿司は、子供から大人まで大好きなメニューです。サッパリとしたご飯とジューシーな油揚げの組み合わせはたまりません。

また、アレンジとして中に具材を詰め込んでも良いでしょう。お好きないなり寿司を作り、お花見に持って行ってみてください。

<材料(3〜4人前)>

・ご飯(800g)・油揚げ(10枚)・すし酢(大さじ2)・しょうゆ(大さじ2)・砂糖(大さじ2)・みりん(大さじ1)・水(200cc)

<作り方>
①油揚げの真ん中に切れ込みを入れて、袋のように開き、熱湯をかけて油を抜きます。
②鍋に調味料と油揚げを入れて、中火で約10分煮ます。
③ボウルに温かいご飯とすし酢を入れ、よく混ぜ合わせます。
④味付けが終わった油揚げの水気を切り、中にすし飯を詰め込んだら完成です。この際に入り口を内側に折ると、見栄えが良くなりますよ。

③各家庭の味がでる!定番おにぎり

お花見にピッタリなおにぎり。外で食べるおにぎりは美味しいのですが、特にお花見で食べるものは格別です。シンプルな味付けでも、桜のスパイスが美味しさを引き立ててくれます。

また、おにぎりはシンプルな素材なので、さまざまな具材を入れることができます。シーチキンや唐揚げなどを入れて、美味しいおにぎりを召し上がってみてください。

<材料(3〜4人前)>

・ご飯(600g)・焼きのり(8枚)・梅干し(4個)・ツナ缶(1缶)・マヨネーズ(大さじ2)・塩こしょう(適量)

<作り方>
①温かいご飯を準備します。
②梅干しに切れ込みを入れ、中の種を取り出します。
③ツナマヨの材料を皿に入れ、よく混ぜ合わせます。
④ラップにご飯をのせて、その上に梅干しやツナマヨをのせて優しく握ります。最後に焼きのりを巻き付けて完成です

④男性も満足!美味しい肉巻きおにぎり

ご飯に豚バラ肉を巻き付けた肉巻きおにぎりは、間違いなく美味しい料理です。旨味たっぷりの豚バラ肉と、シンプルなご飯の組み合わせは、合わないわけがありません。

ご飯にお肉を巻き付けることで、ボリューム満点な料理になっています。甘辛なタレが食欲を増進させて、バクバクと食べられるでしょう。

<材料(3〜4人前)>

・ご飯(500g)・豚バラ肉(500g)・ごま油(適量)・しょうゆ(大さじ4)・料理酒(大さじ2)・砂糖(大さじ2)

<作り方>
①皿にタレの材料を入れて、よく混ぜます。
②サランラップの上に少量のご飯をのせて俵型に握り、その上から豚バラ肉を2枚ほど巻き付けます。
③フライパンにごま油をひき、②の肉巻きおにぎりをのせて、中火で全体を約8分焼きます。この際に豚バラ肉の巻き終わりから焼くと、崩れにくくなりますよ。
④火を弱火にして①のタレを入れます。全体的に絡めるようにして、約2分加熱したら完成です。

⑤炊飯器で簡単!お手軽炊き込みご飯

炊き込みご飯もお花見にピッタリな料理です。さまざまな具材の旨味が凝縮され、美味しいご飯になっています。また、炊飯器のボタンひとつで作れるので手間もかかりません。手軽に美味しいご飯料理を作りたい方は、炊き込みご飯を作ってみてください。

<材料(3〜4人前)>

・ご飯(700g)・鶏もも肉(150g)・しめじ(1/2パック)・にんじん(1/4本)・油揚げ(1枚)・水(適量)・しょうゆ(大さじ2)・酒(大さじ2)・みりん(大さじ2)・砂糖(小さじ2)・ほんだし(小さじ2)

<作り方>
①鶏もも肉としめじを約2cmの大きさに切ります。
②油揚げを短冊切り、にんじんを千切りにします。
③釜に調味料と米を入れて、2合のラインまで水を加えます。
④釜の中に①で切った材料を入れます。
⑤炊飯のスイッチを入れて、炊けたらよく混ぜて完成です。

お花見の食事を快適にしてくれるアイテム!

花見食事を快適にしてくれるアイテム

お花見の料理と食事を快適にしてくれるアイテムは以下の通りです。

  • ・大型のテーブル
  • ・保冷・保温タンブラー
  • ポータブル電源
  • ・電子調理器具
  • ・暖房アイテム

それぞれのアイテムの詳細について解説します。お花見を快適に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

・大型のテーブル

お花見には大型のテーブルがあると便利です。特に家族やグループでお花見をするとなると、多くのご飯や飲み物を出さないといけません。それらを乗せるためにも、大型のテーブルが必要です。

また、大型のテーブルは、その上に調理器具を乗せて料理も作れます。さまざまな用途で活躍するので、ぜひ持って行くようにしましょう。

大型のテーブルを選ぶ際は、折り畳みができるものがおすすめです。持ち運びがしやすくなるだけでなく、自宅に収納しておいても邪魔になりにくいですよ。

・保冷・保温タンブラー

保冷・保温タンブラーは、美味しいドリンクを飲むために必要な道具です。素材には、保温力や保冷力に長けたステンレス素材などを採用しています。

そして、タンブラーの外側は空洞になっており、通称「真空二重構造」を搭載しているのです。これにより、飲み物が冷めにくく、温まりにくくしてくれます。

お花見といえば、キンキンに冷えたビールを飲みたい方もいるでしょう。そんな時に冷えたビールをタンブラーに注げば、長時間冷たいビールが味わえますよ。

・ポータブル電源

ポータブル電源は、お花見やアウトドアで大変活躍できる便利アイテムとして人気が上昇しています。このポータブル電源とは、電力を蓄えて様々な家電製品に給電できる持ち運びできるバッテリーのことです。

そのため、屋外などのコンセントがない場所でもポータブル電源あれば電化製品(電気毛布や炊飯器、IHコンロなど)を自由に使うことが可能です。これから紹介するホットプレートやIHコンロ、ストーブやコタツなどにも使えます。

お花見での選択の幅が広がるので、ぜひとも持って行きたいアイテムです。大容量タイプのポータブル電源を選ぶと、多くの電子機器が使えるので参考にしてみてください。

・電子調理器具

電子調理器具は、ホットプレートやIHコンロなどのアイテムです。電気を使って熱を加えるので、比較的安全に使えます。カセットコンロや炭を使用しての料理は、火を扱うので危険が伴います。煙も発生しやすいため、周囲に迷惑をかけてしまう場合もあるでしょう。

上記で紹介した電子調理器具なら、火を使わないので煙も立ちません。屋外で快適且つ安全に調理ができるアイテムになっていますね。

しかし、こちらも電気を必要とするアイテムです。コンセントが無い場所では使えないので、ポータブル電源と併用するか、コンセントのある花見先を選びましょう。

・暖房アイテム

暖房アイテムは、体温を調節するのにあると便利なアイテムです。お花見ができる季節は3月下旬から4月上旬と、肌寒い時期でもあります。

そんな場所でこたつやストーブなどの暖房アイテムを使えば、屋外でもポカポカになれます。快適に過ごせるだけでなく、風邪の予防にも繋がるのでおすすめです。

しかし、暖房アイテムは電気を使用するものが多いです。事前にお花見スポットにコンセントが付いているか、上記紹介したポータブル電源を利用することにしましょう。

お花見にはJackeryポータブル電源を持って行こう

お花見にポータブル電源を持っていこう

お花見キャンプにはポータブル電源がおすすめです。その理由は以下の通りになります。

  • ①様々な調理器具が使える
  • ②コンパクトサイズで持ち運びやすい
  • ③安全性が高い

これらの理由について詳しく解説します。ポータブル電源の購入を検討している方は、ぜひ最後までご確認ください。

①様々な調理器具が使える

お花見にポータブル電源を持って行くことで、様々な調理器具が使えます。大容量のモデルは定格出力も高く、IHやホットプレートも稼働できるのです。この定格出力とは、ポータブル電源が安定して放出できる電力の量です。使用する電子機器の消費電力が、定格出力を下回っていれば使えます。

Jackeryのポータブル電源は容量が大きく、多くの電気を蓄えておけます。ですので、消費電力が大きいIHコンロやホットヒーターでも、長く使用することが可能です。

ちなみにポータブル電源の容量は、Wh(ワットアワー)という数値で表します。Wは(消費電力)を表し、hは(時間)を意味する言葉です。ポータブル電源の容量が500Whならば、消費電力が100Wの電子機器を5時間動かせるという計算になります。

②コンパクトサイズで持ち運びやすい

Jackeryのポータブルは、コンパクトなサイズが特徴的です。余分なパーツが付いていないので、比較的小さいサイズ感になっています。そして、折りたたみ式の持ち手ハンドルが搭載されています。コンパクトなボディと力の入れやすいハンドルにより、非常に持ち運びやすいです。使用した後はボディに収納できるので、全く邪魔になりません。

さらに、他社と比較してみても、重量が軽めの製品が多いです。そのため、お花見スポットへの持ち運びでも、比較的疲れにくくなっていますよ。

③安全性が高い

お花見先で火を使うより、ポータブル電源を使える電化製品を使った方が、火事起こるリスクが低く、よほど安全です。Jackeryのポータブル電源は、他のメーカーより優れた安全性を持っています。その理由はBMS(バッテリーマネジメントシステム)とNCM制御機能にあります。

こちらの安全機能は、製品が自動で本体の熱や異常を感知して、必要な場合に電源停止や放電停止をしてくれる機能です。万が一の場合の火災や破損などのトラブルを防いでくれるので、安全に使用することができます。

また、安全性が評価された製品に与えられる「防災マーク」と、電気安全用品法をクリアした証の「PSEマーク」も付いています。これらの安全機能やマークから、製品の安全性についてお分かりいただけるでしょう。

お花見で万が一のトラブルがあっては、最悪な思い出になってしまいます。そんなトラブルを防ぐためにも、Jackeryのポータブル電源を購入してみてください。

Jackery ポータブル電源一覧

製品一覧

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量:2160Wh
定格出力:2200W
通常価格:¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量:1512Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥199,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1500

容量:1,534.68Wh
定格出力:1800W
通常価格:¥179,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥149,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 1000

容量:1002Wh
定格出力:1000W
通常価格:¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 708

容量:708W
定格出力:500W
通常価格:¥84,500(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 400

容量:400Wh
定格出力:200W
通常価格:¥49,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 (6550936813646)

Jackery ポータブル電源 240

容量:241.9Wh
定格出力:200W
通常価格:¥21,800(税込)

まとめ

春に色づき始める桜の下でのお花見食事は、最高に気持ちが良いですよね。そこで自分で作った美味しい料理を食べれば、この上ない幸福感が得られるでしょう。

そんなお花見には、上記で紹介した「大型テーブル」「保冷・保温タンブラー」「暖房アイテム」「電子調理器具」「ポータブル電源」を持って行くと良いです。特にポータブル電源(Jackery)は、活躍する場面が多いので、ぜひとも持って行きたいアイテムになります。安全性や機能性に優れたJackery(ジャクリ)の製品を持って行けば、最高に快適で楽しいお花見ができるでしょう。

今回紹介したお花見料理を参考に、美味しいご飯を作り、Jackeryのポータブル電源で快適なお花見をしてみてはいかがでしょうか。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信