キッチンカーの電源はポータブル電源で!選ぶ5つのポイントを紹介

キッチンカーの電源はポータブル電源で!選ぶ5つのポイントを紹介

キッチンカーは、いまや食を担うインフラの一つとなっています。読者のなかには「腕によりをかけた自慢の料理を提供したい」と思う方も、いるのではないでしょうか?

キッチンカーには電源が欠かせませんが、方法は発電機やポータブル電源の搭載などいくつかあります。そのなかでも、Jackeryのポータブル電源の活用はおすすめです。騒音を気にせず、どこでも大容量の電気を使えます。

この記事ではキッチンカーを営業する方、これから営業する方に向けて、電源を確保する主な方法を解説したうえでキッチンカーにおすすめのポータブル電源を紹介します。

キッチンカーの営業には電源の確保が必須

キッチンカーの営業には、電源の確保が必須です。電気を必要とする機器を多く使うこと、営業中以外の場面でも電気を要するケースがあることが理由です。また営業開始よりも早い段階で、電源を設置しなければなりません。

ここからはキッチンカーに電源が必要な理由を3つに分け、詳しく解説していきます。

●キッチンカーで電気を必要とする機器は思いのほか多い

キッチンカーでは、電気を要する機器が思いのほか多く使われます。代表的な機器は、以下のとおりです。

  • ・冷蔵庫・冷凍庫(コールドテーブル)

  • ・換気扇

  • ・給水ポンプ

  • ・照明

  • ・レジ

調理に使う機器は、販売する品目により大きく変わります。一例を以下に挙げました。

  • ・IH調理器(IHコンロ)

  • ・電気式フライヤー

  • ・炊飯器

  • ・ホットショーケース

  • ・コーヒーマシン

上記で挙げた多くの機器を動かすためには、高い出力が可能な電源が必要です。

●調理・販売時だけでなく、移動中の電源確保も重要

キッチンカーは調理・販売するときだけでなく、移動中も電源を必要とします。食材は事前に調達し、キッチンカーの冷蔵庫や冷凍庫に積み込んで出発するケースが多いでしょう。食材を傷めないためには、移動中も常に冷やしながら運ぶ必要があります。このため出発の時点で、冷蔵庫や冷凍庫の電源を確保することが必要です。

●保健所による検査を受ける時点で、電源を備える必要がある

キッチンカーは営業を始める前に、保健所の検査を受けたうえで営業許可を得る必要があります。検査は、キッチンカーそのものも対象です。電気を使う場合は、あらかじめ発電する装置(ポータブル電源など)を備えたうえで検査を受けなければなりません。

関連人気記事:移動販売を始めたい!保健所の許可を得る要件と必要な手続きを解説

キッチンカーの電源は3種類から選べる|それぞれのメリットとデメリット

キッチンカーの電源は3種類から選べる|それぞれのメリットとデメリット

キッチンカーで営業しようと思う方は料理の専門家である一方で、電気の資格を持たない方も多いでしょう。このような方でも安心してキッチンカーの電源を確保する方法は、大きく以下の3つに分かれます。

  • ・現地の施設で電源を借りる

  • ・発電機を用意する

  • ・ポータブル電源を用意する

いずれも、メリットとデメリットがあります。特徴も含めて、詳しく確認していきましょう。

①現地の施設で電源を借りる

キッチンカーは、施設の敷地内で営業するケースも少なくありません。施設によっては、キッチンカーに対して電源の使用を許可する場合もあります。この方法のメリットとデメリットについて解説します。

●現地で電源を借りるメリット

現地で電源を借り、施設が用意した電源を使うことには、以下のメリットがあります。

  • ・要冷蔵・要冷凍の食材が無い場合は、発電機やポータブル電源の準備が不要

  • ・発電機で使う燃料も不要。ポータブル電源で必須となる、事前の充電もいらない

重い発電機やポータブル電源を持ち運びしなくて良いことに、メリットを感じる方も多いでしょう。取り扱いに注意が必要なガソリンを管理しなくてよいことも、メリットの一つです。冷蔵や冷凍の食材を扱わない場合、現地で電源を借りる方法は選択肢の一つとなるでしょう。

●現地で電源を借りるデメリット

現地の施設で電源を借りる方法は便利ですが、以下のデメリットがあることにも注意してください。

  • ・電源がキッチンカーから遠く、コードリールや延長コードが必要な場合がある

  • ・料金がかかる場合がある

  • ・供給される電力が低いと、機器を十分に使えず調理に支障が出る

  • ・冷蔵や冷凍の食材を扱う場合、移動中に使う冷蔵庫・冷凍庫の電源は別途確保が必要

現地で電源を借りればOKというケースは、限られます。特に冷蔵や冷凍の食材を扱う場合、移動中に食材を冷やすための電源が必要なことには注意が必要です。

発電機を用意する

施設の電源を使えない場合は、自前で電源を用意するほかありません。代表的な方法のひとつに、発電機があります。ガソリンなどの燃料を用意し、発電する方法です。

発電機はメリット・デメリットともに特徴的な項目があります。以下で示す内容を事前に確認しておきましょう。

●発電機で電源を確保するメリット

キッチンカーで発電機を使い電源を確保することには以下のメリットがあります。

  • ・所有者が自由に使える電源なので、使いたいときに使える

  • ・燃料がガソリンの場合は、車の給油時に発電機の燃料も調達できる(但し携行缶は必要)

  • ・事前の充電は不要。燃料があれば発電を継続できる

燃料さえ用意できれば、発電を続けられることは大きなメリットの一つです。施設の電源を借りる場合のように、その都度電源を借りる手続きを行う手間がいらないこともメリットに挙げられるでしょう。

●発電機を使うデメリット

発電機は便利そうに見えますが、以下のデメリットも見逃せません。

  • ・騒音が大きい。発電機の近くでは、会話が難しい場合もある

  • ・有害な排気ガスが出るため換気が必要。屋内では使えない

  • ・ガソリンは危険物であり、常温でも引火するため取り扱いに注意が必要

  • ・メンテナンスの手間がかかる(オイルの交換、補給など)

  • ・大規模停電時はガソリンも入手しにくく、発電機を動かせないおそれがある

いずれも、利用をためらう理由となり得る項目です。出店先によっては、発電機の使用が禁止という場所もあることに注意してください。

また災害による停電が発生した場合、休業するガソリンスタンドが出る一方で、ガソリンの需要は高まります。ガソリンが入手困難となった場合は、キッチンカーによる営業が難しくなることに注意が必要です。

関連人気記事:ガソリン発電機とは?デメリットを払拭する本当におすすめな他の電源も紹介

③ポータブル電源を用意する

自前で電源を用意するもう一つの方法が、ポータブル電源です。発電機や現地の電源に頼る方法と異なるメリット・デメリットに注目してください。

●ポータブル電源を使うメリット

ポータブル電源には、以下のメリットがあります。

  • ・燃料を用意する手間が不要。事前に充電しておけばいつでも使える

  • ・排気ガスが出ないため一酸化炭素中毒の心配がなく、屋内でも使える

  • ・運転音が小さいため、静かな場所でもキッチンカーによる営業が可能

  • ・日々のメンテナンスが簡単

  • ・ソーラーパネルがあれば発電でき、キッチンカーで営業しながら電気を貯められる

現地の電源を借りられず発電機も使えない状況でも、キッチンカーの営業に必要な電源を確保できることは強みです。

●ポータブル電源を使うデメリット

メリットの多いポータブル電源も、いくつかのデメリットがあります。ポータブル電源は内部に蓄電された電気で機器を動かします。電池残量が空になれば、機器に給電することはできません。このため、出発前に時間をかけて充電を済ませる必要があります。

またポータブル電源は、高温や低温になると性能を発揮しにくくなります。夏の炎天下や氷点下10℃を下回るような環境は苦手です。

関連人気記事:ポータブル電源とは?メリットとデメリットを徹底的に解説!

キッチンカー用ポータブル電源を選ぶ5つのポイント

キッチンカー用ポータブル電源を選ぶ5つのポイント

キッチンカーで電源を確保する方法は3つありますが、安全性と確実性を考えるとポータブル電源の活用がおすすめです。もっとも、どんなポータブル電源でも良いわけではありません。おいしい料理を提供しお客を満足させるためには、5つのポイントをクリアできる製品選びが重要です。

ここからは、キッチンカーで使用するポータブル電源を選ぶ際に注目したい5つのポイントを解説します。

●機器を動かせるパワーや容量があること

キッチンカーでは、複数の電気機器を同時に使うケースも多いでしょう。消費電力の大きな機器を複数使う場合でも、安定して電気を供給し続けるポータブル電源を選びたいものです。

キッチンカーで使う機器の消費電力を合計したうえで、この数値以上の定格出力を持つポータブル電源を選ぶことが重要です。また営業する時間が長いと必要となる電力量も増えますから、大容量のポータブル電源が必要となります。

関連人気記事:「徹底解説」用途別のポータブル電源容量目安を紹介

●AC出力ポートの数

AC出力ポートの数も、チェックしておきたいポイントの一つです。営業中は冷蔵庫や換気扇、調理機器など、複数の機器を同時にコンセントにつないで使うことになるでしょう。多くのAC出力ポートを備えたポータブル電源を選べば、同時に動かせる機器の数も増えます。

まずは、同時に使う機器の数をチェックしましょう。そのうえで、必要な数のAC出力ポートを備えたポータブル電源の選定をおすすめします。

●正弦波を出力すること

キッチンカーでは換気扇や冷蔵庫、炊飯器、コーヒーメーカーなど、モーターが内蔵された機器を多く使います。これらの機器は、正弦波を使った交流電源でないとうまく動きません。修正正弦波や矩形波では、不具合を起こすおそれがあります。ポータブル電源の出力が正弦波であることも、製品を選ぶ重要なポイントの一つです。

●ポータブル電源が発する音量(騒音)の小ささ

音量が小さいことも、ポータブル電源を選ぶうえで重要なポイントです。音量が50デシベル前後(静かな事務所内や図書館内に相当)であれば、不都合は生じにくいでしょう。お客様と円滑にやり取りできるほか、騒音によるトラブルも起きにくいです。

一方で機器から発する音量が大きい場合は、会話に支障が生じます。近隣の施設や住宅、出店する他の店舗から苦情が来るかもしれません。

●ソーラーパネルで充電できる機種が便利

ポータブル電源は、電池残量がないと使えません。充電を忘れたときや十分な充電時間を取れなかったときは、「営業中に電気を使えなくなるのではないか」と不安になるかもしれません。

もしキッチンカーの営業場所が屋外なら、ソーラーパネルを使うことで営業中でも充電できます。複数のソーラーパネルを使えば充電スピードも速くなるため、「電気を使えなくなるかも」という不安を和らげることが可能です。このような状況に対応するためにも、ソーラーパネルで充電できるポータブル電源の活用をおすすめします。

関連人気記事:あなたに最強のポータブル電源とは?ケース別・おすすめの最強製品を詳しく解説

キッチンカーの営業におすすめのポータブル電源3選

キッチンカーの営業におすすめのポータブル電源3選

これから「キッチンカーで役立つ電源を確保したい」とお考えの方は、Jackeryのポータブル電源をおすすめします。なかでもソーラーパネルがセットされた「Solar Generator」を選べば、太陽光発電も行えます。どこでも電気を貯められるため、バッテリー切れを気にする必要がありません。

Jackeryのポータブル電源を選ぶことで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?キッチンカーにおすすめのポータブル電源とともに確認していきましょう。

●Jackeryのポータブル電源を選ぶメリット

Jackery(ジャクリ)は11年以上の実績で品質の高さにこだわる、代表的なポータブル電源のメーカーです。Jackeryのポータブル電源を選ぶことで、キッチンカーの営業に役立つ以下のメリットが得られます。

  • ・正弦波を出力。キッチンカーで使うさまざまな機器を安心して動かせる

  • ・定格出力が大きく大容量、AC出力ポートの数が多い製品を選べる

  • ・音量も30デシベルから50デシベル前後と小さい。騒音を気にせず営業できる

  • ・ポータブル電源とソーラーパネルのセットを販売。相性を気にせず安心して使える

  • ・BMSやNCM制御機能など、さまざまな安全機構を備えている

Jackeryのポータブル電源を選べば、安心してキッチンカーを営業できるでしょう。ここからはおすすめする3つの製品について、どのような特徴があるか紹介します。

●Jackery Solar Generator 2000 Plus|ソーラージェネレーター2000プラス

●Jackery Solar Generator 1000 Plus|ソーラージェネレーター1000プラス

消費電力の高くない機器を使ってキッチンカーを営業する場合は、Jackery Solar Generator 1000 Plusも選択肢に挙がります。主な特徴を、以下に挙げました。

  • ・本体の容量は1264Wh。バッテリーパックを3台追加し、5kWhまで拡張できる

  • ・45℃といった高い温度でも、充電や給電を行える

  • ・AC100Vの出力ポートは3口あるため、複数の機器を動かせる

  • 定格出力は2000W。調理機器の併用には注意が必要

  • ・内部にリン酸鉄リチウムイオン電池を備え、寿命は4,000サイクル。10年以上使用可能

Solar Generator 1000 Plusは、フル充電までの時間の短さが特徴的です。AC100V電源で充電した場合、1.7時間でフル充電にできます。

一方でセットされているソーラーパネル「SolarSaga 100W」で充電した場合、1枚では18時間、4枚では4.5時間かかります。

製品名 Jackery Solar Generator 1000 Plus

容量

1264Wh(5kWhまで拡張可能)

定格出力

2000W/正弦波(最大瞬間出力:4000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

満充電時間

AC充電:1.7時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:7時間

寿命

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用
4000サイクル数(10年以上使える)

保証期間

5年間

●Jackery Solar Generator 3000 Pro|ソーラージェネレーター3000プロ

バッテリーパックで拡張できる製品は便利ですが、皆さまのなかには「機器の管理が面倒」と思う方もいるかもしれません。Jackery Solar Generator 3000 Pro」はオールインワンで高い性能を備え、キッチンカーの営業に役立つ製品です。代表的な特徴を確認していきましょう。

  • 定格出力は3000Wあり、99%の家電を動かせる。多くの調理機器を複数使える

  • 容量は3024Wh。消費電力1500Wの機器も2時間以上使える

  • ・AC100Vの出力ポートを5口備えており、同時に多数の機器を使える

  • 氷点下20℃でも動作するため、冬の寒さが厳しい地域でも使える

一方で充電時間は、やや長めです。AC100V電源では2.8時間、セットに含まれるソーラーパネル「SolarSaga 200W」を6枚使うと3時間(1枚では19時間)かかります。寿命は2,000サイクルですから、1日1回電池を使い切っても5年以上使えます。

バッテリーパックで容量を増やせないため、長時間にわたる営業には向きません。一方でランチタイムのみ営業など、時間を限った営業スタイルであれば有効に活用できるでしょう。

製品名 Jackery Solar Generator 3000 Pro

容量

3,024Wh

定格出力

3,000W/正弦波(最大瞬間出力:6,000W)

出力ポート数

ACⅹ5、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2.8時間
ソーラー充電:最速3時間
シガーアダプター:35時間

寿命/サイクル数

2,000回のサイクル数
(2,000回充放電後も初期容量の70%を維持)

保証期間

5年間

キッチンカーの営業には安心して使えるポータブル電源の活用を

どれだけおいしい料理を提供できたとしても、食材の保存状況が悪かったり、騒音で近隣に迷惑をかけたりすると信用を失いかねません。Jackeryのポータブル電源を活用してキッチンカーを営業すれば、安全でおいしい料理を提供でき、騒音の心配もいりません。取り扱いが簡単なことも、メリットの一つです。

おすすめするポータブル電源は、キッチンカーで使う機器や営業時間の長さにより変わります。機器の消費電力を調べたうえで、最適な製品を選びましょう。Jackeryなら豊富な機種から、あなたに合った製品を選べます。安心してキッチンカーを営業できるでしょう。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。