事故や故障を防ぐ!ポータブル電源の正しい充電方法とは?

事故や故障を防ぐ!ポータブル電源の正しい充電方法とは?

ポータブル電源を正しい方法で充電しないと事故や製品の故障に繋がることがあります。いつもどおりの充電はもしかすると間違った充電方法かもしれません。そこで今回はポータブル電源の正しい充電方法やそれにまつわる知識について紹介していきます。

時間短縮!ポータブル電源のスマートな充電方法とは?

ポータブル電源の充電が長く感じたりしたことはありませんか?もっとスマートな方法でノンストレスでポータブル電源を充電したい方におすすめの方法があります。「高速充電機能」「太陽光パネル」をうまく活用することでポータブル電源をスマートに充電することができます。

①高速充電機能を搭載

ポータブル電源によっては「高速充電機能」というものがあります。この高速充電機能とはポータブル電源本体を通常の充電スピードよりも早く充電できる機能になります。

例えばJackery社のポータブル電源には高速充電機能が搭載されている商品が販売されています。

それはproモデルポータブル電源と称され、同社、同容量のポータブル電源と比較して充電速度が76%も向上しているほどです。

このように高速充電機能が搭載されているポータブル電源を使うことで、充電に必要な時間が大幅に短縮されるため、スマートな充電を実現できます。

関連人気記事:ポータブル電源の充電時間を決める要素は?短時間で高速充電できるポータブル電源3選

②できるだけポータブル電源付属のACアダプターを利用して充電する

ポータブル電源の充電に使うアダプターはポータブル電源購入時に付属しているものを使いましょう。なぜなら、ポータブル電源とACアダプターの互換性が認証されているからです。

ポータブル電源とACアダプターが同じメーカーではない場合、うまく充電することができない可能性があります。

③太陽光発電パネルを使用する

ポータブル電源とセット販売されている太陽光発電パネルを使用することで、太陽光だけでポータブル電源を充電することができます。環境にも優しく、クリーンでスマートなポータブル電源を充電することができます。太陽光発電でポータブル電源への充電時間を短縮したい場合は、変換効率が高く、出力の大きいソーラーパネルを選ぶことをおすすめします。

ただし天候や時間帯によって充電速度が遅くなったり、充電が足りなくなることがあります。場所に限らず充電できるものの、そういった欠点があることは把握しておきましょう。

充電しっぱなしは危険!ポータブル電源を充電するときに注意することとは?

安全で高速充電対応できるポータブル電源ならJackery(ジャクリ)がおすすめ

ポータブル電源はコンセントから簡単に充電をすることができますが、正しい充電をしていないと、製品の故障や事故の原因になってしまいます。「充電器」「充電タイミング」「温度管理」のカテゴリーで分けてポータブル電源の充電方法や注意点を紹介します。

あくまでも、ポータブル電源は、製品に記載された適正な使用方法を守ることで、正常な動作が期待できます。

また、過剰な負荷をかけたり、異常な使用方法をすることで、バッテリーの劣化を招くことがあるため、正しい使い方を心がけましょう。

①正しい充電器やアダプターを用意する

ポータブル電源には最適な充電器やアダプターがあります。基本ポータブル電源付属のアダプターは最適だと判断してよろしいです。ポータブル電源に対応している充電器やアダプターを使うことで正しい電圧や電流で充電ができます。

また間違ったアダプターを使うと過充電や加熱のリスクが上がり、ポータブル電源の故障の原因になります。取り扱い説明書を注意深く読み、使うようにしましょう。

②定期的な充電でメンテナンス

ポータブル電源は定期的に充電を行うことでバッテリーの寿命を長くすることができます。

例えばポータブル電源を使わずに長時間保存する場合は、定期的にメンテナンスとして使ってあげることが最適です。

また、充電しっぱなしにすることで、バッテリーが劣化してしまうこともあるため、充電が完了したらすぐに充電器から外すようにしましょう。

③適切な温度管理を行う

ポータブル電源の充電や使用時には、過度の温度変化や高温・低温の環境下での使用を避けるようにしましょう。

特に、高温環境下での使用や充電は、バッテリーの劣化を加速させることがあります。そのため、適切な温度でポータブル電源を保管するようにしましょう。

ポータブル電源の管理に適した温度は、一般的に5℃〜35℃の間です。さらに乾燥していて湿気が少なく、風通しの良い場所がおすすめです。

充電したポータブル電源の便利な活用方法とは?

ポータブル電源は携帯性が高く、あらゆる場面で電源として活用することができます。例えば「アウトドア」や「災害時」、「イベント会場」、「テレワーク」などの場面で使うことができます。

なぜなら、ポータブル電源はUSBポートやAC電源などの多様な充電ポートがあったり、高い出力で様々なデバイスに給電できるためです。

こういった特徴があるため、様々なシーンでポータブル電源を使うことができます。紹介したシーン以外でのポータブル電源の使い道は以下になります。

アウトドア

キャンプやハイキングなどで電子機器の充電、調理機器などの車載家電を稼働させるために使うことができます。

災害時や緊急時

地震や洪水によって停電が起きた際の電源として使うことができます。

イベント会場

工事現場やイベント会場での照明や電動工具のために使うことができます。

テレワーク

コンセントが近くに無い室内や電源環境がない場所での電源としてテレワークをサポートします。また、節電のためにも使うことができます。

ソーラーパネルで自然エネルギー活用!ポータブル電源の充電方法とは?

ポータブル電源の充電にはコンセントから充電する一般的な充電以外にも、ソーラーパネルを使用して充電する方法があります。

そこでポータブル電源をソーラーパネルで充電する方法を紹介します。

ステップ①ソーラーパネルの選定

ポータブル電源に対応したソーラーパネルを選定します。

適切なソーラーパネルの容量や出力、複数のパネルを接続できるのかチェックします。

複数のパネルを繋げることで充電速度を早くすることができます。

ステップ②ソラーパネルの設置

ソーラーパネルを、太陽に最も直角になるように配置します。直角が一番効果を期待できます。

ステップ③ポータブル電源と接続

ポータブル電源には、ソーラーパネル専用の入力端子がある場合があります。

ステップ④充電の確認

LEDインジケーターやアプリを通して充電状況を確認して完了です。

容量目安で選ぶ!ポータブル電源の充電時間とは

ポータブル電源の充電時間は、その容量によって異なります

一般的に、ポータブル電源の充電時間は、ポータブル電源の入力電流制限、充電器の効率、ポータブル電源の充電制御回路、充電器とポータブル電源の接続ケーブルの品質などによって変化していきます。

一般的なポータブル電源の充電時間の目安はこのようになります。

・1000Wh未満のポータブル電源:約4〜6時間の充電時間

・1000Wh〜2000Wh程度のポータブル電源:約6〜8時間の充電時間

・2000Wh以上のポータブル電源:約8〜12時間の充電時間

ただし、ポータブル電源の充電時間は、充電機(アダプター)の使い具合などによっても左右されます。

アダプターなどはポータブル電源の付属の物を使い、アダプターが壊れた際は公式の物と交換するようにしましょう。

ポータブル電源の充電に該当する安全基準とは

ポータブル電源の充電に該当する安全基準はいくつかあり、その安全基準に該当している商品は安心して利用することができます。そこでいくつか安全基準を紹介していきましょう。

基準①充電器の安全基準

ポータブル電源に付属する充電器は、電気用品安全法に基づく安全性の基準をクリアしていなければなりません。

電気ショックや発火などの危険を抑えるためにも確認しましょう。

基準②過充電保護

過充電保護機能とは充電が完了した場合に自動的に充電を停止することで、バッテリーの寿命を延ばし、発火の危険を回避する役目になります。

基準③過放電保護

過放電保護機能とはバッテリーの残量が一定以下になった場合に自動的に電源を切ることで、バッテリーの寿命を延ばし、電池の膨張や発火の危険を回避する役目になります。

基準④過電流保護

過電流保護機能とは電流が過剰に流れた場合に自動的に電源を切ることで、バッテリーの寿命を延ばし、発火の危険を回避する役目になります。

安心して使い続けるために!ポータブル電源の充電と寿命の関係

ポータブル電源の充電と寿命は密接な関係があり、例えばポータブル電源のバッテリーには充放電回数による劣化があります。

一般的に、バッテリーの寿命は約500回から1000回程度の充放電回数ですが、充電状態や温度、使用環境によっても異なります。

さらにバッテリーの充電方法にも注意が必要です。急速充電器や高電圧充電器など、バッテリーに過剰な電圧や電流を流す充電器を使用すると、バッテリーに損傷を与えることがあります。

また、長時間放置して放電状態が続くことも、バッテリーの劣化を引き起こす要因になります。

正しい充電方法を選択し、適切な充電回数と充放電の状態を維持することで、ポータブル電源の寿命を延ばすことができます。

使用前に取扱説明書をよく読み、定期的なメンテナンスを行うことも忘れないようにしましょう。

安全で高速充電対応できるポータブル電源ならJackery(ジャクリ)がおすすめ

安全で高速充電対応できるポータブル電源ならJackery(ジャクリ)がおすすめ

充電速度や安全性、高品質なポータブル電源はいくつかありますが、中でもおすすめはJackery(ジャクリ)社のポータブル電源です。

多くの賞を獲得しており、最先端テクノロジーが集まる世界最大の展示会で「CESイノベーションアワード」を受賞したり、世界三大デザイン賞の「Red Dot Design Award」を受賞しています。

その他にも安全基準や防災推奨品認証などをクリアした製品を多く提供しています。充電をはじめとして高品質なポータブル電源をお求めの方にはおすすめのブランドです。

ではJackery社で高速充電対応できる人気なポータブル電源を3つ紹介していきましょう。

Jackery ポータブル電源 1000 Pro

本製品はJackeryの人気モデル「ポータブル電源 1000」のproモデルポータブル電源です。

コンセントやソーラパネルから最速1.8時間の高速充電が可能です。

定格出力は1000Wの高出力のため、炊飯器、ドライヤー、電気ケトルなどの電化製品を使用することができます。

また、USBはデュアルPD100W出力に対応しているため、ノートPCも急速充電することができます。

製品名 Jackeryポータブル電源1000Pro

容量

1002Wh

定格出力

1000W/正弦波(最大瞬間出力:2000W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:1.8時間
ソーラー充電:最速1.8時間
シガーアダプター:12時間

保証期間

5年間

Jackery ポータブル電源 1500 Pro

本製品は高速充電を実現するUltra-Charging Systemを搭載した大容量・高出力モデルのポータブル電源です。

約2時間でポータブル電源を充電することができ、2000回も放充電サイクルを終えても初期容量の70%を維持するバッテリーセルを搭載しています。

さらにホットプレート、電気ケトル、ドライヤーなど、自宅の家電がほぼ全て使用できるので、キャンプ、車中泊を快適に過ごせます。

製品名 Jackery ポータブル電源 1500 Pro

容量

1512Wh

定格出力

1800W/正弦波(最大瞬間出力:3600W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2時間
ソーラー充電:最速2時間
シガーアダプター:16.5時間

保証期間

5年間

Jackery ポータブル電源 2000 Pro

本製品はJackery最高クラスのポータブル電源で、2160Whの大容量と定格出力2200Wの高出力を実現しています。

これほどの大容量にもかかわらず、家庭用コンセントを使ったAC急速充電なら2時間、ソーラーパネルでは最速2.5時間でフル充電することができます。

家族連れや大人数でのキャンプ、建設現場の電源として大容量かつ充電もスマートでありたい方におすすめです。

製品名 Jackery ポータブル電源 2000 Pro

容量

2160Wh

定格出力

2200W/正弦波(最大瞬間出力:4400W)

出力ポート数

ACⅹ3、DCⅹ1、USBⅹ4

充電時間

AC充電:2.5時間
ソーラー充電:最速2.5時間
シガーアダプター:24時間

保証期間

5年間

まとめ

今回はポータブル電源の充電に関してフォーカスを当てて説明してきました。正しい知識と充電でポータブル電源の故障や事故をしっかりと防ぎましょう。また非常時にしっかりとポータブル電源が稼働するように保管場所にも注意することをおすすめします。


コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


送信